蕃塀(ばんぺい)にこだわったブログです。蕃塀は神社の拝殿の前にある衝立状の塀です。
by banbeimania
カテゴリ
全体
蕃塀とは(はじめに)
蕃塀30選
蕃塀の事例
蕃塀を深める
探索の記録
検索
よろしかったらお願いします。クリック! click!
人気blogランキングへ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

リンク
みちくさ学会
さぬき暮らし
あらいのじかん
愛知県神社庁
ひなたぼっこ
以前の記事
2013年 01月
2012年 06月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
最新のコメント
最近は全く更新していない..
by banbeimania at 08:18
通りすがりのものです。 ..
by サリー(宮総代の下っ端) at 20:29
皇室や糸屋ゆかりの大根焚..
by 環境大学新聞 at 15:08
とても魅力的な記事でした..
by 志望動機の書き方 at 09:43
はじめまして。 応援感..
by banbeimania at 22:08
はじめまして。 いつも..
by ならば at 13:02
いつも情報感謝しています..
by banbeimania at 01:02
最新のトラックバック
なんだろう?
from 龍を探して旅日記
【ネットができる宿|日本..
from ぱふぅ家のサイバー小物
岡崎市 レコード買取
from レコ-ド 買取
911 アメリカ 同時多..
from 【写真】 911 アメリカ ..
寺社建築の歴史図典
from ロドリゲスインテリーン
LOVE in Acti..
from ニコニコ笑う、トマトの笑顔な..
10・27請願受付の全容..
from 【日本を】10ゲ7『日本解体..
タグ
(1364)
(148)
(99)
(87)
(71)
(38)
(29)
(25)
(23)
(22)
(19)
(15)
(15)
(12)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(5)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


『愛知縣神社名鑑』とは

 『愛知縣神社名鑑』は平成4年8月30日に愛知県神社庁の編集・発行により出版された書物である。同書中の「発刊のことば」や「あとがき」によれば、その編纂は愛知県神社庁前嘱託の福島淳氏を始めとする関係各位により進められたもので、明治12年の神社明細書を根幹とし、各種明細書と照合し、地誌や郷土史などの資料を加味して、さらに県下の神職等の調査を加えた上で、各神社の鎮座地・祭神名・由緒・例祭日・社殿・特殊神事・宝物・境内坪数・氏子数・宮司名などが記述されている。本文は807頁に及び、これに各種資料が付載されていた。値段は私がこれまで購入した書物の中で最も高額なものの一つとなるような高値ではあったが、その内容をみればこの値段は納得せざるを得ないものであった。

 『愛知縣神社名鑑』は、これまで私が蕃塀を持つ神社を紹介する際に最初に触れてきた神社の概要説明の部分の主要な情報が網羅されていて、非常に重宝する書物であることが、入手してみて改めて明らかになった。今後折りをみて、過去の記述を徐々に書き直していきたいと考えている。

 そこで、『愛知縣神社名鑑』を準備していただいている間に、愛知県神社庁の担当の方に雑談の形で、『愛知縣神社名鑑』の記述の一部を個人で運営しているブログに掲載することの可否について聞いてみた。私が聞いて現在記憶する理解では「記載をそのまま転載するのは不可で、自分で『張州府志』などの原典に当たるなどして独自に調べ記述してください」というような回答をいただいた。つまり、参考にするのはよいが、転載や複製は不可ということで、著作権法上の権利を明快に解説していただいたことになる。文書などによる転載の申請を行ってもまず許可は出ないだろうとも宣告されてしまい、本当は『愛知縣神社名鑑』にある由緒などをそのまま転載したいところなのだが、それは我慢せざるを得ない。

 ただし、そうはいっても、蕃塀の有無に大きく影響していると予測される各神社の祭神については、必要に応じて『愛知縣神社名鑑』から引用していきたいと考えている。それは、著作権法第32条第1項には「公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない」とあり、所定の手続きや要件を満たせば十分に認められるものだからだ(そもそも「各神社の祭神」は「情報そのもの」であって著作権の対象となるのかどうかも少し疑問があるが)。ということで、これまで祭神が不明であるとした記述がいくつか存在したが、この作業が終れば祭神はほぼ網羅できることになるはずである。
[PR]
by banbeimania | 2009-04-30 22:02 | 探索の記録 | Comments(0)
<< 東海市の蕃塀 『愛知縣神社名鑑』入手 >>