蕃塀(ばんぺい)にこだわったブログです。蕃塀は神社の拝殿の前にある衝立状の塀です。
by banbeimania
カテゴリ
全体
蕃塀とは(はじめに)
蕃塀30選
蕃塀の事例
蕃塀を深める
探索の記録
検索
よろしかったらお願いします。クリック! click!
人気blogランキングへ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

リンク
みちくさ学会
さぬき暮らし
あらいのじかん
愛知県神社庁
ひなたぼっこ
以前の記事
2013年 01月
2012年 06月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
最新のコメント
最近は全く更新していない..
by banbeimania at 08:18
通りすがりのものです。 ..
by サリー(宮総代の下っ端) at 20:29
皇室や糸屋ゆかりの大根焚..
by 環境大学新聞 at 15:08
とても魅力的な記事でした..
by 志望動機の書き方 at 09:43
はじめまして。 応援感..
by banbeimania at 22:08
はじめまして。 いつも..
by ならば at 13:02
いつも情報感謝しています..
by banbeimania at 01:02
最新のトラックバック
なんだろう?
from 龍を探して旅日記
【ネットができる宿|日本..
from ぱふぅ家のサイバー小物
岡崎市 レコード買取
from レコ-ド 買取
911 アメリカ 同時多..
from 【写真】 911 アメリカ ..
寺社建築の歴史図典
from ロドリゲスインテリーン
LOVE in Acti..
from ニコニコ笑う、トマトの笑顔な..
10・27請願受付の全容..
from 【日本を】10ゲ7『日本解体..
タグ
(1364)
(148)
(99)
(87)
(71)
(38)
(29)
(25)
(23)
(22)
(19)
(15)
(15)
(12)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(5)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


木造衝立型蕃塀の規模

 今回は木造衝立型蕃塀の規模について検討する。規模を示す値としては本体長・屋根長・全高・屋根巾を取り上げたい。計測方法は木造連子窓型蕃塀の計測方法と同様であり、実測値ではなく概数であることを確認しておきたい。

 さて、木造衝立型蕃塀はこれまでに12基存在することが明らかになっている。このうち5基は規模を計測することができたが、残りの7基(豊受大神宮<伊勢の外宮>の御正宮東面の蕃塀、豊受大神宮の御正宮北面の蕃塀、豊受大神宮の御正宮西面の蕃塀、皇大神宮<伊勢の内宮>の御正宮東面の蕃塀、皇大神宮の御正宮北面の蕃塀、皇大神宮の御正宮西面の蕃塀、皇大神宮の忌火屋殿前の蕃塀)については、一般に近寄ることさえも難しい状況であるため、全く測定できていない。

 計測できた5基の蕃塀の規模を列挙すると、
皇大神宮の御正宮南面の蕃塀=本体長約6.0m・屋根長約7.1m・全高約2.9m・屋根巾約0.4m、
豊受大神宮の御正宮南面の蕃塀=本体長約6.1m・屋根長約6.9m・全高約3.1m・屋根巾約0.7m、
熱田神宮の蕃塀=本体長約6.7m・屋根長約7.5m・全高約3.0m・屋根巾約0.4m、
皇大神宮の由貴御倉前の蕃塀=本体長約2.0m・屋根長約2.4m・全高約1.9m・屋根巾約0.2m、
皇大神宮の御酒殿前の蕃塀=本体長約2.3m・屋根長約2.7m・全高約2.3m・屋根巾約0.2m、

となる。

 皇大神宮御正宮の蕃塀・豊受大神宮御正宮の蕃塀・熱田神宮の蕃塀は、それぞれ本体長が6.0mを超えており、津島市津島神社や京都市岡崎神社の蕃塀の本体長約5.8mを上回っている。伊勢神宮(内宮・外宮)と熱田神宮は、日本でも屈指の格の高い大きな神社であり、そうした神社にふさわしい規模の蕃塀を持っていることが明らかになった。
e0113570_010433.jpg
              熱田神宮の蕃塀

 残りの皇大神宮の由貴御倉前の蕃塀と皇大神宮の御酒殿前の蕃塀は、本体長が上述した皇大神宮および豊受大神宮御正宮の蕃塀と熱田神宮の蕃塀の3分の1程度である。皇大神宮および豊受大神宮御正宮の蕃塀と熱田神宮の蕃塀は3間、由貴御倉前と御酒殿前の蕃塀は1間であるので、全ての木造衝立型蕃塀の柱間は約2.0m〜約2.3mの範囲に収まっているといえよう。

 いずれにしても、12基の木造衝立型蕃塀は伊勢神宮と熱田神宮に伴うものであり、規模が大きく規格性があることは容易に理解できる。そもそも木造衝立型蕃塀の存在そのものが特異であるともいえよう。
[PR]
by banbeimania | 2009-06-12 00:13 | 蕃塀を深める | Comments(0)
<< 石造衝立型蕃塀の規模 木造連子窓型蕃塀の規模(まとめ) >>