蕃塀(ばんぺい)にこだわったブログです。蕃塀は神社の拝殿の前にある衝立状の塀です。
by banbeimania
カテゴリ
全体
蕃塀とは(はじめに)
蕃塀30選
蕃塀の事例
蕃塀を深める
探索の記録
検索
よろしかったらお願いします。クリック! click!
人気blogランキングへ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

リンク
みちくさ学会
さぬき暮らし
あらいのじかん
愛知県神社庁
ひなたぼっこ
以前の記事
2013年 01月
2012年 06月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
最新のコメント
最近は全く更新していない..
by banbeimania at 08:18
通りすがりのものです。 ..
by サリー(宮総代の下っ端) at 20:29
皇室や糸屋ゆかりの大根焚..
by 環境大学新聞 at 15:08
とても魅力的な記事でした..
by 志望動機の書き方 at 09:43
はじめまして。 応援感..
by banbeimania at 22:08
はじめまして。 いつも..
by ならば at 13:02
いつも情報感謝しています..
by banbeimania at 01:02
最新のトラックバック
なんだろう?
from 龍を探して旅日記
【ネットができる宿|日本..
from ぱふぅ家のサイバー小物
岡崎市 レコード買取
from レコ-ド 買取
911 アメリカ 同時多..
from 【写真】 911 アメリカ ..
寺社建築の歴史図典
from ロドリゲスインテリーン
LOVE in Acti..
from ニコニコ笑う、トマトの笑顔な..
10・27請願受付の全容..
from 【日本を】10ゲ7『日本解体..
タグ
(1364)
(148)
(99)
(87)
(71)
(38)
(29)
(25)
(23)
(22)
(19)
(15)
(15)
(12)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(5)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


石造連子窓型蕃塀の欄間部の変遷(その3)

 前々回から、17類91タイプに区分した359基の石造連子窓型蕃塀の欄間部について、蕃塀の製作年ごとに事例数を数えるとどうなるか検討している。そして前回は、これを初出年代が古いものから順に並び替え、まずは1911年〜1920年までに登場した20タイプの欄間部を概観した。その結果、初期の石造連子窓型蕃塀の欄間部は装飾を持たないシンプルなものであったと考えられた。

 さて、今回は1921年〜1928年の間に初登場した30タイプの欄間部を概観したい。実際には1921年と1922年には新出したタイプが無いのだが、1923年には4タイプ、1924年には6タイプ、1925年には4タイプ、1926年には5タイプ、1927年には4タイプ、1928年には7タイプが出現しており、1923年〜1928年の6年間は最新タイプが最も多く創出された時期ということができる。

 この30タイプを17類の大別にまとめてみると、頭部両端型双龍紋タイプ(12種中7種)、隅丸方形透かしタイプ(15種中7種)、頭部左中型双龍紋タイプ(9種中4種)、頭部中央型双龍紋タイプ(11種中4種)、頭部右中型双龍紋タイプ(3種中2種)、無紋石板タイプ(3種中2種)、諸紋のみタイプ(4種中1種)、扁額のみタイプ(5種中1種)、格子透かしタイプ(5種中1種)、束柱のみタイプ(8種中1種)となる。このようにして見ると、半数以上(30タイプ中17タイプ)の欄間部が双龍紋であることが判明し、この6年間で様々な双龍紋の欄間部が開発されたということができる。実際、1923年〜1942年に築造された双龍紋の欄間部を持つ石造蕃塀は123基も数え、数量的にみても昭和前期での蕃塀の一つの主流となっていることは疑いない。この他には、初期の段階で多く出現した装飾を持たないシンプルなタイプ(隅丸方形透かしタイプ7種、無紋石板タイプ2種、扁額のみタイプ1種、束柱のみタイプ1種)が引き続き多く認められる点も特徴といえるだろう。
e0113570_1033022.jpg

[PR]
by banbeimania | 2009-12-27 10:39 | 蕃塀を深める | Comments(0)
<< 石造連子窓型蕃塀の欄間部の変遷... 石造連子窓型蕃塀の欄間部の変遷... >>