蕃塀(ばんぺい)にこだわったブログです。蕃塀は神社の拝殿の前にある衝立状の塀です。
by banbeimania
カテゴリ
全体
蕃塀とは(はじめに)
蕃塀30選
蕃塀の事例
蕃塀を深める
探索の記録
検索
よろしかったらお願いします。クリック! click!
人気blogランキングへ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

リンク
みちくさ学会
さぬき暮らし
あらいのじかん
愛知県神社庁
ひなたぼっこ
以前の記事
2013年 01月
2012年 06月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
最新のコメント
最近は全く更新していない..
by banbeimania at 08:18
通りすがりのものです。 ..
by サリー(宮総代の下っ端) at 20:29
皇室や糸屋ゆかりの大根焚..
by 環境大学新聞 at 15:08
とても魅力的な記事でした..
by 志望動機の書き方 at 09:43
はじめまして。 応援感..
by banbeimania at 22:08
はじめまして。 いつも..
by ならば at 13:02
いつも情報感謝しています..
by banbeimania at 01:02
最新のトラックバック
なんだろう?
from 龍を探して旅日記
【ネットができる宿|日本..
from ぱふぅ家のサイバー小物
岡崎市 レコード買取
from レコ-ド 買取
911 アメリカ 同時多..
from 【写真】 911 アメリカ ..
寺社建築の歴史図典
from ロドリゲスインテリーン
LOVE in Acti..
from ニコニコ笑う、トマトの笑顔な..
10・27請願受付の全容..
from 【日本を】10ゲ7『日本解体..
タグ
(1364)
(148)
(99)
(87)
(71)
(38)
(29)
(25)
(23)
(22)
(19)
(15)
(15)
(12)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(5)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


蕃塀マニア余話(その9)中断の経緯

 別に話題にする必要はないのだが、長らく記事の更新を中断した間のことを少し触れておきたい。

 平成23年3月6日の投稿を最後に記事が途絶え、6月頃までは細々と更新を続けたものの、結局10月までの約7ヶ月間のお休みをいただいた形となった。平成23年3月11日の悲しい出来事は確かに大きかったが、中断の本質はそこにはないと思っている。まして、実生活が忙しすぎたわけでもないし、健康上の問題があったわけでもない。

 なんというか蕃塀マニアの存在について筆者自身が少し勘違いをしてしまったために、何となく更新を行う気になれなかったのだと思う。そう、気分が乗らなかったのである。そして、その勘違いとは、蕃塀マニアはマニアであって、それ以外の何ものでもないはずなのに、いつの間にか何か別のものになってしまったということなのだろう。

 蕃塀マニアの内容は、暗にいろいろな思いや意図があったとしても、所詮は誰が何と言おうとそれを集めて分析するという自己満足の世界に浸っていたものに過ぎない。それが、そのマニアックさが一部でウケたのか何か良く分からないが、○○くさ学会やらスゴ○○やらいくつかの場面で過大な評価をいただくうちに、なにがしかの社会的な位置づけを得てしまったかのような錯覚を自分自身が勝手に覚えてしまったのだと思う。その位置づけの重みというか、他から「やらされている」という感覚に陥ってしまったのがよくなかったのだろう。

 実生活にとって特にやらなくてもいい道楽を、やらされているという気分に陥ってしまったら、そこにはもう負担しか残らない。これが中断の本質だと今は思う。そしてその気分が抜け、自己満足の世界に浸る余裕が生まれた時、ようやくネタの整理を進めることができたのである。

 Otaniさん、Abeさん、ということなので、そっちはもう少し気分が乗るまでは待っていて欲しいと思う。まして業務でもないのに「人前」はちょっと・・ である。
[PR]
by banbeimania | 2011-10-25 00:01 | 探索の記録 | Comments(0)
<< 雲形彫刻入り腕木のみを置くもの 雲形彫刻入り腕木と湾曲肘木の組... >>