蕃塀(ばんぺい)にこだわったブログです。蕃塀は神社の拝殿の前にある衝立状の塀です。
by banbeimania
カテゴリ
全体
蕃塀とは(はじめに)
蕃塀30選
蕃塀の事例
蕃塀を深める
探索の記録
検索
よろしかったらお願いします。クリック! click!
人気blogランキングへ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

リンク
みちくさ学会
さぬき暮らし
あらいのじかん
愛知県神社庁
ひなたぼっこ
以前の記事
2013年 01月
2012年 06月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
最新のコメント
最近は全く更新していない..
by banbeimania at 08:18
通りすがりのものです。 ..
by サリー(宮総代の下っ端) at 20:29
皇室や糸屋ゆかりの大根焚..
by 環境大学新聞 at 15:08
とても魅力的な記事でした..
by 志望動機の書き方 at 09:43
はじめまして。 応援感..
by banbeimania at 22:08
はじめまして。 いつも..
by ならば at 13:02
いつも情報感謝しています..
by banbeimania at 01:02
最新のトラックバック
なんだろう?
from 龍を探して旅日記
【ネットができる宿|日本..
from ぱふぅ家のサイバー小物
岡崎市 レコード買取
from レコ-ド 買取
911 アメリカ 同時多..
from 【写真】 911 アメリカ ..
寺社建築の歴史図典
from ロドリゲスインテリーン
LOVE in Acti..
from ニコニコ笑う、トマトの笑顔な..
10・27請願受付の全容..
from 【日本を】10ゲ7『日本解体..
タグ
(1364)
(148)
(99)
(87)
(71)
(38)
(29)
(25)
(23)
(22)
(19)
(15)
(15)
(12)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(5)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


簡略雲形腕木と方形肘木の組合せ(その2)

 木造連子窓型蕃塀の屋根を支える腕木と肘木は、装飾のあり方から大きく22類に区分できるが、その中で11番目の「簡略雲形腕木と方形肘木の組合せ」は全部で12事例が存在した。前回はそのうち6事例を例示したが、今回は残りの6事例について紹介したい。
e0113570_0454665.jpg
         江南市勝佐日吉社の蕃塀の腕木と肘木
e0113570_0463917.jpg
         江南市田代龍神社(小折) の蕃塀の腕木と肘木
e0113570_047202.jpg
         江南市五明白髭社の蕃塀の腕木と肘木
e0113570_0481259.jpg
         小牧市大久佐八幡宮の蕃塀の腕木と肘木
e0113570_049234.jpg
         稲沢市祖父江沼神明社の蕃塀の腕木と肘木
e0113570_0502594.jpg
         丹羽郡大口町清島神社の蕃塀の腕木と肘木

 これまで紹介してきた簡略雲形腕木と方形肘木の組合せの事例では、犬山市羽黒堂ヶ洞神明社の蕃塀と江南市宮後須佐雄社の蕃塀が2間巾の木造連子窓型蕃塀である他は、3間巾の木造連子窓型蕃塀であった。この結果。本組み合わせも3間巾の事例が圧倒的に多かったことが明らかであるが、旧丹羽郡所在の事例の一部が例外となった。

 屋根構造は、羽黒堂ヶ洞神明社の蕃塀が桟瓦葺き屋根である他は、全て銅板一文字葺き屋根となっている。銅板一文字葺き屋根が多い点が特徴である。

 製作年代や製作者については分からないものが多いが、丹羽郡大口町清島神社の蕃塀が1909年に製作されたと推定され、江南市勝佐日吉社の蕃塀が1921年、稲沢市祖父江沼神明社の蕃塀が1923年の製作であると推測されたことが判明した程度である。判明する事例は少ないものの、それは大正時代以前の製作であることからみて、この簡略雲形腕木と方形肘木の組合せを持つものは相対的に古いものといえるかも知れない。

 本タイプは、かなり以前に「肘木が方形で腕木が二段曲面を成すもの(Dタイプ)」として、分類し丹羽郡に多いタイプと推測したが、必ずしもそうとは言えないことが明らかとなった。訂正しておきたい。
[PR]
by banbeimania | 2011-12-07 00:51 | 蕃塀を深める | Comments(0)
<< 簡略雲形腕木のみを置くもの(その1) 簡略雲形腕木と方形肘木の組合せ... >>