蕃塀(ばんぺい)にこだわったブログです。蕃塀は神社の拝殿の前にある衝立状の塀です。
by banbeimania
カテゴリ
全体
蕃塀とは(はじめに)
蕃塀30選
蕃塀の事例
蕃塀を深める
探索の記録
検索
よろしかったらお願いします。クリック! click!
人気blogランキングへ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

リンク
みちくさ学会
さぬき暮らし
あらいのじかん
愛知県神社庁
ひなたぼっこ
以前の記事
2013年 01月
2012年 06月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
最新のコメント
最近は全く更新していない..
by banbeimania at 08:18
通りすがりのものです。 ..
by サリー(宮総代の下っ端) at 20:29
皇室や糸屋ゆかりの大根焚..
by 環境大学新聞 at 15:08
とても魅力的な記事でした..
by 志望動機の書き方 at 09:43
はじめまして。 応援感..
by banbeimania at 22:08
はじめまして。 いつも..
by ならば at 13:02
いつも情報感謝しています..
by banbeimania at 01:02
最新のトラックバック
なんだろう?
from 龍を探して旅日記
【ネットができる宿|日本..
from ぱふぅ家のサイバー小物
岡崎市 レコード買取
from レコ-ド 買取
911 アメリカ 同時多..
from 【写真】 911 アメリカ ..
寺社建築の歴史図典
from ロドリゲスインテリーン
LOVE in Acti..
from ニコニコ笑う、トマトの笑顔な..
10・27請願受付の全容..
from 【日本を】10ゲ7『日本解体..
タグ
(1364)
(148)
(99)
(87)
(71)
(38)
(29)
(25)
(23)
(22)
(19)
(15)
(15)
(12)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(5)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


北名古屋市山之腰天神社の蕃塀

 北名古屋市山之腰(大字宇福寺字川添)に所在する天神社は、勧請の由来は分かっていないが、『尾張徇行記』に「天神霊像ハ当寺(正眼寺)三世天先和尚ノ作ノ由云伝フレバ勧請モ其年暦ナルカ」とある。この記述を信用すれば、室町時代(15世紀中頃)に勧請されたこととなる。菅原道真を祭神としている。

 山之腰天神社の蕃塀は3間巾の石造で、大きさは概略で本体長約2.7m、全高約2.6m、屋根長約3.5m、屋根巾約0.6mを測り、両側には控え柱を持つ。

 詳細の構造は次の通り。コンクリート製基壇に切り石による礎石を配置し、その上に石造の円柱を2本立てさらに屋根を載せている。円柱の内側には、下から羽目板部、貫、連子窓部、貫、透かし部の順に石材を積み重ねている。羽目板部は1本の幅広い角柱を立て2つの区画に分け、左右には倒立する獅子が立体的に彫刻されている。背面には波涛紋とその上を飛翔する鳥紋が描かれている。透かし部は、表面には波涛を泳ぐ双龍が、裏面にはその双龍の背面と波涛が彫り出されている。羽目板部の幅広い角柱裏面には「昭和十二年四月 名古屋市 (人名)」と記され、製作年代が判明する。左側円柱側面に「ナゴヤ西区八坂町 石工角田六三郎」と記されており、製作者が分かる。円柱の上位に雲形腕木を模した張り出しが前後に付属している。連子窓部は角柱を10本立てて造られる。屋根は寄せ棟状に切り出され、その上に大棟が配置され両端に鬼板を持つ。控え柱も石造で、柱の頭部は宝珠に形作られている。

 山之腰天神社は、正面から石柱、鳥居、蕃塀、狛犬、壁の無い吹き抜けの拝殿、神牛、灯籠から基壇上の本殿施設群に至る構成となっている。拝殿には転倒防止のための支え棒が用いられている。

 山之腰天神社の蕃塀は、銘文から昭和12年(1937)に名古屋市西区八坂町の石工によって製作されたことが分かる。ちなみに、これまで石工の名称が記されたものには、北名古屋市九ノ坪十所社の「東枇杷島」の石工と犬山市木津三明神社の「柏森」の石工などがある。今後調査が進めば、各石工の活動範囲などが判明するかもしれない。
e0113570_024025.jpg

[PR]
by banbeimania | 2007-04-24 00:25 | 蕃塀の事例 | Comments(0)
<< 北名古屋市鍛冶ヶ一色八幡社の蕃塀 北名古屋市宇福寺天神社の蕃塀 >>