蕃塀(ばんぺい)にこだわったブログです。蕃塀は神社の拝殿の前にある衝立状の塀です。
by banbeimania
カテゴリ
全体
蕃塀とは(はじめに)
蕃塀30選
蕃塀の事例
蕃塀を深める
探索の記録
検索
よろしかったらお願いします。クリック! click!
人気blogランキングへ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

リンク
みちくさ学会
さぬき暮らし
あらいのじかん
愛知県神社庁
ひなたぼっこ
以前の記事
2013年 01月
2012年 06月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
最新のコメント
最近は全く更新していない..
by banbeimania at 08:18
通りすがりのものです。 ..
by サリー(宮総代の下っ端) at 20:29
皇室や糸屋ゆかりの大根焚..
by 環境大学新聞 at 15:08
とても魅力的な記事でした..
by 志望動機の書き方 at 09:43
はじめまして。 応援感..
by banbeimania at 22:08
はじめまして。 いつも..
by ならば at 13:02
いつも情報感謝しています..
by banbeimania at 01:02
最新のトラックバック
なんだろう?
from 龍を探して旅日記
【ネットができる宿|日本..
from ぱふぅ家のサイバー小物
岡崎市 レコード買取
from レコ-ド 買取
911 アメリカ 同時多..
from 【写真】 911 アメリカ ..
寺社建築の歴史図典
from ロドリゲスインテリーン
LOVE in Acti..
from ニコニコ笑う、トマトの笑顔な..
10・27請願受付の全容..
from 【日本を】10ゲ7『日本解体..
タグ
(1364)
(148)
(99)
(87)
(71)
(38)
(29)
(25)
(23)
(22)
(19)
(15)
(15)
(12)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(5)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ニュース:各務原市上の島神明神社蕃塀を登録有形文化財に

 先月の6月15日に文化審議会(会長・石沢良昭上智大学長)は登録有形文化財(建造物)に新たに201件を登録するよう、伊吹文明文部科学相に答申した。この中には、各務原市川島松倉町に所在する上の島神明神社本殿・幣殿・社務所・手水舎・太鼓橋・蕃塀・鳥居が含まれていた。

 毎日新聞のWeb記事によれば、上の島神明神社について「昭和初期に建てられた本殿は、階段の下が床になっている浜縁(はまえん)付きで、切り妻造り平入りの屋根に反りをつけた一間社流造(いっけんしゃながれづく)り。脇障子に獅子の子落とし、妻面には波などの彫刻で華やかに飾られ、構造と装飾がバランスよくまとめられた遺構と評価された」【宮田正和】毎日新聞 2007年6月16日 という。
http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/gifu/news/20070616ddlk21040129000c.html

 中日新聞のWeb記事によれば、「各務原市川島松倉町、上の島神明神社も、龍など豊かな彫りの施された蕃塀や本殿など七件が選ばれた」(藤嶋崇)中日新聞 2007年6月16日 といい、蕃塀の写真が掲載された。
http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20070616/CK2007061602024459.html

 この蕃塀については、私はまだ実物を見ていないので、いつかは見に行きたいと考えている。この記事を発見するまでは、岐阜県に蕃塀が存在するか否かは、はっきり知らない状態であった。しかし、岐阜県境に近い愛知県丹羽郡に蕃塀が濃密に分布し、多治見の石工が蕃塀を製作した事例もあったので、岐阜県の特に愛知県境に近い地域では蕃塀の存在は予測されていた。それが、この記事の発見により、蕃塀を極めるには岐阜県の調査は不可欠であることが確定したわけである。

 さて、中日新聞掲載の写真を見ると、各務原市上の島神明神社の蕃塀は、3間巾の石造連子窓型蕃塀で、両側に控え柱を持つものである。基壇上に礎石と布基礎を配置し円柱を2本立てて屋根を載せ、その内側には下から羽目板部、貫、連子窓部、貫、透かし部の順に石材を積み重ねている。羽目板部は角柱を2本立てて3つの区画に分けており、全ての区画に倒立した獅子紋(中央は虎紋?)が彫刻されている。透かし部は双龍紋が彫刻され、中央に扁額を持たず頭部を両端に配置するAタイプのようだ。円柱上位に雲形腕木を模した張り出しが前後にあり、連子窓部は角柱を11本立てて造られる。屋根は寄せ棟状に切り出されるが、垂木や鬼板などが表現されている点がこれまでにない特徴を持っていると言えそうだ。岐阜県公式サイトでは製作年代は昭和12年(1937)という。
http://www.pref.gifu.lg.jp/contents/news/s177/s17768/z00000022/index.html

 文化財に指定された蕃塀は、私の把握している限りでは、津島市津島神社の蕃塀(県指定)とこの各務原市上の島神明神社の蕃塀のみである。両者とも、拝殿など神社の諸施設が一括して指定されており、蕃塀単独での指定ではない。しかし、こうした様々な形で文化財の指定を受けることは、蕃塀の歴史的な意義や文化的な価値を広く周知させるためには、とても有意義なことであると考えられる。特に、今回答申されたような石造連子窓型蕃塀は、尾張およびその周辺での大正後半から昭和初期の神社建築を語るには欠かせない施設であり、答申そのものは大変喜ばしいことである。

(ところで中日新聞のWeb記事掲載の写真は許可を得ないと転載はだめなのかな??? よくわからないのでとりあえず保留。)
[PR]
by banbeimania | 2007-07-15 00:03 | 蕃塀の事例 | Comments(0)
<< 愛西市千引奥津社の蕃塀 神社探訪余話(5)天候には逆らえない >>