蕃塀(ばんぺい)にこだわったブログです。蕃塀は神社の拝殿の前にある衝立状の塀です。
by banbeimania
カテゴリ
全体
蕃塀とは(はじめに)
蕃塀30選
蕃塀の事例
蕃塀を深める
探索の記録
検索
よろしかったらお願いします。クリック! click!
人気blogランキングへ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

リンク
みちくさ学会
さぬき暮らし
あらいのじかん
愛知県神社庁
ひなたぼっこ
以前の記事
2013年 01月
2012年 06月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
最新のコメント
最近は全く更新していない..
by banbeimania at 08:18
通りすがりのものです。 ..
by サリー(宮総代の下っ端) at 20:29
皇室や糸屋ゆかりの大根焚..
by 環境大学新聞 at 15:08
とても魅力的な記事でした..
by 志望動機の書き方 at 09:43
はじめまして。 応援感..
by banbeimania at 22:08
はじめまして。 いつも..
by ならば at 13:02
いつも情報感謝しています..
by banbeimania at 01:02
最新のトラックバック
なんだろう?
from 龍を探して旅日記
【ネットができる宿|日本..
from ぱふぅ家のサイバー小物
岡崎市 レコード買取
from レコ-ド 買取
911 アメリカ 同時多..
from 【写真】 911 アメリカ ..
寺社建築の歴史図典
from ロドリゲスインテリーン
LOVE in Acti..
from ニコニコ笑う、トマトの笑顔な..
10・27請願受付の全容..
from 【日本を】10ゲ7『日本解体..
タグ
(1364)
(148)
(99)
(87)
(71)
(38)
(29)
(25)
(23)
(22)
(19)
(15)
(15)
(12)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(5)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


稲沢市重本神明社の蕃塀

 稲沢市重本2丁目に所在する神明社については、創建年代など詳細は不明である。寛文13年(1673)に記された『寛文村々覚書』には重本村に神明と権現の2社があり、両者とも「前々除」と記されている。祭神は社名からみて天照大神と推察される。

 重本神明社の蕃塀は、3間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約2.7m、全高約2.5m、屋根長約3.4m、屋根巾約0.6mを測り、両側には控え柱を持たない。

 詳細の構造は次の通り。基壇を持たず地面に直接礎石と布基礎を配置し、その上に円柱を2本立てて屋根を載せている。なお、礎石の周囲はコンクリートで固められていた。円柱の内側には下から羽目板部、貫、連子窓部、貫、透かし部の順に石材を積み重ねている。羽目板部は角を落とした角柱を2本立てて3つの区画に分けており、表面は隅を丸く加工した方形の単純な形を切り出したままであって装飾的な彫刻などは全く認められない。中央の羽目板部裏面には「大正十二年十月 寄附者 長春(人名2名分)」、右側の羽目板部裏面には「押切町 石工 大□勝次郎」と刻まれていた。透かし部は双龍紋が描かれ、その形状は頭部を透かし部の両端に配置して2匹の龍が向かい合い中央に「神明社」と刻まれた扁額を持つBタイプである。彫刻自体はやや平板であるが、龍の目や口に彩色が残存している。円柱上位に雲形腕木を模した張り出しが前後にあり、連子窓部は角柱を10本立てて造られる。屋根は寄せ棟状に切り出された反り屋根となっており、大棟は外側にわずかに突き出ている。背面に倒壊防止のための石製支柱が斜めに宛てがわれており、ボルトで固定されていた。

 重本神明社は、正面から灯籠、鳥居、蕃塀、狛犬、壁の無い吹き抜けの妻入拝殿、灯籠、狛犬から本殿施設群(祭文殿や本殿)に至る構成を持つ。

 重本神明社の蕃塀は、大正12年(1923)に名古屋市西区押切町の石工大□勝次郎により製作されたものである。大□勝次郎の2文字目は確実な形では判読できなかったが、あるいは「浜」と読むのかもしれない。いずれにしても、この職人名はここでは本事例が初出である。本蕃塀の透かし部の双龍紋の雰囲気は独特で、職人(大□勝次郎)の個性が窺い知れるものであるといえよう。
e0113570_18452118.jpg

[PR]
by banbeimania | 2007-10-21 18:45 | 蕃塀の事例 | Comments(0)
<< (参考)安城市明治川神社の不明施設 稲沢市大塚町八幡社の蕃塀 >>