蕃塀(ばんぺい)にこだわったブログです。蕃塀は神社の拝殿の前にある衝立状の塀です。
by banbeimania
カテゴリ
全体
蕃塀とは(はじめに)
蕃塀30選
蕃塀の事例
蕃塀を深める
探索の記録
検索
よろしかったらお願いします。クリック! click!
人気blogランキングへ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

リンク
みちくさ学会
さぬき暮らし
あらいのじかん
愛知県神社庁
ひなたぼっこ
以前の記事
2013年 01月
2012年 06月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
最新のコメント
最近は全く更新していない..
by banbeimania at 08:18
通りすがりのものです。 ..
by サリー(宮総代の下っ端) at 20:29
皇室や糸屋ゆかりの大根焚..
by 環境大学新聞 at 15:08
とても魅力的な記事でした..
by 志望動機の書き方 at 09:43
はじめまして。 応援感..
by banbeimania at 22:08
はじめまして。 いつも..
by ならば at 13:02
いつも情報感謝しています..
by banbeimania at 01:02
最新のトラックバック
なんだろう?
from 龍を探して旅日記
【ネットができる宿|日本..
from ぱふぅ家のサイバー小物
岡崎市 レコード買取
from レコ-ド 買取
911 アメリカ 同時多..
from 【写真】 911 アメリカ ..
寺社建築の歴史図典
from ロドリゲスインテリーン
LOVE in Acti..
from ニコニコ笑う、トマトの笑顔な..
10・27請願受付の全容..
from 【日本を】10ゲ7『日本解体..
タグ
(1364)
(148)
(99)
(87)
(71)
(38)
(29)
(25)
(23)
(22)
(19)
(15)
(15)
(12)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(5)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


堀池論文を読む(1)

 蕃塀に関する先行研究として、堀池康夫氏と堀池哲生氏の論文がある。この論文の存在は、国立情報学研究所「CiNii論文情報ナビゲータ」で、蕃塀の探索を始めた当初の頃から認識していた。しかし、1982年8月刊行社団法人日本建築学会学術講演梗概集計画系Vol.57に所収された本論文を、その専門性から長らくどのように入手しようか探しあぐねていたところ、最近になってCiNiiのホームページで本論文のPDF(Full Text)をダウンロードできることに気がつき、簡単に入手することができた。

 ここしばらくは、この堀池康夫氏と堀池哲生氏の論文「蕃塀の研究(その民俗学的建築史の解明)」を紹介しながら、これまでに私が調べてきた知見と比較し検討してみたい。この論文は、私の知る限り唯一の蕃塀に関する学術論文である。

 堀池康夫氏と堀池哲生氏の論文「蕃塀の研究(その民俗学的建築史の解明)」は昭和57年〜昭和61年の5年間にわたって、その1〜その5に分けて発表された。堀池康夫氏は岐阜女子大学教授、堀池哲生氏は岐阜女子大学非常勤講師(いずれも当時)であった。

 まず、「蕃塀の研究(その民俗学的建築史の解明)その1」を読んでみよう。

1 はじめに — 尾張の国の木曽川流域の地方の神社の前庭に、俗に「不浄よけ」とよばれる木造又は石造の透塀様の障壁が建つことが多い。この構造物の民族学的、建築史的の起源、構造型式その他の解明を本研究の目的とする。

 まず、最初に問題となるのは「蕃塀」の読み方である。論文では「バンペイ」と明瞭にふりがなが付けられているが、私はこれまで「ばんべい」と読んでいた。これについてネット上で調べると、「Japanese Architecture and Art Net Users System」では、「蕃塀」を「banbei」と代表的に読むが、「Also pronounced hanbei,banpei.」と記し、「はんべい」とも「ばんぺい」とも読むことが示されていた。この記述を信用すれば、読み方はどちらかでなければならないものではないらしい。

 次に気になる点は「尾張の国の木曽川流域の地方の神社の前庭に」という記述である。蕃塀が主に分布する区域を「尾張の国の木曽川流域」と概括しているが、木曽川河口域は該当しないなどの多少の問題があるものの、現在の私の把握した範囲では、4割以上の神社に蕃塀を持つ自治体の分布域の要点を比較的に的確に示しているように感じられる。流石であるといえよう。

 「民族学的、建築史的の起源、構造型式その他の解明を本研究の目的とする」とあり、その内容の展開が期待される。
[PR]
by banbeimania | 2007-11-25 00:35 | 蕃塀を深める | Comments(0)
<< 堀池論文を読む(2) 稲沢市の蕃塀(1)旧稲沢市内編 >>