蕃塀(ばんぺい)にこだわったブログです。蕃塀は神社の拝殿の前にある衝立状の塀です。
by banbeimania
カテゴリ
全体
蕃塀とは(はじめに)
蕃塀30選
蕃塀の事例
蕃塀を深める
探索の記録
検索
よろしかったらお願いします。クリック! click!
人気blogランキングへ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

リンク
みちくさ学会
さぬき暮らし
あらいのじかん
愛知県神社庁
ひなたぼっこ
以前の記事
2013年 01月
2012年 06月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
最新のコメント
最近は全く更新していない..
by banbeimania at 08:18
通りすがりのものです。 ..
by サリー(宮総代の下っ端) at 20:29
皇室や糸屋ゆかりの大根焚..
by 環境大学新聞 at 15:08
とても魅力的な記事でした..
by 志望動機の書き方 at 09:43
はじめまして。 応援感..
by banbeimania at 22:08
はじめまして。 いつも..
by ならば at 13:02
いつも情報感謝しています..
by banbeimania at 01:02
最新のトラックバック
なんだろう?
from 龍を探して旅日記
【ネットができる宿|日本..
from ぱふぅ家のサイバー小物
岡崎市 レコード買取
from レコ-ド 買取
911 アメリカ 同時多..
from 【写真】 911 アメリカ ..
寺社建築の歴史図典
from ロドリゲスインテリーン
LOVE in Acti..
from ニコニコ笑う、トマトの笑顔な..
10・27請願受付の全容..
from 【日本を】10ゲ7『日本解体..
タグ
(1364)
(148)
(99)
(87)
(71)
(38)
(29)
(25)
(23)
(22)
(19)
(15)
(15)
(12)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(5)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


堀池論文を読む(8)

 今日は堀池康夫・堀池哲生論文の第5章を読んでみる。

5)藩塀の名称と機能 — 愛知県の尾張地方及び木曽川沿岸の岐阜県の一部の地区に散在する神社の拝殿・本殿に向って鳥居をくぐり、時に反り橋を渡って進めば、拝殿前方に、内宮の蕃塀と同じく本殿と鳥居を結ぶ線上に中心を置く屋根をのせた竪連子透塀状の高さ幅共、3米前後の独立壁体をしばしば見受ける。石造と木造が最も多く、コンクリート造のものもある。一般に「不浄除け」、「見切りもの」とよばれ、神社側では「藩塀」とよぶ。(以下つづく)(堀池康夫・堀池哲生「蕃塀の研究(その民俗学的建築史の解明)その1」より抜粋)

 まず、注目されるのは「藩塀」という言葉である。私が「藩塀」という文字を見たことがあるのは『八開村史』や『稲沢市史』などの文献である。当初は「藩塀」は「蕃塀」の誤植であろうかと推測していた。あるいは、「藩」は「蕃」の同音の当て字(意符書換字:意味が似ている他の形の異なる偏旁に書き換えた文字)かもしれないと思っていた。

 そこで「蕃」と「藩」の文字を諸橋轍次著『大漢和辞典』で調べてみた。「蕃」は字義として「①しげる。②ふえる、ふやす。③おほい。④さかん。⑤あかい。⑥かはる。⑦車の耳。⑧まがき。⑨はこ。⑩鳥の名。⑪草の名。⑫えびす。⑬繁に通ず。⑭又、番に作る。⑮(略)」が挙げられ、蕃塀の蕃は⑧まがきの意味に該当するだろう。「蕃屛」は「垣根となる。蔽ひ防ぐものとなる。又、蔽ひふせぐ。蕃屏。蕃翰。」という。一方、「藩」は「①おほふ。②まがき。③車のおほひ。④おほひのある車。⑤さかひ。かぎり。⑥王侯の領國。⑦莐藩は、はなすげ。⑧又、蕃に作る。⑨又、樊に作る。⑩或は䕰に作る。⑪姓。」が挙げられ、藩塀の藩は②まがきの意味に該当するか、⑧又、蕃に作るに当てはまるだろう。「藩屛」は「まがき。かこひ。又、まもりとなるべき諸侯の稱。又、まもる。掩護する。守護。藩蔽。藩翰。藩籬。蕃屛。屛蕃。屛翰。」という。

 結局、「蕃」と「藩」、「蕃塀」と「藩塀」は概ね同じ意味であり、どちらでも良いのかも知れない。ただし、伊勢神宮の「蕃塀」の最古の記録とみられる延暦23年(804)の『皇大神宮儀式帳』の「番垣」、『止由氣宮儀式帳』の「蕃垣」の記述からみて、問題の施設の名称は本来的には「蕃垣」であり、それが後に「蕃塀」に変化したのだろう。堀池論文の「神社側では「藩塀」とよぶ」という記述は、伊勢神宮の「蕃塀」の名称が更に尾張の一部の神社に至ると類似する「藩塀」という言葉に置き換わったことを意味するのではないだろうか。

 問題は、尾張の神社において「蕃塀」あるいは「藩塀」という名称がいつから使用されるようになったのか、という点に移っているように感じられる。
[PR]
by banbeimania | 2007-12-03 00:15 | 蕃塀を深める | Comments(0)
<< 堀池論文を読む(9) 堀池論文を読む(7) >>