蕃塀(ばんぺい)にこだわったブログです。蕃塀は神社の拝殿の前にある衝立状の塀です。
by banbeimania
カテゴリ
全体
蕃塀とは(はじめに)
蕃塀30選
蕃塀の事例
蕃塀を深める
探索の記録
検索
よろしかったらお願いします。クリック! click!
人気blogランキングへ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

リンク
みちくさ学会
さぬき暮らし
あらいのじかん
愛知県神社庁
ひなたぼっこ
以前の記事
2013年 01月
2012年 06月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
最新のコメント
最近は全く更新していない..
by banbeimania at 08:18
通りすがりのものです。 ..
by サリー(宮総代の下っ端) at 20:29
皇室や糸屋ゆかりの大根焚..
by 環境大学新聞 at 15:08
とても魅力的な記事でした..
by 志望動機の書き方 at 09:43
はじめまして。 応援感..
by banbeimania at 22:08
はじめまして。 いつも..
by ならば at 13:02
いつも情報感謝しています..
by banbeimania at 01:02
最新のトラックバック
なんだろう?
from 龍を探して旅日記
【ネットができる宿|日本..
from ぱふぅ家のサイバー小物
岡崎市 レコード買取
from レコ-ド 買取
911 アメリカ 同時多..
from 【写真】 911 アメリカ ..
寺社建築の歴史図典
from ロドリゲスインテリーン
LOVE in Acti..
from ニコニコ笑う、トマトの笑顔な..
10・27請願受付の全容..
from 【日本を】10ゲ7『日本解体..
タグ
(1364)
(148)
(99)
(87)
(71)
(38)
(29)
(25)
(23)
(22)
(19)
(15)
(15)
(12)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(5)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


稲沢市平和町須ヶ谷八幡社の蕃塀

 これまで、約半月にわたって堀池康夫・堀池哲生論文を読んできた。様々な文献を少しずつ調べながら検討した結果、いろいろな問題点が浮かび上がり、これからの課題も明瞭になってきたといえよう。ただ、結果として画像の無いネタの連続となり、ある意味退屈な感じになってしまったことは否めない。本当は堀池康夫・堀池哲生論文はその2以降もあるのだが、ここでは一旦中断し、従来の蕃塀の事例紹介を復活していくことにしたい。

 平成の大合併以前の旧稲沢市の蕃塀については、既に62例を紹介してきた。事例紹介の再開にあたり、平成の大合併以降に稲沢市に入った旧中島郡平和町に所在する蕃塀から始めることとする。

 稲沢市平和町須ヶ谷字郷に所在する八幡社については、創建年代など詳細は不明である。『寛文村々覚書』には須賀谷村に八幡があるといい、前々除と記されている。『平和町誌』には、延宝5年(1677)と貞享3年(1686)などの棟札があるという。祭神は大鞆別命である。本殿は明治32年、幤殿は大正13年、拝殿は昭和27年に建立されたという。

 須ヶ谷八幡社の蕃塀は、2間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約3.0m、全高約2.2m、屋根長約3.5m、屋根巾約0.5mを測り、両側には控え柱を持たない。

 詳細の構造は次の通り。低い土盛り状の基壇?の上に円柱を3本立てて屋根石を載せる。円柱の内側には下から地貫、羽目板部、腰貫、連子窓部の順に材を積み重ねている。欄間部(旧透かし部)は存在しない。羽目板部の2区画の表面は波涛中を泳ぐ双龍紋が向かい合って彫刻されていた。左側羽目板部の裏面には、家族と思われる人名6人分の名前が記されていた。左右の円柱表面に「奉納」、中央の円柱裏面に「大正十三年十月建之」の文字が刻まれている。円柱柱頭に腕木板はなく、連子窓部は各間で角材によって枠を造り各々円柱を3本立てて竪連子に造られる。屋根は寄せ棟状に切り出された照り屋根で、大棟は屋根石と一体化し両端には鬼板を配置する。

 須ヶ谷八幡社は、正面から灯籠、一の鳥居、灯籠、二の鳥居、蕃塀、壁の無い吹き抜けの妻入拝殿、灯籠群、狛犬から基壇上の本殿施設群(祭文殿や本殿)に至る構成を持つ。

 須ヶ谷八幡社の蕃塀は、大正13年(1924)に製作されたものだが、作者は不明である。これは、愛西市に多く見られる欄間部(旧透かし部)が省略されたものである。愛西市所在蕃塀の分類の内、欄間部(旧透かし部)が簡略化され連子窓の支柱が円柱で照り屋根となるB草平津島社タイプに近似する。ただし、中央の円柱が地面から屋根まで通して貫いており、この点はむしろ稲沢市福島神明社の蕃塀Bに類似する。福島神明社と須ヶ谷八幡社の蕃塀は、共に連子窓枠を石材で造る点でも類似している。堀池論文第7章中の「丸柱4本、壁面3間の場合も同じ手法構造である」という文章は、こうしたタイプの壁面3間のものを指しているのかも知れない。
e0113570_0575525.jpg

[PR]
by banbeimania | 2007-12-09 00:58 | 蕃塀の事例 | Comments(0)
<< 稲沢市平和町法立神明社の蕃塀 堀池論文を読む(13) >>