蕃塀(ばんぺい)にこだわったブログです。蕃塀は神社の拝殿の前にある衝立状の塀です。
by banbeimania
カテゴリ
全体
蕃塀とは(はじめに)
蕃塀30選
蕃塀の事例
蕃塀を深める
探索の記録
検索
よろしかったらお願いします。クリック! click!
人気blogランキングへ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

リンク
みちくさ学会
さぬき暮らし
あらいのじかん
愛知県神社庁
ひなたぼっこ
以前の記事
2013年 01月
2012年 06月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
最新のコメント
最近は全く更新していない..
by banbeimania at 08:18
通りすがりのものです。 ..
by サリー(宮総代の下っ端) at 20:29
皇室や糸屋ゆかりの大根焚..
by 環境大学新聞 at 15:08
とても魅力的な記事でした..
by 志望動機の書き方 at 09:43
はじめまして。 応援感..
by banbeimania at 22:08
はじめまして。 いつも..
by ならば at 13:02
いつも情報感謝しています..
by banbeimania at 01:02
最新のトラックバック
なんだろう?
from 龍を探して旅日記
【ネットができる宿|日本..
from ぱふぅ家のサイバー小物
岡崎市 レコード買取
from レコ-ド 買取
911 アメリカ 同時多..
from 【写真】 911 アメリカ ..
寺社建築の歴史図典
from ロドリゲスインテリーン
LOVE in Acti..
from ニコニコ笑う、トマトの笑顔な..
10・27請願受付の全容..
from 【日本を】10ゲ7『日本解体..
タグ
(1364)
(148)
(99)
(87)
(71)
(38)
(29)
(25)
(23)
(22)
(19)
(15)
(15)
(12)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(5)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


一宮市真清田神社の蕃塀(3)

 前回は『張州府志』に描かれた真清田神社の蕃塀を紹介したが、今回は『真清田神社古絵図』に描かれた真清田神社の蕃塀を紹介したい。

 「紙本著色真清田神社古絵図」は真清田神社に保管され、一宮市文化財に指定されている。本図は、法相宗僧英空により真清田神社に寄贈され、その後承応2年(1653)に補修されたもので、承応2年修補銘が残っている。真清田神社のホームページによれば、図中人物の頭部運搬や肩衣着用の風俗により室町、桃山期の成立と推測される。上部に日月を配し曼荼羅様式としている。本殿背後に三鳥居と飛雲に乗る三本松が見え「古縁起」の伝えを描写しているという。(なお、『真清田神社古絵図』は真清田神社のホームページで閲覧することができる)

 「真清田神社古絵図」の建物配置を『張州府志』の「一ノ宮図」と対比してみると、正面から「大鳥井」、「楼門」、「塀重門」、「勅使殿」、「舞殿」、「祭文殿」、「廻廊」、「祭文殿」、「渡殿」を経て本殿(「獅子間」と「内陣」か)に至る構成が描かれ、「一ノ宮図」とほぼ共通していることが分かる。『張州府志』「一ノ宮図」の塀重門が蕃塀を指していると推測されたことから、「真清田神社古絵図」の廻廊に接続する門の付近にあるやや規模が大きい2つの殿舎の間にある建物が蕃塀であると考えられる。

 この「真清田神社古絵図」に描かれた蕃塀と推測される建物は、屋根を持つ塀のように描かれている。入手した画像が不鮮明で詳述できないが、おそらく3間巾と思われ、その形状は伊勢神宮で見られる衝立型蕃塀というよりは連子窓型蕃塀に近いと考えられる。屋根は他の殿舎と同様に茶色に描かれているので、桧皮葺きまたは柿葺きと推測される。

 このことから考えてみると、真清田神社では少なくとも承応2年(1653)以前のおそらく桃山時代には連子窓型蕃塀が存在した可能性が考えられる。もしこの推察が正しければ、正徳3年(1714)以前の建立と推測した稲沢市尾張大国霊神社の蕃塀よりも古く、これまでに取り上げたある程度の建立年代を絞ることができる蕃塀の中では、最古の蕃塀ということができる。現存しないことが改めて残念であるといえよう。
[PR]
by banbeimania | 2008-02-24 20:41 | 蕃塀を深める | Comments(0)
<< 一宮市瀬部八剱社の蕃塀 一宮市真清田神社の蕃塀(2) >>