蕃塀(ばんぺい)にこだわったブログです。蕃塀は神社の拝殿の前にある衝立状の塀です。
by banbeimania
カテゴリ
全体
蕃塀とは(はじめに)
蕃塀30選
蕃塀の事例
蕃塀を深める
探索の記録
検索
よろしかったらお願いします。クリック! click!
人気blogランキングへ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

リンク
みちくさ学会
さぬき暮らし
あらいのじかん
愛知県神社庁
ひなたぼっこ
以前の記事
2013年 01月
2012年 06月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
最新のコメント
最近は全く更新していない..
by banbeimania at 08:18
通りすがりのものです。 ..
by サリー(宮総代の下っ端) at 20:29
皇室や糸屋ゆかりの大根焚..
by 環境大学新聞 at 15:08
とても魅力的な記事でした..
by 志望動機の書き方 at 09:43
はじめまして。 応援感..
by banbeimania at 22:08
はじめまして。 いつも..
by ならば at 13:02
いつも情報感謝しています..
by banbeimania at 01:02
最新のトラックバック
なんだろう?
from 龍を探して旅日記
【ネットができる宿|日本..
from ぱふぅ家のサイバー小物
岡崎市 レコード買取
from レコ-ド 買取
911 アメリカ 同時多..
from 【写真】 911 アメリカ ..
寺社建築の歴史図典
from ロドリゲスインテリーン
LOVE in Acti..
from ニコニコ笑う、トマトの笑顔な..
10・27請願受付の全容..
from 【日本を】10ゲ7『日本解体..
タグ
(1364)
(148)
(99)
(87)
(71)
(38)
(29)
(25)
(23)
(22)
(19)
(15)
(15)
(12)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(5)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


堀池論文を読む(16)

 今回は堀池康夫・堀池哲生論文「蕃塀の研究(その民俗学的建築史の解明)その2」の第3章を読んでみる。

3)尾張型蕃塀の分布 — 蕃塀のもつ神社の稍々不十分な所在調査の結果、それら神社の分布を見ると、尾張の国に多く分布し、特に木曽川流域に沿って尾張の西北地区に集中分布する。美濃は木曽川を越えてその流域に散在する。伊勢の国及び東方三河の国遠江の国には特別の神社の場合以外には全く存在しない。その他、東海四県の地域には未だ見出されない。即ち尾張の国内の特定の神社に、尾張型蕃塀を建てるもので、尾張以外にはその存在は見られない。【図5尾張国内の尾張型蕃塀の分布を示す】(以下つづく)(堀池康夫・堀池哲生「蕃塀の研究(その民俗学的建築史の解明)その2」より抜粋)

 尾張型蕃塀の分布については、『蕃塀の研究(その民俗学的建築史の解明)その1』で「尾張の国の木曽川流域の地方の神社の前庭に」多いと表現していたが、ここではより詳細に分布について検討している。その結果導き出された「特に木曽川流域に沿って尾張の西北地区に集中分布する」という指摘は、それほど間違ってはいない。ただ、これまでの私の調査で判明した愛知県神社庁のリスト中の神社における蕃塀が存在する割合が40%を超えるのは、海部郡七宝町(約91.7%)・丹羽郡扶桑町(約88.9%)・丹羽郡大口町(60.0%)・西春日井郡豊山町(約57.1%)・一宮市(約53.3%)・海部郡美和町(50%)・名古屋市北区(50%)・北名古屋市(約46.3%)・春日井市(約45.5%)・稲沢市(約44.7%)・犬山市約(44.4%)・名古屋市名東区(約42.9%)である。西春日井郡豊山町や北名古屋市および名古屋市や春日井市が「木曽川流域に沿って尾張の西北地区」に該当するか否かは微妙と言える。

 「美濃は木曽川を越えてその流域に散在する」という点は、まだ本ブログで紹介していないが、少なくとも各務原市(旧川島町)で一定量の蕃塀が存在していることを確認しているので、その通りと考えられる。「伊勢の国及び東方三河の国遠江の国には特別の神社の場合以外には全く存在しない」という点は、伊勢は皇大神宮と豊受大神宮、三河は豊橋市石巻神社のことを指していると思われるが、遠江の蕃塀の事例は未だに調査できていない。

 まずは、愛知県下の神社をシラミつぶしに参拝し続けているが、ゆくゆくは岐阜県・三重県・静岡県にも範囲を広げなければならないのだろう。
[PR]
by banbeimania | 2008-10-09 00:19 | 蕃塀を深める | Comments(0)
<< 堀池論文を読む(17) 堀池論文を読む(15) >>