蕃塀(ばんぺい)にこだわったブログです。蕃塀は神社の拝殿の前にある衝立状の塀です。
by banbeimania
カテゴリ
全体
蕃塀とは(はじめに)
蕃塀30選
蕃塀の事例
蕃塀を深める
探索の記録
検索
よろしかったらお願いします。クリック! click!
人気blogランキングへ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

リンク
みちくさ学会
さぬき暮らし
あらいのじかん
愛知県神社庁
ひなたぼっこ
以前の記事
2013年 01月
2012年 06月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
最新のコメント
最近は全く更新していない..
by banbeimania at 08:18
通りすがりのものです。 ..
by サリー(宮総代の下っ端) at 20:29
皇室や糸屋ゆかりの大根焚..
by 環境大学新聞 at 15:08
とても魅力的な記事でした..
by 志望動機の書き方 at 09:43
はじめまして。 応援感..
by banbeimania at 22:08
はじめまして。 いつも..
by ならば at 13:02
いつも情報感謝しています..
by banbeimania at 01:02
最新のトラックバック
なんだろう?
from 龍を探して旅日記
【ネットができる宿|日本..
from ぱふぅ家のサイバー小物
岡崎市 レコード買取
from レコ-ド 買取
911 アメリカ 同時多..
from 【写真】 911 アメリカ ..
寺社建築の歴史図典
from ロドリゲスインテリーン
LOVE in Acti..
from ニコニコ笑う、トマトの笑顔な..
10・27請願受付の全容..
from 【日本を】10ゲ7『日本解体..
タグ
(1364)
(148)
(99)
(87)
(71)
(38)
(29)
(25)
(23)
(22)
(19)
(15)
(15)
(12)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(5)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


『尾張名所図会』に見る蕃塀(7)津島牛頭天王社

 『尾張名所図会』巻之七(1841頃)には「津島牛頭天王社」と題された絵が所収されている。そのうち「其二」に蕃塀が描かれている。

 津島牛頭天王社が描かれた絵には、注記が無いものの、鳥居、「南門」、透垣(蕃塀)、「拝殿」を経て祭文殿などの「本社」に至る構成が示されている。蕃塀の部分は印刷がかすれていて、その構造は判然としない状態である。が無理矢理読み取れば、切妻屋根の連子窓型蕃塀で控え柱を持っているように見える。間数は判然としないが、長さは長大である。
e0113570_1483.jpg

 さて、『尾張名所図会』の本文には、津島牛頭天王社について多くの解説が記述されており、「瑞籬、祭供殿、拝殿、御供所、楼門、南門、神厩、文庫、絵馬所、神庫、篝䑓、鳥居、御井館、手水館等あり」の文面が見られるが、蕃塀(透垣)に関する記述は発見できなかった。

 津島牛頭天王社は現在の津島神社のことを指している。現存する津島神社の蕃塀は3間巾の木造桧皮葺き連子窓型蕃塀である。大きさは概略で、本体長約5.8m、全高約3.6m、屋根長約7.5m、屋根巾約2.5mで、両側に控え柱を持つ。絵画と比較すると、詳細な間数などの構造を比べることはできないが、切妻屋根の連子窓型蕃塀であるため、現存する蕃塀は『尾張名所図会』に見られる蕃塀そのものであると考えられる。

 さて、以前に紹介したように、津島神社にはいくつかの絵図が残されている。1752年に儒学者の松平君山等によって編纂された地誌『張州府志』には、「天王惣社図」があるが、これには蕃塀は明瞭に描かれていない。一方、作画年代不詳の市指定文化財「絹本著色津島神社絵図」には南門の奥に朱色などに描かれた蕃塀が存在している。津島神社境内の他の建造物の再建年代をみると、本殿は1825年に修補、祭文殿は1823年に再建、廻廊は1825年に再建されており、文政年間に施設の建設が集中していたことが分かる。これらを総合して考えると、一つの可能性として、蕃塀の建立年代は造作が盛んに行われた1825年頃が浮かび上がると推定した。

 『尾張名所図会』は1841年頃に津島神社に蕃塀が存在したことを示しており、上記の仮説を補強する資料であるといえる。
[PR]
by banbeimania | 2008-10-17 01:05 | 蕃塀を深める | Comments(0)
<< 『尾張名所図会』に見る蕃塀(8... 『尾張名所図会』に見る蕃塀(6... >>