蕃塀(ばんぺい)にこだわったブログです。蕃塀は神社の拝殿の前にある衝立状の塀です。
by banbeimania
カテゴリ
全体
蕃塀とは(はじめに)
蕃塀30選
蕃塀の事例
蕃塀を深める
探索の記録
検索
よろしかったらお願いします。クリック! click!
人気blogランキングへ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

リンク
みちくさ学会
さぬき暮らし
あらいのじかん
愛知県神社庁
ひなたぼっこ
以前の記事
2013年 01月
2012年 06月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
最新のコメント
最近は全く更新していない..
by banbeimania at 08:18
通りすがりのものです。 ..
by サリー(宮総代の下っ端) at 20:29
皇室や糸屋ゆかりの大根焚..
by 環境大学新聞 at 15:08
とても魅力的な記事でした..
by 志望動機の書き方 at 09:43
はじめまして。 応援感..
by banbeimania at 22:08
はじめまして。 いつも..
by ならば at 13:02
いつも情報感謝しています..
by banbeimania at 01:02
最新のトラックバック
なんだろう?
from 龍を探して旅日記
【ネットができる宿|日本..
from ぱふぅ家のサイバー小物
岡崎市 レコード買取
from レコ-ド 買取
911 アメリカ 同時多..
from 【写真】 911 アメリカ ..
寺社建築の歴史図典
from ロドリゲスインテリーン
LOVE in Acti..
from ニコニコ笑う、トマトの笑顔な..
10・27請願受付の全容..
from 【日本を】10ゲ7『日本解体..
タグ
(1364)
(148)
(99)
(87)
(71)
(38)
(29)
(25)
(23)
(22)
(19)
(15)
(15)
(12)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(5)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


江南市田代郷中神明社の蕃塀(3)

 前回までに紹介した田代郷中神明社の蕃塀は、全く新しいタイプの石造蕃塀であったが、ここではこの蕃塀と他の蕃塀との関係を少し考えてみたい。

 私はこれまで、蕃塀を大きく連子窓型蕃塀と衝立型蕃塀に区分してきた。連子窓型蕃塀は塀の中央に連子という細い材を縦に並べた窓を持つ蕃塀(参照)、衝立型蕃塀は中央に連子窓を持たず衝立のように壁のみで構成される蕃塀(参照)を指している。屋根の形状を比較すると、連子窓型蕃塀は切妻屋根あるいは寄棟屋根を持ち、その巾は主柱よりは遥かに広いものであった。一方、衝立型蕃塀は主柱上端に覆板(笠木)を載せるもので、その巾は主柱とほぼ同規模であった。田代郷中神明社の蕃塀の屋根は、主柱(角柱)上に覆板(笠木)を載せるもので、その巾は主柱とほぼ同規模であるので、この点を重視すれば衝立型蕃塀に近いものと考えることができる。

 この観点に立ってみると、衝立型蕃塀は柱間の壁面には横羽目板を嵌め込んで造るのに対し、田代郷中神明社の蕃塀は羽目板の代わりに「×」字状に交差させたものが配置されているといえる。よって、田代郷中神明社の蕃塀は衝立型蕃塀の変型と考えることができよう。

 さて、田代郷中神明社の蕃塀のもう一つの特徴は、これまで紹介してきた石造蕃塀の中では最古に位置付けられることである。すなわち、田代郷中神明社の蕃塀が石造蕃塀の祖形となる可能性があるのである。ただし、それは可能性があるだけで、その後に尾張地域に展開する石造連子窓型蕃塀や石造衝立型蕃塀には直接的につながってはいかないものであった。もし祖形であるならば、田代郷中神明社の蕃塀の形はどこから来たもので、その後どこへ繋がっていくのであろうか。

 田代郷中神明社は、江南市小折にある生駒家が氏神とした内宮と外宮のうちの内宮に相当しているが、内宮と外宮の両社を勧請していることからみて両社は伊勢神宮の様式をよく模倣したものの可能性が考えられる。蕃塀もその一環で伊勢神宮のものを導入したかもしれない。しかし、伊勢神宮の蕃塀と田代郷中神明社の蕃塀との間には木造を石造へ、および壁面を「×」字状の透かしへ変えるという大きな飛躍が横たわっている。神社の施設を木造から石造へ変化する流れは比較的容易に理解できるが、および壁面を「×」字状の透かしへ変える意味は簡単には理解できない問題として残されているといえよう。
[PR]
by banbeimania | 2009-01-15 22:21 | 蕃塀を深める | Comments(0)
<< 江南市田代南山神明社の蕃塀 江南市田代郷中神明社の蕃塀(2) >>