蕃塀(ばんぺい)にこだわったブログです。蕃塀は神社の拝殿の前にある衝立状の塀です。
by banbeimania
カテゴリ
全体
蕃塀とは(はじめに)
蕃塀30選
蕃塀の事例
蕃塀を深める
探索の記録
検索
よろしかったらお願いします。クリック! click!
人気blogランキングへ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

リンク
みちくさ学会
さぬき暮らし
あらいのじかん
愛知県神社庁
ひなたぼっこ
以前の記事
2013年 01月
2012年 06月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
最新のコメント
最近は全く更新していない..
by banbeimania at 08:18
通りすがりのものです。 ..
by サリー(宮総代の下っ端) at 20:29
皇室や糸屋ゆかりの大根焚..
by 環境大学新聞 at 15:08
とても魅力的な記事でした..
by 志望動機の書き方 at 09:43
はじめまして。 応援感..
by banbeimania at 22:08
はじめまして。 いつも..
by ならば at 13:02
いつも情報感謝しています..
by banbeimania at 01:02
最新のトラックバック
なんだろう?
from 龍を探して旅日記
【ネットができる宿|日本..
from ぱふぅ家のサイバー小物
岡崎市 レコード買取
from レコ-ド 買取
911 アメリカ 同時多..
from 【写真】 911 アメリカ ..
寺社建築の歴史図典
from ロドリゲスインテリーン
LOVE in Acti..
from ニコニコ笑う、トマトの笑顔な..
10・27請願受付の全容..
from 【日本を】10ゲ7『日本解体..
タグ
(1364)
(148)
(99)
(87)
(71)
(38)
(29)
(25)
(23)
(22)
(19)
(15)
(15)
(12)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(5)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:探索の記録( 120 )

蕃塀マニア余話(その7)著作権?

 蕃塀マニアは「蕃塀」の情報を用いて生業にはしていないという意味で素人である。今回もこのフレーズから始めてみたが、生業にしていないが故に、蕃塀マニアが記した文言が広く知られ再生産されることについて、現状では損失を被ることは無い。蕃塀に関する情報が知られることにより、蕃塀マニアにおける知的優位性が失われたからといって、まったく困ることは無いのだ。知識がお金に直接結びつかないからだ。

 だから、蕃塀マニアが記した文言が、別のホームページなりブログなりにそのまま掲載されていても、困ることは無いし、内心そのことについて喜びさえ感じるくらいである。あとは気分の問題だ。

 蕃塀マニアが記した文言を、別の人物があたかも新しく発見したかのように振る舞う事態が生じた場合(今のところそのような事態を見たことは無いのだが)、それは著しく気分が悪くなるものと想像される。これに対し、「蕃塀マニアによれば」という言葉が入っていれば、それが一番うれしいのであるが、そうでなくてもかまわない。

あるブログの中でコメントされた加藤勝美さんは「こんにちは。先日は蕃塀(ばんぺい)について自分が分からないままお尋ねし、お手を煩わせ、すみませんでした。その後色々調べたら文化庁等では蕃塀ないし透垣(すいがい)と呼んでいるようです。次のような説明文も見つけました。「蕃塀は、神社の一施設で、通常は参道上で拝殿の前に存在する短い塀である。「不浄除け」、「透垣」、「籬」などとも呼ばれる。」参考になれば幸いです。いやあ、お尋ねする前にちゃんと自分で調べる癖をつけなくちゃいけませんよね。」と記述している。この赤い部分は明らかに蕃塀の概要(1)の冒頭の一文がそのまま採用されている。この場合、出典は明示されていないが、蕃塀マニアはそれを口惜しいとは思わない。蕃塀マニアの主張が採用されたと喜ぶのである。
[PR]
by banbeimania | 2010-07-08 23:08 | 探索の記録 | Comments(0)

蕃塀マニア余話(その6)プロではない!

 蕃塀マニアは「蕃塀」の情報を用いて生業にはしていないという意味で素人である。前回にこのように記したが、生業にしていない以上、逆にいえば普通では調べたことを公にすることは極めて大変なことである。例えば、印刷物を作るとなるとそれなりの費用がかかり、実際に行うには相当な決意が必要である。

 それに比べたら、インターネットでの公開はなんと容易なことであろうか。回線をつなぐなどの経費がかかるので全く無料というわけではないが、印刷に比べれば遥かにお手軽である。お手軽だからこそ、蕃塀マニアは蕃塀マニアを立ち上げようと思ったのだ。この簡便性が情報過多の状況を作った最大の要因だと考えている。

 このインターネットのお手軽さが、実は情報の粗雑化を生み出しているように感じられる。通常出版物の場合、間違いが無いように校正を繰り返され、内容も吟味される(最近はそれほどでもないかもしれないが)。これに対し、例えば個人のブログでは内容の質は作者の姿勢に大きく影響され、完成された内容と間違いの無い文章を作るのは案外難しい。
[PR]
by banbeimania | 2010-07-07 22:54 | 探索の記録 | Comments(0)

蕃塀マニア余話(その5)プロではない?

 前々回に、インターネットの検索機能の有効性をより発揮するためには、より多くの詳しい情報がアップされる必要がある、というような趣旨の内容を記した。そして、蕃塀マニアは「蕃塀」を徹底的に調べて第一人者になってその情報を公開しようと考えたことを述べた。

 しかし、蕃塀マニアのように、特定の事柄に極めて詳しい人は結構たくさんいると思われる。その道の専門家や一芸に秀でた人などはいうに及ばず、ある工場でこの加工についてはこの人にしか任せられないみたいな方々までも、基本はマニアックな人々なのだろうと予測している。そういう人たちを含めれば、世の中には非常に数多くの専門家がいることに気づかされる。そういう人たちは、あるワザについて多くの経験があり、その情報が頭の中で類型化され、さらに理由付け(理論化)が行われて、その人独自のコツとなって整理されていると思われる。このあり方こそマニアそのものではないかと考えるのである。

 例えば、前楽天監督野村克也氏の「野村スコープ」などの世界は、「野球における投手の配球マニア」といえよう。ただし、このような場合、あまりマニアという言い方をしないのは、それが職業としての生業となっているからであろう。そして、生業となっている情報は直接金に関連するために、むやみやたらに情報は開示されない。企業秘密だからである。

 これに対し、蕃塀マニアは「蕃塀」の情報を用いて生業にはしていないという意味で素人である。だから情報を公開しても何ら損得は発生しない。むしろ、そういう特定の事柄を調べあげることのマニアックな面白さが少しでも伝わればよいな、と考えている次第である。
[PR]
by banbeimania | 2010-07-06 00:36 | 探索の記録 | Comments(0)

蕃塀マニア余話(その4)よくわからない

 蕃塀マニアはITにはあまり詳しくない。むしろ疎い方だと思う。

 先日「みちくさ学会」の蕃塀の記事でツイッターのコメント?がついていたようなので、それを見ようとした。すぐには見ることができず、結果ツイッターに登録?することになった。それでまあなんとかそのコメントを見ることができたのだが、全く別の部分に一度うっかり何も入力しないままツイートしてしまった。このミスを本当は消したいのだが、やり方が分からないので傷口を広げないために今は放置している。関係各位にはこのようなミスはご愛嬌として許してもらいたいのだが、ツイッターは早期に読者の反応が分かるというだけのもので、蕃塀マニア的には全く魅力を感じなかった。で、まあツイッターについては、深入りを止めにしておこうと思っている。

 それとは別に、突然に蕃塀マニアの本ブログに企業の宣伝が掲載されているのを発見した。エキサイトブログは、投稿の方法が分かりやすかったことと、宣伝が無くシンプルであったことが魅力だったから、少々驚いた。その原因にいろいろな噂もあったが、エキサイト側に問い合わせた結果(というかちゃんとお知らせを読めば書いてあったのだが)、今月から無料ブログには広告がつくことになったという。

 企業のすることなのだから仕方ないのだろうけども、エキサイトブログは良心的だと高く評価していただけに、少し残念だ。でもこちらも無料で自己満足に利用しているのだから、当然文句をいう筋合いもない。(誤解や誤謬があり不適切な表現もあったため、2010年7月3日22時に大幅に改稿した)
[PR]
by banbeimania | 2010-07-02 00:46 | 探索の記録 | Comments(0)

蕃塀マニア余話(その3)インターネットの中の情報

 インターネットは便利である。今や蕃塀マニアにとっては欠かせない道具となっている。

 約30年前にパソコンが登場した際に、蕃塀マニアはこの道具に対し情報更新の容易さに魅力を感じた。翻って現在のインターネットに対しては、情報検索の容易さに大きな魅力を感じる。調べたい言葉を検索すれば、たちどころに膨大な情報が選別されるのだ。昔では想像できない分量の情報があふれている。蕃塀マニアの記事の作成に当たっては、少なからずその恩恵を受けていることはいうまでもない。

 しかし、そこには大きな問題がある。それは、その情報が玉石混淆であることであろう。詳しいことが書いてある場合もあれば、通り一遍のことしか示されていないものもある。そもそも比較的に正確な記述もあれば、極端に言えば全く間違っているものさえある。私たちは、インターネットでものを調べる際には、その中から適切な情報を仕分けする能力を身につける必要がある。

 で、現実にはどうか。仕分けするだけの情報があれば、まだましな方である。例えば、蕃塀マニアを立ち上がる前(約4年前)の時点で、「蕃塀」で検索をかけると、津島市津島神社、豊橋市石巻神社、伊勢神宮の各蕃塀など数例についての記述が選択される程度で、総件数も2桁台という有様であった。つまりあまりにマイナーなテーマについては、そもそも情報そのものが少ない、あるいは場合によっては無いものがあるということだ。いくら検索のシステムが優れていても、内容が伴わなければ的確な形での役には立たない。

 蕃塀マニアはそこに目をつけていた。ほとんど誰も詳しく調べてきたことが無いものを徹底的に調べあげて記事にすれば、比較的容易に蕃塀マニア自身の独壇場を示すことができると考えたのだ。そしてその手頃な「蕃塀」というテーマを見つけたのである。特に、神社の表に見えている施設なら、不敬な取り扱いさえしなければ、記事にする(情報を公開する)ことに問題は発生しにくいだろうという読みもあった。だから、蕃塀マニアはマニアックだけれども、決して蕃塀が好きで調べているのではなく、単にやりやすい条件が揃っていたということなのである。

 ホームページにしろ、ブログにしろ、多かれ少なかれ所詮は発信者の自己満足の世界で行われているにすぎない。蕃塀マニアももちろんその例外ではない。ただ、よくありがちな感想の垂れ流しだけの状態では、世情を動かす一体感などはあるのかもしれないけれども、情報の蓄積にはほとんど役に立たない。せっかく何かを書くのであれば、少しは情報蓄積に寄与したい、と蕃塀マニアは考える。それが蕃塀マニアを立ち上げた真面目な部分の理由である。1万人に一人の割合で蕃塀マニアみたいな人物がおれば、日本中で1万項目のコアな情報源が出来上がる。これこそが知的財産の一種なのだと思う。

 何人かの人が、蕃塀マニアを見て「あっ、あれってそういうもんなんだ」と思ってもらえれば、この作業は無為ではなかったと思っている。
[PR]
by banbeimania | 2010-07-01 00:15 | 探索の記録 | Comments(0)

蕃塀マニア余話(その2)

 もともといろいろな場所を巡り、調べることを好んでいた蕃塀マニアは、「蕃塀」というテーマに至るまでには、道路や町並み、庭園などさまざまなものを見て回っていた。現在もそのうちのいくつかはひそかに継続中なのだが、その際に熱くなれるか否かは、全部を制覇できる見込みがあるかにかかっている。ちょっと見た目は難しく、だけども気合いを入れればやれそうな気がする、そういう対象がちょうどいいのだ。

 かなり前に、ある高速道路のサービスエリアで偶然にサービスエリアのスタンプ帳を入手したことがある。この偶然をきっかけに、その後10年以上をかけて全サービスエリアを制覇した(今は新しい高速道路が増えたので現時点では網羅してはいないが)。蕃塀マニアにとっては、「蕃塀」という対象は、愛知県下に所在する3000社以上の神社とその周辺を参拝すれば見通しが立つという意味で、「手頃な」ものに感じられたのだ。
[PR]
by banbeimania | 2010-06-30 00:03 | 探索の記録 | Comments(0)

蕃塀マニア余話(その1)

 本ブログでは、閑話休題的な話題として神社探訪余話を不定期に記述してきた。しかし、蕃塀が多く分布する地域の調査を終えてしまった現在、神社参拝の頻度は著しくペースダウンしてしまい、結果余話の新しいネタをうまく見つけられていない状況である。未だ愛知県下の神社を網羅的に参拝し終えていないにも関わらず、だ。

 一方、取材し終えた蕃塀の超マニアックな分析作業は着実に進み、蕃塀の変化の流れが徐々に明らかになっている。それに加え、「みちくさ学会」の講師に参加することとなり、新しい雰囲気で表現する機会を得ている。特に、「みちくさ学会」の他の講師陣の記事に触れることにより、いろいろな刺激を受けている。

 こうした状況を受け、少しの間「蕃塀アニア余話」と題して、これまでの蕃塀マニアの考え方や現在思うことなどを示してみたいと思う。

 さて、その初回である。蕃塀マニアが「蕃塀」に着目したきっかけは、以前の記事に示した通り、はじめに謎の塀を他の地域の方に説明できなかったこと、そしてその後に謎の塀が蕃塀という名前のものであることを知ったからであった。きっかけはそうであっても、それを網羅的に調べようと思ったのは、蕃塀マニアが元々マニアックな性格であったことは言うまでもないが、だからといって、それだけで現在に至ったわけではない。それには、当初からある程度のもくろみがあったからである。(以下続く)
[PR]
by banbeimania | 2010-06-28 22:42 | 探索の記録 | Comments(0)

「みちくさ学会」に蕃塀の記事が掲載される

 今月7日にライブドアが設立した「みちくさ学会」は、路地、看板、標識、坂道などに関して、その道のブロガーがその面白さと鑑賞術を紹介するブログメディアである(らしい)。この“みちくさ”の楽しみ方を提案するコーナーに、なんと蕃塀マニアが講師として招聘され、ついに昨日初回の記事が掲載されたのである。

 しかし、みちくさ学会事務局も、どうやってこのブログを探したのかは分からないが、よく見つけてくれたものである。確かに蕃塀を興味の対象にする人は、蕃塀マニア以外にはまずいないわけで、その意味では事務局の要望に合うのかもしれない。ただ、みちくさの楽しみ方を提案するという設立趣旨を見てみると、それはちょっと違うような気がするし、特定地域のみ限定のネタが全国区のメディアの中に加わることも不釣り合いと思われる。また、蕃塀マニアは特に蕃塀が「好き」というわけでもないし、そもそもこれまでの記事を見てもらえば分かるように、蕃塀マニアの文章は基本的にガチガチに堅い文章で、味も素っ気も無いのであるのだから、今でも本当に大丈夫かと思うのである。

 ということで、みちくさ学会の記事は、多少読者に配慮した文章にした方がよいかなと感じている。けれども、文章力がない蕃塀マニアが自由自在に文体を書き分けられるはずも無く、いずれ化けの皮が剥がれる(というかすでに文章は面白くないかも)のは、時間の問題といえよう。まあ、やれるだけやってみようと思う今日この頃である。
[PR]
by banbeimania | 2010-06-17 00:14 | 探索の記録 | Comments(2)

モデルコース(名古屋市内編)を歩いてみた(その3)

 蕃塀散策モデルコースNo.5名古屋市内編は、蕃塀30選のうち、名古屋市内に所在する5社((29)上野天満宮・(7)御器所八幡宮・(28)新尾頭住吉社・(3)熱田神宮・(14)正徳5丁目神明社)を中心に散策するコースである。今回は実際に歩いてみた報告の最終回である。

 熱田神宮を南西に出て、国道1号と国道19号が交わる「熱田神宮南」の交差点を四日市方面(西)に向かって進む(写真)。ただただひたすら歩き、東海道新幹線や中川運河などを過ぎ、名古屋臨海高速鉄道を越える。しばらくして「大垣共立銀行東中島店」の手前の「東中島町」の交差点を左折し(写真)、南へ進む。やがて右手に住宅街の案内図の看板が見える(写真)と、その直ぐ先の右手に正徳5丁目神明社がある。この段階で通算約29000歩(約4時間50分)
e0113570_21422723.jpg
e0113570_21425219.jpg
e0113570_2143146.jpg

 さて、国道1号まで戻り、「東中島町」の交差点を左に見ると、昭和橋通春日神社が見える(写真)。モデルコースには、この昭和橋通春日神社を入れるのを忘れたが、実際に歩いてみると目の前に存在することが判明したので、参拝することとした。「東中島町」の交差点を渡り左折すると昭和橋通春日神社に到着する。この段階で通算約29600歩(約5時間)。
e0113570_21431158.jpg

 帰りは、国道1号を東に進み、しばらく行くと名古屋臨海高速鉄道「中島」駅に着く。

 以上で、通算約30200歩(約5時間10分)を数え、3歩で2メートル進むと計算すると距離はほぼ20キロとなった。実際には、午前中降雨があってファミレスで休憩したり、少し道を間違えたり、昼食を食べたり、参拝に時間をかけたり、休憩したりして、総所要時間は約7時間30分であった。また、茶屋が坂駅に行くまでと中島駅から先の行程を考えると、完全に1日を要するものであった。

 正徳5丁目神明社の蕃塀は、珍しいものと言うだけで、迫力や優美さあるいは風格を求めることはできないと思う。それに昭和橋通春日神社の蕃塀を加えて考えても、労力の割に合わない印象はぬぐい去り得ない。前回に示したように、熱田神宮で終えるのが蕃塀散策モデルコースとしては一般的かもしれない、と改めて感じた次第である。でも、だからといって、モデルコースを短くしたりはしない。むしろ昭和橋通春日神社の蕃塀を加えておくこととする。
[PR]
by banbeimania | 2010-05-08 21:45 | 探索の記録 | Comments(0)

モデルコース(名古屋市内編)を歩いてみた(その2)

 蕃塀散策モデルコースNo.5名古屋市内編は、蕃塀30選のうち、名古屋市内に所在する5社((29)上野天満宮・(7)御器所八幡宮・(28)新尾頭住吉社・(3)熱田神宮・(14)正徳5丁目神明社)を中心に散策するコースである。今回は実際に歩いてみた報告の2回目である。

 今池高牟神社の次は、御器所八幡宮を目指して行くのだが、モデルコースでは県道60号(広小路通)を戻って「今池」交差点を右折して名古屋環状線を南下する道を設定した。道順の分かりやすさでは、このいったん今池交差点に戻るコースが相応しい。ただ、これでは面白くないので、今回は別の道を選択してみた。とはいえ、行き当たりばったりであったため、ほどなく名古屋環状線に戻ってしまう結果となった。

 今池高牟神社のすぐ東にある南北の道路(写真)を南下してみた。すると大きな道路と交わる変則な交差点に出たので、右折して直ぐ左折し、斜めに入る道(写真)を南東方向に進んだ。しばらくすると、自然に名古屋環状線に出て、そこを右折し南に行った(後から地図を見れば、飯田街道に出た方が適切だったようだが)。「御器所通」の交差点を越え、「桜山町1丁目」交差点のところで右折し西へ行く。すると、ファミリーマートのそばで御器所八幡宮の看板が見えてくる。「メイツ御器所シティヴェルテ」の角を曲がる(写真)と左手に御器所八幡宮が存在する。この段階で通算約12500歩(約2時間05分)。
e0113570_22431640.jpg
e0113570_22432917.jpg
e0113570_22434460.jpg

 御器所八幡宮の正面をまっすぐ南へ向かい(写真)、突き当たりを右折しすぐに左折する。すると県道29号(八熊通)に出るので、それを右折して西へ向かう。名古屋高速3号大高線(空港線)、東海道本線などの鉄道各線、国道19号をそれぞれ越えると右手(写真)に新尾頭住吉社がある。この段階で通算約16900歩(約2時間50分)。
e0113570_2244088.jpg
e0113570_22441081.jpg

 参拝後、国道19号まで戻って「新尾頭」交差点を右折し(写真)南へ行くと熱田神宮に至る(熱田神宮への詳細な道順の説明は不要だろう)。熱田神宮に到着した時点で通算約20000歩(約3時間20分)であった。
e0113570_22442119.jpg

 3歩で2メートル進むと計算すると、ここまでで13キロあまりとなる。散策コースとしては、この熱田神宮で終了し、「熱田」駅や「神宮前」駅を利用して帰るのが、無理の無いプランと言えるかもしれない。
[PR]
by banbeimania | 2010-05-07 22:48 | 探索の記録 | Comments(0)