蕃塀(ばんぺい)にこだわったブログです。蕃塀は神社の拝殿の前にある衝立状の塀です。
by banbeimania
カテゴリ
全体
蕃塀とは(はじめに)
蕃塀30選
蕃塀の事例
蕃塀を深める
探索の記録
検索
よろしかったらお願いします。クリック! click!
人気blogランキングへ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

リンク
みちくさ学会
さぬき暮らし
あらいのじかん
愛知県神社庁
ひなたぼっこ
以前の記事
2013年 01月
2012年 06月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
最新のトラックバック
なんだろう?
from 龍を探して旅日記
【ネットができる宿|日本..
from ぱふぅ家のサイバー小物
岡崎市 レコード買取
from レコ-ド 買取
911 アメリカ 同時多..
from 【写真】 911 アメリカ ..
寺社建築の歴史図典
from ロドリゲスインテリーン
LOVE in Acti..
from ニコニコ笑う、トマトの笑顔な..
10・27請願受付の全容..
from 【日本を】10ゲ7『日本解体..
タグ
(1364)
(148)
(99)
(87)
(71)
(38)
(29)
(25)
(23)
(22)
(19)
(15)
(15)
(12)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(5)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:蕃塀を深める( 696 )

方形腕木と湾曲肘木の組合せ

 木造連子窓型蕃塀の屋根を支える腕木と肘木は、装飾のあり方から大きく22類に区分できるが、今回はその中で19番目の「方形腕木と湾曲肘木の組合せ」の事例について詳しく検討したい。

 方形腕木と湾曲肘木の組合せの木造連子窓型蕃塀は、腕木が直方体の角材を削ることはなく方形のままもので、かつ肘木は下部先端が斜めに薄くわずかに弧状に削られているものである。このタイプは稲沢市奥田寺切白山社、犬山市塔野地津島社、江南市石作神社神明宮の3社にのみ事例が存在する。これについて詳しく検討する。
e0113570_1071397.jpg
         稲沢市奥田寺切白山社の蕃塀の腕木と肘木
e0113570_1072681.jpg
         犬山市塔野地津島社の蕃塀の腕木と肘木
e0113570_1073750.jpg
         江南市石作神社神明宮の蕃塀の腕木と肘木

 これらの蕃塀は製作年代と製作者は不明である。塔野地津島社の蕃塀は数少ない1間巾の木造連子窓型蕃塀である他は、3間巾の木造連子窓型蕃塀である。全て銅板一枚板葺き屋根であった。このタイプの腕木は、桁をのせる形状が全て腕木の途中で臍を設けて桁をはめ込むものである点を注目しておきたい。
[PR]
by banbeimania | 2011-12-18 10:07 | 蕃塀を深める

斜め腕木のみを置くもの

 木造連子窓型蕃塀の屋根を支える腕木と肘木は、装飾のあり方から大きく22類に区分できるが、今回はその中で18番目の「斜め腕木のみを置くもの」の事例について詳しく検討したい。

 斜め腕木のみを置く木造連子窓型蕃塀は、腕木の下部先端が直線的に大きく斜めに削られているものである。このタイプは稲沢市矢合三島社にのみ事例が存在する。これについて詳しく検討したい。
e0113570_21581383.jpg
         稲沢市矢合三島社の蕃塀の腕木と肘木

 この矢合三島社の蕃塀は製作年代と製作者は不明である。数少ない1間巾の木造連子窓型蕃塀で、木造連子窓型蕃塀の中で最も規模が小さい。銅板一枚板葺き屋根は、長さが短く厚さも薄い。腕木の形状が簡素なものであり、蕃塀全体の構造もこれに相応した作例といえる。
[PR]
by banbeimania | 2011-12-17 21:58 | 蕃塀を深める

斜め腕木と斜め肘木の組合せ

 木造連子窓型蕃塀の屋根を支える腕木と肘木は、装飾のあり方から大きく22類に区分できるが、今回はその中で17番目の「斜め腕木と斜め肘木の組合せ」の事例について詳しく検討したい。

 斜め腕木と斜め肘木の組合せを持つ木造連子窓型蕃塀は、腕木と肘木の両方とも下部先端が直線的に短く斜めに削られているものである。このタイプは江南市大海道神明社にのみ事例が存在する。これについて詳しく検討したい。
e0113570_2328515.jpg
          江南市大海道神明社の蕃塀の腕木と肘木

 この大海道神明社の蕃塀は製作年代と製作者は不明である。3間巾の木造連子窓型蕃塀で、銅板(トタン)一文字葺き屋根がのる。腕木と肘木の形状が簡素な部類に属するが、蕃塀全体の構造もこれに相応した簡素な作りとなっている。
[PR]
by banbeimania | 2011-12-16 23:28 | 蕃塀を深める

斜め腕木と雲形彫刻入り肘木の組合せ

 木造連子窓型蕃塀の屋根を支える腕木と肘木は、装飾のあり方から大きく22類に区分できるが、今回はその中で16番目の「斜め腕木と雲形彫刻入り肘木の組合せ」の事例について詳しく検討したい。

 斜め腕木と雲形彫刻入り肘木の組合せを持つ木造連子窓型蕃塀は、腕木は下部先端が直線的に短く斜めに削られているもので、かつ肘木は側面に彫刻を入れた雲形に切り出されたものである。清須市下河原八幡社にのみ事例が存在する。これについて詳しく検討したい。
e0113570_22241915.jpg
         清須市下河原八幡社の蕃塀の腕木と肘木

 この下河原八幡社の蕃塀は製作年代と製作者は不明である。3間巾の木造連子窓型蕃塀で、桟瓦葺き屋根がのる。腕木の形状がわずかに違う「湾曲腕木と雲形彫刻入り肘木の組合せ」とよく似ているが、蕃塀そのものに関しては、それほど似せてはいない。
[PR]
by banbeimania | 2011-12-15 22:24 | 蕃塀を深める

湾曲腕木と湾曲肘木の組合せ(その2)

 木造連子窓型蕃塀の屋根を支える腕木と肘木は、装飾のあり方から大きく22類に区分できるが、その中で15番目の「湾曲腕木と湾曲肘木の組合せ」は全部で6事例が存在し、桁の取り付け方によって2類に細分できた。前回はそのうち湾曲腕木と湾曲肘木Aタイプを例示したので、今回は湾曲腕木と湾曲肘木Bタイプについて紹介したい。

 湾曲腕木と湾曲肘木Bタイプは、腕木の先端を方形に切り取り桁をはめ込むもので、このタイプの蕃塀は、江南市般若熱田社、小牧市堀の内神明社、稲沢市中之庄神明社、豊橋市石巻神社の4社に事例が存在する。これを例示したい。
e0113570_22481385.jpg
         江南市般若熱田社の蕃塀の腕木と肘木
e0113570_22482471.jpg
         小牧市堀の内神明社の蕃塀の腕木と肘木
e0113570_22483919.jpg
         稲沢市中之庄神明社の蕃塀の腕木と肘木
e0113570_2249374.jpg
         豊橋市石巻神社の蕃塀の腕木と肘木

 製作年代や製作者については分からないものが多く、石巻神社の蕃塀が1920年に製作されたと推定される他は不明である。稲沢市中之庄神明社の蕃塀のみが1間巾の木造連子窓型蕃塀である他は、3間巾の木造連子窓型蕃塀であった。屋根構造は全て銅板一文字葺き屋根となっている。
[PR]
by banbeimania | 2011-12-14 22:49 | 蕃塀を深める

湾曲腕木と湾曲肘木の組合せ(その1)

 木造連子窓型蕃塀の屋根を支える腕木と肘木は、装飾のあり方から大きく22類に区分できるが、今回はその中で15番目の「湾曲腕木と湾曲肘木の組合せ」の事例について詳しく検討したい。

 このタイプの腕木と肘木はともに、下部先端が斜めに薄くわずかに弧状に削られているものである。この湾曲腕木と湾曲肘木の組合せを持つものは、全部で6社に事例が存在する。これらは、桁の取り付け方によって2類に細分できる。
湾曲腕木と湾曲肘木Aタイプ:腕木の途中で臍を設けて桁をはめ込むもの:2例
湾曲腕木と湾曲肘木Bタイプ:腕木の先端を方形に切り取り桁をはめ込むもの:4例

 さて、今回は湾曲腕木と湾曲肘木Aタイプの事例を紹介する。この簡略雲形腕木と方形肘木の組合せを持つものは、江南市高屋神社、小牧市応時神明社の2社に事例が存在する。これを例示したい。
e0113570_2319999.jpg
         江南市高屋神社の蕃塀の腕木と肘木
e0113570_23192096.jpg
         小牧市応時神明社の蕃塀の腕木と肘木

 高屋神社の蕃塀の蕃塀は1930年に製作されたものであるが、応時神明社の蕃塀は製作年代が不明である。また、両者とも作者は不明である。ともに3間巾の木造連子窓型蕃塀で、屋根は銅板一文字葺きである。
[PR]
by banbeimania | 2011-12-13 23:21 | 蕃塀を深める

湾曲腕木と雲形彫刻入り肘木の組合せ

 木造連子窓型蕃塀の屋根を支える腕木と肘木は、装飾のあり方から大きく22類に区分できるが、今回はその中で14番目の「湾曲腕木と雲形彫刻入り肘木の組合せ」の事例について詳しく検討したい。

 湾曲腕木と雲形彫刻入り肘木の組合せを持つ木造連子窓型蕃塀は、腕木は下部先端が斜めに薄くわずかに弧状に削られているもので、かつ肘木は側面に彫刻を入れた雲形に切り出されたものである。小牧市実々神社にのみ事例が存在する。これについて詳しく検討したい。
e0113570_055732.jpg
         小牧市実々神社の蕃塀の腕木と肘木

 この実々神社の蕃塀は製作年代と製作者は不明である。3間巾の木造連子窓型蕃塀で、銅板一文字葺き屋根がのる。屋根は、大棟の両端が外側に突き出て、大棟の上に千木と鰹木が載る「銅板葺き直線屋根Aタイプ」で、規模はやや大きい。
[PR]
by banbeimania | 2011-12-12 23:55 | 蕃塀を深める

方形銅板錺腕木と方形銅板錺肘木の組合せ

 木造連子窓型蕃塀の屋根を支える腕木と肘木は、装飾のあり方から大きく22類に区分できるが、今回はその中で13番目の「方形銅板錺腕木と方形銅板錺肘木の組合せ」の事例について詳しく検討したい。

 方形銅板錺腕木と方形銅板錺肘木の組合せを持つ木造連子窓型蕃塀は、腕木も肘木も直方体の角材を削ることはなく方形のままであるが、その先端に銅製の錺金具が取り付けられたもので、稲沢市鈴置奴神社にのみ事例が存在する。これについて詳しく検討したい。
e0113570_2235783.jpg
         稲沢市鈴置神社の蕃塀の腕木と肘木

 この鈴置神社の蕃塀は1925年に製作された可能性が高いものであるが、製作者は不明である。2間巾の木造連子窓型蕃塀で、銅板一文字葺き屋根がのっている。本体長でみると3位タイの短さであり、極めて小規模な蕃塀の事例である。腕木と肘木の加工に着目すればこのタイプは最も簡素な形状であることから、規模が小さいことは理解しやすいが、一方で錺金具を持つ点に注目すると不釣り合いな感じがする事例であった。
[PR]
by banbeimania | 2011-12-11 22:35 | 蕃塀を深める

簡略雲形腕木のみを置くもの(その2)

 木造連子窓型蕃塀の屋根を支える腕木と肘木は、装飾のあり方から大きく22類に区分できるが、その中で12番目の「簡略雲形腕木のみを置くもの」は全部で8事例が存在した。前回はそのうち5事例を例示したが、今回は残りの3事例について紹介したい。
e0113570_8171230.jpg
         西春日井郡豊山町青山日吉神社の蕃塀の腕木と肘木
e0113570_8172887.jpg
         丹羽郡扶桑町高雄船塚社の蕃塀の腕木と肘木
e0113570_8174149.jpg
         京都府岡崎神社の蕃塀の腕木と肘木

 これまで紹介してきた簡略雲形腕木のみを置く事例では、丹羽郡扶桑町高雄船塚社の蕃塀が1間巾、犬山市羽黒成海神社の蕃塀と犬山市塔野地南ノ切熊野社の蕃塀と江南市和田天神社の蕃塀が2間巾、その他の4事例が3間巾の木造連子窓型蕃塀であった。この結果。このタイプの半数が2間巾以下の事例であることが判明した。蕃塀本体の規模も小さいものが多く、本体長でみると丹羽郡扶桑町高雄船塚社が1位タイ、犬山市塔野地南ノ切熊野社が3位タイ、犬山市羽黒成海神社が8位の規模の小ささである。

 屋根構造は、稲沢市長野神明社の蕃塀が桟瓦葺き屋根である他は、全て銅板(一文字)葺き屋根となっている。この銅板葺き屋根は屋根の厚さが薄いタイプで、一見して簡素に見えるものが多い点が特徴である。

 製作年代や製作者については分からないものが多いが、高雄船塚社の蕃塀が1981年に製作されたと推定される程度である。判明する事例は少ないものの、比較的に新しい時期に製作されたものであることが想定される。
[PR]
by banbeimania | 2011-12-10 08:18 | 蕃塀を深める

簡略雲形腕木のみを置くもの(その1)

 木造連子窓型蕃塀の屋根を支える腕木と肘木は、装飾のあり方から大きく22類に区分できるが、今回はその中で12番目の「簡略雲形腕木のみを置くもの」の事例について詳しく検討したい。

 このタイプは、下部先端が丸く削られており、下辺の途中で丸みを持って段差がある形に造形されている腕木のみを置くもので、肘木は存在しない。この簡略雲形腕木のみを置くものは、犬山市羽黒成海神社、犬山市塔野地南ノ切熊野社、犬山市羽黒比良賀神社、江南市和田天神社、稲沢市長野神明社、西春日井郡豊山町青山日吉神社、丹羽郡扶桑町高雄船塚社、京都府岡崎神社の全部で8社に事例が存在する。今回はその中で5事例を例示したい。
e0113570_23202045.jpg
         犬山市羽黒成海神社の蕃塀の腕木と肘木
e0113570_23205726.jpg
         犬山市塔野地南ノ切熊野社の蕃塀の腕木と肘木
e0113570_23213162.jpg
         犬山市羽黒比良賀神社の蕃塀の腕木と肘木
e0113570_23215912.jpg
         江南市和田天神社の蕃塀の腕木と肘木
e0113570_23224210.jpg
         稲沢市長野神明社の蕃塀の腕木と肘木
[PR]
by banbeimania | 2011-12-08 23:22 | 蕃塀を深める