蕃塀(ばんぺい)にこだわったブログです。蕃塀は神社の拝殿の前にある衝立状の塀です。
by banbeimania
カテゴリ
全体
蕃塀とは(はじめに)
蕃塀30選
蕃塀の事例
蕃塀を深める
探索の記録
検索
よろしかったらお願いします。クリック! click!
人気blogランキングへ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

リンク
みちくさ学会
さぬき暮らし
あらいのじかん
愛知県神社庁
ひなたぼっこ
以前の記事
2013年 01月
2012年 06月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
最新のコメント
最近は全く更新していない..
by banbeimania at 08:18
通りすがりのものです。 ..
by サリー(宮総代の下っ端) at 20:29
皇室や糸屋ゆかりの大根焚..
by 環境大学新聞 at 15:08
とても魅力的な記事でした..
by 志望動機の書き方 at 09:43
はじめまして。 応援感..
by banbeimania at 22:08
はじめまして。 いつも..
by ならば at 13:02
いつも情報感謝しています..
by banbeimania at 01:02
最新のトラックバック
なんだろう?
from 龍を探して旅日記
【ネットができる宿|日本..
from ぱふぅ家のサイバー小物
岡崎市 レコード買取
from レコ-ド 買取
911 アメリカ 同時多..
from 【写真】 911 アメリカ ..
寺社建築の歴史図典
from ロドリゲスインテリーン
LOVE in Acti..
from ニコニコ笑う、トマトの笑顔な..
10・27請願受付の全容..
from 【日本を】10ゲ7『日本解体..
タグ
(1364)
(148)
(99)
(87)
(71)
(38)
(29)
(25)
(23)
(22)
(19)
(15)
(15)
(12)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(5)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 04月 ( 24 )   > この月の画像一覧

北名古屋市西之保喰守社の蕃塀

 北名古屋市大字西之保字犬井に所在する喰守社は、所蔵棟札によれば、天保5年(1835)に大巳貴神と内金国神を祭神として勧請したことが分かる。『西春町史』には、天保5年以前から「民俗信仰のオシャゴジは存在していた」と推測し、古くから信仰が篤かったと考えられている。

 西之保喰守社の蕃塀は2間巾の石造で、大きさは概略で本体長約1.8m、全高約2.0m、屋根長約2.4m、屋根巾約0.4mを測り、両側には控え柱を持たない。

 詳細の構造は次の通り。切り石を巡らしたコンクリート基壇上に切り石による礎石を配置し、円柱を2本立てて屋根を載せている。円柱の内側には、下から羽目板部、貫、連子窓部、貫、透かし部の順に石材を積み重ねている。羽目板部は円柱を1本立てて2つの区画に分け、それぞれに竹林に在する獅子が彫刻されている。透かし部には波涛を泳ぐ双龍が浮き彫りされている。左側羽目板の裏面には「大正十五年一月建之」、右側羽目板の裏面には「寄付人 当村(人名2名分)」と刻まれており、製作年代が判明する。円柱の上位に雲形腕木を模した張り出しが前後に付属している。連子窓部は角柱を7本立てて造られる。屋根は寄せ棟状に切り出され、その上に大棟が配置され両端が少し突き出ている。

 西之保喰守社は、鳥居、灯籠、蕃塀、灯籠、狛犬から拝殿などの本殿施設群に至る構成となっている。境内は比較的狭いためか、蕃塀も小振りである。

 西之保喰守社の蕃塀は、左側円柱の側面には「ナゴヤ西区八坂町 石工角田六三郎」と記されており、作者が判明する。石工角田六三郎の作品は北名古屋市内の石橋八幡社・山之腰天神社・徳重十二所社に次いで4例目である。
e0113570_10443021.jpg

[PR]
by banbeimania | 2007-04-30 10:45 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

北名古屋市徳重国霊社の蕃塀

 北名古屋市大字徳重字米野に所在する国霊社(くにみたまのしゃ)は、『西春町史』によれば、『栗木家文書』弘化2年(1845)の「尾張志御用ニ付御尋之趣書上」に「再建承応三年」と記されている一方、承応3年(1654)の棟札に「勧請」と記されており、創建年代は正確には不明である。大国魂命を祭神としている。

 徳重国霊社の蕃塀は3間巾の石造で、大きさは概略で本体長約2.6m、全高約2.2m、屋根長約3.3m、屋根巾約0.6mを測り、両側には控え柱を持たない。

 詳細の構造は次の通り。切り石を巡らしたコンクリート基壇上に切り石による礎石を配置し、円柱を2本立てて屋根を載せている。円柱の内側には、下から羽目板部、貫、連子窓部、貫、透かし部の順に石材を積み重ねている。羽目板部は円柱を2本立てて3つの区画に分けるが、獅子などの彫刻は存在しない。透かし部も中央に「国霊社」と浮き彫りされた扁額が形作られる以外は特別な装飾は認められない。中央の羽目板の裏面には「大正十二年十月建之 寄付人 (人名2名分)」と刻まれており、製作年代が判明する。円柱の上位に雲形腕木を模した張り出しが前後に付属している。連子窓部は角柱を11本立てて造られる。屋根は寄せ棟状に切り出され、その上に大棟が配置され両端が少し突き出ている。

 徳重国霊社は、灯籠、鳥居、百度石、蕃塀、壁の無い吹き抜けの拝殿、灯籠、狛犬から本殿施設群に至る構成となっている。拝殿以奥は高い基壇上に造られている。

 徳重国霊社の蕃塀は、ここ数日間に紹介してきた石造蕃塀に比べると、彫刻がほとんどないために簡素に感じられる。ただし、コンクリート基壇上面には黒玉石が散りばめられており、その部分のみやや派手な感じがする。
e0113570_0143745.jpg

[PR]
by banbeimania | 2007-04-29 00:15 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

北名古屋市徳重十二所社の蕃塀

 北名古屋市大字徳重字東屋敷に所在する十二所社は、創建年代は不明である。『西春町史』によれば、『寛文村々覚書』に「前々除」と記されているので慶長以前であろうと記述されている。祭神は伊弉册尊・伊弉諾尊・面足尊・惶根尊・速玉男命・大戸道尊・事解男命・月読命・倉稲魂命・若一王子尊・素盞嗚尊・蛭児命の12柱である。

 徳重十二所社の蕃塀は3間巾の石造で、大きさは概略で本体長約3.4m、全高約2.7m、屋根長約4.2m、屋根巾約0.8mを測り、両側には控え柱を持つ。

 詳細の構造は次の通り。僅かに段差を設けたコンクリート基壇に切り石による礎石を配置し、円柱を2本立てて屋根を載せている。円柱の内側には、下から羽目板部、貫、連子窓部、貫、透かし部の順に石材を積み重ねている。羽目板部は2本のやや幅広い角柱を立て3つの区画に分け、全ての区画の表側に獅子が立体的に彫刻されている。裏側は左右の区画では鳳凰紋が描かれ、中央の区画では「御大典記念 昭和三年十一月 世話人 名古屋市 (人名15名分)」と刻まれており、製作年代が判明する。透かし部には表裏両面に波涛を泳ぐ双龍が彫り出されている。円柱の上位に雲形腕木を模した張り出しが前後に付属している。連子窓部は角柱を15本立てて造られる。屋根は寄せ棟状に切り出され、その上に大棟が配置され両端に鬼板を置く。大棟の側面には丸に桐紋が施されている。控え柱も石造で、柱の頭部は宝珠に形作られている。

 徳重十二所社は、石柱、灯籠、鳥居、蕃塀、灯籠、狛犬、拝殿、祭文殿から本殿に至る構成となっている。蕃塀の少し前で基壇状に段差を持っており、拝殿から後ろは玉垣で囲まれている。境内が比較的広いため、鳥居から蕃塀までと蕃塀から拝殿までの距離がやや長い。

 徳重十二所社の蕃塀は、規模がやや大きく重厚感を持つ蕃塀である。正面から見て右側の円柱側面には「ナゴヤ西区八坂町 石工角田六三郎」と刻書されており、市内の石橋八幡社や山之腰天神社と同一工房で製作されたものと理解できる。羽目板の裏面にも大きく紋様が存在するのは本事例が初めてである。
e0113570_072093.jpg

[PR]
by banbeimania | 2007-04-28 00:08 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

北名古屋市法成寺八劔社の蕃塀

 北名古屋市大字法成寺字宮西に所在する八劔社は、創建年代は不明である。『西春町史』によれば、『寛文村々覚書』に「前々除」と記されているので慶長以前であろうと記述されている。祭神はもともと尊劔霊八神の一柱であったが、天照大神・神岡靇神・速玉男命・伊弉册尊・事解男命が合祀されている。

 法成寺八劔社の蕃塀は3間巾の石造で、大きさは概略で本体長約3.7m、全高約2.6m、屋根長約4.4m、屋根巾約0.6mを測り、両側には控え柱を持つ。

 詳細の構造は次の通り。黒い玉石を散りばめたコンクリート基壇に切り石による礎石を配置し、円柱を2本立てて屋根を載せている。円柱の内側には、下から羽目板部、貫、連子窓部、貫、透かし部の順に石材を積み重ねている。羽目板部は2本のやや幅広い角柱を立て3つの区画に分け、左右両側の区画の表側に獅子が、中央の区画の表側に草花紋(牡丹紋?)が、中央の区画の裏側に五七桐紋が彫刻されている。透かし部には表裏両面に波涛を泳ぐ双龍が彫り出されている。正面からみて左側円柱の裏面には「昭和十一年十二月」、右側円柱の裏面には「寄付人 (人名2名分)」が刻まれており、製作年代が判明する。円柱の上位に雲形腕木を模した張り出しが前後に付属している。連子窓部は角柱を12本立てて造られる。屋根は寄せ棟状に切り出され、その上に大棟が配置され両端が突き出している。控え柱も石造で、柱の頭部は宝珠に形作られている。

 法成寺八劔社は、石柱、灯籠、鳥居、灯籠、蕃塀、灯明台、狛犬、壁の無い吹き抜けの拝殿、灯籠から基壇上の本殿施設群に至る構成となっている。境内が比較的広いため鳥居から蕃塀までの距離に余裕がある。

 法成寺八劔社の蕃塀は、規模がやや大きく重厚感を持つ蕃塀であるが、基礎部分が一部破損しており、私が参拝した時点では連子窓の一部が汚れていて少し痛々しい感じであった。羽目板の紋様構成は、獅子と牡丹紋?の組み合わせであり、宇福寺天神社の蕃塀と同様である。
e0113570_0435025.jpg

[PR]
by banbeimania | 2007-04-27 00:44 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

北名古屋市石橋八幡社の蕃塀

 北名古屋市大字石橋字寺前に所在する八幡社は、創建年代は不明である。最古の棟札には天和3年(1683)の棟札があり、また寛文年間(1670前後)に編纂された『寛文村々覚書』に記述があることから、1670年頃までは遡ることが判明する。神明社と合祀されたため、誉田別尊と天照大神を祭神としている。

 石橋八幡社の蕃塀は3間巾の石造で、大きさは概略で本体長約2.7m、全高約2.4m、屋根長約3.5m、屋根巾約0.6mを測り、両側には控え柱を持つ。

 詳細の構造は次の通り。基礎構造は現状では土砂に埋もれ把握できないが、石造の円柱を2本立てて屋根を載せている。円柱の内側には、下から羽目板部、貫、連子窓部、貫、透かし部の順に石材を積み重ねている。羽目板部は2本の角を丸くした角柱を立て3つの区画に分け、全区画の表側に獅子が彫刻されている。透かし部には表裏両面に波間を泳ぐ双龍が彫り出されている。正面からみて左側の羽目板の裏面には「石匠 ナゴヤ西区八坂町 角田六三郎」、中央の羽目板の裏面には「寄付者 (人名4名分)が、右側の羽目板の裏面には「大正十五年八月」が記されており、製作者やその年代が判明する。円柱の上位に雲形腕木を模した張り出しが前後に付属している。連子窓部は角柱を10本立てて造られる。屋根は寄せ棟状に切り出され、その上に大棟が配置され両端が突き出している。控え柱も石造で、柱の頭部は宝珠に形作られている。

 石橋八幡社は、一の鳥居、長い参道を経て灯籠、二の鳥居、蕃塀、灯明台、壁の無い吹き抜けの拝殿、灯籠、狛犬から基壇上の本殿施設群に至る構成となっている。

 鍛冶ヶ一色八幡社の蕃塀と同様に、石橋八幡社の蕃塀は3つの羽目板全てに獅子が彫刻されるものであった。左右の獅子は竹林の中で相互に背を向けて配置される点が、これまで紹介してきた蕃塀と異なっている。また、石橋八幡社の蕃塀を製作した石匠ナゴヤ西区八坂町角田六三郎は、同じ北名古屋市の山之腰天神社の蕃塀も手がけている。
e0113570_0182587.jpg

[PR]
by banbeimania | 2007-04-26 00:20 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

北名古屋市鍛冶ヶ一色八幡社の蕃塀

 北名古屋市大字鍛冶ヶ一色字村内南に所在する八幡社は、創建年代は不明である。『西春町史』によれば、『寛文村々覚書』に「前々除」と記されているので慶長以前であろうと記述されている。現在は神明社と天神社が合祀されている。誉田別尊・天照大神・菅原道真を祭神としている。

 鍛冶ヶ一色八幡社の蕃塀は3間巾の石造で、大きさは概略で本体長約2.4m、全高約2.5m、屋根長約3.1m、屋根巾約0.6mを測り、両側には控え柱を持つ。

 詳細の構造は次の通り。切り石で装飾されたコンクリート製基壇に切り石による礎石を配置し、その上に石造の円柱を2本立てさらに屋根を載せている。円柱の内側には、下から貫、羽目板部、貫、連子窓部、貫、透かし部の順に石材を積み重ねている。羽目板部は2本の幅広い角柱を立て3つの区画に分け、全区画の表側に倒立する獅子が彫刻されている。透かし部には表裏両面に波涛を泳ぐ双龍が彫り出されている。正面からみて左側の羽目板の裏面には「昭和六年十月建之」が、右側の羽目板の裏面には「(人名4名分)」が記され、製作年代が判明する。円柱の上位に雲形腕木を模した張り出しが前後に付属している。連子窓部は角柱を11本立てて造られる。屋根は寄せ棟状に切り出され、その上に大棟が配置され両端に鬼板を持つ。鬼板には鳥が二羽向かい合った紋様が描かれている。控え柱も石造で、柱の頭部は宝珠に形作られている。

 鍛冶ヶ一色八幡社は、道路に面して鳥居、蕃塀、灯籠、狛犬、拝殿から基壇上の本殿施設群に至る構成となっている。拝殿は近年にコンクリート製に建て直されている。境内が狭いため鳥居から蕃塀に至る間隔が非常に狭くなっている。

 石造の連子窓タイプの蕃塀は羽目板に獅子が彫刻されるケースが多く、3間巾の(羽目板が3区画に分かれる)ものでは中央の区画に花紋など様々な絵柄が掘り出されている。鍛冶ヶ一色八幡社の蕃塀は、中央の区画にも獅子が彫刻されるものであった。左右の獅子は向かい合わせに配置され絵柄として安定しているが、中央の獅子の立ち位置は微妙な間合いで、私には落ち着かない感じがする。
e0113570_028797.jpg

[PR]
by banbeimania | 2007-04-25 00:28 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

北名古屋市山之腰天神社の蕃塀

 北名古屋市山之腰(大字宇福寺字川添)に所在する天神社は、勧請の由来は分かっていないが、『尾張徇行記』に「天神霊像ハ当寺(正眼寺)三世天先和尚ノ作ノ由云伝フレバ勧請モ其年暦ナルカ」とある。この記述を信用すれば、室町時代(15世紀中頃)に勧請されたこととなる。菅原道真を祭神としている。

 山之腰天神社の蕃塀は3間巾の石造で、大きさは概略で本体長約2.7m、全高約2.6m、屋根長約3.5m、屋根巾約0.6mを測り、両側には控え柱を持つ。

 詳細の構造は次の通り。コンクリート製基壇に切り石による礎石を配置し、その上に石造の円柱を2本立てさらに屋根を載せている。円柱の内側には、下から羽目板部、貫、連子窓部、貫、透かし部の順に石材を積み重ねている。羽目板部は1本の幅広い角柱を立て2つの区画に分け、左右には倒立する獅子が立体的に彫刻されている。背面には波涛紋とその上を飛翔する鳥紋が描かれている。透かし部は、表面には波涛を泳ぐ双龍が、裏面にはその双龍の背面と波涛が彫り出されている。羽目板部の幅広い角柱裏面には「昭和十二年四月 名古屋市 (人名)」と記され、製作年代が判明する。左側円柱側面に「ナゴヤ西区八坂町 石工角田六三郎」と記されており、製作者が分かる。円柱の上位に雲形腕木を模した張り出しが前後に付属している。連子窓部は角柱を10本立てて造られる。屋根は寄せ棟状に切り出され、その上に大棟が配置され両端に鬼板を持つ。控え柱も石造で、柱の頭部は宝珠に形作られている。

 山之腰天神社は、正面から石柱、鳥居、蕃塀、狛犬、壁の無い吹き抜けの拝殿、神牛、灯籠から基壇上の本殿施設群に至る構成となっている。拝殿には転倒防止のための支え棒が用いられている。

 山之腰天神社の蕃塀は、銘文から昭和12年(1937)に名古屋市西区八坂町の石工によって製作されたことが分かる。ちなみに、これまで石工の名称が記されたものには、北名古屋市九ノ坪十所社の「東枇杷島」の石工と犬山市木津三明神社の「柏森」の石工などがある。今後調査が進めば、各石工の活動範囲などが判明するかもしれない。
e0113570_024025.jpg

[PR]
by banbeimania | 2007-04-24 00:25 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

北名古屋市宇福寺天神社の蕃塀

 北名古屋市宇福寺字天神に所在する天神社は菅天神社と呼ばれてきたもので、大正9年(1920)に字三反田に所在した神明社と合祀された。創建年代は不明で、一説には『延喜式神名帳』に記載された「愛知郡伊副神社」に相当すると言われるが定かではない。『張州府志』などに「応永二十癸巳(1413)修造」とあり、由緒ある古社と『西春町史』に記されている。最古の棟札は貞享3年(1686)のものである。菅原道真と天照大神を祭神としている。

 宇福寺天神社の蕃塀は3間巾の石造で、大きさは概略で本体長約2.2m、全高約1.7m、屋根長約2.6m、屋根巾約0.4mを測り、両側には控え柱を持つ。

 詳細の構造は次の通り。周囲を切り石で縁取られたコンクリート製基壇に切り石による礎石を配置し、その上に石造の円柱を2本立てさらに屋根を載せている。円柱の内側には、下から下位羽目板部、貫、連子窓部、貫、上位羽目板部の順に石材を積み重ねている。下位羽目板部は2本の円柱を立て区画を造り3つの区画に分け、左右には岩上に倒立する獅子が、中央には牡丹紋が極めて立体的に彫刻されている。上位羽目板部には波涛を泳ぐ双龍が描かれ、中央に「天神社」と記された扁額が彫り出されている。背面には彫刻による装飾はなく、左側円柱裏面に「昭和六十三年十月吉日」、右側円柱裏面に「奉賛会員一同」と記されており、製作年代が判明する。円柱の上位に雲形腕木を模した張り出しが前後に付属している。連子窓部は角柱を9本立てて造られる。屋根は寄せ棟状に切り出され、その上に大棟が配置される。控え柱も石造で、柱の頭部は宝珠に形作られている。

 宇福寺天神社は、正面から鳥居、灯籠、神牛、蕃塀、壁の無い吹き抜けの拝殿から移殿を介して本殿施設群に至る構成となっている。移殿の両脇に狛犬が配置され、拝殿から奥が玉垣によって囲まれている。

 宇福寺天神社の蕃塀は比較的小さなものであるが、正面に描かれた装飾は立体感にあふれている。花崗岩の風化もほとんどなく、形はシャープで初々しい印象を持つものである。
e0113570_03449.jpg

[PR]
by banbeimania | 2007-04-22 00:06 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

北名古屋市鹿田十所社の蕃塀

 北名古屋市鹿田字大門に所在する十所社は、『張州府志』に「天正五年丁丑魚住隼人介造進」とあり、創建年代は天正5年(1577)と考えられる。『張州雑志』には「社司重野氏所謂西志賀田ニ魚住氏新ニ建ル所ナリ」と記され、現存最古の棟札は慶安4年(1651)再興のものである。日本武尊・事解尊・大郎岐姫命・軻遇突知命・速玉男尊・稚足彦尊・乎止与命・八劔神・宮酢姫命・伊弉册尊を祭神としている。

 鹿田十所社の蕃塀は2間巾の石造である。大きさは概略で、本体長約2.2m、全高約2.1m、屋根長約2.6m、屋根巾約0.4mで、両側には控え柱を持たない。

 詳細の構造は次の通り。基礎構造は現状では土砂に埋もれ把握できないが、石造の円柱を2本立てて屋根を載せ、円柱の内側には下から羽目板部、貫、連子窓部、貫、透かし部の順に石材を積み重ねている。羽目板部と透かし部には1本の幅広い間仕切り状の角柱を立てて区画を2つに造る。羽目板部には、正面右手に波涛と鳥の飛翔する姿が、正面左手に波涛と兎が描かれている。円柱の上位に雲形腕木を模した張り出しは存在しない。正面からみて左側羽目板の裏面に「大正十三年九月吉日 寄付者 名古屋市中區(以下略:人名) 愛知県下之一色(以下略:人名)」と記され、製作年代が判明する。連子窓部は角柱を8本立てて造られる。屋根は寄せ棟状に切り出され、その上に大棟が配置されるが両端が突き出ていない。

 鹿田十所社は、正面から灯籠、鳥居、蕃塀、灯明台、灯籠、壁の無い吹き抜けの拝殿、狛犬から基壇上の本殿施設群に至る構成となっている。なお、本殿は伊勢湾台風で倒潰し昭和39年(1964)に建て直されている。

 鹿田十所社の蕃塀は2間巾で羽目板部に紋様を描くものである。これまでの印象では、羽目板部には獅子紋を描く場合が多いように思われ、本例は珍しいタイプと言えるかもしれない。現状で基礎が埋もれてしまっているのが、本来の姿を示しているか否かは判然としないが、地面を海面に見立てると羽目板部の波涛紋が一体感を持って表現されていると解釈でき、結果としてこういうパターンも味があると思われる。
e0113570_1114767.jpg

[PR]
by banbeimania | 2007-04-21 01:13 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

北名古屋市九ノ坪十所社の蕃塀

 北名古屋市九ノ坪字市場に所在する十所社は、棟札によれば永禄2年(1559)に梁田出羽守(梁田政綱と考えられる)によって造営されたと伝わる。簗田政綱は織田信長の家臣で、桶狭間の戦いで今川軍の行軍路周辺の情報収集を行うなどして戦功を上げた。近在する九ノ坪城はその居城と考えられる。日本武尊・神功皇后・応神天皇他10柱の神々が祀られている。

 九ノ坪十所社の蕃塀は3間巾の石造で、大きさは概略で本体長約3.5m、全高約2.9m、屋根長約4.2m、屋根巾約0.8mを測り、両側に控え柱を持つ。

 詳細の構造は次の通り。玉石で飾られた基壇上に切り石による礎石を配置し、その上に石造の円柱を2本立てさらに屋根を載せている。円柱の内側には、下から貫、羽目板部、貫、連子窓部、貫、透かし部の順に石材を積み重ねている。羽目板部と透かし部には2本の円柱を立て区画を造り3つの区画に分け、簡易で幾何学的な装飾が施されている。円柱の上位に雲形腕木を模した張り出しが付属している。連子窓部は角柱を12本立てて造られる。屋根は寄せ棟状に切り出され、その上に大棟が配置され鬼板は持たない。大棟の中央には桐紋があしらわれている。

 九ノ坪十所社は、正面から鳥居、蕃塀、狛犬、壁の無い吹き抜けの拝殿、狛犬、灯籠、移殿、基壇上の本殿施設群に至る構成を持つ。現在は建物などの配置は南向きとなっているが、東に延びる参道にも多数の灯籠が並んでいる。元々は東向きに建てられていたが、昭和5年(1930)に本殿改築に際して現在の南向きに改められたという。

 九ノ坪十所社の蕃塀は石造のものとしては規模が大きく、特に高さが高いのが特徴である。3m近くの高さは一種の威圧感を醸し出しているようである。正面からみて左下の羽目板裏面に「昭和六年五月」、中央の羽目板裏面に「献主 當村(人名) 名古屋市(人名)」、右下の羽目板裏面に「東ビワジマ 石工荒木弥助」と記されている。この記述からみて、本殿改築に合わせて製作されたものと推測できる。
e0113570_0294814.jpg
e0113570_0301872.jpg

[PR]
by banbeimania | 2007-04-20 00:31 | 蕃塀の事例 | Comments(0)