蕃塀(ばんぺい)にこだわったブログです。蕃塀は神社の拝殿の前にある衝立状の塀です。
by banbeimania
カテゴリ
全体
蕃塀とは(はじめに)
蕃塀30選
蕃塀の事例
蕃塀を深める
探索の記録
検索
よろしかったらお願いします。クリック! click!
人気blogランキングへ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

リンク
みちくさ学会
さぬき暮らし
あらいのじかん
愛知県神社庁
ひなたぼっこ
以前の記事
2013年 01月
2012年 06月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
最新のコメント
最近は全く更新していない..
by banbeimania at 08:18
通りすがりのものです。 ..
by サリー(宮総代の下っ端) at 20:29
皇室や糸屋ゆかりの大根焚..
by 環境大学新聞 at 15:08
とても魅力的な記事でした..
by 志望動機の書き方 at 09:43
はじめまして。 応援感..
by banbeimania at 22:08
はじめまして。 いつも..
by ならば at 13:02
いつも情報感謝しています..
by banbeimania at 01:02
最新のトラックバック
なんだろう?
from 龍を探して旅日記
【ネットができる宿|日本..
from ぱふぅ家のサイバー小物
岡崎市 レコード買取
from レコ-ド 買取
911 アメリカ 同時多..
from 【写真】 911 アメリカ ..
寺社建築の歴史図典
from ロドリゲスインテリーン
LOVE in Acti..
from ニコニコ笑う、トマトの笑顔な..
10・27請願受付の全容..
from 【日本を】10ゲ7『日本解体..
タグ
(1364)
(148)
(99)
(87)
(71)
(38)
(29)
(25)
(23)
(22)
(19)
(15)
(15)
(12)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(5)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 01月 ( 26 )   > この月の画像一覧

春日井市東山町松原神社の蕃塀

 春日井市東山町に所在する松原神社は、境内に掲示された由緒によれば和銅4年(711)の創立と伝えられる。古くは高牟神社と号し、延喜式神名帳に記載された「尾張国春日部郡高牟神社」に比定する説がある(名古屋市守山区所在高牟神社を当てる説もある)。中世には稲荷大明神を合祀し、明治5年(1872)に松原神社と改名した。祭神は高皇産霊尊・倉稲魂命・埴山媛命・雅産霊命・大宮姫命・大山祇命・猿田彦命・底筒男命・中筒男命・表筒男命・神功皇后である。

 松原神社の蕃塀は、3間巾の木造銅板葺き連子窓型蕃塀である。大きさは概略で、本体長約4.5m、全高約3.1m、屋根長約5.8m、屋根巾約2.5mで、両側に控え柱を持つ。

 詳細の構造は次の通り。周囲に切り石を並べたコンクリート製基壇に切り石の礎石と布基礎を置き、その上に円柱を4本立てて下から順に地貫、腰長押、内法長押を通し、上端は棟木を渡す。内法長押の上に雲形肘木と雲形腕木を架し、表裏両面の出桁を支え垂木を渡して屋根を載せている。屋根は切妻造りの反り屋根で、銅板が一文字葺きされている。大棟の両端には鬼板が置かれている。屋根は全体に銅緑色を呈するが、大棟の上部と鬼板は赤銅色に塗布されていた。蕃塀の中央には竪連子窓が設けられ、その上下には縦羽目板が嵌め込まれていた。控え柱は全て木製で造られている。基本は白木造りであるが、肘木と腕木の先端は白色に塗布され、垂木などの先端は錺金具で装飾されていた。

 松原神社は、正面から灯籠、鳥居、灯籠群、百度石、蕃塀、灯籠、壁の無い吹き抜けの妻入拝殿、渡殿、狛犬から壇上の本殿施設群(祭文殿や本殿)に至る構成を持つ。

 松原神社の蕃塀は、製作年代や作者は不明である。式内社に相応しく3間巾で規模もやや大きい。屋根は銅板の内側に板材が重複する状態が観察され、柿葺きである可能性も考えられる。また、蕃塀側面にある懸魚の彫刻は細かく、基壇の造りもやや複雑であることから、比較的手の込んだ作品と考えられる。
e0113570_22361318.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-01-31 22:38 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

春日井市上田楽町伊多波刀神社の蕃塀

 春日井市上田楽町に所在する伊多波刀(いたはと)神社は、景行天皇42年創祀の社伝をもち、味岡庄十七ケ村の総産土神とされていた。『延喜式神名帳』に「尾張国春日部郡伊多波刀神社」と記載された式内社である。その昔、板面に鳩の絵を描いて神に奉納したことから「伊多波刀」の名がついたといわれている。江戸時代は「板鳩天神」「八幡宮」と称されていた。祭神は高皇産霊尊で、息長足姫尊 品陀別尊 玉依姫命 大山祇命 伊豆能売命 市杵島姫命を配祀する。

 伊多波刀神社の蕃塀は、3間巾の木造桧皮葺き連子窓型蕃塀である。大きさは概略で、本体長約4.4m、全高約2.9m、屋根長約5.4m、屋根巾約1.9mで、両側に控え柱を持つ。

 詳細の構造は次の通り。周囲に切り石を並べたコンクリート製基壇に礎石と土台木を置き、その上に円柱を4本立てて下から順に腰長押、内法長押を通し、上端は棟木を渡す。内法長押の上に簡略化された雲形肘木と腕木を架し、表裏両面の出桁を支え垂木を渡して屋根を載せている。屋根は切妻造りの反り屋根で、桧皮葺きの屋根の全面に銅板が一文字葺きされていた。大棟の両端部には鬼板が置かれている。蕃塀の中央には竪連子窓が設けられ、その上下には横羽目板が嵌め込まれていた。基本は白木造りであり、控え柱は全て木製で造られている。

 この蕃塀が特異な点は下の羽目板部周辺の構造である。礎石は全部で3個あり、表からみれば3個の礎石上に1本の土台木を載せているようにみえる。一方、裏からみると中央の礎石には腰長押を支える束柱が載り、中央の礎石と左右両端の礎石を跨ぐ形で土台木を左右2本載せている形になっている。4本の円柱は全て土台木の上に立ち、下の羽目板部には横板を支える補助の竪木が配置されている。このように、腰長押を支える束柱を持つ例は、これまで紹介してきた蕃塀にはなく、本蕃塀が初例である。

 伊多波刀神社は、正面から灯籠、鳥居、長い参道を経て灯籠、狛犬、門、神馬、灯籠、蕃塀、狛犬2対、壁を持たない吹き抜けの妻入拝殿から本殿施設群(祭文殿や本殿など)に至る構成を持つ。蕃塀の直前に一対の大きな灯籠が存在する点が特徴的である。

 伊多波刀神社の蕃塀は、製作年代や作者は不明である。式内社に相応しく3間巾で規模もやや大きい。下半部に珍しい構造が持つが、上部の造作はそれほど細かい彫刻は認められず、錺金具もみられない。ただ、蕃塀直前の一対の灯籠と合わせてみると、蕃塀の存在感は際立ってみえるといえる。
e0113570_2210567.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-01-30 22:17 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

春日井市大手町八幡神社の蕃塀

 春日井市大手町字本田に所在する八幡神社は、創建年代などの由緒が不明である。境内に掲示された本殿再建寄附者芳名録によれば、平成2年(1990)に本殿が起工・竣工されたと伝える。社名からみて、祭神は応神天皇と思われる。

 大手八幡神社の蕃塀は、3間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約2.4m、全高約1.9m、屋根長約2.8m、屋根巾約0.5mを測り、両側に控え柱を持つ。

 詳細の構造は次の通り。周囲を切り石が巡るコンクリート製基壇に礎石を置き、その上に円柱を2本立てて屋根石を載せる。円柱の内側には下から地貫、羽目板部、腰貫、連子窓部、内法貫、欄間部の順に材を積み重ねている。羽目板部は角柱による束柱を2本立て3区画に分け、その表面と裏面ともに隅を丸く加工した方形の単純な形を切り出したままであって装飾的な彫刻などは全く認められない。右側円柱の裏面には「平成二年十二月吉日」の文字が刻まれていた。欄間部は、幅広の角柱による束柱を中央に1本立て、その両側は隅が丸い方形の透かしが施されている。円柱柱頭に腕木板が前後にあり、連子窓部は角柱を9本立てて竪連子に造られている。屋根は寄せ棟状に切り出された照り屋根で、上部にはやや短い棟木石を載せている。控え柱も全て石製で礎石の上に建ち、柱の頭部は宝珠形になっている。

 大手八幡神社は、正面から灯籠群、蕃塀、壁の無い吹き抜けの妻入拝殿、灯籠、狛犬から本殿施設群(祭文殿や本殿)に至る構成を持つ。

 大手八幡神社の蕃塀は、平成2年(1990)に製作されたものである。大手八幡神社は本殿も平成2年に竣工されており、蕃塀と本殿がセットで建設されたことが分かる。本殿再建寄附者芳名録によれば、本殿に関する石工事は永田石材店が施工していることから、蕃塀も永田石材店が製作している可能性が高い。この永田石材店は、ネット上に検索した結果、岡崎市永田石材問屋グループ㈱グラニッツナガタと、知多郡阿久比町永田石材と、四日市市永田石材店の3店舗が該当する候補として挙げられる。なお、これまで紹介してきた事例の中では、岡崎市永田嘉七による稲沢市祖父江町島本多賀神社の蕃塀(1935)と、永田清一による稲沢市天池東八幡社の蕃塀(1963)がある。この点を考慮すると、本蕃塀は岡崎市永田石材問屋の作品である可能性が考えられる。
e0113570_2159787.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-01-29 22:06 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

春日井市上野町神明神社の蕃塀

 春日井市上野町字上り立に所在する神明神社は、創建年代や由緒が不明である。社名からみて、祭神は天照大神と思われる。

 上野神明神社の蕃塀は、3間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約2.0m、全高約2.3m、屋根長約2.8m、屋根巾約0.7mを測り、両側に控え柱を持つ。

 詳細の構造は次の通り。コンクリート製基壇に礎石と布基礎を置き、その上に円柱を2本立てて屋根石を載せる。円柱の内側には下から羽目板部、腰貫、連子窓部、内法貫、欄間部の順に材を積み重ねている。羽目板部は円柱による束柱を1本立て2区画に分け、その表面には獅子の彫刻が存在する。欄間部は扁額を持たず上部が透かし状に開くもので、紋様ははっきりと見極められないが、おそらく頭部を右側に置く単龍紋が描かれていると思われる。両側円柱の裏面には、地名+人名1名分の文字が刻まれていた。円柱柱頭に腕木板が前後にあり、連子窓部は角柱を9本立てて竪連子に造られている。屋根は寄せ棟状に切り出された反り屋根で、上部に載せた棟木石の両端は外側に突き出ている。控え柱も全て石製で、柱の頭部は宝珠形になっている。

 上野神明神社は、正面から鳥居、灯籠、蕃塀、壁の無い吹き抜けの妻入拝殿、灯籠、狛犬、妻入拝殿?から基壇上の本殿に至る構成を持つ。

 上野神明神社の蕃塀は、製作年代や作者は不明である。本例は欄間部の紋様が単龍紋になるもので、このタイプはこれまで紹介してきた事例の中では丹羽郡大口町余野神社例と稲沢市増田八幡社例の2つがある。これら3例は相互にあまり似ておらず、龍の頭部に着目すると、上野神明神社の蕃塀は右側に配置し右向き、余野神社の蕃塀は右側に配置し左向き、増田町八幡社の蕃塀は左側に配置し左向きとなっている。
e0113570_2221288.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-01-28 22:22 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

春日井市坂下町坂下神社の蕃塀

 春日井市坂下町3丁目に所在する坂下神社は、境内に掲示された由緒によれば文禄元年(1592)の創立といわれるが、創建年代は不明である。昭和35年(1970)に神明神社と八幡神社の2社を合併し坂下神社と改称し、昭和44年(1979)に改築した。祭神は天照大御神と誉田別命である。

 坂下神社の蕃塀は、3間巾の木造銅板葺き連子窓型蕃塀である。大きさは概略で、本体長約3.7m、全高約2.7m、屋根長約4.7m、屋根巾約1.7mで、両側に控え柱を持つ。

 詳細の構造は次の通り。周囲に切り石を並べたコンクリート製基壇に礎石と布基礎を置き、その上に円柱を4本立てて下から順に地貫、腰長押、内法長押を通し、上端は棟木を渡す。内法長押の上に簡略化された雲形肘木と雲形腕木を架し、表裏両面の出桁を支え垂木を渡して屋根を載せている。屋根は切妻造りの反り屋根で、銅板が一文字葺きされている。大棟の両端には鬼板が置かれている。蕃塀の中央には金属(おそらく鉄)製の竪連子窓が設けられ、その上下には縦羽目板が嵌め込まれていた。控え柱は全て木製で造られている。基本は白木造りであるが、連子窓全体と肘木・腕木・垂木・控え貫などの先端は白色に塗布されていた。

 坂下神社は、正面から灯籠、一の鳥居(石造)、灯籠群、二の鳥居(銅板製)、蕃塀、壁の無い吹き抜けの妻入拝殿、灯籠、狛犬から基壇上のコンクリート製本殿施設群(祭文殿や本殿)に至る構成を持つ。

 坂下神社の蕃塀は、製作年代や作者は不明である。表面はやや褐色を呈しているものの基本的には白木造りと思われるが、部分的に白色に塗布されている。ただし、肘木・腕木・垂木・控え貫などの先端に彩色を施す例は前回紹介した和爾良神社のようにいくつか知られるが、本蕃塀のように連子窓全体が白色に塗布されている例は珍しい。これは竪連子窓が金属製であることが影響しているのであろうか。また、円柱と貫や長押が交差する部分などに錺金具が全くみられない事例もそれほど多くはないと思われる。
e0113570_2305673.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-01-27 23:02 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

春日井市上条町和爾良神社の蕃塀

 今日からは、春日井市所在の神社に存在する蕃塀の事例を紹介する。

 春日井市上条町8丁目に所在する和爾良(かにら)神社は、創建年代が不明である。『延喜式神名帳』に「尾張国山田郡和爾良神社」と記載された式内社と考えられるが、この比定には諸説がある。文治建久の頃に荒廃したが、建保6年に男坂光善が現在地に遷座したと伝えられる。祭神は阿太賀田須命で、建手和爾命・伊弉冉尊・磯城津彦命・菊理姫命を配祀する。

 和爾良神社の蕃塀は、3間巾の木造銅板葺き連子窓型蕃塀である。大きさは概略で、本体長約3.8m、全高約2.7m、屋根長約5.1m、屋根巾約1.8mで、両側に控え柱を持つ。

 詳細の構造は次の通り。周囲に切り石を並べたコンクリート製基壇に石製と木製の布基礎を置き、その上に円柱を4本立てて下から順に腰長押、内法長押を通し、上端は棟木を渡す。内法長押の上に簡略化された雲形肘木と雲形腕木を架し、表裏両面の出桁を支え垂木を渡して屋根を載せている。屋根は切妻造りの直線屋根で、銅板が一文字葺きされている。大棟の両端は外側に突き出ている。蕃塀の中央には竪連子窓が設けられ、その上下には縦羽目板が嵌め込まれていた。控え柱は全て木製で造られている。基本は白木造りであるが、肘木・腕木・垂木などの先端は白色に塗布されていた。

 和爾良神社は、正面から灯籠、鳥居、蕃塀、狛犬、灯籠、壁を持つ妻入拝殿、渡殿から基壇上の本殿施設群(祭文殿や本殿)に至る構成を持つ。拝殿前の灯籠から一段高くなっている。

 和爾良神社の蕃塀は、製作年代や作者は不明である。式内社?に相応しく3間巾の規模を持つが、屋根の造作は直線屋根で厚さも薄くシンプルな形状である。蕃塀の周囲には立ち入りできないように鎖による柵が設けられており、子供などによるいたずらを防止している。
e0113570_21422273.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-01-26 21:43 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

名古屋市西区の蕃塀

 愛知県神社庁の資料によれば、名古屋市西区には31社の神社が記載されている。私は今月中までにこの31柱の神社を踏破したが、このうち蕃塀を持つ神社は既に紹介した5例である。具体的には、稲生町伊奴神社、比良六所神社、大野木大乃伎神社、平田十所社、上小田井星神社の5社である。

 この他の菊ノ尾通津島神社、松前町稲荷社、城西山神社、西菊井町金刀比羅社、八坂町八坂神社、稲生町神明社、上名古屋宗像神社、浅間1丁目富士浅間神社、幅下2丁目須佐之男社迦具土社合殿、城西5丁目武島天神社、那古野1丁目浅間神社、那古野1丁目金刀比羅社、則武新町1丁目神明社、東枇杷島町八幡社、東枇杷島町柳場白山社神明社合殿、堀越2丁目神明社、上堀越町白山社、押切町白山神社、児玉白山社、名塚町白山社、新福寺町八幡社、平田白山社、平田八幡社、上小田井津島社、上小田井諏訪社、中小田井五所社の26柱には蕃塀は認められなかった。

 以上の結果、名古屋市西区では愛知県神社庁のリスト中の約16.1%の神社で蕃塀が存在することが判明した。この数値を他の名古屋市内の区と比較すると、名古屋市昭和区(10社中3社:30%)よりも少なく、名古屋市中区(24社中3社:約13%)、名古屋市天白区(9社中1社:約11%)よりも多くなっている。名古屋市全16区中の4区しか把握していない状況ではあるが、名古屋市は蕃塀が少量ながらも存在する地域と評価できるだろう。
[PR]
by banbeimania | 2008-01-25 19:49 | 探索の記録 | Comments(0)

名古屋市西区平田十所社の蕃塀

 名古屋市西区山田町大字平田字城に所在する十所社は、創建年代が不明である。戦国時代には平田伊豆守が居城した平田城址があったといわれ、近在する平田寺は菩提寺という。祭神は大日霊尊・天児屋根尊・八劔神・乎止与命・火具土命・誉田別尊・日本武尊・稚足彦命・大郎媛女命・宮酢姫命の10柱である。

 平田十所社の蕃塀は、3間巾の木造桧皮葺き連子窓型蕃塀である。大きさは概略で、本体長約3.3m、全高約3.0m、屋根長約4.9m、屋根巾約2.2mで、両側に控え柱を持つ。

 詳細の構造は次の通り。周囲に切り石を並べたコンクリート製基壇に礎石と布基礎を置き、その上に円柱を4本立てて下から順に地貫、腰長押、内法長押を通し、上端は棟木を渡す。内法長押の上に雲形肘木と簡略化された雲形腕木を架し、表裏両面の出桁を支え垂木を渡して屋根を載せている。屋根は切妻造りの緩やかな反り屋根で、屋根本体は桧皮葺きである。ただし、表面は桧皮の劣化を防ぐため、屋根全体に赤紫色に塗布された銅板が一文字葺きされていて、頂部の大棟の両端には鬼板が置かれている。蕃塀の中央には竪連子窓が設けられ、その上下には縦羽目板が嵌め込まれていた。控え柱は石製、控え貫は木製であり、柱の頭部は特別な造作はみられない。

 平田十所社は、正面から道路に面してすぐに蕃塀、壁の無い吹き抜けの妻入拝殿、灯籠群、狛犬から基壇上の本殿施設群(祭文殿や本殿)に至る構成を持つ。

 平田十所社の蕃塀は、製作年代や作者は不明である。本例のような木造桧皮葺き連子窓型蕃塀は、これまでに名古屋市中区正木三丁目八幡社例、知多郡武豊町武雄神社例、津島市津島神社例、稲沢市尾張大国霊神社例の4例が知られているに過ぎない。ただし、本例は表面が銅板で覆われている点が大きく異なっている。ここで思い出されるのは、木造連子窓型蕃塀に比較的多く見られる銅板葺き屋根である。銅板葺き屋根については、その内部を観察できないので、内部に桧皮を持つのか否か分からない。ただ、平田十所社の蕃塀を見ると、銅板葺き屋根の蕃塀はもともと桧皮葺き屋根であったものが変化したものかも知れないと感じている。
e0113570_22244541.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-01-24 22:25 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

名古屋市西区大乃伎神社の蕃塀

 名古屋市西区大野木2丁目に所在する大乃伎神社は、創建年代が不明である。『延喜式神名帳』に「尾張国山田郡大乃伎神社」、『尾張国神名帳』に「従三位大乃木天神」と記載された式内社で、安永8年(1779)の大洪水により記録などが流出したという。昭和11年に社殿が改築されている。祭神は伊弉諾尊・伊弉冉尊・大日孁尊・月讀尊・素盞嗚尊・蛭児尊である。

 大乃伎神社の蕃塀は、3間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約3.0m、全高約2.6m、屋根長約4.0m、屋根巾約0.7mを測り、両側に控え柱を持つ。

 詳細の構造は次の通り。基壇を持たず直接地面に礎石と布基礎を置き、その上に円柱を2本立てて屋根石を載せる。円柱の内側には下から羽目板部、腰貫、連子窓部、内法貫、欄間部の順に材を積み重ねている。羽目板部は円柱による束柱を2本立て3区画に分け、その表面は隅を丸く加工した方形の単純な形を切り出したままであって装飾的な彫刻などは全く認められない。内法貫の表面には「御大典記念」、中央の羽目板裏面には「昭和三年十一月吉日建之 寄附者 氏子中」、左側円柱の側面には「ナゴヤ西区キクヰ町二丁目 石工 角田乙吉」の文字が刻まれていた。欄間部は双龍紋が描かれ、その形状は1匹の頭部は左端に、もう1匹の頭部はほぼ中央に配置された中央に「大乃伎神社」と記された扁額を持つものであった。円柱柱頭に腕木板が前後にあり、連子窓部は角柱を11本立てて竪連子に造られている。屋根は寄せ棟状に切り出された反り屋根で、上部に載せた棟木石の両端は外側に突き出ている。控え柱も全て石製で、柱の頭部は宝珠形になっている。

 大乃伎神社は、正面から灯籠、一の鳥居、二の鳥居、灯籠、蕃塀、壁の無い吹き抜けの妻入拝殿、灯籠から基壇上の本殿施設群(祭文殿や本殿)に至る構成を持つ。

 大乃伎神社の蕃塀は、昭和3年(1928)に名古屋市西区菊井町の石工角田乙吉によって製作されたものである。これまで紹介してきた事例の中で石工角田乙吉による蕃塀は9例存在する。このうち、欄間部中央に扁額を持つものは津島市宇治手力雄命社例、稲沢市中之庄天神社例、稲沢市塩江神社例、稲沢市祖父江町三丸渕宮裏神明社例であり、三丸渕宮裏神明社例を除く3例は本蕃塀と同様扁額の上位に隙間を持つものであった。扁額が屋根にまで達していない特徴は、今のところ角田乙吉独特の作風と考えているものである。
e0113570_21444266.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-01-22 21:51 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

名古屋市西区上小田井星神社の蕃塀

 名古屋市西区上小田井1丁目に所在する星神社は、創建年代が不明である。延喜式神名帳に記載された「尾張国山田郡坂庭神社」に比定する説もある(小牧市所在坂庭神社を当てる説もある)。仁和年中(885〜888)に大江氏が当地に在し大江社を建てたものと伝えられる。また弘安3年(1280)に兵火により神社が衰微し、暦応4年(1342)に藤原実秋により再興されたともいう。祭神は大己貴命である。

 上小田井星神社の蕃塀は、3間巾の木造桟瓦葺き連子窓型蕃塀である。大きさは概略で、本体長約3.4m、全高約2.5m、屋根長約4.6m、屋根巾約1.5mで、両側に控え柱を持つ。

 詳細の構造は次の通り。周囲に切り石を並べた極めて低いコンクリート製基壇に、直接円柱を4本立てて下から順に地貫、腰長押、内法長押を通し、上端は棟木を渡す。内法長押の上に極めて簡略化された雲形肘木と腕木を架し、表裏両面の出桁を支えまばらに垂木を渡して屋根を載せている。屋根は切妻造りの直線屋根で、大棟の両端には鬼瓦が置かれている。蕃塀の中央には竪連子窓が設けられ、その上部には横羽目板、下には縦羽目板が嵌め込まれていた。控え柱は全て木製で礎石の上に造られている。

 上小田井星神社は、正面から木造鳥居、灯籠群、蕃塀、灯籠、壁の無い吹き抜けの妻入拝殿、狛犬、灯籠、狛犬から基壇上の本殿施設群(祭文殿や本殿)に至る構成を持つ。

 上小田井星神社の蕃塀は、製作年代や作者は不明である。屋根の形状は直線屋根であり、かつ屋根裏の細工が比較的単純な造作をしており、全体としてシンプルな構造となっている。残念ながら、私が参拝した時には下の羽目板が一部破損していて痛ましい状態であった。なお、写真は蕃塀を背面から撮影したものである。
e0113570_22255350.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-01-21 22:27 | 蕃塀の事例 | Comments(0)