蕃塀(ばんぺい)にこだわったブログです。蕃塀は神社の拝殿の前にある衝立状の塀です。
by banbeimania
カテゴリ
全体
蕃塀とは(はじめに)
蕃塀30選
蕃塀の事例
蕃塀を深める
探索の記録
検索
よろしかったらお願いします。クリック! click!
人気blogランキングへ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

リンク
みちくさ学会
さぬき暮らし
あらいのじかん
愛知県神社庁
ひなたぼっこ
以前の記事
2013年 01月
2012年 06月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
最新のコメント
最近は全く更新していない..
by banbeimania at 08:18
通りすがりのものです。 ..
by サリー(宮総代の下っ端) at 20:29
皇室や糸屋ゆかりの大根焚..
by 環境大学新聞 at 15:08
とても魅力的な記事でした..
by 志望動機の書き方 at 09:43
はじめまして。 応援感..
by banbeimania at 22:08
はじめまして。 いつも..
by ならば at 13:02
いつも情報感謝しています..
by banbeimania at 01:02
最新のトラックバック
なんだろう?
from 龍を探して旅日記
【ネットができる宿|日本..
from ぱふぅ家のサイバー小物
岡崎市 レコード買取
from レコ-ド 買取
911 アメリカ 同時多..
from 【写真】 911 アメリカ ..
寺社建築の歴史図典
from ロドリゲスインテリーン
LOVE in Acti..
from ニコニコ笑う、トマトの笑顔な..
10・27請願受付の全容..
from 【日本を】10ゲ7『日本解体..
タグ
(1364)
(148)
(99)
(87)
(71)
(38)
(29)
(25)
(23)
(22)
(19)
(15)
(15)
(12)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(5)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 04月 ( 29 )   > この月の画像一覧

一宮市千秋町浮野八幡社の蕃塀

 一宮市千秋町浮野字屋敷に所在する八幡社は、創建年代などの由緒や祭神は不詳である。社名からみて、祭神は応神天皇と推測される。

 千秋浮野八幡社の蕃塀は、3間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約2.6m、全高約2.5m、屋根長約3.6m、屋根巾約0.7mを測り、両側には控え柱を持たない。

 詳細の構造は次の通り。切り石を周囲に並べた基壇に礎石と布基礎を置き、円柱を2本立ててその上に屋根石を載せる。円柱の内側には下から羽目板部、腰貫、連子窓部、内法貫、欄間部の順に材を積み重ねている。羽目板部は円柱による束柱を2本立て3区画に分け、全ての区画の表裏両面に角を丸く変形した方形の枠が施されている。左側の羽目板から中央の羽目板にわたり裏面には「寄附者(人名13名分)」の文字が刻まれていた。また、左側円柱の裏面には「昇格紀念」、右側円柱の裏面には「大正八年十月」と記されていた。欄間部は中央に幅広の円柱による束柱があり、その両側には角を丸く変形した方形の透かしが存在する。円柱柱頭に腕木板が前後にあり、連子窓部は角柱を10本立てて竪連子に造られている。屋根は寄棟状に切り出された直線屋根で、上部に載せた棟木石の両端は外側に突き出ている。

 千秋浮野八幡社は、正面から石柱、一の鳥居、灯籠群、二の鳥居、太鼓橋、蕃塀、狛犬、灯籠、壁の無い吹き抜けの妻入拝殿、渡殿、狛犬から基壇上の本殿施設群(祭文殿や本殿など)に至る構成を持つ。

 千秋浮野八幡社の蕃塀は、大正8年(1919)に製作されたものだが作者は不明である。本蕃塀は、見た目は石材の風化がそれほど進んでおらず、大正時代の作品とは思われない出来である。蕃塀前には、地域緑化施設設置事業による花壇が設けられ、彩りが添えられていた。
e0113570_0461360.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-04-30 00:55 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

一宮市千秋町一色神明社の蕃塀

 一宮市千秋町一色字屋敷地に所在する神明社は、創建年代などの由緒は不詳である。社名からみて、祭神は天照大神と推測される。

 千秋一色神明社の蕃塀は、3間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約2.2m、全高約2.1m、屋根長約2.9m、屋根巾約0.5mを測り、両側には控え柱を持たない。

 詳細の構造は次の通り。砂利敷きの参道に直接礎石と布基礎を置き、円柱を2本立ててその上に屋根石を載せる。円柱の内側には下から羽目板部、腰貫、連子窓部、内法貫、欄間部の順に材を積み重ねている。羽目板部は円柱による束柱を2本立て3区画に分け、その表面に隅を丸く加工した方形枠が施されている。右側の羽目板裏面には「昭和三十一年九月奉納 (地名+人名3名分) 初老記念 (地名+人名3名分)」の文字が刻まれていた。左側の束柱と中央の羽目板の境界部裏面には「岡崎市花崗町九番地 石材店 合名会社新美栄太郎 電話九二一番」と記された金属プレートが鉄釘で留められていた。欄間部は中央に「神明社」と記された扁額状の束柱が置かれ、その両側は何も無く結果として透かし状となっている。円柱柱頭に腕木板が前後にあり、連子窓部は角柱を8本立てて竪連子に造られている。屋根は寄棟状に切り出されたわずかに湾曲する直線屋根で、上部に載せた棟木石の両端は外側に突き出ていない。

 千秋一色神明社は、正面から石柱、灯籠、鳥居、灯籠、蕃塀、狛犬、壁の無い吹き抜けの妻入拝殿、灯籠から本殿施設群(祭文殿や本殿など)に至る構成を持つ。

 千秋一色神明社の蕃塀は、昭和31年(1966)に岡崎の石工新美栄太郎によって製作されたものである。新美栄太郎製作の蕃塀には、昭和39年(1964)製作の愛西市千引奥津社の蕃塀、昭和40年(1965)製作の稲沢市稲島八龍社の蕃塀、昭和46年(1971)製作の一宮市千秋佐野八幡社の蕃塀があり、本事例で4例目となる。この4例を比較すると、欄間部や羽目板部の紋様構成は異なるが、屋根石の形状は非常によく似ている。いずれも、寄棟のほぼ直線屋根でその傾斜は約45°となっており、棟木石は外側に飛び出さず端面はやや斜めにカットされ、屋根石と棟木石の大きさのバランスも類似する。新美栄太郎製作の蕃塀は、屋根部にその特徴がよく現れているといえよう。
e0113570_113540.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-04-29 11:03 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

一宮市千秋町佐野厳島社の蕃塀

 一宮市千秋町佐野字弁財天浦に所在する厳島社は、創建年代などの由緒や祭神は不詳である。社名からみて、祭神は市杵島姫命と推測される。

 千秋佐野厳島社の蕃塀は、2間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約2.0m、全高約2.1m、屋根長約2.6m、屋根巾約0.7mを測り、両側には控え柱を持たない。

 詳細の構造は次の通り。コンクリート製参道が蕃塀部分のみ広がって基壇状になり、その参道上に礎石と布基礎を置き、円柱を2本立ててその上に屋根石を載せる。円柱の内側には下から羽目板部、腰貫、連子窓部、内法貫、欄間部の順に材を積み重ねている。羽目板部は角柱による束柱を1本立て2区画に分け、両区画の表面には角を丸く変形した方形の枠が施されている。左側の羽目板裏面には「昭和六十一年十月建之」、右側の羽目板裏面には「(宝珠紋3個)宝講 (地名+人名1名分)」の文字が刻まれていた。欄間部は何も石材を使用せず、結果として全体が大きな方形の透かしになっている。円柱柱頭に腕木板が前後にあり、連子窓部は角柱を7本立てて竪連子に造られている。屋根は寄棟状に切り出された照り屋根で、上部に載せた棟木石の両端は外側に突き出ていない。

 千秋佐野厳島社は、正面から鳥居、太鼓橋、蕃塀、妻入拝殿から基壇上の本殿に至る構成を持つ。

 千秋佐野厳島社の蕃塀は、昭和61年(1986)に製作されたものだが、作者は不明である。本蕃塀の欄間部は何も石材を使用されておらず、大きな空間が開いている点が最大の特徴といえる。このような特徴を持つのは愛西市葛木八龍社の蕃塀があるが、葛木八龍社の場合は欄間部の高さが極めて低く空間そのものが狭くなっており、その印象は千秋佐野厳島社の蕃塀とは異なっている。
e0113570_21595461.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-04-28 22:02 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

一宮市千秋町佐野八幡社の蕃塀

 一宮市千秋町佐野字本郷に所在する八幡社は、創建年代などの由緒や祭神は不詳である。社名からみて、祭神は応神天皇と推測される。

 千秋佐野八幡社の蕃塀は、3間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約2.7m、全高約2.5m、屋根長約3.5m、屋根巾約0.6mを測り、両側には控え柱を持たない。

 詳細の構造は次の通り。基壇を持たず直接地面に礎石と布基礎を置き、円柱を2本立ててその上に屋根石を載せる。円柱の内側には下から羽目板部、腰貫、連子窓部、内法貫、欄間部の順に材を積み重ねている。羽目板部は角柱による束柱を2本立て3区画に分け、全ての区画の表面に角を丸く変形した方形の枠が施されている。裏面は全ての区画と2本の束柱にわたって「(人名26名分) 昭和四十六年三月」の文字が刻まれていた。欄間部は、扁額などを持たず全面に双龍紋が彫刻されていた。双龍紋は頭部を透かし部の中央に寄せた状態で2匹の龍が向かい合うDタイプであった。右側円柱の裏面には「岡崎市 石匠新美栄太郎」と記されている。円柱柱頭に腕木板が前後にあり、連子窓部は角柱を10本立てて竪連子に造られている。屋根は寄棟状に切り出された直線屋根で、上部に載せた棟木石の両端は外側に突き出ていない。

 千秋佐野八幡社は、正面から石柱、灯籠、鳥居、灯籠、蕃塀、狛犬、妻入拝殿、灯籠、渡殿から基壇上の本殿施設群(祭文殿や本殿など)に至る構成を持つ。

 千秋佐野八幡社の蕃塀は、昭和46年(1971)に岡崎市の石工新美栄太郎によって製作されたものである。新美栄太郎作の蕃塀には、昭和39年(1964)製作の愛西市千引奥津社の蕃塀と昭和40年(1965)製作の稲沢市稲島八龍社の蕃塀がある。稲島八龍社と千引奥津社の事例は欄間部が全く透かしになっていない点が似ていたが、本蕃塀は裏面からみると円形の透かしが合計4個存在するものでタイプは異なっている。
e0113570_22151037.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-04-27 22:23 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

一宮市千秋町穂積塚本八幡社の蕃塀

 一宮市千秋町穂積塚本字宮西に所在する八幡社は、創建年代などの由緒や祭神は不詳である。社名からみて、祭神は応神天皇と推測される。

 千秋穂積塚本八幡社の蕃塀は、3間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約2.2m、全高約1.7m、屋根長約2.6m、屋根巾約0.4mを測り、両側には控え柱を持つ。

 詳細の構造は次の通り。切り石を周囲に並べた基壇に礎石と布基礎を置き、円柱を2本立ててその上に屋根石を載せる。円柱の内側には下から羽目板部、腰貫、連子窓部、内法貫、欄間部の順に材を積み重ねている。羽目板部は角柱による束柱を2本立て3区画に分け、全ての区画の表裏両面に角を丸く変形した方形の枠が施されている。欄間部は中央に「八幡社」と記された扁額を置き、その両側の区画の表裏両面に角を丸く変形した方形の枠が施されている。円柱の表面には「奉納」、左側円柱の裏面には「平成元年十月吉日」、右側円柱の裏面には「氏子中」の文字が刻まれていた。円柱柱頭に腕木板が前後にあり、連子窓部は角柱を9本立てて竪連子に造られている。屋根は寄棟状に切り出された照り屋根で、上部に載せた棟木石の高さは非常に低く、その両端は外側に突き出ていない。控え柱は全て石製で、頭部は宝珠に形作られている。

 千秋穂積塚本八幡社は、正面から灯籠、石柱、鳥居、灯籠、蕃塀、狛犬、妻入拝殿、渡殿から基壇上の本殿施設群(祭文殿や本殿など)に至る構成を持つ。

 千秋穂積塚本八幡社の蕃塀は、平成元年(1989)に製作されたものだが、作者は不明である。本蕃塀が変わっている点は、基壇の中央が高く盛り上がっていることである。基壇の縁石の高さがやや高い上に、同程度の高さ分が上積みされているような感じであった。蕃塀本体の規模は長さ約2.2m、高さ約1.7mで小規模なタイプといえるが、この高い基壇の存在の結果、見た目は決して小規模ではないという印象である。
e0113570_228155.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-04-26 22:13 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

一宮市千秋町削栗神社の蕃塀

 一宮市千秋町勝栗字神子屋に所在する削栗(けぐり)神社は、創建年代などの由緒は不詳である。『延喜式神名帳』に丹羽郡削栗神社があると記載されているが、その所在や祭神は定かではない。一方、勝栗村には江戸時代に八幡社があり、明治3年にこの八幡社を削栗神社に比定し現在に至っている。祭神は誉田別尊である。

 削栗神社の蕃塀は、3間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約2.4m、全高約2.3m、屋根長約3.2m、屋根巾約0.7mを測り、両側には控え柱を持つ。

 詳細の構造は次の通り。切り石を周囲に並べた基壇に礎石と布基礎を置き、円柱を2本立ててその上に屋根石を載せる。円柱の内側には下から羽目板部、腰貫、連子窓部、内法貫、欄間部の順に材を積み重ねている。羽目板部は角柱による束柱を2本立て3区画に分け、全ての区画の表裏両面に角を丸く変形した方形の枠が施されている。中央の羽目板裏面には「昭和十年八月建之 奉納者(人名2名分) コチノ曽山石材店」の文字が刻まれていた。欄間部は中央に幅広の角柱による束柱があり、その両側には角を丸く変形した方形の透かしが存在する。円柱柱頭に腕木板が前後と外側にあり、連子窓部は角柱を11本立てて竪連子に造られている。屋根は寄棟状に切り出された反り屋根で、屋根面に段差を持つものである。上部に載せた棟木石の両端は反りを持ちわずかに外側に突き出ている。控え柱は全て石製で、頭部は宝珠に形作られている。

 削栗神社は、正面から鳥居、灯籠群、蕃塀、コンクリート製妻入拝殿、狛犬から基壇上の本殿施設群(祭文殿や本殿など)に至る構成を持つ。参道は切り石によって縁取られており、加えて参道は蕃塀の前後で二手に分かれていることから、結果として蕃塀の周囲は切り石により方形に区切られている。その区画の中、蕃塀の前面に自然石が枯山水庭園のような雰囲気で数個置かれていた。

 削栗神社の蕃塀は、昭和10年(1935)に江南市古知野の曽山石材店によって製作されたものである。本蕃塀は、双龍紋や獅子紋を持たない無紋の石造連子窓型蕃塀としてはオーソドックスなものといえる。異質な点は、蕃塀前に配置された石群の存在である。白色、黄色、赤色などの自然石をそれらしく配置した事例はほとんど無く、全くの推測であるが、その石群が設置されたのは割と最近のものではないかと考えている。
e0113570_22271096.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-04-25 22:28 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

一宮市千秋町加茂白山社の蕃塀

 一宮市千秋町加茂字郷に所在する加茂白山社は、創建年代などの由緒は不明である。社名からみて、祭神は菊理媛命と推測される。

 千秋加茂白山社の蕃塀は、2間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約2.8m、全高約2.6m、屋根長約3.8m、屋根巾約0.7mを測り、両側に控え柱を持たない。

 詳細の構造は次の通り。コンクリート製基壇に礎石と布基礎を置き、円柱を2本立ててその上に屋根石を載せる。円柱の内側には下から羽目板部、腰貫、連子窓部、内法貫、欄間部の順に材を積み重ねている。羽目板部は幅広の角柱による束柱を1本立て2区画に分け、右側羽目板の表面には竹に虎紋、左側羽目板の表面には牡丹に獅子紋が彫刻されている。一方、左側羽目板の裏面には「昭和四年十月建之」、左側羽目板の裏面には「寄附人 (人名5名分)」の文字が刻まれていた。欄間部は中央に「加茂白山社」と彫られた扁額があり、その両側には頭部を両端に配置した双龍紋が描かれていた。龍の目や玉は青緑色に彩色されていた。円柱柱頭に腕木板が前後と外側にあり、連子窓部は角柱を11本立てて竪連子に造られている。屋根は寄棟状に切り出された反り屋根で、屋根面に段差を持つものである。屋根上部に載せた棟木石はその両端が外側に突き出ている。

 千秋加茂白山社は、正面から石柱、鳥居、蕃塀、百度石、灯籠、壁の無い吹き抜けの妻入拝殿、狛犬2対から基壇上の本殿施設群(祭文殿や本殿など)に至る構成を持つ。

 千秋加茂白山社の蕃塀は、昭和4年(1929)に製作されたものであるが、作者は不明である。本蕃塀は、欄間部の高さが高く、双龍紋の上位が結構大きな透かし状となっている。扁額の背後には扁額とは別の石柱の束柱があり屋根石を支えており、こういったタイプは他に事例がほとんど無いように思われる。
e0113570_2244120.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-04-24 22:05 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

一宮市萩原町室原神社の蕃塀

 一宮市萩原町串作字郷に所在する室原神社は、創建年代などの由緒は不詳である。萩原町河室にあった旧稲荷社で大正5年(1916)大礼記念事業として社殿を鎮座したという。『延喜式神名帳』に中島郡室原神社と記された式内社であるといわれているが、定かではない。祭神は伊弉册尊と倉稲魂命である。

 萩原室原神社の蕃塀は、3間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約3.0m、全高約2.5m、屋根長約3.9m、屋根巾約0.6mを測り、両側には控え柱を持つ。

 詳細の構造は次の通り。コンクリート製基壇に礎石と布基礎を置き、円柱を2本立ててその上に屋根石を載せる。円柱の内側には下から羽目板部、腰貫、連子窓部、内法貫、欄間部の順に材を積み重ねている。羽目板部は円柱による束柱を2本立て3区画に分け、表面は左右両側の区画には牡丹に獅子紋、中央の区画には竹に虎紋が施されている。裏面は全ての区画が無紋、中央の区画には「昭和七年申四月建之 氏子中」、右側の区画には「岡崎市 石工加藤(カ)清彦」の文字が刻まれていた。」 欄間部は中央に「奉納」と記された扁額を置き、その両側には双龍紋が彫り出されていた。双龍紋は1匹の頭部は左端に、もう1匹の頭部はほぼ中央に配置されるものであった。円柱柱頭に腕木板が前後にあり、連子窓部は角柱を12本立てて竪連子に造られている。屋根は寄棟状に切り出された緩い反り屋根で、上部に載せた棟木石の両端はわずかに外側に突き出ている。控え柱は全て石製で、頭部は宝珠に形作られている。

 萩原室原神社は、正面から一の鳥居(石造)、灯籠、二の鳥居(木造)、園池、蕃塀、灯籠、壁の無い吹き抜けの妻入拝殿、灯籠群、狛犬から基壇上の本殿施設群(祭文殿や本殿など)に至る構成を持つ。

 萩原室原神社の蕃塀は、昭和7年(1932)に岡崎市の石工加藤清彦によって製作されたものと思われる。加藤清彦が現在のどの石材店に引き継がれているものかは特定できなかった。本蕃塀は、欄間部が双龍紋だけでなく扁額まで含めて上位が透かし状になっており、こうした事例はあまり見られないものである。
e0113570_0105422.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-04-23 00:11 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

一宮市萩原町戸苅八劔社の蕃塀

 一宮市萩原町戸苅字南河原に所在する八劔社は、創建年代などの由緒は不詳である。『寛文村々覚書』には戸苅村に八剱宮・諏訪明神・八幡の3社があると記載されていて、本社はそのうちの八剱宮に該当すると思われる。社名からみて、祭神は熱田大神と推測される。

 萩原戸苅八劔社の蕃塀は、2間巾のコンクリート造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約3.2m、全高約2.6m、屋根長約4.1m、屋根巾約1.2mを測り、両側には控え柱を持つ。

 本蕃塀は、基本的に石造連子窓型蕃塀の構造を模倣した形状で、全ての部分が一体化した状態として造られている。その元となる石造連子窓型蕃塀の推測される詳細の構造は次の通りである。切り石で囲まれたコンクリート製基壇に礎石と布基礎を置き、円柱を2本立ててその上に屋根石を載せる。円柱の内側には下から羽目板部、腰貫、連子窓部、内法貫、欄間部、棟木の順に材を積み重ねている。羽目板部は円柱による束柱を1本立て2区画に分け、その表裏両面には隅を丸く加工した方形枠が施されている。欄間部は、表面が無文字の扁額、裏面が円柱により2本区画に分けられるが、各区画とも紋様などは全く施されていない。円柱柱頭に腕木板が無く、連子窓部は角柱を18本立てて竪連子に造られている。屋根は寄棟状に切り出された反り屋根で、上部に載せた棟木石の両端はわずかに外側に突き出ている。控え柱の頭部は特に加工は見られず平坦である。

 萩原戸苅八劔社は、正面から一の鳥居(石造)、灯籠、百度石、二の鳥居(木造)、蕃塀、灯籠群、壁の無い吹き抜けの妻入拝殿、灯籠、狛犬から本殿施設群(祭文殿や本殿など)に至る構成を持つ。

 萩原戸苅八劔社の蕃塀は、製作年代や作者は不明である。本蕃塀は、コンクリート造連子窓型蕃塀という珍しい構造であり、他には一宮市萩原富田方八幡社、一宮市若栗神社八幡宮、愛西市宇太志神社などに事例がある。本蕃塀は欄間部に扁額が表現されるが、社名を入れるまでに至らない点がコンクリート造の技術的な問題なのかも知れない。
e0113570_0251182.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-04-22 00:27 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

一宮市萩原町高木神社の蕃塀

 一宮市萩原町高木字蟹子に所在する高木神社は、創建年代などの由緒や祭神は不詳である。『寛文村々覚書』には高木村にある八剱宮が2社あると記載されていて、本社はこのどちらかに該当する可能性がある。

 萩原高木神社の蕃塀は、3間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約3.0m、全高約2.5m、屋根長約3.7m、屋根巾約0.6mを測り、両側には控え柱を持つ。

 詳細の構造は次の通り。切り石を周囲に並べた基壇に礎石と布基礎を置き、円柱を2本立ててその上に屋根石を載せる。円柱の内側には下から羽目板部、腰貫、連子窓部、内法貫、欄間部の順に材を積み重ねている。羽目板部は角柱による束柱を2本立て3区画に分け、全ての区画の表面に角を丸く変形した方形の枠が施されている。中央の羽目板裏面には「奉納 昭和五十六年十月吉日 高木神社奉賛会」の文字が刻まれていた。欄間部は中央に五三桐紋が描かれた扁額状の幅広角柱による束柱があり、その両側には隅丸方形の透かしが存在する。円柱柱頭に腕木板が前後と外側にあり、連子窓部は角柱を10本立てて竪連子に造られている。屋根は寄棟状に切り出された反り屋根で、上部に載せた棟木石の両端はわずかに外側に突き出ている。控え柱は全て石製で、頭部は宝珠に形作られている。

 萩原高木神社は、東側の道路に面して鳥居と灯籠があるが、その先は拝殿の横に突き当たる。拝殿の南には、まず境内の外に工場敷地があり、敷地境に接する形で蕃塀、壁の無い吹き抜けの妻入拝殿、灯籠群、狛犬から基壇上の本殿施設群(祭文殿や本殿など)に至る構成を持つ。おそらく参道は本来蕃塀の南に伸びていたものが諸事情により変更され、変則的に横から入る形になったものと想定される。

 萩原高木神社の蕃塀は、昭和56年(1981)に製作されたものだが、作者は不明である。本蕃塀は、双龍紋や獅子紋を持たない無紋の石造連子窓型蕃塀としてはオーソドックスなものといえる。
e0113570_0171076.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-04-21 00:17 | 蕃塀の事例 | Comments(0)