蕃塀(ばんぺい)にこだわったブログです。蕃塀は神社の拝殿の前にある衝立状の塀です。
by banbeimania
カテゴリ
全体
蕃塀とは(はじめに)
蕃塀30選
蕃塀の事例
蕃塀を深める
探索の記録
検索
よろしかったらお願いします。クリック! click!
人気blogランキングへ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

リンク
みちくさ学会
さぬき暮らし
あらいのじかん
愛知県神社庁
ひなたぼっこ
以前の記事
2013年 01月
2012年 06月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
最新のコメント
最近は全く更新していない..
by banbeimania at 08:18
通りすがりのものです。 ..
by サリー(宮総代の下っ端) at 20:29
皇室や糸屋ゆかりの大根焚..
by 環境大学新聞 at 15:08
とても魅力的な記事でした..
by 志望動機の書き方 at 09:43
はじめまして。 応援感..
by banbeimania at 22:08
はじめまして。 いつも..
by ならば at 13:02
いつも情報感謝しています..
by banbeimania at 01:02
最新のトラックバック
なんだろう?
from 龍を探して旅日記
【ネットができる宿|日本..
from ぱふぅ家のサイバー小物
岡崎市 レコード買取
from レコ-ド 買取
911 アメリカ 同時多..
from 【写真】 911 アメリカ ..
寺社建築の歴史図典
from ロドリゲスインテリーン
LOVE in Acti..
from ニコニコ笑う、トマトの笑顔な..
10・27請願受付の全容..
from 【日本を】10ゲ7『日本解体..
タグ
(1364)
(148)
(99)
(87)
(71)
(38)
(29)
(25)
(23)
(22)
(19)
(15)
(15)
(12)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(5)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 05月 ( 28 )   > この月の画像一覧

一宮市花池大神神社の蕃塀

 一宮市花池2丁目に所在する大神神社は、創建年代は不詳である。境内に掲示された由来には、大和(奈良県)系の人々が大和国大神神社を分祀したのが始まりという。旧鎮座地は大和町宮地花池(現在の古宮公園の位置)である。本社は『延喜式神名帳』に中島郡大神神社と記された式内社で、大神神社の社伝では大神神社と真清田神社を相殿として尾張国一宮としたと伝える。戦国時代の浅井田宮の乱で社殿を焼失して以降荒廃し、明治3年(1870)に薬師寺に隣接する現在地に再建された。祭神は大物主神である。

 花池大神神社の蕃塀は、3間巾の木造桧皮葺き連子窓型蕃塀である。大きさは概略で、本体長約3.6m、全高約2.9m、屋根長約4.9m、屋根巾約1.9mで、両側に控え柱を持つ。

 詳細の構造は次の通り。基壇を持たず直接地面に石製布基礎と土台木を置き、その上に円柱を4本立てて下から順に腰長押、内法長押を通し、上端には棟木を渡す。内法長押の上位に雲形肘木と雲形腕木を架し、表裏両面の出桁を支え垂木を渡して屋根板を載せている。屋根は切妻造りの緩い反り屋根で、屋根本体は桧皮葺きでその表面に銅板が一文字葺きされて覆われていた。大棟も銅板葺きでその両端には鬼板が置かれている。蕃塀の中央には竪連子窓が設けられ、その上部には一枚板が、下部には横羽目板が嵌め込まれていた。控え柱は全て木製で造られていたが、基礎は石材でかさ上げされていた。また、控え柱とは別に金属製の支え棒が設けられていた。

 花池大神神社は、正面から中央に石柱、灯籠、鳥居、神馬、参道を左に折れて左側に蕃塀、参道を右に折れて灯籠、狛犬2対、コンクリート製平入拝殿、渡殿から基壇上の本殿施設群(祭文殿や本殿)に至る構成を持つ。

 花池大神神社の蕃塀は製作年代や作者は不明である。本蕃塀は、羽目板部の高さが非常に低くバランスを欠いていて、4本の主柱の下位に石製布基礎と土台木を置くことも異質である。加えて控え柱も基礎部分が石材で補充・補強されていることを考えあわせると、蕃塀の基部の腐食が進んだため蕃塀の基部に新材を宛てがい造り替えられたものと想定される。また、本蕃塀は、拝殿の正面には位置するが、現参道の途中には存在しない配置となっている。造り替えられた際に位置が移動してしまった結果なのかも知れない。
e0113570_10333516.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-05-31 10:34 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

一宮市一色神明社の蕃塀

 一宮市一色町に所在する神明社は、創建年代などの由緒は不詳である。社名からみて、祭神は天照大神と推測される。

 一色神明社の蕃塀は、3間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約2.1m、全高約2.0m、屋根長約2.5m、屋根巾約0.6mを測り、両側には控え柱を持たない。

 詳細の構造は次の通り。切り石で周囲が囲まれたコンクリート製基壇に礎石と布基礎を置き、円柱を2本立ててその上に屋根石を載せる。円柱の内側には下から羽目板部、腰貫、連子窓部、内法貫、欄間部の順に材を積み重ねている。羽目板部は角柱による束柱を2本立て3区画に分け、各区画の表面には隅を丸く加工した方形枠が施されている。中央の羽目板裏面には「昭和四十二年九月建之 氏子一同」の文字が刻まれていた。欄間部は中央に「神明社」と浮彫りされた扁額が置かれ、その両側には隅丸方形の透かしが設けられていた。円柱柱頭に腕木板が前後にあり、連子窓部は角柱を9本立てて竪連子に造られている。屋根は寄棟状に切り出された反り屋根で、上部に載せた棟木石はその両端がわずかに外側に突き出ている。

 一色神明社は、正面から鳥居、灯籠、蕃塀、灯籠、壁の無い吹き抜けの妻入拝殿、狛犬、灯籠、狛犬から基壇上の本殿施設群(祭文殿や本殿など)に至る構成を持つ。

 一色神明社の蕃塀は、昭和42年(1967)に製作されたものだが、作者は不明である。本蕃塀は特別な彫刻を持たないシンプルなもので、こうした事例は多数認められるが、その中でも均整の取れた蕃塀であると筆者は感じるものである。
e0113570_22233284.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-05-30 22:23 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

一宮市馬見塚六所社の蕃塀

 一宮市大字馬見塚字郷内に所在する六所社は、創建年代や祭神などの由緒は不詳である。

 馬見塚六所社の蕃塀は、3間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約2.7m、全高約2.5m、屋根長約3.6m、屋根巾約0.6mを測り、両側には控え柱を持つ。

 詳細の構造は次の通り。切り石で周囲が囲まれた低いコンクリート製基壇に礎石と布基礎を置き、円柱を2本立ててその上に屋根石を載せる。円柱の内側には下から羽目板部、腰貫、連子窓部、内法貫、欄間部の順に材を積み重ねている。羽目板部は角柱による束柱を2本立て3区画に分け、表面は左右両側の区画には獅子紋、中央の区画には竹に虎紋が施されている。裏面は左右両側の区画には玉取獅子紋が彫刻され、中央の区画には「昭和六年十月 寄附人 (人名1名分) ナゴヤ西区八坂町 石工角田六三郎」の文字が刻まれていた。欄間部は扁額等を持たず、全面に双龍紋が表現されていた。双龍紋は頭部を両端に置くタイプであり透かしを持っている。円柱柱頭に腕木板が前後と外側にあり、連子窓部は角柱を10本立てて竪連子に造られている。屋根は寄棟状に切り出された反り屋根で、上部に載せた棟木石の両端には鬼板が置かれている。控え柱は全て石製で、頭部は宝珠に形作られている。

 馬見塚六所社は、正面から灯籠、石柱、鳥居、灯籠、蕃塀、灯籠、木造妻入拝殿、渡殿、狛犬から基壇上の本殿施設群(祭文殿や本殿など)に至る構成を持つ。

 馬見塚六所社の蕃塀は、昭和6年(1931)に名古屋市西区の石工角田六三郎によって製作されたものである。これまで紹介してきた石工角田六三郎製作の蕃塀は31例存在するが、その中で一宮市内では角田六三郎の作品は丹陽三ツ井休郷八幡社の蕃塀と立野天神社の蕃塀に次いで本例が3例目である。屋根石の四隅の先端が急に上方に反り上がる形状となっており、こういうタイプはあまり多くないと思われる。
e0113570_21273056.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-05-29 21:27 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

一宮市浅野八剱社の蕃塀

 一宮市大字浅野字八劔に所在する八劔社は、創建年代などの由緒は不詳である。社名からみて、祭神は日本武尊である。

 浅野八劔社の蕃塀は、2間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約2.6m、全高約2.2m、屋根長約3.5m、屋根巾約0.5mを測り、両側には控え柱を持たない。

 詳細の構造は次の通り。切り石で囲まれた砂利製基壇に直接礎石と布基礎を置き、円柱を2本立ててその上に屋根石を載せる。円柱の内側には下から羽目板部、腰貫、連子窓部、内法貫、欄間部の順に材を積み重ねている。羽目板部は幅広の角柱による束柱を1本立て2区画に分け、右側羽目板表面には牡丹に獅子紋が、左側羽目板表面には竹に虎紋が彫刻されている。右側の羽目板裏面には「昭和四年九月 寄附人 (地名+人名1名分) 一宮市松降町 石工稲村孝二作」の文字が刻まれていた。欄間部は中央に「八劔社」と記された扁額を置きその両側には双龍紋が描かれていた。双龍紋は左端と中央に頭部を配置するものであり、欄間部の上端に少し隙間が開いているものであった。円柱柱頭に腕木板が前後と外側にあり、連子窓部は円柱を11本立てて竪連子に造られている。屋根は寄棟状に切り出された2段の直線屋根で、上部に載せた棟木石はその両端が外側に突き出ている。

 浅野八劔社は、正面から灯籠、鳥居、灯籠、蕃塀、灯籠、狛犬、木造妻入拝殿、渡殿から本殿施設群(祭文殿や本殿など)に至る構成を持つ。

 浅野八劔社の蕃塀は、昭和4年(1929)に一宮市の石工稲村孝二によって製作されたものである。この石工稲村孝二についてはこれまで紹介してきた事例には見られず、今のところその詳細を知ることができていない。
e0113570_234473.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-05-28 23:04 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

一宮市浅野白山社の蕃塀

 一宮市大字浅野字白山に所在する白山社は、創建年代などの由緒は不詳である。社名からみて、祭神は菊理媛命と推測される。浅野白山社では、鎌倉時代中期の元寇に戦勝したことを祝し芝草で神馬を作り神々のご帰還をお迎えしたのを起源とする芝馬祭が行われ、県無形民俗文化財に指定されている。

 浅野白山社の蕃塀は、2間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約3.0m、全高約1.8m、屋根長約3.5m、屋根巾約0.4mを測り、両側には控え柱を持たない。

 詳細の構造は次の通り。基壇を持たず直接地面に角柱を2本立てて屋根石を載せている。角柱の内側には下から羽目板部、腰貫、連子窓部の順に材を積み重ねており、欄間部は存在しない。羽目板部は角柱による束柱を1本立て2区画に分け、各区画には6枚の石製縦羽目板が挟み込まれている。羽目板の両面には紋様などは施されておらず、裏面には「大正四年四月 (地名+人名1名分)」の文字が記されていた。角柱柱頭に腕木板はなく、連子窓部は鉄棒を42本立てて竪連子に造られた鉄枠を嵌め込んで設けられている。なお、腰貫の上面と屋根石の下面には鉄枠とは別に円形の穴が多数穿たれていて、本来は底に棒材が差し込まれ竪連子に造られたものと想定される。屋根は寄せ棟状に切り出された照り屋根で、棟木石は非常に低く両端は外側に突き出ていない。控え柱はないが、石製の斜めに宛てがわれた支え棒がボルトによって固定されていた。

 浅野白山社は、正面から石柱、灯籠、一の鳥居、二の鳥居、灯籠群、蕃塀、灯籠、狛犬、木造妻入拝殿、灯籠、狛犬、渡殿から基壇上の本殿施設群(祭文殿や本殿など)に至る構成を持つ。

 浅野白山社の蕃塀は、大正4年(1915)4月に製作されたものであるが、作者は不明である。明治三十七八年戦役(1904〜1905)記念で製作された一宮市千秋小山神明社の蕃塀を除くと、一宮市丹陽三ツ井八幡西八幡社の蕃塀(1915年9月製作)や一宮市赤見国玉神社の蕃塀(1915年11月製作)を抜き、本蕃塀がこれまで紹介してきた蕃塀の中で最古のものとなる。これまで初期の石造連子窓型蕃塀は欄間部を持つものと持たないものの両者が存在することが分かっていたが、欄間部を持たないものの方が多いように思われる。
e0113570_2229162.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-05-27 22:30 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

一宮市浅野立野天神社の蕃塀

 一宮市大字浅野字天神に所在する立野天神社は、創建年代などの由緒は不詳である。江戸時代には、俗に天神・天神祠・立野天神宮・建野天神社・御館野天神などと呼ばれ、明治5年(1872)以後は天神社と称したという。大正6年(1917)に立野天神社と改称した。本社は『延喜式神名帳』に丹羽郡立野神社と記された式内社であるという。祭神は菅原道真で、天火明命を配祀する。

 立野天神社の蕃塀は、3間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約2.7m、全高約2.5m、屋根長約3.4m、屋根巾約0.7mを測り、両側には控え柱を持つ。

 詳細の構造は次の通り。切り石で周囲が囲まれたコンクリート製基壇に礎石と布基礎を置き、円柱を2本立ててその上に屋根石を載せる。円柱の内側には下から羽目板部、腰貫、連子窓部、内法貫、欄間部の順に材を積み重ねている。羽目板部は角柱による束柱を2本立て3区画に分け、表面は左右両側の区画には獅子紋、中央の区画には波涛上に飛翔する鳥紋が施されている。裏面は右側の区画には「昭和七年四月」、中央の区画には「寄附人 (地名+人名2名分)」、右側の区画には「ナゴヤ西区八坂町 石工角田六三郎」の文字が刻まれていた。欄間部は中央に幅広の角柱による束柱を置き、その両側には扇紋が彫り出されていた。欄間部裏面には紋様は無く、欄間部の上位にはわずかに隙間が開いている。円柱柱頭に腕木板が前後にあり、連子窓部は角柱を10本立てて竪連子に造られている。屋根は寄棟状に切り出された反り屋根で、上部に載せた棟木石の両端には鬼板が置かれている。控え柱は全て石製で、頭部は宝珠に形作られている。

 立野天神社は、正面から石柱、鳥居、灯籠、蕃塀、灯籠、狛犬、木造妻入拝殿、渡殿から基壇上の本殿施設群(祭文殿や本殿など)に至る構成を持つ。

 立野天神社の蕃塀は、昭和7年(1932)に名古屋市西区の石工角田六三郎によって製作されたものである。これまで紹介してきた石工角田六三郎製作の蕃塀は30例存在するが、その多くは稲沢市に存在し、一宮市内では角田六三郎の作品は丹陽三ツ井休郷八幡社の蕃塀に次いで本例が2例目である。欄間部に扇紋が使用される事例はあまり見られないものである。
e0113570_2213841.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-05-26 22:01 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

一宮市浅野日吉社の蕃塀

 一宮市大字浅野字山王に所在する日吉社は、創建年代などの由緒は不詳である。社名からみて、祭神は大山咋神と推測される。

 浅野日吉社の蕃塀は、3間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約2.9m、全高約2.4m、屋根長約3.5m、屋根巾約0.6mを測り、両側に控え柱を持つ。

 詳細の構造は次の通り。切り石で周囲が囲まれた低いコンクリート製基壇に礎石と布基礎を置き、円柱を2本立ててその上に屋根石を載せる。円柱の内側には下から羽目板部、腰貫、連子窓部、内法貫、欄間部の順に材を積み重ねている。羽目板部は角柱による束柱を2本立て3区画に分け、各区画の表面には隅を丸く加工した方形枠が施されている。左側の羽目板裏面には「平成七年二月吉日建之 氏子中」の文字が刻まれていた。欄間部は中央に「日吉神社」と浮彫りされた扁額が置かれ、その両側には隅を丸く加工した方形枠が設けられた羽目板が設置されていた。扁額の裏面には菊紋が描かれている。円柱柱頭に腕木板が前後にあり、連子窓部は角柱を12本立てて竪連子に造られている。屋根は寄棟状に切り出された低い反り屋根で、上部に載せた棟木石はその両端がわずかに外側に突き出ている。

 浅野日吉社は、正面から石柱、灯籠、鳥居、蕃塀、灯籠、狛犬、コンクリート製平入拝殿、灯籠、渡殿から基壇上の本殿施設群(祭文殿や本殿など)に至る構成を持つ。

 浅野日吉社の蕃塀は、平成7年(1995)に製作されたものだが、作者は不明である。本蕃塀は特別な彫刻を持たないシンプルなものであるが、屋根の高さや、羽目板部の方形枠の大きさなどが他の蕃塀とは微妙に異なっている。
e0113570_21522639.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-05-25 21:52 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

一宮市丹陽町猿海道小豊神社の蕃塀

 一宮市丹陽町猿海道字六反田に所在する小豊神社は、創建年代などの由緒は不詳である。祭神は小止與命である。

 丹陽猿海道小豊神社の蕃塀は、2間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約2.6m、全高約2.3m、屋根長約3.5m、屋根巾約0.7mを測り、前側のみに控え柱を持つ。

 詳細の構造は次の通り。基壇を持たず砂利敷の地面に直接礎石と布基礎を置き、円柱を2本立ててその上に屋根石を載せる。円柱の内側には下から羽目板部、腰貫、連子窓部、内法貫、欄間部の順に材を積み重ねている。羽目板部は幅広の角柱による束柱を1本立て2区画に分け、羽目板表面には獅子紋が彫刻されている。左側の円柱裏面には地名+「寄附者」+人名1名分の文字が、右側の円柱裏面には「昭和十年十月建之」の文字が刻まれていた。欄間部は中央に「小豊神社」と記された扁額を置きその両側には双龍紋が描かれていた。双龍紋は頭部を両端に配置するものであり、欄間部の上端に少し隙間が開いているものであった。円柱柱頭に腕木板がなく、連子窓部は円柱を13本立てて竪連子に造られている。屋根は寄棟状に切り出された直線屋根で、上部に載せた棟木石はその両端が外側に突き出ていない。控え柱は前側にのみ設置され、背面には存在しない。

 丹陽猿海道小豊神社は、正面から鳥居、灯籠、蕃塀、灯籠、狛犬、壁を持つ妻入拝殿、渡殿から基壇上の本殿に至る構成を持つ。

 丹陽猿海道小豊神社の蕃塀は、昭和10年(1935)に製作されたものであるが、作者は不明である。本蕃塀の最大の特徴は、控え柱を前面のみ設置し背面に無いことであろう。控え柱の片面のみの設置は、これまで紹介してきた蕃塀には類例がないと思われる。
e0113570_22293457.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-05-24 22:31 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

一宮市丹陽町重吉八幡社の蕃塀

 一宮市丹陽町重吉字北屋敷に所在する八幡社は、創建年代などの由緒は不詳である。社名からみて、祭神は応神天皇と推測される。本社で行われる甘酒祭は、三ツ井重吉城を築いた尾藤源内重吉の子孫である桑山氏が旧暦8月15日に行っていた豊年祭りである。

 丹陽重吉八幡社の蕃塀は、3間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約3.0m、全高約2.5m、屋根長約4.1m、屋根巾約0.7mを測り、両側には控え柱を持たない。

 詳細の構造は次の通り。切り石で周囲が囲まれた低いコンクリート製基壇に礎石と布基礎を置き、円柱を2本立ててその上に屋根石を載せる。円柱の内側には下から羽目板部、腰貫、連子窓部、内法貫、欄間部の順に材を積み重ねている。羽目板部は円柱による束柱を2本立て3区画に分け、各区画の表面には隅を丸く加工した方形枠が施されている。左側の羽目板裏面には「施主 (地名+人名4名分)」の文字が刻まれていた。左側の円柱には「大正十四年一月建之」の文字が記されている。欄間部は中央に円柱による束柱が置かれ、その両側には隅を丸く加工した方形透かしが設けられていた。円柱柱頭に腕木板が前後にあり、連子窓部は角柱を12本立てて竪連子に造られている。屋根は切妻状に切り出された直線屋根で、上部に載せた棟木石はその両端がわずかに外側に突き出ている。

 丹陽重吉八幡社は、正面から石柱、灯籠、一の鳥居(石造)、二の鳥居(木造)、蕃塀、灯籠、壁の無い吹き抜けの妻入拝殿、灯籠、狛犬から基壇上の本殿施設群(祭文殿や本殿など)に至る構成を持つ。

 丹陽重吉八幡社の蕃塀は、大正14年(1925)1月に製作されたものだが、作者は不明である。本蕃塀は円柱の根元に打ち付けられた釘状の鉄片がわずかに見えており、この鉄片によって柱が固定されているのかもしれない。
e0113570_2213330.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-05-22 22:01 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

一宮市丹陽町五日市場八劔社の蕃塀

 一宮市丹陽町五日市場字屋敷に所在する八劔社は、創建年代などの由緒は不詳である。愛知県神社庁のホームページ資料によれば、一宮市丹陽町五日市場には八劔社と八幡社と神明社の3社が存在すると記載されている。ただし実際には、丹陽五日市場八劔社の境内には「八幡神社」と「神明神社」の石柱が立っており、そこにはそれぞれ「旧所在地大字本地ヨリ合社 昭和五十二年十月吉日建之」、旧所在地大字北浦ヨリ合社 昭和五十二年十月吉日建之」と記されていた。昭和52年(1977)に3社が合祀されたことが分かる。社名からみて、祭神は日本武尊・天照大神・応神天皇と思われる。

 丹陽五日市場八劔社の蕃塀は、2間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約2.3m、全高約2.2m、屋根長約3.2m、屋根巾約0.5mを測り、両側に控え柱を持つ。

 詳細の構造は次の通り。基壇を持たずコンクリート製参道に礎石を置き、円柱を2本立ててその上に屋根石を載せる。円柱の内側には下から羽目板部、腰貫、連子窓部、内法貫、欄間部の順に材を積み重ねている。羽目板部は幅広の隅丸角柱による束柱を1本立て2区画に分け、両区画の表面には隅を丸く加工した方形枠が施されている。右側の羽目板裏面には「昭和四年十一月 寄附人 (人名1名分) 長束 石工山内松蔵」の文字が刻まれていた。欄間部は中央に「八剱社」と記された扁額を置きその両側には隅を丸く加工した方形透かしが設けられていた。円柱柱頭に腕木板が前後にあり、連子窓部は角柱を9本立てて竪連子に造られている。屋根は寄棟状に切り出された照り屋根で、上部に載せた棟木石はその両端がわずかに外側に突き出ている。控え柱も全て石製である。

 丹陽五日市場八劔社は、正面から狛犬、鳥居、灯籠、蕃塀、狛犬、コンクリート製拝殿から本殿施設群(祭文殿や本殿)に至る構成を持つ。

 丹陽五日市場八劔社の蕃塀は、昭和4年(1929)に稲沢市長束の石工山内松蔵によって製作されたものである。山内松蔵がどのような石工なのかを明らかにすることは今現在できていない。本蕃塀は、欄間部の方形透かしの上位に狭い隙間が空いている特徴を持っており、こうした事例は珍しいといえる。
e0113570_2205394.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-05-21 22:05 | 蕃塀の事例 | Comments(0)