蕃塀(ばんぺい)にこだわったブログです。蕃塀は神社の拝殿の前にある衝立状の塀です。
by banbeimania
カテゴリ
全体
蕃塀とは(はじめに)
蕃塀30選
蕃塀の事例
蕃塀を深める
探索の記録
検索
よろしかったらお願いします。クリック! click!
人気blogランキングへ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

リンク
みちくさ学会
さぬき暮らし
あらいのじかん
愛知県神社庁
ひなたぼっこ
以前の記事
2013年 01月
2012年 06月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
最新のコメント
最近は全く更新していない..
by banbeimania at 08:18
通りすがりのものです。 ..
by サリー(宮総代の下っ端) at 20:29
皇室や糸屋ゆかりの大根焚..
by 環境大学新聞 at 15:08
とても魅力的な記事でした..
by 志望動機の書き方 at 09:43
はじめまして。 応援感..
by banbeimania at 22:08
はじめまして。 いつも..
by ならば at 13:02
いつも情報感謝しています..
by banbeimania at 01:02
最新のトラックバック
なんだろう?
from 龍を探して旅日記
【ネットができる宿|日本..
from ぱふぅ家のサイバー小物
岡崎市 レコード買取
from レコ-ド 買取
911 アメリカ 同時多..
from 【写真】 911 アメリカ ..
寺社建築の歴史図典
from ロドリゲスインテリーン
LOVE in Acti..
from ニコニコ笑う、トマトの笑顔な..
10・27請願受付の全容..
from 【日本を】10ゲ7『日本解体..
タグ
(1364)
(148)
(99)
(87)
(71)
(38)
(29)
(25)
(23)
(22)
(19)
(15)
(15)
(12)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(5)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 06月 ( 27 )   > この月の画像一覧

一宮市西五城神明社の蕃塀

 一宮市西五城字起堺に所在する神明社は、創建年代などの由緒は不明である。『寛文村々覚書』には西五城村には神明があるといい、「前々除」と記されていたことから江戸初期までは遡る神社と思われる。社名からみて、祭神は天照大神と推定される。

 一宮市西五城神明社の蕃塀は、3間巾の木造桧皮葺き連子窓型蕃塀である。大きさは概略で、本体長約3.7m、全高約2.9m、屋根長約5.0m、屋根巾約1.8mで、両側に控え柱を持つ。

 詳細の構造は次の通り。切り石で囲まれたコンクリート製基壇に礎石と石製布基礎を置き、その上に円柱を4本立てて下から順に地貫、腰長押、内法長押を通し、上端は斗栱を介して棟木を渡す。内法長押の上位に簡略化された雲形肘木と雲形腕木を架し、表裏両面の出桁を支え垂木を渡して屋根板を載せている。屋根は切妻造りの反り屋根で、桧皮葺きされているが、その表面には銅板が一文字葺きされていた。大棟は銅板で造られその両端には銅製鬼板が置かれている。蕃塀の中央には竪連子窓が設けられており、その上下には縦羽目板が嵌め込まれていた。本体は白木造りであるが、垂木や肘木や腕木の先端は白色に塗布されていた。控え柱は石製、控え貫は木製で造られている。前面の控え柱表面には「奉納」、背面の左側控え柱表面には「昭和十三年一月吉日建之」、背面の右側控え柱表面には「発起人 (人名1名分)」、背面の両控え柱内側面には合計で人名8名分の文字が刻まれていた。また、控え柱とは別に鉄製支え棒が宛てがわれている。

 一宮市西五城神明社は、正面から灯籠、一の鳥居(石造)、二の鳥居(木造)、蕃塀、灯籠、狛犬、壁の無い吹き抜けの拝殿、灯籠、狛犬、渡殿から本殿施設群(祭文殿や本殿)に至る構成を持つ。

 一宮市西五城神明社の蕃塀は昭和13年(1938)に製作されたものであるが、作者は不明である。本蕃塀は、桧皮葺きのやや大型蕃塀で、懸魚などの細工も細かく、風格に満ちているものといえよう。
e0113570_2150653.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-06-30 21:50 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

一宮市籠屋八幡社の蕃塀

 一宮市籠屋2丁目に所在する八幡社は、創建年代などの由緒は不明である。社名からみて、祭神は応神天皇と推定される。

 籠屋八幡社の蕃塀は、3間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約2.7m、全高約2.4m、屋根長約3.5m、屋根巾約0.6mを測り、両側には控え柱を持たない。

 詳細の構造は次の通り。特別な基壇を持たず、コンクリート敷きの参道に礎石と布基礎を置き、その上に円柱を2本立ててその上に屋根石を載せる。円柱の内側には下から羽目板部、腰貫、連子窓部、内法貫、欄間部の順に材を積み重ねている。羽目板部は角柱による束柱を2本立て3区画に分け、表面は両端の区画に獅子紋、中央の区画に丸に対い鳩紋が施されている。裏面は左側の区画には「昭和四年一月」、中央の区画には人名2名分、右側円柱裏面には「ナゴヤ西区八坂町 石工角田六三郎」の文字が刻まれていた。欄間部は中央に扁額等を置かずに頭部を両端に置く双龍紋が表現されていた。円柱の柱頭に腕木板が前後にあり、連子窓部は角柱を10本立てて竪連子に造られている。屋根は寄棟状に切り出された反り屋根で、棟木石はわずかに外側に突き出ている。

 籠屋八幡社は、正面から鳥居、灯籠、蕃塀、灯籠、壁の無い吹き抜けの拝殿、灯籠群、狛犬から本殿施設群(祭文殿や本殿)に至る構成を持つ。

 籠屋八幡社の蕃塀は、昭和4年(1929)に名古屋市西区の石工角田六三郎によって製作されたものである。これまで紹介してきた石工角田六三郎製作の蕃塀は33例存在するが、その中で一宮市内では桜3丁目神明社の蕃塀(1928)、馬見塚六所社の蕃塀(1931)、立野天神社の蕃塀(1932)、丹陽三ツ井休郷八幡社の蕃塀(1934)に次いで本例が5例目となる。欄間部の双龍紋は頭部を両端に置く扁額を持たないタイプで、角田六三郎の作品には多いものである。
e0113570_853724.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-06-29 08:53 | 蕃塀の事例 | Comments(2)

一宮市開明神明郭神明社の蕃塀

 一宮市開明字神明郭に所在する神明社は、創建年代などの由緒は不明である。社名からみて、祭神は天照大神と推定される。

 開明神明郭神明社の蕃塀は現存しない。しかし、コンクリート敷参道の形状が、かつて蕃塀が存在したと思われる状態であったため、参考事例として紹介する。

 詳細の状況は次の通りである。開明神明郭神明社は正面から一の鳥居、灯籠、直角に折れて二の鳥居、灯籠2対、壁の無い吹き抜けの拝殿、灯籠、狛犬2対から基壇上の本殿施設群に至る構成を持つ。参道は一の鳥居から拝殿に至るまでコンクリート敷で直線的に構築されているが、拝殿前にある2対の灯籠の間の部分で中央に円形の空間を置き、その周囲を囲うようにコンクリート敷参道も円形に迂回した状態となっていた。多くの蕃塀を持つ神社では蕃塀を迂回する形で参道が設置されることがあり、本例も元々は蕃塀が円形の空間に存在したが為に迂回した参道ができたと推測されよう。ただし、基壇や礎石などの明瞭な痕跡は持たず、本当にその位置に蕃塀が存在したか否かは確定ができない。

 開明神明郭神明社の蕃塀はその存在が推測される状況が残存するのみであり、構造などの詳細は全く不明である。
e0113570_23413335.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-06-28 23:41 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

一宮市開明愛宕社の蕃塀

 一宮市開明字愛宕北に所在する愛宕社は、創建年代などの由緒は不明である。社名からみて、祭神は迦具土神と推定される。

 開明愛宕社の蕃塀は、3間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約2.9m、全高約2.2m、屋根長約3.5m、屋根巾約0.6mを測り、両側に控え柱を持つ。

 詳細の構造は次の通り。基壇を持たず、むしろ参道よりも一段下がった位置に礎石と石製布基礎を置き、その上に円柱を2本立てて屋根石を載せる。円柱の内側には下から羽目板部、腰貫、連子窓部、内法貫、欄間部の順に材を積み重ねている。羽目板部は角柱による束柱を2本立て3区画に分け、各区画の表面には隅を丸く加工した方形枠が施されている。中央の区画裏面には「昭和十六年六月 寄附人(人名2名分)」の文字が刻まれていた。欄間部は中央に扁額等を置かずに双龍紋が表現されていた。双龍紋は、2匹の龍の頭部を右端と中央の2ヶ所に配置したものである。円柱の柱頭に腕木板が前後にあり、連子窓部は角柱を12本立てて竪連子に造られている。屋根は寄棟状に切り出された直線屋根で、棟木石は外側に突き出ている。控え柱は全て石製で、頭部は宝珠形に造られていた。

 開明愛宕社は、正面から灯籠、鳥居、灯籠、蕃塀、灯籠、木造妻入拝殿、灯籠群、狛犬から本殿施設群(祭文殿や本殿)に至る構成を持つ。

 開明愛宕社の蕃塀は、昭和16年(1941)に製作されたが作者は不明である。欄間部に双龍紋を置く事例は数多くある。そのうち、1匹の頭部が左端に置きもう1匹の頭部はほぼ中央に配置されるものは数例散見されたが、本例のように、1匹の頭部が右端に置きもう1匹の頭部はほぼ中央に配置されるものは初例である。龍胴体の表現方法も少し変わっているように感じられる。
e0113570_22193383.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-06-27 22:20 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

一宮市三条三條神社の蕃塀

 一宮市三条字苅に所在する三條神社は、慶長6年(1601)に苅安賀新田村が豊受大神を勧請して創建された。昭和42(1967)年に神明社と須賀社が合祀されたという。祭神は豊受大神と伊弉冉神である。

 三條神社の蕃塀は、3間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約3.5m、全高約3.4m、屋根長約4.5m、屋根巾約0.7mを測り、両側には控え柱を持たない。

 詳細の構造は次の通り。基壇を持たず砂利敷きの地面に礎石を置き、その上に円柱を2本立ててその上に屋根石を載せる。なお、円柱の基礎は砂利に埋もれてしまっていて本来の構造は不明な状態である。円柱の内側には下から羽目板部、腰貫、連子窓部、内法貫、欄間部の順に材を積み重ねている。羽目板部は角柱による束柱を2本立て3区画に分け、表面は両端の区画に丸に沢瀉紋、中央の区画に丸に菊紋が施されている。裏面は左側の区画には「昭和四十八年十月」、中央の区画には「奉寄進 (人名2名分)」、右側円柱裏面には「岡崎市 石匠新美栄太郎」の文字が刻まれていた。欄間部は中央に扁額等を置かずに左向きの単龍紋が表現されていた。円柱の柱頭に腕木板が前後にあり、連子窓部は角柱を10本立てて竪連子に造られている。屋根は寄棟状に切り出された反り屋根で、棟木石は外側に突き出ていない。

 三條神社は、正面から一の鳥居、灯籠、二の鳥居、蕃塀、灯籠、狛犬、コンクリート製平入拝殿から本殿施設群(祭文殿や本殿)に至る構成を持つ。

 三條神社の蕃塀は、昭和48年(1973)に岡崎市の石工新美栄太郎によって製作されたものである。新美栄太郎作の蕃塀には、昭和39年(1964)製作の愛西市千引奥津社の蕃塀と昭和40年(1965)製作の稲沢市稲島八龍社の蕃塀および昭和46年(1971)製作の一宮市千秋佐野八幡社の蕃塀がある。このようにみると、石工新美栄太郎は昭和40年代くらいに蕃塀を製作していたことが分かる。
e0113570_22414815.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-06-25 22:41 | 蕃塀の事例 | Comments(2)

一宮市三条神明社の蕃塀

 一宮市三条字屋敷に所在する神明社は、創建年代などの由緒は不詳である。『寛文村々覚書』には宮新田村に神明があると記されており、これが本社に該当すると思われる。社名からみて、祭神は天照大神と推測される。

 三条神明社の蕃塀は、3間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約2.9m、全高約2.3m、屋根長約3.8m、屋根巾約0.6mを測り、両側に控え柱を持つ。

 詳細の構造は次の通り。切り石で周囲が囲まれた低いコンクリート製基壇に礎石と布基礎を置き、円柱を2本立ててその上に屋根石を載せる。円柱の内側には下から羽目板部、腰貫、連子窓部、内法貫、欄間部の順に材を積み重ねている。羽目板部は角柱による束柱を2本立て3区画に分け、表面は右側の区画に獅子紋、中央の区画に鳥紋、左側の区画に虎紋が施されている。裏面は中央の区画には「昭和九年八月 (人名3名分)」、右側の区画には「岡崎市 石工吉浜光三」の文字が刻まれていた。欄間部は中央に扁額等を置かずに双龍紋が表現されていた。双龍紋は一方の頭部を左端にもう一方の頭部を中央に配置するものであった。円柱の柱頭に腕木板が前後と外側にあり、連子窓部は角柱を12本立てて竪連子に造られている。屋根は寄棟状に切り出された反り屋根で、棟木石は外側に突き出ている。控え柱は全て石製で、頭部は宝珠形に造られていた。

 三条神明社は、正面から鳥居、灯籠、蕃塀、灯籠、狛犬、ガラス窓の妻入拝殿、灯籠群、狛犬、渡殿から基壇上の本殿施設群(祭文殿や本殿)に至る構成を持つ。

 三条神明社の蕃塀は、昭和9年(1934)に岡崎市の石工吉浜光三によって製作されたものである。石工吉浜光三についてはその詳細は不明である。本蕃塀は、羽目板部に刻まれた文字の書風や獅子紋などの雰囲気がこれまでに見られないタイプであった。
e0113570_2233422.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-06-24 22:35 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

一宮市三条御裳神社の蕃塀

 これからは平成の大合併で一宮市となった旧尾西市に所在する蕃塀の紹介を行うこととする。はじめに御裳神社の蕃塀を紹介したい。

 一宮市三条字宮西に所在する御裳神社は、寛徳2年(1045)に創建された古社で、『尾張国神名帳』に従三位上御母天神と記された神社である。当地は御母板倉御厨の地であり、古来より盛んであった織物業・染色業の守護神として崇敬を集め、社名を御裳神社と定められた。祭神は天照大神・日本武尊・迦具土神である。

 御裳神社の蕃塀は、1間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約2.5m、全高約2.1m、屋根長約2.8m、屋根巾約0.4mを測り、両側には控え柱を持たない。

 詳細の構造は次の通り。基壇を持たず砂利敷きの地面に直接角柱を2本立ててその上に屋根石を載せる。なお、角柱の基礎は砂利に埋もれてしまっていて本来の構造は不明な状態である。角柱の内側には下から地貫、羽目板部、腰貫、連子窓部、欄間部(内法貫)の順に材を積み重ねている。羽目板部は束柱を持たず、石材による縦羽目板が6枚嵌め込まれていて、その表裏両面とも何も装飾や加工は施されていない。右側角柱の外面には「大正元年十二月」、左側角柱の外面には「寄附人 (人名1名分)」の文字が刻まれていた。欄間部は内法貫と一体化した一枚板が用いられており透かし状にはなっていない。ただしこの一枚板は他の部材に比べ風化の度合いが低く、後に改修された可能性が考えられる。角柱柱頭に腕木板はなく、連子窓部は金属製棒が多数嵌め込まれ竪連子に造られていた。この金属製棒も状態から見て後に改修された可能性がある。屋根は切妻状に切り出された直線屋根で、上部に載せた棟木石の両端は外側に大きく突き出ている。控え柱は存在しないが、倒壊防止のために主柱である角柱に石製角材が斜めに宛てがわれ補強されている。

 御裳神社は、正面から一の鳥居、灯籠、二の鳥居、灯籠群、蕃塀、狛犬から基壇上の平入拝殿や祭文殿や本殿などに至る構成を持つ。

 御裳神社の蕃塀は、大正元年(1912)12月に製作されたものだが、作者は不明である。明治三十七八年戦役(1904〜1905)記念で製作された一宮市千秋小山神明社の蕃塀を除くと、本蕃塀がこれまで紹介してきた蕃塀の中で最古の石造連子窓型蕃塀となる。本蕃塀は、1)角柱を主柱とし、2)金属棒で竪連子を造り、3)石製縦羽目板を嵌め込み、4)屋根が切妻の直線屋根であることなどが特徴である。こうした特徴が、古い石造連子窓型蕃塀に多く見られるものと思われる。御裳神社の蕃塀は、初期の石造蕃塀を検討する上で基準となる事例のように感じられる。
e0113570_2285143.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-06-23 22:11 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

神社探訪余話(9)値上げはつらいヨ

 これまで旧一宮市内の神社にある蕃塀の事例を紹介してし続けてきたが、さすがに一宮は事例数が多くあって、たくさんの時間を費やしてきた。今後は新一宮市に合併した旧尾西市と旧木曽川町の事例を紹介する予定であり、まだまだ先は長そうであるが、ここで一旦小休止を取りたい。

 さて、当面において本ブログの基本的な活動?は、やはり愛知県下の神社の参拝である。これまでに、愛知県神社庁の資料に掲載された神社のうち約半数の神社を参拝してきたが、その参拝に欠かせない道具がカメラと地図と自家用車である。

 カメラはデジカメを使用しているから、昔のようなフィルム代や現像代などが嵩むことはなく、安上がりで済む。しかし、移動にかかる費用は今のご時世では結構馬鹿にならない。徒歩や自転車は健康的で良いのだが、居住地から遠い地区の参拝には現実的ではなく、所要時間もかかる。そこで自家用車が用いられるのであるが、ここのところのガソリン価格の高騰で、参拝にかかる経費が急増している。

 狭い愛知県とはいえ県の端から端まで約100kmもあるのだから、例えば一宮市などは私の居住地から見れば結構遠いのである。加えて、多くの神社を順に巡るのだから、その間の移動は細切れ状態で燃費もどうしても悪くなる。仕事で大きく影響を受けている方々と比べれば、私の場合は大したことは無いのかもしれないが、それでも痛い。

 原油の高騰によりその使用量が減れば、かえって環境には良いのかもしれないが、でも困るものは困るのである。
[PR]
by banbeimania | 2008-06-22 16:33 | 探索の記録 | Comments(0)

一宮市の蕃塀(1)旧一宮市内編

 ここ長らく一宮市内の神社にある蕃塀の事例を紹介してきた。現在の一宮市は平成の大合併により旧尾西市と葉栗郡木曽川町が合併したものであり、ここでは一つの区切りとして旧一宮市に所在する神社の調査を終えたので、これをまとめておきたい。

 愛知県神社庁の資料によれば、旧一宮市には173社の神社が記載されている。その中で丹陽町五日市場の八劔社と八幡社と神明社の3社、丹陽町平島の神明社と六所社の2社、大字浅野の神明社と八雲社の2社は現在合祀されていると思われ、これを減じた169柱の神社を私はこの5月中までに踏破した。このうち蕃塀を持つ神社は既に紹介した92例である。具体的には、瀬部八劔社、時之島日吉社、春明春日社、春明神明社、定水寺神明社、西大海道宅美神社、西大海道八幡社、小赤見白山社、北小渕八幡社、北小渕大明神社、南小渕天神社、大赤見日吉社、赤見国玉神社、今伊勢石刀神社、今伊勢酒見神社、丹羽爾波神社、田所八劔神社、浅井小塞神社、浅井小日比野神明社、浅井大日比野神社、浅井西浅井神明社、浅井江森津島社、浅井西海戸愛宕社、島村宇夫須那神社、島村若栗神社八幡宮、富塚神明神社、佐千原坂手神社、高田波蘇伎神社、笹野天神社、大毛神社、更屋敷八劔神社、光明寺愛宕社、光明寺字神宮神明神社、光明寺十二所神社、浅井黒岩石刀神社、浅井河田神明社、浅井大野神社、奥町貴船神明社、奥町若宮神明社、萩原富田方八幡社、萩原林野八幡社、萩原東宮重神明社、萩原中島中嶋宮、萩原西御堂津島神社、萩原高木神社、萩原戸苅八劔社、萩原串作室原神社、千秋加茂加茂白山社、千秋勝栗削栗神社、千秋穂積塚本八幡社、千秋佐野八幡社、千秋佐野厳島社、千秋一色神明社、千秋浮野八幡社、千秋加納馬場松下津島社、千秋加納馬場日吉社、千秋芝原生田神社、千秋小山神明社、千秋小山日吉社、千秋塩尻塩道神社、千秋浅野羽根羽々矢社、千秋天摩阿具麻神社、丹陽九日市場神明社、丹陽九日市場日吉社、丹陽外崎八幡社、丹陽三ツ井字休郷八幡社、丹陽三ツ井字八幡西八幡社、丹陽三ツ井六所社、丹陽森本六所社、丹陽森本十二所社、阿豆良神社、丹陽五日市場八劔社・八幡社・神明社相殿、丹陽重吉八幡社、丹陽猿海道小豊神社、浅野日吉社、浅野立野天神社、浅野白山社、浅野八劔社、馬見塚六所社、一色神明社、花池大神神社、大和妙興寺白山社、大和妙興寺北浦社、大和妙興寺三十八所社、大和妙興寺日吉社、大和於保大神社、大和南高井縣社、大和戸塚春日社、大和馬引神明社、大和毛受八幡社、大和苅安賀八幡社、北方大日霎社の92社である。また、愛知県神社庁の資料に掲載されていない西大海道字本郷神明社、両郷町5丁目愛宕社、北神明町神明社、白旗通1丁目八幡社、桜3丁目神明社、桜3丁目浜神明社、野口1丁目神明社、松降2丁目古守神社の8社にも蕃塀は認められた。

 この他の時之島八劔社、時之島時島神社、時之島愛宕社、時之島八幡社、春明白山社、柚木颪神明社、大赤見神明社、大赤見白山社、大赤見冨士社、大赤見八幡社、赤見諏訪社、赤見神明社、真清田神社、今伊勢神明社、今伊勢野宮神明社、今伊勢野見神社、丹羽金刀比羅社、丹羽三輪社、浅井前野白山社、浅井河端河俣上神社、浅井東浅井浅井神社、浅井江森神明社、大毛天神社、光明寺字石原堤塘神明社、光明寺津島神社、杉山天神社、杉山愛宕社、浅井極楽寺八幡神社、奥町秋葉神社、萩原花井方熊野社、萩原町萩原秋葉神社、萩原町萩原三明神社、萩原町萩原天神社、萩原町萩原県神社、萩原町萩原稲荷神社、萩原町萩原八劔神社、萩原朝宮六昇社、萩原西宮重八幡社、萩原西宮重天神社、萩原河田方神明社、萩原滝瀧神社、萩原高松白山社、萩原築込天神社、萩原串作神明社・荒神社相殿、千秋加茂神明加茂社、千秋佐野高須社、千秋加納馬場字郷内津島社、千秋加納馬場神明社、千秋加納馬場熱田社、千秋町屋八幡社、丹陽重吉金刀比羅社、丹陽伝法寺六社神社、丹陽九日市場白山社、丹陽三ツ井神明社、丹陽三ツ井津島社、丹陽平島神明社・六所社相殿、丹陽伝法寺白山社、丹陽伝法寺八幡社、丹陽多加木六所社、大和宮地花池熱田社、浅野山林神明社、浅野神明社・八雲社相殿、花池白山社、大和妙興寺東市場社、大和氏永若宮八幡社、大和氏永貴船社、大和氏永八幡社、大和北高井熊野社、大和苅安賀熊野社、大和福森白山社、北方和泉屋社、北方西本郷神明社、北方青衾社、北方青塚社、北方畑下社、北方曽根神明社、北方中島神明社の77柱には蕃塀は認められなかった。また、愛知県神社庁の資料に掲載されていない大毛字五百入塚芭蕉天満宮、更屋敷字宮浦秋葉神社、向山町1丁目向宮神明社、泉3丁目八ツ白社、泉2丁目花岡神社、文京2丁目九品社、文京2丁目御嶽社、真清田2丁目大国霊社、真清田2丁目神明社、松降2丁目山子社、大宮3丁目斎神社、天王3丁目大神社、八幡3丁目神明社、新生2丁目大山祇社、新生2丁目熊野社、新生2丁目稲荷社、明治通5丁目日ノ出社、宮地1丁目素盞嗚社、大和北高井字長牧名称不明社、桜1丁目大江神社、本町1丁目金刀比羅社、栄2丁目多賀神社、八幡2丁目八幡社の23社にも蕃塀は認められなかった。

 以上の結果、旧一宮市では愛知県神社庁のリスト中の約54.4%の神社で蕃塀が存在することが判明した。この数値を他の市町村と比較すると、丹羽郡扶桑町(約88.9%)、丹羽郡大口町(60.0%)、西春日井郡豊山町(約57.1%)に次ぐ数値の高さであり、北名古屋市(約46.3%)よりも多い。従って、一宮市は蕃塀が濃密に存在する地域と評価できるだろう。
[PR]
by banbeimania | 2008-06-19 21:28 | 探索の記録 | Comments(0)

一宮市松降古守神社の蕃塀

 一宮市松降2丁目に所在する古守神社は、創建年代や祭神などの由緒は不詳である。社名からみて、籠守勝手神社との関連が注目される。

 松降古守神社の蕃塀は、3間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約2.9m、全高約2.2m、屋根長約3.7m、屋根巾約0.8mを測り、両側には控え柱を持たない。

 詳細の構造は次の通り。コンクリート製基壇に直接円柱を2本立ててその上に屋根石を載せる。円柱の内側には下から地貫、羽目板部、腰貫、連子窓部、内法貫、欄間部の順に材を積み重ねている。羽目板部は隅を丸くした角柱による束柱を2本立て3区画に分け、各区画の表面には隅を丸く加工した方形枠が施されている。左側の羽目板裏面には「大正十四年一月」、中央の羽目板裏面には「寄附者 (勲位等+人名1名分)」、右側の羽目板裏面には「岡崎 石匠今井新太郎」の文字が刻まれていた。欄間部は中央に円柱による束柱を立て、その両側には隅丸方形の透かしが設けられていた。円柱柱頭に腕木板が前後と外側にあり、連子窓部は角柱を11本立てて竪連子に造られている。屋根は寄棟状に切り出された照り屋根で、上部に載せた棟木石はその両端が外側に突き出ていない。

 松降古守神社は、正面から鳥居、灯籠、蕃塀、灯籠から基壇上の狛犬と本殿に至る構成を持つ。

 松降古守神社の蕃塀は、大正14年(1925)に岡崎市の石工今井新太郎によって製作されたものである。石工今井新太郎によって製作された蕃塀には、これまでに春日井市如意申六所社の蕃塀(1925)と一宮市春明春日社(1918)の蕃塀と一宮市南小渕天神社の蕃塀(1917)の3例が確認されている。このうち、本蕃塀は、連子窓部や欄間部の構成が一宮市春明春日社例と一宮市南小渕天神社によく類似している。おそらく、これらのタイプが大正時代の今井新太郎らに認められる蕃塀の様式といえるだろう。
e0113570_21522979.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-06-18 21:52 | 蕃塀の事例 | Comments(0)