蕃塀(ばんぺい)にこだわったブログです。蕃塀は神社の拝殿の前にある衝立状の塀です。
by banbeimania
カテゴリ
全体
蕃塀とは(はじめに)
蕃塀30選
蕃塀の事例
蕃塀を深める
探索の記録
検索
よろしかったらお願いします。クリック! click!
人気blogランキングへ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

リンク
みちくさ学会
さぬき暮らし
あらいのじかん
愛知県神社庁
ひなたぼっこ
以前の記事
2013年 01月
2012年 06月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
最新のコメント
最近は全く更新していない..
by banbeimania at 08:18
通りすがりのものです。 ..
by サリー(宮総代の下っ端) at 20:29
皇室や糸屋ゆかりの大根焚..
by 環境大学新聞 at 15:08
とても魅力的な記事でした..
by 志望動機の書き方 at 09:43
はじめまして。 応援感..
by banbeimania at 22:08
はじめまして。 いつも..
by ならば at 13:02
いつも情報感謝しています..
by banbeimania at 01:02
最新のトラックバック
なんだろう?
from 龍を探して旅日記
【ネットができる宿|日本..
from ぱふぅ家のサイバー小物
岡崎市 レコード買取
from レコ-ド 買取
911 アメリカ 同時多..
from 【写真】 911 アメリカ ..
寺社建築の歴史図典
from ロドリゲスインテリーン
LOVE in Acti..
from ニコニコ笑う、トマトの笑顔な..
10・27請願受付の全容..
from 【日本を】10ゲ7『日本解体..
タグ
(1364)
(148)
(99)
(87)
(71)
(38)
(29)
(25)
(23)
(22)
(19)
(15)
(15)
(12)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(5)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 07月 ( 26 )   > この月の画像一覧

名古屋市名東区上社日吉神社の蕃塀

 名古屋市名東区上社2丁目に所在する日吉神社は、創建年代などの由緒は不詳である。境内にある由緒書きには、元禄7年(1694)『上社村覚』に記述があり、明治44年(1911)に貴船神社の分霊を合祀したという。主祭神は大山咋神と大巳貴神である。

 上社日吉神社の蕃塀は、2間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約2.7m、全高約2.4m、屋根長約3.4m、屋根巾約0.6mを測り、両側には控え柱を持たない。

 詳細の構造は次の通り。自然石で囲まれた基壇に礎石と布基礎を置き、円柱を2本立ててその上に屋根石を載せる。円柱の内側には下から羽目板部、腰貫、連子窓部、内法貫、欄間部の順に材を積み重ねている。羽目板部は幅広の角柱による束柱を1本立て2区画に分け、表面には獅子紋が施されている。右側羽目板部の裏面には「昭和三十八年四月」、左側羽目板部の裏面には「いろは順 (人名21名分)」の文字が刻まれていた。欄間部は「日吉神社」と記された扁額を中央に置き、その両側には頭部を両端に置いた双龍紋が施されている。円柱の柱頭に腕木板が前後と外側にあり、連子窓部は角柱を13本立てて竪連子に造られている。屋根は寄棟状に切り出された反り屋根で、棟木石は外側に突き出ている。

 上社日吉神社は、正面から灯籠、一の鳥居(石造)、灯籠群、二の鳥居(木造)、灯籠、蕃塀、灯籠、狛犬、木造平入拝殿から本殿施設群に至る構成を持つ。

 上社日吉神社の蕃塀は、昭和38年(1963)に製作されたが、作者は不明である。羽目板部の獅子紋は右側に花紋、右側に玉紋が添えられており、こうしたタイプは類例が少ないだろう。
e0113570_0444566.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-07-30 00:45 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

名古屋市名東区本郷神明社の蕃塀

 名古屋市名東区本郷1丁目に所在する神明社は、創建年代などの由緒は不詳である。境内にある由緒書きには、貞和3年(1347)「天照坐大御神社一宇再建」などの棟札があると記されている。白山社を相殿とする時期もあったが、現在は神明社と称しているという。主祭神は天照大御神と豊受大御神である。

 本郷神明社の蕃塀は、3間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約2.5m、全高約1.7m、屋根長約2.9m、屋根巾約0.5mを測り、両側には控え柱を持たない。

 詳細の構造は次の通り。切り石で囲まれた基壇状の玉石敷に礎石を置き、円柱を2本立ててその上に屋根石を載せる。円柱の内側には下から地貫、羽目板部、腰貫、連子窓部、内法貫、欄間部の順に材を積み重ねている。羽目板部は角柱による束柱を2本立て3区画に分け、表裏両面とも全ての区画に角を丸く加工した方形枠が施されている。円柱の表面には「奉納」、左側円柱の裏面には「昭和四十五年五月吉日」、右側円柱の裏面には「寄進人 (人名2名分) 施工 岡崎市 藤田石材(株)」の文字が刻まれていた。欄間部は「藤森神明社」と記された黒色石材による扁額を中央に置き、その両側には角を丸く加工した方形透かしが施されている。円柱の柱頭に腕木板が前後にあり、連子窓部は角柱を12本立てて竪連子に造られている。屋根は寄棟状に切り出された反り屋根で、棟木石は外側に突き出ている。

 本郷神明社は、正面から灯籠、一の鳥居、灯籠群、二の鳥居、灯籠、蕃塀、狛犬、コンクリート製平入拝殿から本殿施設群(本殿や渡殿など)に至る構成を持つ。

 本郷神明社の蕃塀は、昭和45年(1970)に岡崎市の石工藤田石材(株)によって製作されたものである。藤田石材(株)は昭和8年(1933)に創業し、昭和44年(1969)に株式会社となった。本蕃塀は藤田石材(株)が株式会社となった直後の作品である。本蕃塀は長さ(横幅)が高さに比べ長大である点が特徴といえる。
e0113570_0254854.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-07-29 00:26 | 蕃塀の事例 | Comments(1)

日進市の蕃塀

 今日は、尾張東端部に位置する日進市における蕃塀の有無を確認したい。

 愛知県神社庁の資料によれば、日進市には11社の神社が記載されており、私は今年5月までにこれらを踏破することができたが、蕃塀を持つ神社は全く存在しないことを確認した。

 具体的に参拝した神社は、三本木神明社、北新八幡社、岩藤神明社、米野木神明社、本郷白山宮、野方神明社、浅田八劔社、赤池天地社、岩崎神明社、岩崎御嶽社、梅森八幡社の11社である。また、愛知県神社庁の資料に掲載されていない本郷香良洲神社にも蕃塀は認められなかった。

 旧三河国の国境付近については、まだ調査が十分に進んでいないが、名古屋市天白区で島田神社の事例が存在する程度であり、豊明市と愛知郡東郷町に蕃塀が無いことが既に分かっていた。今回の日進市でも蕃塀が無いことが確認されたことからみて、旧三河国の国境付近の尾張東部も、西三河と同様に、蕃塀が分布しない地域といえる可能性が高くなった。
[PR]
by banbeimania | 2008-07-28 00:10 | 探索の記録 | Comments(0)

名古屋市千種区の蕃塀

 愛知県神社庁の資料によれば、名古屋市千種区には10社の神社が記載されており、私はこの10柱の神社を今年5月までに踏破した。このうち蕃塀を持つ神社はかなり以前に紹介した田代山神社赤坂上野天満宮、および昨日紹介した今池高牟神社の3社である。

 この他の城山八幡宮、向陽蝮ヶ池八幡宮、上野八坂社、北千種愛宕社、松軒素盞男社、丸山神明社、千種八幡社の7柱には蕃塀は認められなかった。

 以上の結果、名古屋市千種区では愛知県神社庁のリスト中の30%の神社で蕃塀が存在することが判明した。この数値を他の名古屋市内の区と比較すると、名古屋市昭和区(10社中3社:30%)に並び、名古屋市西区(31社中5社:約16%)、名古屋市中区(24社中3社:約13%)、名古屋市天白区(9社中1社:約11%)よりも多くなっている。名古屋市全16区中の5区しか把握していない状況ではあるが、名古屋市は蕃塀が少量ながらも存在する地域と評価できるだろう。
[PR]
by banbeimania | 2008-07-27 00:44 | 探索の記録 | Comments(0)

名古屋市千種区高牟神社の蕃塀

 長らく一宮市の蕃塀の事例紹介が続いてきた。ようやくそれも一区切りついたので、次は名古屋市千種区の事例を紹介していきたい。

 名古屋市千種区今池1丁目に所在する高牟神社は、成務天皇の御代に創始されたと伝えられる。『延喜式神名帳』に記される愛智郡高牟神社が当社であるという説があり、尾張物部氏の武器庫が神社として祀られるようになったともいわれる。元は愛智郡玄海村白山に鎮座したが、慶長年間の名古屋城築城の時、今の地に移したという。江戸時代は「八幡宮」と称していた。祭神は高皇産霊神・神皇産霊神・応神天皇である

 今池高牟神社の蕃塀は、3間巾の木造銅板葺き連子窓型蕃塀である。大きさは概略で、本体長約4.5m、全高約3.1m、屋根長約6.0m、屋根巾約1.9mで、両側に控え柱を持つ。

 詳細の構造は次の通り。切り石で囲まれた低いコンクリート製基壇に礎石と布基礎を置き、その上に円柱を4本立てて下から順に地貫、腰長押、内法長押を通し、上端は棟木を渡す。内法長押の上位に簡略化された雲形肘木と方形腕木を架し、表裏両面の出桁を支え垂木を渡して屋根板を載せている。屋根は切妻造りの反り屋根で、銅板が一文字葺きされていた。大棟は銅板で造られその両端には銅製鬼板が置かれている。蕃塀の中央には竪連子窓が設けられており、その上には横羽目板が、下には縦羽目板が嵌め込まれていた。全体に白木造りであり、控え柱は全て木製で造られている。蕃塀の連子窓部から屋根裏まで金網が張り巡らされていた。

 今池高牟神社は、正面から石柱、鳥居、蕃塀、灯籠、狛犬、木造拝殿から連続して本殿施設群(祭文殿や本殿)に至る構成を持つ。

 今池高牟神社の蕃塀は、製作年代や作者は不明である。本蕃塀は、鳥居に極めて近接して存在する点が特徴的である。式内社にある蕃塀は比較的多く木造連子窓型蕃塀となっているが、本例もその一例であり、規模もやや大きめである。蕃塀背面の金網には「神社境内の野球ボール遊び等を禁ず 無断駐車を禁ず 高牟神社」と記された木板が掲示されていて、この金網は破損防止のために設置されたものであることが分かる。
e0113570_1909100.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-07-26 19:02 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

一宮市の蕃塀(3)旧木曽川町編

 現在の一宮市は平成の大合併により旧一宮市と旧尾西市と旧葉栗郡木曽川町が合併したものである。ここでは最後に残された旧木曽川町に所在する神社の調査を終えたので、これをまとめておきたい。

 愛知県神社庁の資料によれば、旧木曽川町には14社の神社が記載されており、私はこの14柱の神社を今年3月までに踏破した。このうち蕃塀を持つ神社は既に紹介した黒田籠守勝手神社、黒田白山神社、門間伊富利部神社、玉ノ井賀茂神社、里小牧宇夫須奈神社、内割田天神社の6社である。

 この他の黒田熊野社、黒田神明社、門間鉾塚社、門間西宮社、三ツ法寺三法神社、玉ノ井秋葉社、里小牧神明社、外割田八剣神社の8柱には蕃塀は認められなかった。また、愛知県神社庁の資料に掲載されていない内割田護国神社にも蕃塀は認められなかった。

 以上の結果、旧木曽川町では愛知県神社庁のリスト中の約42.9%の神社で蕃塀が存在することが判明した。加えて、合併後の一宮市で計算すると、221社中で118社に蕃塀が存在することとなり、蕃塀を持つ神社の割合は約53.3%となる。

 この結果、一宮市(約53%)は、丹羽郡扶桑町(約89%)・丹羽郡大口町(約60%)・西春日井郡豊山町(約57%)よりも少なく、北名古屋市(約46%)・稲沢市(約45%)・犬山市(約44%)よりも多いといえる。合併後の一宮市においても、蕃塀が濃密に存在する地域と評価できるだろう。
[PR]
by banbeimania | 2008-07-25 20:36 | 探索の記録 | Comments(0)

一宮市内割田天神社の蕃塀

 しばらく、記事の更新が途絶えていたが、今日からまた始めていきたい。

 一宮市木曽川町内割田字宮腰に所在する天神社は、創建年代などの由緒は不詳である。社名からみて、祭神は菅原道真と推察される。

 内割田天神社の蕃塀は、3間巾の木造銅板葺き連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約2.5m、全高約2.3m、屋根長約3.4m、屋根巾約1.5mを測り、両側に控え柱を持たない。

 詳細の構造は次の通り。コンクリート敷きの参道に連続して低いコンクリート製基壇があいまいに造られ、その上に蕃塀は築造される。基礎構造から羽目板部まではコンクリートで造られていて、いわゆる腰長押から上位が木造となっている。コンクリート製羽目板部から上に円柱が4本立ち、腰長押と内法長押を通し上端は棟木を渡す。簡略化された雲形腕木のみを架し、表裏両面の出桁を支えまばらに垂木を渡して屋根板を載せている。屋根は切妻造りの反り屋根で、銅板が一文字葺きされていた。大棟は銅板で造られその両端には銅製鬼板が置かれている。蕃塀の中央には竪連子窓が設けられており、その上の欄間部は一枚板の雲形板材が嵌め込まれ上半分が透かしとなっていた。基本は白木造りであるが、垂木と腕木の先端および屋根裏面は白色に塗布されていた。コンクリート製羽目板部は、両端に台形状の板風に、中央の主柱部分は円柱風に造られ、3間巾に加工されている。中央の区画には、表面に梅紋が描かれ、裏面に「寄附人 昭和40年4月 造営建築委員 (人名20名分) 建築業 梶浦新太郎 土建業 高木一作」と刻まれた石板が嵌め込まれていた。

 内割田天神社は、正面から灯籠、鳥居、灯籠、蕃塀、灯籠、神牛、狛犬、壁の無い吹き抜けの妻入拝殿、灯籠、狛犬から基壇上の本殿施設群(祭文殿や本殿)に至る構成を持つ。

 内割田天神社の蕃塀は、下半がコンクリート造りという特殊な形状をしている。しかし木造部分の残存状況とコンクリート部分の状態がアンバランスであることから、本来は木造連子窓型蕃塀であったと推察される。昭和40年(1965)に梶浦新太郎と高木一作によって製作されたものと記述されているが、これは昭和40年に下半をコンクリート造りに改修したことを意味するのであろうか。
e0113570_2153121.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-07-24 21:53 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

一宮市宇夫須奈神社の蕃塀

 一宮市木曽川町里小牧字砂越に所在する宇夫須奈神社は、創建年代などの由緒は不詳である。『延喜式神名帳』に記される葉栗郡宇夫須奈神社に相当する式内社であり、祭神は五百木姫命、伊弉諾尊、伊弉冉尊、市杵島姫命である。

 宇夫須奈神社の蕃塀は、3間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約2.4m、全高約2.3m、屋根長約3.3m、屋根巾約0.5mを測り、両側に控え柱を持つ。

 詳細の構造は次の通り。切り石で囲まれた低いコンクリート製基壇に礎石と布基礎を置き、円柱を2本立ててその上に屋根石を載せる。円柱の内側には下から地貫、羽目板部、腰貫、連子窓部、内法貫、欄間部の順に材を積み重ねている。羽目板部は細い角柱による束柱を2本立て3区画に分け、表面は両端の区画に獅子紋が、中央の区画に牡丹紋が施されている。裏面は風化が進み文字が判読しにくいが、中央の区画には「同友会」の文字が刻まれているようだ。欄間部は「宇夫須奈神社」と記された扁額を持ち頭部を両端に置く双龍紋が施されていた。円柱の柱頭に腕木板が前後にあり、連子窓部は角柱を11本立てて竪連子に造られている。屋根は寄棟状に切り出された反り屋根で、棟木石は外側に突き出ている。控え柱は全て石製で頭部は宝珠形となっている。

 宇夫須奈神社は、正面から灯籠、一の鳥居、二の鳥居、灯籠群、蕃塀、灯籠群、狛犬、壁の無い吹き抜けの平入拝殿、狛犬二対、灯籠から基壇上の本殿施設群(祭文殿や本殿)に至る構成を持つ。

 宇夫須奈神社の蕃塀は、製作年代や作者が不明である。本蕃塀の羽目板部の紋様は、牡丹紋の形状や獅子紋の表情が名古屋市の石工角田六三郎の蕃塀と似ているが、角田六三郎の作品とは断言しづらい雰囲気の相違も認められる。現在のところ、角田六三郎の作品を模倣して製作されたのではないかと想像している。
e0113570_52090.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-07-19 05:02 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

一宮市玉ノ井賀茂神社の蕃塀

 一宮市木曽川町玉ノ井字穴太部に所在する賀茂神社は、創建年代は不詳だが、欽明天皇の御宇(539年〜571年)に玉の井の霊泉の辺に穴太部神社の祭神として奉祀せりと伝えられる。『延喜式神名帳』に記される葉栗郡穴太部神社に相当する式内社であり、寛治4年(1090)賀茂別雷命を合祀し賀茂神社と改称された。祭神は玉依姫命であり、賀茂別雷命が配祀される。

 玉ノ井賀茂神社の蕃塀は、3間巾の木造銅板葺き連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約3.4m、全高約2.8m、屋根長約4.7m、屋根巾約1.6mを測り、両側に控え柱を持つ。

 詳細の構造は次の通り。二重に切り石で囲まれた玉石敷きのコンクリート製基壇に礎石と布基礎を置き、その上に円柱を4本立てて下から順に地貫、腰長押、内法長押を通し、上端は棟木を渡す。簡略化された雲形肘木と腕木を架し、表裏両面の出桁を支え垂木を渡して屋根板を載せている。屋根は切妻造りの反り屋根で、銅板が一文字葺きされていた。大棟は銅板で造られその両端には銅製鬼板が置かれている。蕃塀の中央には竪連子窓が設けられており、その上には一枚板が、下には縦羽目板が嵌め込まれていた。全体に白木造りであり、控え柱は全て木製で造られている。

 玉ノ井賀茂神社は、正面から鳥居、灯籠、太鼓橋、クランクした参道の右側に蕃塀、蕃塀の正面方向に灯籠、狛犬、木造平入拝殿から本殿施設群(祭文殿や本殿)に至る構成を持つ。

 玉ノ井賀茂神社の蕃塀は、製作年代や作者が不明である。本蕃塀は拝殿の正面に位置するが、参拝者を遮断する位置にはない点を注目しておきたい。このような参拝者の視線を遮断しない蕃塀はいくつか存在するが、伊勢神宮(皇大神宮と豊受大神宮)の蕃塀・熱田神宮の蕃塀・伊富利部神社の蕃塀・本蕃塀などは拝殿の正面に位置する点が共通している。一般的なの参拝者の視線を遮断する蕃塀も基本的に拝殿の正面に位置していることを考えあわせると、蕃塀の位置は拝殿との関係の方が重要な意味を持っていると推測されよう。
e0113570_22155051.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-07-18 22:16 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

一宮市門間伊富利部神社の蕃塀

 一宮市木曽川町門間字北屋敷に所在する伊富利部神社は、創建年代などの由緒は不詳である。『延喜式神名帳』に記される葉栗郡伊富利部神社に相当する式内社であり、康正元年(1455)に社殿焼失、弘治2年(1556)に現在地に遷宮、天正10年(1582)に黒田城主沢井左エ門尉雄重が再建したと伝えられる。祭神は若都保命であり、誉田和気尊が配祀される。

 伊富利部神社の蕃塀は、3間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約4.3m、全高約2.4m、屋根長約5.4m、屋根巾約0.7mを測り、両側に控え柱を持つ。

 詳細の構造は次の通り。H字形のコンクリート製基壇に礎石と布基礎を置き、円柱を2本立ててその上に屋根石を載せる。円柱の内側には下から羽目板部、腰貫、連子窓部、内法貫、欄間部の順に材を積み重ねている。羽目板部は角柱による束柱を2本立て3区画に分け、表面は全ての区画に角を丸く加工した二重方形枠が施されている。裏面は中央の区画には「昭和七年五月」、中央の区画には「奉納 (人名1名分) 一宮 石工□□□□」の文字が刻まれていた。欄間部は角柱による束柱を2本立て3区画に分け、角を丸く加工した方形透かしが施されている。円柱の柱頭に腕木板が前後と外側にあり、連子窓部は角柱を16本立てて竪連子に造られている。屋根は寄棟状に切り出された照り屋根で、棟木石は外側に突き出ている。控え柱は全て石製で角柱が用いられており、こうした事例は珍しい。

 伊富利部神社は、正面から一の鳥居(石造)、灯籠群、二の鳥居(木造)、参道の途中に左手に神門、その向かいに蕃塀、神門の奥に灯籠、木造妻入拝殿、灯籠、狛犬、渡殿から本殿施設群(祭文殿や本殿)に至る構成を持つ。

 伊富利部神社の蕃塀は、昭和7年(1932)に一宮の石工によって製作されたが、刻文が風化していたため具体的な作者名は不明である。本蕃塀は参道に対して神門の向かいにあって、蕃塀が参拝者の視界を遮断する形になっていないものである。このような事例は珍しいが、熱田神宮などの一部に同様な配置をもつものがある。また、本蕃塀は長さ(横幅)が長大である点も珍しいといえる。
e0113570_23194672.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-07-17 23:19 | 蕃塀の事例 | Comments(0)