蕃塀(ばんぺい)にこだわったブログです。蕃塀は神社の拝殿の前にある衝立状の塀です。
by banbeimania
カテゴリ
全体
蕃塀とは(はじめに)
蕃塀30選
蕃塀の事例
蕃塀を深める
探索の記録
検索
よろしかったらお願いします。クリック! click!
人気blogランキングへ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

リンク
みちくさ学会
さぬき暮らし
あらいのじかん
愛知県神社庁
ひなたぼっこ
以前の記事
2013年 01月
2012年 06月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
最新のコメント
最近は全く更新していない..
by banbeimania at 08:18
通りすがりのものです。 ..
by サリー(宮総代の下っ端) at 20:29
皇室や糸屋ゆかりの大根焚..
by 環境大学新聞 at 15:08
とても魅力的な記事でした..
by 志望動機の書き方 at 09:43
はじめまして。 応援感..
by banbeimania at 22:08
はじめまして。 いつも..
by ならば at 13:02
いつも情報感謝しています..
by banbeimania at 01:02
最新のトラックバック
なんだろう?
from 龍を探して旅日記
【ネットができる宿|日本..
from ぱふぅ家のサイバー小物
岡崎市 レコード買取
from レコ-ド 買取
911 アメリカ 同時多..
from 【写真】 911 アメリカ ..
寺社建築の歴史図典
from ロドリゲスインテリーン
LOVE in Acti..
from ニコニコ笑う、トマトの笑顔な..
10・27請願受付の全容..
from 【日本を】10ゲ7『日本解体..
タグ
(1364)
(148)
(99)
(87)
(71)
(38)
(29)
(25)
(23)
(22)
(19)
(15)
(15)
(12)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(5)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 11月 ( 28 )   > この月の画像一覧

清須市廻間八幡社の蕃塀

 清須市廻間字郷裏に所在する八幡社は、創建年代などの由緒は不明である。草創年紀不明の八幡社と神明社と天王社が合祀されたものという。現在の社殿は昭和34年(1969)の伊勢湾台風により倒壊したのを再建されたものである(『きよす「歴史・散策」〜神社編〜』より)。祭神は応神天皇である。

 廻間八幡社の蕃塀は、3間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約2.6m、全高約2.6m、屋根長約3.3m、屋根巾約0.6mを測り、両側に控え柱を持つ。

 詳細の構造は次の通り。基壇を持たず直接コンクリート敷参道に礎石と布基礎を置き、礎石上に円柱を2本立ててその上に屋根石を載せる。円柱の内側には下から羽目板部、腰貫、連子窓部、内法貫、欄間部の順に材を積み重ねている。羽目板部は角柱による束柱を2本立て3区画に分けられているが、表面は左右の区画に倒立する獅子紋が、中央の区画に牡丹紋が彫刻されていた。左側の羽目板の裏面には「平成十二年十二月吉日 (人名2名分)」の文字が刻まれていた。欄間部は、中央に扁額を持ち頭部を両端に置く双龍紋が表現されていた。円柱の柱頭に腕木板は前後と外側にあり、連子窓部は円柱を10本立てて竪連子に造られている。腰貫の表面には「奉納」の文字が記されている。屋根は寄棟状に切り出された反り屋根で、棟木石は外側に突き出ている。控え柱は全て石製で、頭部は宝珠に造られていた。

 廻間八幡社は、正面から鳥居、灯籠、蕃塀、灯籠、コンクリート壁の無い吹き抜けの妻入拝殿、狛犬から基壇上の本殿に至る構成を持つ。

 廻間八幡社の蕃塀は、平成12年(2000)に製作されたものだが、作者は不明である。本蕃塀はもともと存在しなかったものを平成に入って新造したものである。欄間部の双龍紋は立体感に欠けた平板な彫刻となっているが、その分細工は細かくなっている。
e0113570_16451315.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-11-30 16:45 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

清須市土田八幡社の蕃塀

 清須市土田字北裏に所在する八幡社は、元禄7年(1694)の『由緒書』によると、建久元年(1190)に源頼朝がここで眼病治療を受け平癒した際に石清水八幡を勧請したのを起源にするという。清須城主松平忠吉は社殿を再興し所領などを寄進したという。祭神は譽田別尊・玉依姫命・気長足姫命である。

 土田八幡社の蕃塀は、3間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約2.6m、全高約2.1m、屋根長約3.5m、屋根巾約0.6mを測り、両側には控え柱を持たない。

 詳細の構造は次の通り。基壇を持たず直接地面に礎石と布基礎を置き、礎石上に角柱を2本立ててその上に屋根石を載せる。角柱の内側には下から羽目板部、腰貫、連子窓部、内法貫、欄間部の順に材を積み重ねている。羽目板部は角柱による束柱を2本立て3区画に分けられ、表面は全ての区画で無紋、裏面は両端の区画で無紋である。中央の区画裏面には「昭和四十一年二月十五日 四十二才 厄祝記念 (人名9名分)」の文字が刻まれていたが、実際には束柱に隠れる形で左右の行にもう少し文字が刻まれているように思われた。欄間部は、中央に巾広の角柱による束柱を設け、その両側には無紋の羽目板が嵌め込まれていた。角柱の柱頭に腕木板は前後にあり、連子窓部は角柱を8本立てて竪連子に造られている。屋根は寄棟状に切り出された照り屋根で、棟木石は非常に低く外側には突き出ていない。

 土田八幡社は、正面から灯籠、一の鳥居(石造)、二の鳥居(木造)、灯籠、蕃塀、灯籠2対、壁の無い吹き抜けの妻入拝殿、灯籠、狛犬、渡殿から基壇上の本殿施設群(祭文殿や本殿など)に至る構成を持つ。

 土田八幡社の蕃塀は、昭和41年(1966)に製作されたものだが、作者は不明である。本蕃塀は主柱が角柱であることが最大の特徴であるが、この主柱と腰貫と内法貫は明らかに石材が他のものと比べ新しいものである。羽目板部の束柱と欄間部の束柱と連子窓も新しい材が使用された可能性がある。こうした改修のために、中央羽目板の裏面の文字の一部が覆い隠されてしまったのであろう。このような状況から、主柱が角柱という特徴は本来この蕃塀が持つオリジナルの特徴とは言えないだろう。
e0113570_1936299.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-11-29 19:36 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

清須市上条稲荷社の蕃塀

 清須市上条2丁目に所在する稲荷社は、創建年代などの由緒は不明である。昭和19年(1944)に津島社と飯綱社が合祀されたという(『きよす「歴史・散策」〜神社編〜』より)。社名からみて、祭神は宇迦之魂命と推測される。

 上条稲荷社の蕃塀は、3間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約2.7m、全高約2.4m、屋根長約3.4m、屋根巾約0.7mを測り、両側に控え柱を持つ。

 詳細の構造は次の通り。コンクリート敷き参道に引き続く形でコンクリート製基壇があり、そこに礎石と布基礎を置き、礎石上に円柱を2本立ててその上に屋根石を載せる。円柱の内側には下から羽目板部、腰貫、連子窓部、内法貫、欄間部の順に材を積み重ねている。羽目板部は角柱による束柱を2本立て3区画に分けられ、表面は左右の区画に倒立する獅子紋が、中央の区画に竹に虎紋が彫刻されていた。裏面は左側の羽目板には「昭和十四年十月」、中央の羽目板には「寄附者 当所 (人名2名分)」、右側の羽目板裏面には「名古屋市西区八坂町 石匠角田六三郎」の文字が刻まれていた。欄間部は、中央に扁額を持たず頭部を両端に置く双龍紋が表現されていた。円柱の柱頭に腕木板は前後にあり、連子窓部は角柱を10本立てて竪連子に造られている。屋根は寄棟状に切り出された反り屋根で、棟木石の両端には鬼板が置かれている。控え柱は全て石製で、頭部は宝珠に造られていた。

 上条稲荷社は、正面から灯籠、鳥居、蕃塀、壁の無い吹き抜けの妻入拝殿、狛犬、灯籠から基壇上の本殿に至る構成を持つ。

 上条稲荷社の蕃塀は、昭和14年(1939)に名古屋市西区の石工角田六三郎によって製作されたものである。石工角田六三郎製作の蕃塀はこれで48例目を数える。本蕃塀の背後には、平成10年に焼失した拝殿の鬼瓦が飾られていた。
e0113570_20475764.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-11-28 20:50 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

清須市清洲津島社の蕃塀

 清須市清洲字永安寺に所在する津島社は、創建年代などの由緒は不明である。石燈籠や石燈明の刻銘や永安寺の町並の成立などから安政年間頃の鎮座と推定される。疫病流行から勧請したとの言い伝えもあり、昭和3年(1928)に南向きに社殿が整備されたという(『きよす「歴史・散策」〜神社編〜』より)。社名からみて、祭神は建速須佐之男命と推測される。

 清洲津島社の蕃塀は、3間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約2.6m、全高約2.3m、屋根長約3.5m、屋根巾約0.6mを測り、両側には控え柱を持たない。

 詳細の構造は次の通り。コンクリート製基壇に礎石と布基礎を置き、礎石上に円柱を2本立ててその上に屋根石を載せる。円柱の内側には下から羽目板部、腰貫、連子窓部、内法貫、欄間部の順に材を積み重ねている。羽目板部は円柱による束柱を2本立て3区画に分けられ、表面は全ての区画に倒立する獅子紋が彫刻されていた。裏面は中央の羽目板には「昭和三年四月」、右側の羽目板裏面には「ナゴヤ西区八坂町 石工角田六三郎」の文字が刻まれていた。欄間部は、中央に扁額を持たず頭部を両端に置く双龍紋が表現されていた。円柱の柱頭に腕木板は前後にあり、連子窓部は角柱を10本立てて竪連子に造られている。屋根は寄棟状に切り出された反り屋根で、棟木石は外側に突き出ている。

 清洲津島社は、正面から灯籠、鳥居、蕃塀、灯籠、壁の無い吹き抜けの妻入拝殿、灯籠、狛犬から基壇上の本殿に至る構成を持つ。

 清洲津島社の蕃塀は、昭和3年(1928)に名古屋市西区の石工角田六三郎によって製作されたものである。石工角田六三郎製作の蕃塀はこれで47例目を数える。本蕃塀は、彫刻の構成や刻文の内容が同市西市場軻具土社の蕃塀と類似している。清洲津島社と西市場軻具土社は社殿の構成もよく似ており、昭和3年(1928)頃に行われた整備の際に両社は大きく関連していたものと思われる。
e0113570_20183775.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-11-27 20:18 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

清須市西市場軻具土社の蕃塀

 清須市西市場字下伝馬に所在する軻具土社は、創建年代などの由緒は不明である。迦具豆知神社や軻具突智社とも表記され、昭和4年(1929)に現在地に遷座されたという(『きよす「歴史・散策」〜神社編〜』より)。祭神は火之伽具土神である。

 西市場軻具土社の蕃塀は、3間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約2.7m、全高約2.5m、屋根長約3.5m、屋根巾約0.7mを測り、両側には控え柱を持たない。

 詳細の構造は次の通り。コンクリート製基壇に礎石と布基礎を置き、礎石上に円柱を2本立ててその上に屋根石を載せる。円柱の内側には下から羽目板部、腰貫、連子窓部、内法貫、欄間部の順に材を積み重ねている。羽目板部は円柱による束柱を2本立て3区画に分けられ、表面は全ての区画に倒立する獅子紋が彫刻されていた。裏面は中央の羽目板には「昭和三年一月 寄附人 (人名1名分)」、右側の羽目板裏面には「ナゴヤ西区八坂町 石工角田六三郎」の文字が刻まれていた。欄間部は、中央に扁額を持たず頭部を両端に置く双龍紋が表現されていた。円柱の柱頭に腕木板は前後にあり、連子窓部は角柱を11本立てて竪連子に造られている。屋根は寄棟状に切り出されたわずかに反る反り屋根で、棟木石は外側に突き出ている。控え柱は無いが、石製角柱による背面に斜めに据えられた支え柱が存在し、ボルトで固定されていた。

 西市場軻具土社は、正面から灯籠、鳥居、蕃塀、灯籠、壁の無い吹き抜けの妻入拝殿、灯籠、狛犬から基壇上の本殿に至る構成を持つ。

 西市場軻具土社の蕃塀は、昭和3年(1928)に名古屋市西区の石工角田六三郎によって製作されたものである。これまで紹介してきた石工角田六三郎製作の蕃塀は45例存在し、これで46例目を数える。本蕃塀のように、羽目板部を3区画に分けその全てに獅子紋が彫刻されている石造連子窓型蕃塀はこれまでに16例存在する。その中でも、本事例は中央羽目板に右側羽目板と同様な獅子紋が配置されるものであるが、そういう事例はそれほど多くは認められない。
e0113570_2143487.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-11-26 21:44 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

清須市西田中神明社の蕃塀

 清須市西田中字蓮池に所在する神明社は、創建年代などの由緒は不明である。『寛文村々覚書』にも記載された神社で、大正元年(1912)に白山社が合祀されている。拝殿は明治45年(1912)、祭文殿は大正3年(1914)に再築されている。祭神は天照大神・菊理媛命である。

 西田中神明社の蕃塀は、3間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約2.7m、全高約2.3m、屋根長約3.5m、屋根巾約0.6mを測り、両側には控え柱を持たない。

 詳細の構造は次の通り。切り石を周囲に巡らせたコンクリート製基壇に礎石と布基礎を置き、礎石上に円柱を2本立ててその上に屋根石を載せる。円柱の内側には下から羽目板部、腰貫、連子窓部、内法貫、欄間部の順に材を積み重ねている。羽目板部は角柱による束柱を2本立て3区画に分けられ、全ての区画で表面には角を丸く加工した方形枠が施されていた。裏面は全ての区画で無紋である。左側円柱の裏面には「昭和十二年十月」、右側円柱の裏面には「寄進 (地名+人名1名分) コメノ 石工井上□(刻か)」の文字が刻まれていた。欄間部は、中央に五七桐紋の扁額を持ち、その両側には角を丸く加工した方形透かしが設けられていた。円柱の柱頭に腕木板は前後にあり、連子窓部は角柱を11本立てて竪連子に造られている。屋根は寄棟状に切り出された反り屋根で、棟木石は外側に突き出ている。

 西田中神明社は、正面から鳥居、蕃塀、灯籠2対、壁の無い吹き抜けの妻入拝殿、灯籠、狛犬、渡殿から基壇上の本殿施設群(祭文殿や本殿など)に至る構成を持つ。

 西田中神明社の蕃塀は、昭和12年(1937)にコメノの石工井上によって製作されたものである。この場合のコメノは、名古屋市中村区米野などが候補としてあげられるが、特定はできていない。円柱に刻まれた「コメノ石工井上□」の文言が、途中で切れて礎石に至っているようにも観察され、これが正しければ、本蕃塀は本来の高さよりも短く改修された可能性も出てくることとなる。
e0113570_23283269.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-11-25 23:28 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

清須市朝日愛宕社の蕃塀

 清須市朝日字小市場に所在する愛宕社は、創建年代などの由緒は不明である。もと大乗院という修験堂があり清須城鬼門の守護として崇敬されたが、慶長遷府で名古屋市南寺町に遷座した。その後は改めて大智院という修験堂を建て愛宕権現を勧請し、明治5年に愛宕権現のみが愛宕社として残ったという(『きよす「歴史・散策」〜神社編〜』より)。社名からみて、祭神は火之伽具土神と推測される。

 朝日愛宕社の蕃塀は、3間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約2.6m、全高約2.3m、屋根長約3.3m、屋根巾約0.6mを測り、両側に控え柱を持つ。

 詳細の構造は次の通り。切り石を周囲に巡らせたコンクリート製基壇に礎石と布基礎を置き、礎石上に円柱を2本立ててその上に屋根石を載せる。円柱の内側には下から羽目板部、腰貫、連子窓部、内法貫、欄間部の順に材を積み重ねている。羽目板部は角柱による束柱を2本立て3区画に分けられ、表面は左右の区画に倒立する獅子紋が、中央の区画に竹に虎紋が彫刻されていた。裏面は左側の羽目板には「昭和十三年一月」、中央の羽目板には「寄附人 (人名3名分)」、右側の羽目板裏面には「東枇杷島町 石工荒木弥助」の文字が刻まれていた。欄間部は、中央に扁額を持たず頭部を左端と中央寄りに置く双龍紋が表現されていた。円柱の柱頭に腕木板は前後にあり、連子窓部は角柱を10本立てて竪連子に造られている。屋根は寄棟状に切り出された直線屋根で、棟木石は外側に突き出ている。控え柱は全て石製で、頭部は宝珠に造られていた。

 朝日愛宕社は、正面から蕃塀、壁の無い吹き抜けの妻入拝殿、灯籠、鳥居、狛犬から基壇上の本殿施設群(祭文殿や本殿など)に至る構成を持つ。蕃塀の眼前には玉垣が巡り、参道は蕃塀と拝殿の横を通る変則的な形となっている。

 朝日愛宕社の蕃塀は、昭和13年(1938)に名古屋市西区東枇杷島の石工荒木弥助によって製作されたものである。これで確認された石工荒木弥助の手による石造蕃塀は11例を数える。本例は、拝殿の前に蕃塀が存在する点は通例どおりといえるが、参道や鳥居の位置が変則的である。おそらく境内の変更が行われたためこのような事態になったものと推測される。
e0113570_21544380.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-11-24 22:03 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

清須市朝日厳島神社の蕃塀

 清須市朝日字河原に所在する厳島神社は、創建年代などの由緒は不明である。『清洲雑誌稿』には朝日に神明社が祀られていたが、慶長16年(1611)に名古屋市中区朝日神明社に遷った後は弁天祠を祀り、明治維新後に社名を改めたと記されているという(『きよす「歴史・散策」〜神社編〜』より)。祭神は市杵島姫命である。

 朝日厳島神社の蕃塀は、2間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約1.8m、全高約1.9m、屋根長約2.6m、屋根巾約0.6mを測り、両側に控え柱を持つ。

 詳細の構造は次の通り。切り石を周囲に巡らせたコンクリート製基壇に礎石と布基礎を置き、礎石上に円柱を2本立ててその上に屋根石を載せる。円柱の内側には下から羽目板部、腰貫、連子窓部、内法貫、欄間部の順に材を積み重ねている。羽目板部は角柱による束柱を1本立て2区画に分けられ、表面には獅子紋が彫刻されていた。左側の羽目板裏面には「昭和十二年一月」の文字が、右側の羽目板裏面には「寄附人 (人名3名分) 東区ビワジマ町 石匠荒木弥助」の文字が刻まれていた。欄間部は扁額を持たず頭部を右側に置く単龍紋が表現されていた。円柱の柱頭に腕木板は前後にあり、連子窓部は角柱を7本立てて竪連子に造られている。屋根は寄棟状に切り出された反り屋根で、棟木は屋根石から切り出されて低く造られている。控え柱は全て石製で、頭部は宝珠に造られていた。

 朝日厳島神社は、正面から鳥居、蕃塀、壁の無い吹き抜けの妻入拝殿、灯籠、狛犬から基壇上の本殿に至る構成を持つ。

 朝日厳島神社の蕃塀は、昭和12年(1937)に名古屋市西区東枇杷島の石工荒木弥助によって製作されたものである。これまでに確認された石工荒木弥助の手による石造蕃塀には、一宮市丹陽外崎八幡社の蕃塀(1918)、稲沢市治郎丸天神社の蕃塀(1922)、名古屋市北区大井神社の蕃塀(1928)、北名古屋市九ノ坪十所社の蕃塀(1931)、海部郡甚目寺町方領八幡社の蕃塀(1935)、稲沢市儀長貴船社の蕃塀(1936)、海部郡七宝町下之森八幡社の蕃塀(1936)、稲沢市七ツ寺十五所社の蕃塀(1937)、西春日井郡豊山町豊場八所神社の蕃塀(1938)の9事例がある。また、東枇杷島町の荒木石材店の作品には海部郡大治町花常八幡社の蕃塀(1955)がある。本蕃塀のように欄間部に単龍紋が表現されるという特徴は、荒木弥助の作品に限らず類例が少ないものである。
e0113570_2385366.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-11-22 23:09 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

清須市下河原八幡社の蕃塀

 清須市下河原字宮腰に所在する八幡社は、創建年代などの由緒は不明である。社名からみて、祭神は応神天皇と推測される。

 下河原八幡社の蕃塀は、3間巾の木造桟瓦葺き連子窓型蕃塀である。大きさは概略で、本体長約2.8m、全高約2.7m、屋根長約4.0m、屋根巾約2.1mで、両側に控え柱を持つ。

 詳細の構造は次の通り。切り石を周囲に巡らせたコンクリート製基壇に石製布基礎を置き、その上に円柱を4本立てて下から順に地貫、腰長押、内法長押を通し、上端は棟木を渡す。内法長押の上位に雲形肘木と方形腕木を架し、表裏両面の出桁を支え垂木を渡して屋根板を載せている。屋根は切妻造りの緩い反り屋根で、桟瓦葺きされていた。大棟の両端には鬼瓦が置かれている。蕃塀の中央には竪連子窓が設けられており、その上には横羽目板が、下には縦羽目板が嵌め込まれていた。控え柱は全て木製で礎石上に設置されている。

 下河原八幡社は、南側の正面から一の鳥居、灯籠、二の鳥居蕃塀、灯籠、木造平入拝殿、灯籠、狛犬から本殿に至る構成を持つ。

 下河原八幡社の蕃塀は、製作年代や作者は不明である。屋根瓦が均一に銀化している状態から見て、それほど古いものではないと推察される。本蕃塀は下部の縦羽目板に多数の鋲が打たれている点が特徴的といえる。
e0113570_23163336.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-11-21 23:17 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

清須市土器野神明社の蕃塀

 清須市土器野南中野に所在する神明社は、境内に掲示された社記によれば、創建は徳川時代初期まで遡るという。現在の社殿は大正3年(1914)に大改造された。祭神は天照大神・須佐之男命・保食命である。

 土器野神明社の蕃塀は、3間巾の石造衝立型蕃塀である。大きさは概略で、本体長約4.8m、全高約2.8m、屋根長約5.4m、屋根巾約0.4mで、両側には控え柱を持たない。

 詳細の構造は次の通り。コンクリート製基壇に礎石と布基礎などを置き、円柱を4本立てて上端に覆板(笠木)を載せて骨格が作られる。柱脚の盤(地貫)や柱頭の樋(頭貫)を渡す形に造り、柱間壁面は横羽目板を各間に3枚嵌め込まれているものである。羽目板は上下端部に段差を持ち、重ねた結果、羽目板の合わせ目部分が溝状となっている。覆板(笠木)は断面形が五角形の角材が用いられていた。右側最下段の羽目板裏面には「昭和八年九月建之 寄附人 (地名+人名4名分) 石工 當村戸田公平」の文字が刻まれていた。これ以外に彩色や紋様は全く施されていない。

 土器野神明社は、正面から一の鳥居、蕃塀、灯籠、二の鳥居、灯籠、木造平入拝殿、渡殿、狛犬から基壇上の本殿施設群(祭文殿や本殿など)に至る構成を持つ。

 土器野神明社の蕃塀は、昭和8年(1933)に新川町の石工戸田公平によって製作されたものである。本蕃塀は、数が少ない製作年代が記載された衝立型蕃塀である。基礎の部分は、類例が多い石造連子窓型蕃塀によく見られるタイプと思われる。本蕃塀でこの他に特徴的な点は、蕃塀の背後に鳥居を持つことであり、これも極めて類例が少ないものである。
e0113570_212413.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-11-20 21:25 | 蕃塀の事例 | Comments(0)