蕃塀(ばんぺい)にこだわったブログです。蕃塀は神社の拝殿の前にある衝立状の塀です。
by banbeimania
カテゴリ
全体
蕃塀とは(はじめに)
蕃塀30選
蕃塀の事例
蕃塀を深める
探索の記録
検索
よろしかったらお願いします。クリック! click!
人気blogランキングへ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

リンク
みちくさ学会
さぬき暮らし
あらいのじかん
愛知県神社庁
ひなたぼっこ
以前の記事
2013年 01月
2012年 06月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
最新のコメント
最近は全く更新していない..
by banbeimania at 08:18
通りすがりのものです。 ..
by サリー(宮総代の下っ端) at 20:29
皇室や糸屋ゆかりの大根焚..
by 環境大学新聞 at 15:08
とても魅力的な記事でした..
by 志望動機の書き方 at 09:43
はじめまして。 応援感..
by banbeimania at 22:08
はじめまして。 いつも..
by ならば at 13:02
いつも情報感謝しています..
by banbeimania at 01:02
最新のトラックバック
なんだろう?
from 龍を探して旅日記
【ネットができる宿|日本..
from ぱふぅ家のサイバー小物
岡崎市 レコード買取
from レコ-ド 買取
911 アメリカ 同時多..
from 【写真】 911 アメリカ ..
寺社建築の歴史図典
from ロドリゲスインテリーン
LOVE in Acti..
from ニコニコ笑う、トマトの笑顔な..
10・27請願受付の全容..
from 【日本を】10ゲ7『日本解体..
タグ
(1364)
(148)
(99)
(87)
(71)
(38)
(29)
(25)
(23)
(22)
(19)
(15)
(15)
(12)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(5)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 11月 ( 29 )   > この月の画像一覧

両端に獅子紋以外の同紋様を置く3間の羽目板部(その2)

 3間巾の石造連子窓型蕃塀の羽目板部は大きく11類に区分できるが、そのうち、両端に獅子紋以外の同じ紋様および中央には両端とは異なる紋様を置く事例は7類に分類できる。今回は、両端の羽目板に虎紋が表現される「2同諸紋1異紋Aタイプ」を検討する。

 この2同諸紋1異紋Aタイプの羽目板部を持つ3間巾の石造連子窓型蕃塀は、稲沢市河俣下神社と北名古屋市石橋八幡社の2社に事例が認められる。両者とも中央の羽目板部には獅子紋を置くものであった。これを具体的に例示する。

e0113570_09726.jpg
        稲沢市河俣下神社の蕃塀の羽目板部
e0113570_094857.jpg
        北名古屋市石橋八幡社の蕃塀の羽目板部

 さて、この両者を製作年代で整理すると、1926年に石橋八幡社例が、1928年に河俣下神社例が、それぞれ製作されたことが分かる。製作者については、河俣下神社例と石橋八幡社例はともに角田六三郎であった。

 この結果、両端に虎を描く羽目板を持つ石造連子窓型蕃塀は昭和元年から3年までの極初期に角田六三郎によって製作されたタイプと考えることができる。両者は虎や獅子の表情に角田六三郎作品に共通するものが認められるが、虎の姿勢などは異なっている。どうやら極端にパターン化はなされていないようである。
[PR]
by banbeimania | 2010-11-30 00:10 | 蕃塀を深める | Comments(0)

両端に獅子紋以外の同紋様を置く3間の羽目板部(その1)

 3間巾の石造連子窓型蕃塀の羽目板部は大きく11類に区分できるが、今回からは、その中で10番目の、両端に獅子紋以外の同じ紋様を、中央には両端とは異なる紋様を置く事例について詳しく検討していきたい。

 両端に獅子紋以外の同じ紋様を、中央には両端とは異なる紋様が表現される事例は全部で9基存在するが、これらは獅子の体の向きなどの特徴から、さらに7類に細分できる。

 2同諸紋1異紋Aタイプ:両端に虎が表現されたもの
 2同諸紋1異紋Bタイプ:両端に鯉の滝登りが表現されたもの
 2同諸紋1異紋Cタイプ:両端に龍が表現されたもの
 2同諸紋1異紋Dタイプ:両端に兎が表現されたもの
 2同諸紋1異紋Eタイプ:両端に鹿が表現されたもの
 2同諸紋1異紋Fタイプ:両端に丸に沢瀉紋が表現されたもの
 2同諸紋1異紋Gタイプ:両端が無紋となるもの

これらの内訳は現状で下記の通りである。
 2同諸紋1異紋Aタイプ:2例
 2同諸紋1異紋Bタイプ:2例
 2同諸紋1異紋Cタイプ:1例
 2同諸紋1異紋Dタイプ:1例
 2同諸紋1異紋Eタイプ:1例
 2同諸紋1異紋Fタイプ:1例
 2同諸紋1異紋Gタイプ:1例
[PR]
by banbeimania | 2010-11-29 00:38 | 蕃塀を深める | Comments(0)

両端に獅子紋・中央に諸紋を置く3間の羽目板部(その19)

 神社の鳥居と拝殿の間にある不思議な短塀は蕃塀(ばんぺい)と呼ばれ、これは材質から石造や木造などに、形状から連子窓型と衝立型に区分される。現在は、石造連子窓型蕃塀の下半部に相当する羽目板部というパーツに注目し、3間巾の石造連子窓型蕃塀の羽目板部は大きく11類に区分された。これまでに両端に獅子紋および中央に諸紋(獅子紋・虎紋・牡丹紋・鯉紋・神馬紋以外の紋様)を置く事例を具体的に紹介してきた。

 両端に獅子紋および中央に牡丹紋を置く羽目板部は全部で19基存在し、形状から16タイプ17類に細分された。これらは1類につき1事例か多くて2事例のものばかりではあるのだが、この細別された分類ごとに製作年代を整理した図を下に示したい。
e0113570_8184299.jpg

 この結果、両端に獅子紋および中央に諸紋を置く羽目板部は、まず1925年にHタイプ(魚紋)が登場したが、その後に大半のタイプは1940年までに出現している。戦後に出現するのは、1955年にFタイプ1類(対鳩紋)、2000年にMタイプ(菊と桐紋)が新たに登場し、1960年にはAタイプ(羊紋)も認められた。昭和初期にさまざまなタイプが出現していたことが分かるといえよう。

 製作者については、蕃塀については著名な石工(角田六三郎・角田乙吉・荒木弥助・石松・岡崎市内所在石工)が各タイプに散見される。各タイプはほとんどが1事例しか存在しないので、結果的にタイプ=作者の関係を指摘することは可能であるが、あまり意味がないような気がする。

 この結果、両端に獅子紋および中央に諸紋を置く羽目板部は、昭和初期に集中的に製作されたことが明らかとなった。
[PR]
by banbeimania | 2010-11-28 08:19 | 蕃塀を深める | Comments(0)

両端に獅子紋・中央に諸紋を置く3間の羽目板部(その18)

 3間巾の石造連子窓型蕃塀の羽目板部は大きく11類に区分できるが、そのうち、両端に獅子紋および中央に諸紋を置く事例は16類に分類できる。今回は、中央の羽目板に兎が表現される「2獅子1諸紋Pタイプ」を検討する。

 この2獅子1諸紋Pタイプの羽目板部を持つ3間巾の石造連子窓型蕃塀は、稲沢市三丸渕宮裏神明社にのみ事例が認められる。これを具体的に例示する。

e0113570_0554772.jpg
         稲沢市三丸渕宮裏神明社の蕃塀の羽目板部

 さて、この稲沢市三丸渕宮裏神明社の蕃塀は1927年に名古屋市の石工角田乙吉によって製作されたことが分かっている。問題は中央の羽目板にある兎紋である。兎の上部に「卯年」の文字が刻まれており、この兎紋は卯年を意味していることが判明する。実際に蕃塀が製作された1927年は卯年であった。
(なお、本日に2獅子1諸紋Pタイプを追加し、2獅子1諸紋Lタイプとした丹羽郡大口町上小口白山神社の事例を削除した)
[PR]
by banbeimania | 2010-11-27 00:56 | 蕃塀を深める | Comments(0)

両端に獅子紋・中央に諸紋を置く3間の羽目板部(その17)

 3間巾の石造連子窓型蕃塀の羽目板部は大きく11類に区分できるが、そのうち、両端に獅子紋および中央に諸紋を置く事例は15類に分類できる。今回は、中央の羽目板に方形枠が表現される「2獅子1諸紋Oタイプ」を検討する。

 この2獅子1諸紋Oタイプの羽目板部を持つ3間巾の石造連子窓型蕃塀は、稲沢市横野神明社にのみ事例が認められる。これを具体的に例示する。

e0113570_039711.jpg
         稲沢市横野神明社の蕃塀の羽目板部

 さて、この稲沢市横野神明社の蕃塀は1931年に稲沢市の石工石松によって製作されたことが分かっている。
[PR]
by banbeimania | 2010-11-26 00:39 | 蕃塀を深める | Comments(0)

両端に獅子紋・中央に諸紋を置く3間の羽目板部(その16)

 3間巾の石造連子窓型蕃塀の羽目板部は大きく11類に区分できるが、そのうち、両端に獅子紋および中央に諸紋を置く事例は16類に分類できる。今回は、中央の羽目板に円が表現される「2獅子1諸紋Nタイプ」を検討する。

 この2獅子1諸紋Nタイプの羽目板部を持つ3間巾の石造連子窓型蕃塀は、稲沢市祖父江山崎宮附神明社にのみ事例が認められる。これを具体的に例示する。

e0113570_0155484.jpg
         稲沢市祖父江山崎宮附神明社の蕃塀の羽目板部

 さて、この稲沢市祖父江山崎宮附神明社の蕃塀は1936年に津島市の石工石龍によって製作されたことが分かっている。
(2010年11月27日に修正した)
[PR]
by banbeimania | 2010-11-25 00:16 | 蕃塀を深める | Comments(0)

両端に獅子紋・中央に諸紋を置く3間の羽目板部(その15)

 3間巾の石造連子窓型蕃塀の羽目板部は大きく11類に区分できるが、そのうち、両端に獅子紋および中央に諸紋を置く事例は16類に分類できる。今回は、中央の羽目板に菊と桐が表現される「2獅子1諸紋Mタイプ」を検討する。

 この2獅子1諸紋Mタイプの羽目板部を持つ3間巾の石造連子窓型蕃塀は、弥富市鳥ヶ地八王子社にのみ事例が認められる。これを具体的に例示する。

e0113570_01569.jpg
         弥富市鳥ヶ地八王子社の蕃塀の羽目板部

 さて、この弥富市鳥ヶ地八王子社の蕃塀は2000年に製作されたことが分かっているが、作者は不明であった。この結果、中央の羽目板に菊と桐が表現されるものは、非常に新しいものということができる。
(2010年11月27日に修正した)
[PR]
by banbeimania | 2010-11-24 00:15 | 蕃塀を深める | Comments(0)

両端に獅子紋・中央に諸紋を置く3間の羽目板部(その14)

 3間巾の石造連子窓型蕃塀の羽目板部は大きく11類に区分できるが、そのうち、両端に獅子紋および中央に諸紋を置く事例は16類に分類できる。今回は、中央の羽目板に桐が表現される「2獅子1諸紋Lタイプ」を検討する。

 この2獅子1諸紋Lタイプの羽目板部を持つ3間巾の石造連子窓型蕃塀は、一宮市蓮池神明社にのみ事例が認められる。これを具体的に例示する。

e0113570_0341442.jpg
         一宮市蓮池神明社の蕃塀の羽目板部

さて、この一宮市蓮池神明社の蕃塀は1940年に名古屋市西区の石工角田六三郎によって製作されたことが分かっている。
 (2010年11月27日に修正した)
[PR]
by banbeimania | 2010-11-23 00:36 | 蕃塀を深める | Comments(0)

両端に獅子紋・中央に諸紋を置く3間の羽目板部(その13)

 3間巾の石造連子窓型蕃塀の羽目板部は大きく11類に区分できるが、そのうち、両端に獅子紋および中央に諸紋を置く事例は16類に分類できる。今回は、中央の羽目板に雲気に五つ星が表現される「2獅子1諸紋Kタイプ」を検討する。

 この2獅子1諸紋Kタイプの羽目板部を持つ3間巾の石造連子窓型蕃塀は、名古屋市中川区富田赤星神社のみに事例が認められる。これを具体的に例示する。

e0113570_0445821.jpg
          名古屋市中川区富田赤星神社の蕃塀の羽目板部

 さて、この富田赤星神社の蕃塀は1932年に製作されたことが分かっているが、作者は不明である。「赤星」という神社の名称や棟木石に「星ノ宮」と刻まれていることからみて、中央の羽目板に雲気に五つ星が表現されるのはこの神社特有の事象であると考えられる。
(2010年11月27日に修正した)
[PR]
by banbeimania | 2010-11-22 00:45 | 蕃塀を深める | Comments(0)

両端に獅子紋・中央に諸紋を置く3間の羽目板部(その12)

 3間巾の石造連子窓型蕃塀の羽目板部は大きく11類に区分できるが、そのうち、両端に獅子紋および中央に諸紋を置く事例は16類に分類できる。今回は、中央の羽目板に龍が表現される「2獅子1諸紋Jタイプ」を検討する。

 この2獅子1諸紋Jタイプの羽目板部を持つ3間巾の石造連子窓型蕃塀は、稲沢市祖父江高熊八幡社のみに事例が認められる。これを具体的に例示する。

e0113570_9343338.jpg
         稲沢市祖父江高熊八幡社の蕃塀の羽目板部

 さて、この稲沢市祖父江高熊八幡社の蕃塀は1937年に角田乙吉によって製作されたことが分かっている。多くの石造連子窓型蕃塀で上位の欄間部に双龍が描かれているが、本事例は中央の羽目板に龍が表現されていることもあって、欄間部には「八幡社」という文字と丸に橘紋が彫刻されていた。念のため蕃塀が製作された1937年を調べると丑年であり、干支とは関係がなかった。
(2010年11月27日に修正した)
[PR]
by banbeimania | 2010-11-21 09:34 | 蕃塀を深める | Comments(0)