蕃塀(ばんぺい)にこだわったブログです。蕃塀は神社の拝殿の前にある衝立状の塀です。
by banbeimania
カテゴリ
全体
蕃塀とは(はじめに)
蕃塀30選
蕃塀の事例
蕃塀を深める
探索の記録
検索
よろしかったらお願いします。クリック! click!
人気blogランキングへ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

リンク
みちくさ学会
さぬき暮らし
あらいのじかん
愛知県神社庁
ひなたぼっこ
以前の記事
2013年 01月
2012年 06月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
最新のコメント
最近は全く更新していない..
by banbeimania at 08:18
通りすがりのものです。 ..
by サリー(宮総代の下っ端) at 20:29
皇室や糸屋ゆかりの大根焚..
by 環境大学新聞 at 15:08
とても魅力的な記事でした..
by 志望動機の書き方 at 09:43
はじめまして。 応援感..
by banbeimania at 22:08
はじめまして。 いつも..
by ならば at 13:02
いつも情報感謝しています..
by banbeimania at 01:02
最新のトラックバック
なんだろう?
from 龍を探して旅日記
【ネットができる宿|日本..
from ぱふぅ家のサイバー小物
岡崎市 レコード買取
from レコ-ド 買取
911 アメリカ 同時多..
from 【写真】 911 アメリカ ..
寺社建築の歴史図典
from ロドリゲスインテリーン
LOVE in Acti..
from ニコニコ笑う、トマトの笑顔な..
10・27請願受付の全容..
from 【日本を】10ゲ7『日本解体..
タグ
(1364)
(148)
(99)
(87)
(71)
(38)
(29)
(25)
(23)
(22)
(19)
(15)
(15)
(12)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(5)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 12月 ( 28 )   > この月の画像一覧

『もしドラ』を読んでみた(閑話休題2)

 根がミーハーな蕃塀マニアであるから、今年のベストセラーである『もし高校野球の女子マネージャーがドラッガーの『マネジメント』を読んだなら』を遅ればせながらつい先日に読んでみた。

 よくあるお涙頂戴的な小説の一つで、こんなに物事がうまく行くわけがない!と思いながらも、なかなか結構楽しめた。閉塞感のある現在を打開するヒントが見えるようで、売れる理由もなんとなく分かる作品と言えよう。ぜひ、何らかの実話が存在して欲しいと思う。そして、この手法ならさまざまな分野でも「もしドラ」を小説にすることが可能で、今後シリーズ物になるかもしれないとも感じた。

 そこで、少しだけ『もし蕃塀マニアがドラッガーの『マネジメント』を読んだなら』と考えてみた。しかし、蕃塀マニアはそもそもドラッガーの『マネジメント』を読んでいないから正しくは考えられないし、蕃塀マニアそのものは組織でもないのだから意味がないのだが、なんというか、考えてみようとした。

 ただ、蕃塀マニアの場合、最初から足踏みをしてしまった。初めの方でマネジャーの資質に「真摯さ」を求められてしまったからである。よく見れば分かるように、蕃塀マニアは真面目そうに記事を更新しているように見えても、実はあまり深く物事を考えておらず、基本的には作業ルーティーンを繰り返しているだけに過ぎないのである。そのようなあり方に真摯さはみじんも感じられないだろう。さらに「企業の目的と使命」や「顧客」という概念に至っては、とんと無縁な世界であったと言わざるを得ない。

 ブログ「蕃塀マニア」だけであれば、自己満足に終始していても良かったかもしれない。しかし、「みちくさ学会」の講師に参加してしまった以上は、自己満足だけというわけにもいかないだろう。来る2011年には、少しは「真摯」に考えてみたいと、あまり自信はないが心がけてみたいと感じている。

 ということで、これが2010年最後の記事となりました。皆様良いお年をお迎えください。
[PR]
by banbeimania | 2010-12-31 00:51 | Comments(0)

思いつき(閑話休題)

 蕃塀とは全く関係ないが、なんというか、坂本冬美のCDを聞いていたら、下記の替え歌を何となく思いついた。我ながら「老いも若きも孤独な“今”風でいいな」と思ったので、載せてみよう。阿久悠先生、許してくだされ。

時の過ぎゆくままに(ver.平成)

あなたはすっかり つかれてしまい
生きてることさえ いやだと泣いた
アナログ(*こわれた)テレビの チャンネルひねり
暗い画面に ためいきついた
時の過ぎゆくままに
この身をまかせ
家族と世間を 切り捨てながら
堕(お)ちてゆくのも
しあわせだよと
一人つめたい
からだふるわす

からだの傷なら ふさがるけれど
心のいたでは 深まるばかり
手首に残った 傷跡見つめ
あなたは昔を 思って泣いた
時の過ぎゆくままに
この身をまかせ
家族と世間を 切り捨てながら
もしも自分を 愛せるならば
窓の景色も
かわってゆくだろう

時の過ぎゆくままに
この身をまかせ
家族と世間を 切り捨てながら
もしも自分を 愛せるならば
窓の景色も
かわってゆくだろう


*平成23年7月までは()内を使用のこと。
e0113570_2285284.jpg

[PR]
by banbeimania | 2010-12-27 22:14 | Comments(0)

4間の羽目板部(その3)

 4間に区分された羽目板部を持つ石造連子窓型蕃塀は全部で4事例あるが、前回はこれらを製作年代に着目して検討した。今回は、方形枠の形状について若干の考察をしてみたい。

 さて、方形枠に関しては、以前に3間に区分された羽目板部を持つ石造連子窓型蕃塀の全方形枠タイプの事例を用いて12類に大別したことがある。この分類を4間に区分された羽目板部を持つ石造連子窓型蕃塀の4事例に当てはめてみると、次のように整理される。
 名古屋市中川区元中野神明社例は、全方形枠Aタイプすなわち方形枠内全体が高く平坦面となり、隅角部は内側へ膨らませた先端が尖る(隅丸を2つ重ねたような形状)ものであった。
 愛西市葛木八龍社例は、全方形枠Cタイプすなわち方形枠内全体が低くなり、隅角部は内側へ膨らませた先端が尖る(隅丸を2つ重ねたような形状)ものであった。
 そして、あま市(旧美和町)金岩白山社例とあま市(旧美和町)花長八所神社例は3間の分類(12類)に該当するものが無く、単純に隅が丸くなるものであった。

 3間に区分された羽目板部の場合、全方形枠Aタイプと全方形枠Cタイプは早い段階に出現し最近まで継続して認められるものであることが判明しており、4間に区分された羽目板部の状況とは矛盾しない。一方、単純に隅が丸くなるタイプは、4間に区分された羽目板部に特有なものと評価することができるだろう。
[PR]
by banbeimania | 2010-12-26 21:22 | 蕃塀を深める | Comments(0)

4間の羽目板部(その2)

 4間に区分された羽目板部を持つ石造連子窓型蕃塀は全部で4事例あるが、前回はこれを具体的に紹介した。今回は、若干の考察をしてみたい。

 この4事例を製作年代で整理すると、1920年に愛西市葛木八龍社例が、1923年にあま市(旧美和町)金岩白山社例が、1999年に名古屋市中川区元中野神明社例が、それぞれ製作されたことが分かるが、あま市(旧美和町)花長八所神社例は不明であった。また、製作者については、4事例とも不明である。

 この結果、4間に区分された羽目板部を持つ石造連子窓型蕃塀は大正時代と平成時代の2時期に製作されたことが分かる。その両者を比較すると、大正時代の4間に区分された羽目板部は縦に長い方形枠を有するものであったが、平成時代の4間に区分された羽目板部は正方形に近い方形枠を持つものであった。
[PR]
by banbeimania | 2010-12-25 22:16 | 蕃塀を深める | Comments(0)

4間の羽目板部(その1)

 これまでに、石造連子窓型蕃塀の羽目板部について詳しく検討している。連子窓型蕃塀の羽目板部は、連子窓部と基壇の間に当たる部分である。石造連子窓型蕃塀の中では紋様が最も華やかな部分でもある。そして、羽目板部の柱間が1間〜3間のものについて、前回までに一通り分析し終えた。今回からは羽目板部の柱間が4間のものについて考えていきたいと思う。これで石造連子窓型蕃塀の羽目板部についての考察を終える見通しである。

 この4間に区分された羽目板部を持つ石造連子窓型蕃塀は全部で4基存在する。具体的には名古屋市中川区元中野神明社、愛西市葛木八龍社、あま市(旧美和町)金岩白山社、あま市(旧美和町)花長八所神社の4社に事例が認められる。これを具体的に例示する。

e0113570_211089.jpg
        名古屋市中川区元中野神明社の蕃塀の羽目板部
e0113570_21101864.jpg
        愛西市葛木八龍社の蕃塀の羽目板部
e0113570_21103015.jpg
        あま市(旧美和町)金岩白山社の蕃塀の羽目板部
e0113570_21104310.jpg
        あま市(旧美和町)花長八所神社の蕃塀の羽目板部
[PR]
by banbeimania | 2010-12-24 21:11 | 蕃塀を深める | Comments(0)

1間の羽目板部(その5)

 1間巾の石造連子窓型蕃塀の羽目板部は、大きく4類に区分できた。これらを製作年代に並べてみると、1912年に御裳神社例が、1914年に富田神明社例が、1919年に河北二ツ屋神明社例が、1920年に船橋熊野神社例が、1926年に上野立野神社例が、1927年に稲沢市祖父江野田神明社例が、1975年に豊場神明社例が製作されており、縦羽目板タイプ→全面彫刻タイプ→方形枠タイプと家紋タイプの順に製作されたことが分かる。

 この結果、豊場神明社例を除き、昭和2年までに製作された非常に古いものが多いことが明らかになったといえよう。
[PR]
by banbeimania | 2010-12-23 22:49 | 蕃塀を深める | Comments(0)

1間の羽目板部(その4)

 1間巾の石造連子窓型蕃塀の羽目板部はその状態から4類に区分できるが、今回は、中央に家紋を置く「家紋タイプ」を検討する。

 この家紋タイプの羽目板部を持つ1間巾の石造連子窓型蕃塀は、稲沢市祖父江野田神明社のみに事例が認められる。これを具体的に例示する。

e0113570_0541658.jpg
          稲沢市祖父江野田神明社の蕃塀の羽目板部

 さて、この稲沢市祖父江野田神明社の蕃塀は1927年に製作されたことが分かるが、作者は不明であった。
[PR]
by banbeimania | 2010-12-22 00:54 | 蕃塀を深める | Comments(0)

1間の羽目板部(その3)

 1間巾の石造連子窓型蕃塀の羽目板部はその状態から4類に区分できるが、今回は、1区画全面に波涛上を飛翔する鳥の紋様が彫り込まれた「全面彫刻タイプ」を検討する。

 この全面彫刻タイプの羽目板部を持つ1間巾の石造連子窓型蕃塀は、稲沢市船橋熊野神社と丹羽郡大口町河北二ツ屋神明社の2社に事例が認められる。これを具体的に例示する。

e0113570_0192146.jpg
        稲沢市船橋熊野神社の蕃塀の羽目板部
e0113570_019414.jpg
        丹羽郡大口町河北二ツ屋神明社の蕃塀の羽目板部

 さて、これらを製作年代で整理すると、1919年に河北二ツ屋神明社例が、1920年に船橋熊野神社例が、それぞれ製作されたことが分かる。また、製作者については、船橋熊野神社例は名古屋市西区の角田六三郎であったが、河北二ツ屋神明社例は不明であった。
[PR]
by banbeimania | 2010-12-21 00:19 | 蕃塀を深める | Comments(0)

1間の羽目板部(その2)

 1間巾の石造連子窓型蕃塀の羽目板部はその状態から4類に区分できるが、今回は、1区画に方形枠を置く「方形枠タイプ」を検討する。

 この方形枠タイプの羽目板部を持つ1間巾の石造連子窓型蕃塀は犬山市橋爪熊野神社、犬山市上野立野神社、西春日井郡豊山町豊場神明社、の3社に事例が認められる。これを具体的に例示する。

e0113570_0594360.jpg
        犬山市橋爪熊野神社の蕃塀の羽目板部
e0113570_0595726.jpg
        犬山市上野立野神社の蕃塀の羽目板部
e0113570_101036.jpg
        西春日井郡豊山町豊場神明社の蕃塀の羽目板部

 さて、これらを製作年代で整理すると、1926年に上野立野神社例が、1975年に豊場神明社例が、それぞれ製作されたことが分かるが、橋爪熊野神社例は製作年代が不明である。また、製作者については、3事例とも不明であった。
[PR]
by banbeimania | 2010-12-20 01:00 | 蕃塀を深める | Comments(0)

1間の羽目板部(その1)

 1間巾の石造連子窓型蕃塀の羽目板部はその状態から4類に区分できるが、今回は、縦羽目板が数枚はめ込まれた「縦羽目板タイプ」を検討する。

 この縦羽目板タイプの羽目板部を持つ1間巾の石造連子窓型蕃塀は、一宮市富田神明社、一宮市御裳神社、丹羽郡大口町高橋諏訪社の3社に事例が認められる。これを具体的に例示する。

e0113570_7372168.jpg
        一宮市富田神明社の蕃塀の羽目板部
e0113570_737491.jpg
        一宮市御裳神社の蕃塀の羽目板部
e0113570_738732.jpg
        丹羽郡大口町高橋諏訪社の蕃塀の羽目板部

 さて、この両者を製作年代で整理すると、1912年に御裳神社例が、1914年に富田神明社例がそれぞれ製作されたことが分かるが、高橋諏訪社例は製作年代が不明である。また、製作者については、高橋諏訪社例が岐阜県多治見市の熊本石材店によって作られたことが分かるが、富田神明社例と御裳神社例は不明であった。

 この結果、縦羽目板タイプの羽目板部を持つ1間巾の石造連子窓型蕃塀は大正時代に製作された極めて古いタイプと考えることができる。
[PR]
by banbeimania | 2010-12-19 07:38 | 蕃塀を深める | Comments(0)