蕃塀(ばんぺい)にこだわったブログです。蕃塀は神社の拝殿の前にある衝立状の塀です。
by banbeimania
カテゴリ
全体
蕃塀とは(はじめに)
蕃塀30選
蕃塀の事例
蕃塀を深める
探索の記録
検索
よろしかったらお願いします。クリック! click!
人気blogランキングへ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

リンク
みちくさ学会
さぬき暮らし
あらいのじかん
愛知県神社庁
ひなたぼっこ
以前の記事
2013年 01月
2012年 06月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
最新のコメント
最近は全く更新していない..
by banbeimania at 08:18
通りすがりのものです。 ..
by サリー(宮総代の下っ端) at 20:29
皇室や糸屋ゆかりの大根焚..
by 環境大学新聞 at 15:08
とても魅力的な記事でした..
by 志望動機の書き方 at 09:43
はじめまして。 応援感..
by banbeimania at 22:08
はじめまして。 いつも..
by ならば at 13:02
いつも情報感謝しています..
by banbeimania at 01:02
最新のトラックバック
なんだろう?
from 龍を探して旅日記
【ネットができる宿|日本..
from ぱふぅ家のサイバー小物
岡崎市 レコード買取
from レコ-ド 買取
911 アメリカ 同時多..
from 【写真】 911 アメリカ ..
寺社建築の歴史図典
from ロドリゲスインテリーン
LOVE in Acti..
from ニコニコ笑う、トマトの笑顔な..
10・27請願受付の全容..
from 【日本を】10ゲ7『日本解体..
タグ
(1364)
(148)
(99)
(87)
(71)
(38)
(29)
(25)
(23)
(22)
(19)
(15)
(15)
(12)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(5)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:八劔社 ( 29 ) タグの人気記事

西春日井郡春日町落合八劔社の蕃塀

 西春日井郡春日町大字落合字御中に所在する八劔社は、創建年代などの由緒は不明である。境内にある名所案内板によれば、社宝(獅子頭や狛犬)などからみて室町時代末期の創建と推定されている。本社は春日町大字落合の総社であるという。祭神は日本武尊である。

 落合八劔社の蕃塀は、3間巾の木造桟瓦葺き連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約3.9m、全高約2.5m、屋根長約5.0m、屋根巾約1.5mを測り、両側に控え柱を持つ。

 詳細の構造は次の通り。コンクリート製基壇上に構築されるが、羽目板部がコンクリートに覆われており、その内部構造は不明である。礎石や布基礎の有無は確認できないが、円柱を4本立てて下から順に腰長押、内法長押を通し、上端は棟木を渡す。内法長押の上位に雲形肘木と簡略化された雲形腕木を架し、表裏両面の出桁を支え垂木を渡して屋根板を載せている。屋根は切妻造りの直線屋根で、桟瓦葺きされていた。大棟は棟込瓦で造られ、その両端には鬼瓦が置かれている。蕃塀の中央には竪連子窓が設けられており、その上には横羽目板が嵌め込まれていた。控え柱は全て木製で造られており、その先端は少し尖っている。控え柱とは別に鉄製支え棒が斜めに渡され、倒壊を防止している。控え柱の基部には礎石が存在するが、木柱の下端は腐食しており宙に浮いた状態となっていた。

 落合八劔社は、正面から神門、灯籠、鳥居、蕃塀、狛犬、壁の無い吹き抜けの妻入拝殿、灯籠、狛犬、渡殿から基壇上の本殿施設群(祭文殿や本殿など)に至る構成を持つ。

 落合八劔社の蕃塀は、製作年代や作者は不明である。本蕃塀は基礎部分の傷みが激しく、控え柱は宙に浮いた状態であり、かつ本体はコンクリートで覆うことで補強されていた。木造蕃塀は傷みが速いということであろうか。また、ボール遊びなどの損傷を避けるためか、蕃塀の前面に金網が設置されており、その金網に注連縄が結ばれていた。蕃塀の正面左端に「新年祈願祭ご祈祷受付」の看板が設置されているが、金網によってその表示は見にくい。
e0113570_15212658.jpg

[PR]
by banbeimania | 2009-05-06 15:24 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

名古屋市中川区東中島八劔社の蕃塀

 名古屋市中川区東中島町5丁目に所在する八劔社は、創建年代などの由緒は不詳である。社名からみて、祭神は日本武尊と推測される。

 東中島八剱社の蕃塀は、3間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約2.6m、全高約2.4m、屋根長約3.4m、屋根巾約0.5mを測り、両側には控え柱を持たない。

 詳細の構造は次の通り。基壇を持たず直接地面に礎石と石製布基礎を置き、礎石上に円柱を2本立てて屋根石を載せている。円柱の内側には下から羽目板部、腰貫、連子窓部、内法貫、欄間部の順に材を積み重ねている。羽目板部は幅広の角柱による束柱を1本立て2区画に分けられ、両区画の表面には波涛上に飛翔する鳥紋が表現されていた。右側の羽目板裏面には、「昭和四十九年八月建之 奉賛会員一同 順不同 (人名34名分)」の文字が刻まれていた。欄間部は中央に「八劔社」と記された扁額を置き2区画に分けられ、両区画の表面には双龍紋が表現されており、上端部が狭い透かしとなっていた。円柱の柱頭には腕木板が前後と外側にあり、連子窓部は角柱を12本立てて竪連子に造られている。屋根は寄棟状に切り出された直線屋根で、上部に載せた棟木石の両端はわずかに外側に突き出ている。

 東中島八剱社は、正面から鳥居、灯籠、蕃塀、狛犬、コンクリート造拝殿、コンクリート造渡殿から基壇上のコンクリート造本殿施設群に至る構成を持つ。

 東中島八剱社の蕃塀は、昭和49年(1974)に製作されたが、作者は不明である。本蕃塀は、羽目板部の表面に波涛上に飛翔する鳥紋が描かれているものである。このような事例は、これまで紹介してきた蕃塀の中では一宮市北小渕大明神社の蕃塀(1916)・丹羽郡大口町河北二ツ屋神明社の蕃塀(1919)・稲沢市船橋熊野神社の蕃塀(1920)・海部郡七宝町藤島神社の蕃塀(1921)・一宮市更屋敷八劔神社の蕃塀(1921)・稲沢市横地白山社の蕃塀(1922)・江南市宮田川島神社の蕃塀(1923)・一宮市春明神明社の蕃塀(1924)・稲沢市平和須ヶ谷八幡社の蕃塀(1924)・北名古屋市鹿田十所社の蕃塀(1924)・海部郡美和町二ツ寺神明社の蕃塀(1925)・稲沢市平和法立神明社の蕃塀(1926)・稲沢市祖父江三丸渕寺東神明社の蕃塀(1927)・一宮市浅井小塞神社の蕃塀(1927)・海部郡美和町中橋神明社の蕃塀(1927)・稲沢市裳咋神社の蕃塀(1928)・江南市宮田大明神社の蕃塀(1929)・愛西市由乃伎神社の蕃塀(1930)・丹羽郡大口町大字秋田字郷裏八王子社の蕃塀(1930)・一宮市丹陽森本六所社の蕃塀(1930)・一宮市立野天神社の蕃塀(1932)・一宮市丹陽三ツ井休郷八幡社の蕃塀(1934)・稲沢市儀長貴船社(1936)・稲沢市祖父江高熊八幡社(1937)・朝宮神社の蕃塀(不明)の22例がある。この結果、本蕃塀は羽目板部の表面に波涛上に飛翔する鳥紋が描かれるもののうち、桁外れに新しいものであることが分かる。(4月22日に加筆修正した)
e0113570_2238951.jpg

[PR]
by banbeimania | 2009-04-20 22:36 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

名古屋市中川区五女子八劔社の蕃塀

 名古屋市中川区五女子町3丁目(八熊町字下脇)に所在する八劔社は、寛永2年(1625)に尾州和加部守が戦勝祈願のため創建されたと、境内にある由緒書きに記されていた。祭神は日本武尊である。

 五女子八剱社の蕃塀は、3間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約2.8m、全高(現状)約1.8m、屋根長約3.6m、屋根巾約0.6mを測り、両側には控え柱を持たない。

 詳細の構造は次の通り。基礎部分と羽目板部の一部が土砂に埋もれてしまっており、基礎構造を知ることはできない。円柱を2本立てて屋根石を載せており、その円柱の内側には下から羽目板部、腰貫、連子窓部、内法貫、欄間部の順に材を積み重ねている。羽目板部は円柱による束柱を2本立て3区画に分けられ石板が嵌め込まれ、その表面には角を丸く加工した方形枠が設けられていた。裏面には、左側の羽目板で「指定村社⊏ 昇格紀⊏ 昭和十一年十月⊏」、中央と右側の羽目板でそれぞれ所属+人名が8名分以上の文字が刻まれていた。欄間部は中央に「八劔社」と記された扁額を置き2区画に分けられるが、両側の区画にわたって単龍紋が表現されていた。円柱の柱頭には腕木板が前後にあり、連子窓部は角柱を9本立てて竪連子に造られている。屋根は寄棟状に切り出された直線屋根で、上部に載せているはずの棟木石は欠損していた。

 五女子八剱社は、正面から灯籠、鳥居、蕃塀、灯籠群、狛犬、壁の無い吹き抜けの妻入拝殿、灯籠、渡殿から基壇上の本殿施設群(祭文殿や本殿など)に至る構成を持つ。

 五女子八剱社の蕃塀は、昭和11年(1936)に製作されたが、作者は不明である。本蕃塀のように単龍紋の中央に扁額を配置させるものには、愛知神明社の蕃塀(1921)と尾崎白山社の蕃塀(1920)がある程度で、やや珍しいものといえよう。本蕃塀は既出の2事例よりも新しいが、一見して単龍紋と判断できない形に彫刻されているものであり、相互の影響関係は薄いと思われる。本蕃塀の最大の特徴は、基礎部分が相当の高さで埋もれている点であり、昭和11年(1936)以降に参道が相当にかさ上げされたものと考えられる。
e0113570_2330369.jpg

[PR]
by banbeimania | 2009-04-18 23:31 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

名古屋市中川区長良八劔社の蕃塀

 名古屋市中川区長良町4丁目に所在する八劔社は、元文元年(1736)に創建されたと伝えられる。本殿は昭和11年に新築されたが、昭和38年に焼失、昭和43年に再建された。神明社と八幡社が合祀されている。主祭神は日本武尊と草薙御劔である。

 長良八剱社の蕃塀は、3間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約3.3m、全高約2.6m、屋根長約4.3m、屋根巾約0.6mを測り、両側に控え柱を持つ。

 詳細の構造は次の通り。切り石で囲まれた低いコンクリート製基壇に礎石と石製布基礎を置き、礎石上に円柱を2本立てて屋根石を載せている。円柱の内側には下から羽目板部、腰貫、連子窓部、内法貫、欄間部の順に材を積み重ねている。羽目板部は角柱による束柱を2本立て3区画に分けられ石板が嵌め込まれ、その表面には角を丸く加工した方形枠が設けられていた。中央の羽目板裏面には「奉納 昭和十一年十月建之 子丑歳厄祝記念 (人名4名分)」の文字が刻まれていた。欄間部は頭部を両端に配置された双龍紋が彫刻されており、中央には扁額などを持たない。円柱の柱頭には腕木板が前後にあり、連子窓部は角柱を13本立てて竪連子に造られている。屋根は寄棟状に切り出された反り屋根で、上部に載せた棟木石の両端は外側にわずかに突き出ている。控え柱は全て石製で、頭部は宝珠に作られていた。

 長良八剱社は、正面から灯籠、一の鳥居(木造)、蕃塀、灯籠、二の鳥居(石造)、灯籠、狛犬、壁の無い吹き抜けの妻入拝殿、狛犬、渡殿から基壇上の本殿施設群(祭文殿や本殿など)に至る構成を持つ。

 長良八剱社の蕃塀は、昭和11年(1936)に製作されたが、作者は不明である。本殿が昭和11年に新築されたというので、それに合わせて蕃塀も構築されたのであり、昭和38年の不審火による焼失は免れたのだろう。本蕃塀は、欄間部の高さが高く、結果として双龍紋が強調されたものとなっている。昭和10年前後の石造連子窓型蕃塀にはこのような事例が多いように感じられる。
e0113570_22384819.jpg

[PR]
by banbeimania | 2009-04-17 22:42 | 蕃塀の事例 | Comments(2)

小牧市舟津八剱社の蕃塀

 小牧市大字船津字一色に所在する八剱社は、創建年代などの由緒は不明である。社名からみて、祭神は日本武尊と推測される。

 船津八剱社の蕃塀は、3間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約2.7m、全高約2.3m、屋根長約3.6m、屋根巾約0.7mを測り、両側に控え柱を持つ。

 詳細の構造は次の通り。基壇や礎石を持たず直接地面に円柱を2本立ててその上に屋根石を載せる。なお、基礎構造は土砂に埋もれてしまっている可能性も考えられる。円柱の内側には下から羽目板部、腰貫、連子窓部、内法貫、欄間部の順に材を積み重ねている。羽目板部は円柱による束柱を2本立て3区画に分けられ、表面は全ての区画で角を丸く加工した方形枠が表現されていた。裏面も左右の区画で角を丸く加工した方形枠が設けられているが、中央の羽目板裏面には「昭和十二年一月 寄附者 (人名4名分)」の文字が記されていた。欄間部は「八劔社」と記された扁額を置き、その両側には角を丸く加工した方形透かしが施されていた。円柱の柱頭に腕木板が前後にあり、連子窓部は角柱を9本立てて竪連子に造られている。屋根は寄棟状に切り出された直線屋根で、上部に載せた棟木石の両端はわずかに外側に突き出ている。控え柱は全て石製で造られており、前側の控え柱の頭部は折損しており、前側の控え柱の頭部には特に装飾は見られなかった。前側の控え柱にのみ礎石風のコンクリート基礎が設けられていた。

 船津八剱社は、正面から神門、一の鳥居、灯籠、二の鳥居、百度石、蕃塀、灯籠、狛犬、壁の無い吹き抜けの妻入拝殿、灯籠、狛犬から基壇上の本殿施設群(祭文殿や本殿など)に至る構成を持つ。

 船津八剱社の蕃塀は、昭和12年(1937)に製作されたものだが、作者は不明である。一般に蕃塀は、控え柱を持つ場合、前後の控え柱は同じ形状となっているものである。ところが、本蕃塀は控え柱の基礎構造と頭部の形状が前後で相違する点に大きな特徴がある。おそらく前後のどちらかが後で造り直されたものと想像するが、どちらが先かは特定できない。
e0113570_21461253.jpg

[PR]
by banbeimania | 2009-03-02 21:47 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

江南市島宮八剱社の蕃塀

 江南市島宮町郷内に所在する八劔社は、創建年代などの由緒は不明である。『寛文村々覚書』には島宮村に八剱大明神があると記され、本社はこれに該当する。社名からみて、祭神は日本武尊と推測される。

 島宮八劔社の蕃塀は、3間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約3.0m、全高約2.5m、屋根長約3.4m、屋根巾約0.7mを測り、両側に控え柱を持つ。

 詳細の構造は次の通り。切り石で周囲を囲まれたコンクリート製基壇に礎石を置き、礎石上に円柱を2本立ててその上に屋根石を載せる。円柱の内側には下から地貫、羽目板部、腰貫、連子窓部、内法貫、欄間部の順に材を積み重ねている。羽目板部は円柱による束柱を2本立て3区画に分けられ、表面は全ての区画で角を丸く加工した方形枠が表現されていた。裏面も全ての区画で角を丸く加工した方形枠がほどこされ、「寅卯辰會 初老有志 記念 順不同 (地名+人名11名分) 石工亀山銀造」の文字が記されていた。左側の円柱裏面には「昭和七年八月建之」と刻まれている。欄間部は中央に扁額や束柱を持たずに双龍紋が彫刻され、その双龍紋は頭部を左端と中央寄りに配置されるCタイプであった。円柱の柱頭に独特の形状をした腕木板が前後と外側にあり、連子窓部は角柱を13本立てて竪連子に造られている。屋根は入母屋状に切り出された反り屋根で、上部に載せた棟木石の両端は外側に突き出ている。控え柱は全て石製で、頭部は宝珠に形作られていた。

 島宮八劔社は、正面から鳥居、百度石、蕃塀、神馬、灯籠と狛犬群から基壇上の本殿施設群(祭文殿や本殿など)に至る構成を持つ。蕃塀と灯籠・狛犬群の間に広い空間があることから、本来はここに拝殿が存在したものと考えられる。

 島宮八劔社の蕃塀は、昭和7年(1932)に江南市古知野の石工亀山銀造によって製作されたものである。石工亀山銀造による蕃塀には、一宮市西海戸愛宕社の蕃塀(1925)と江南市赤童子白山社の蕃塀は(1926)がある。本蕃塀は、近在する樹木の根によって地面が隆起したため、右側の基礎部分が破損している。
e0113570_905478.jpg

[PR]
by banbeimania | 2009-02-15 09:01 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

岩倉市石仏八剱社の蕃塀

 岩倉市石仏町往還東南に所在する八劔社は、創建年代などの由緒は不詳である。拝殿内の掲示によれば、祭神は須佐之男命である。

 石仏八劔社の蕃塀は、3間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約2.4m、全高約2.2m、屋根長約3.3m、屋根巾約0.7mを測り、両側に控え柱を持つ。

 詳細の構造は次の通り。切り石で周囲を囲まれたコンクリート製基壇に礎石と布基礎を置き、礎石上に円柱を2本立ててその上に屋根石を載せる。円柱の内側には下から羽目板部、腰貫、連子窓部、内法貫、欄間部の順に材を積み重ねている。羽目板部は円柱による束柱を2本立て3区画に分けられ、表面は全ての区画に獅子紋が彫刻されていた。裏面は、左側の羽目板に「昭和十三年一月 初老紀念」、中央の羽目板に人名3名分、右側の羽目板に「(人名4名分) 岩倉町 石工石甚」の文字が刻まれている。欄間部は、中央に扁額を持たず、頭部を中央に寄せて配置される双龍紋が施されていた。円柱の柱頭に腕木板は前後にあり、連子窓部は角柱を9本立てて竪連子に造られている。屋根は寄棟状に切り出された反り屋根で、棟木石は外側に突き出ている。控え柱は全て石製で、頭部は宝珠に造られていた。

 石仏八劔社は、正面から神門、灯籠、鳥居、参道を直角に折れて、灯籠、蕃塀、狛犬、灯籠、狛犬、壁の無い吹き抜けの妻入拝殿、灯籠、渡殿から基壇上の本殿施設群(祭文殿や本殿)に至る構成を持つ。

 石仏八劔社の蕃塀は、昭和13年(1938)に岩倉の石工石甚によって製作されたものである。この石甚は現在岩倉市中本町に所在する有限会社石甚石材店に相当すると思われる。石工石甚による蕃塀はその類例を今のところ知られていない。ところで、一宮市瀬部八剱社の蕃塀(1925)は、岩倉市の石工山本甚五郎によって製作されたものであるが、ここで登場した岩倉の石工石甚との関係が気になるところである。
e0113570_119490.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-12-28 11:24 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

岩倉市八剱町八剱社の蕃塀

 岩倉市八剱町郷に所在する八劔社は、創建年代などの由緒は不詳である。境内には由緒書きがあるが、石碑が大きすぎて読みにくく判読できていない。社名からみて、祭神は日本武尊と思われる。

 八剱町八劔社の蕃塀は、3間巾の木造銅板葺き連子窓型蕃塀である。大きさは概略で、本体長約3.4m、全高約2.7m、屋根長約4.7m、屋根巾約1.6mで、両側に控え柱を持つ。

 詳細の構造は次の通り。切り石で周囲を囲まれたコンクリート製基壇に石製布基礎を置き、その上に円柱を4本立てて下から順に地貫、腰長押、内法長押を通し、上端は棟木を渡す。内法長押の上位に方形肘木と方形腕木を架し、表裏両面の出桁を支え垂木をまばらに渡して屋根板を載せている。屋根は切妻造りの反り屋根で、銅板が一文字葺きされていた。大棟も銅板で造られ、その両端には鬼板が置かれている。蕃塀の中央には竪連子窓が設けられており、その上下には縦羽目板が嵌め込まれていた。下の羽目板には横桟が渡されていた。控え柱は石製、控え貫は木製で造られている。

 八剱町八劔社は、正面から神門、灯籠、鳥居、神木、灯籠、蕃塀、灯籠、壁の無い吹き抜けの妻入拝殿、狛犬、渡殿から基壇上の本殿施設群(祭文殿や本殿)に至る構成を持つ。

 八剱町八劔社の蕃塀は、製作年代や作者は不明である。かつて、木造連子窓型蕃塀を肘木と腕木の装飾の組み合わせで9つの類型に分けたことがあるが、本蕃塀のように肘木と腕木が共に方形となるもの(Eタイプ)には、丹羽郡大口町堀尾跡八剱社・丹羽郡大口町外坪神明社・犬山市大屋敷三明神社の蕃塀などがある。この結果から見て、肘木と腕木が共に方形となるもの(Eタイプ)は、旧丹羽郡に多く見られるものと思われる。
e0113570_22594487.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-12-25 23:00 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

岩倉市野寄八劔社の蕃塀

 岩倉市野寄町屋敷イに所在する八劔社は、創建年代などの由緒は不詳である。社名からみて、祭神は日本武尊と推測される。

 野寄八剱社の蕃塀は、2間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約2.0m、全高約1.9m、屋根長約2.6m、屋根巾約0.5mを測り、両側には控え柱を持たない。

 詳細の構造は次の通り。切り石で周囲を囲まれたコンクリート製基壇に礎石と布基礎を置き、礎石上に円柱を2本立ててその上に屋根石を載せる。円柱の内側には下から羽目板部、腰貫、連子窓部、内法貫、欄間部の順に材を積み重ねている。羽目板部は幅広の角柱による束柱を1本立て2区画に分けられ、表面は両区画で角を丸く加工した方形枠が設けられていた。左側の羽目板裏面には「米寿記念 (人名8名分) 平成十三年四月吉日 岩倉石工 石銀」の文字が刻まれ黒色に塗られていた。欄間部は幅広の角柱による束柱を1本立て2区画に分けられ、隅丸方形の透かしが開いている。円柱の柱頭に腕木板は前後と外側にあり、連子窓部は角柱を6本立てて非常にまばらな竪連子に造られている。屋根は切妻状に切り出された反り屋根で、棟木石は外側に突き出ている。

 野寄八剱社は、正面から鳥居、神門、蕃塀、灯籠、壁の無い吹き抜けのコンクリート造妻入拝殿、灯籠、狛犬から基壇上の本殿施設群(祭文殿や本殿など)に至る構成を持つ。

 野寄八剱社の蕃塀は、平成13年(2001)に岩倉市の石工石銀によって製作されたものである。石銀は岩倉市曽野町に所在する有限会社石銀石材に該当すると思われ、その作品には本蕃塀の他に一宮市千秋加納馬場松下津島社の蕃塀(1969)がある。両者とも形状はシンプルでありかつ端正な印象を持つものである。
e0113570_22265457.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-12-22 22:27 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

清須市寺野八劔社の蕃塀

 清須市寺野字上古川に所在する八劔社は、創建年代などの由緒は不明である。社名からみて、祭神は日本武尊と推測される。

 寺野八劔社の蕃塀は、3間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約2.6m、全高約2.6m、屋根長約3.3m、屋根巾約0.7mを測り、両側に控え柱を持つ。

 詳細の構造は次の通り。コンクリート製基壇に礎石と布基礎を置き、円柱を2本立ててその上に屋根石を載せる。円柱の内側には下から羽目板部、腰貫、連子窓部、内法貫、欄間部の順に材を積み重ねている。羽目板部は幅広の角柱による束柱を2本立て3区画に分けられているが、表面は左右の区画に倒立する獅子紋が、中央の区画に竹に虎紋が彫刻されていた。中央の羽目板裏面には「昭和三十年四月 還暦記念 (人名2名分)」の文字が刻まれていた。欄間部は、中央に扁額を持たず頭部を右端と中央寄りに置く双龍紋が表現されていた。円柱の柱頭に腕木板は前後と外側にあり、連子窓部は角柱を10本立てて竪連子に造られている。屋根は寄棟状に切り出された反り屋根で、棟木石の両端に鬼板が置かれている。控え柱も全て石製で、頭部は宝珠に造られていた。

 寺野八劔社は、非常に狭い境内に正面から灯籠、鳥居、灯籠、蕃塀、灯籠、壁の無い吹き抜けの妻入拝殿、灯籠、狛犬から基壇上の本殿施設群(祭文殿や本殿など)に至る構成を持つ。

 寺野八劔社の蕃塀は、昭和30年(1955)に製作されたが、作者は不明である。石造連子窓型蕃塀の欄間部には龍紋が表現される事例が多く、これについて大分以前にAタイプ〜Eタイプの5つの類型に分けたことがある。Aタイプは扁額を持たず頭部を両端に配置する双龍紋、Bタイプは扁額を持ち頭部を両端に配置する双龍紋、Cタイプは頭部を左端とほぼ中央に配置する双龍紋。Dタイプは頭部を中央に寄せた双龍紋、Eタイプは左向きの単龍紋の5種である。寺野八劔社の蕃塀は、Cタイプの左右逆のパターンであり、このいずれにも該当しないもので、珍しいものといえよう。
e0113570_21283565.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-11-18 21:28 | 蕃塀の事例 | Comments(0)