蕃塀(ばんぺい)にこだわったブログです。蕃塀は神社の拝殿の前にある衝立状の塀です。
by banbeimania
カテゴリ
全体
蕃塀とは(はじめに)
蕃塀30選
蕃塀の事例
蕃塀を深める
探索の記録
検索
よろしかったらお願いします。クリック! click!
人気blogランキングへ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

リンク
みちくさ学会
さぬき暮らし
あらいのじかん
愛知県神社庁
ひなたぼっこ
以前の記事
2013年 01月
2012年 06月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
最新のコメント
最近は全く更新していない..
by banbeimania at 08:18
通りすがりのものです。 ..
by サリー(宮総代の下っ端) at 20:29
皇室や糸屋ゆかりの大根焚..
by 環境大学新聞 at 15:08
とても魅力的な記事でした..
by 志望動機の書き方 at 09:43
はじめまして。 応援感..
by banbeimania at 22:08
はじめまして。 いつも..
by ならば at 13:02
いつも情報感謝しています..
by banbeimania at 01:02
最新のトラックバック
なんだろう?
from 龍を探して旅日記
【ネットができる宿|日本..
from ぱふぅ家のサイバー小物
岡崎市 レコード買取
from レコ-ド 買取
911 アメリカ 同時多..
from 【写真】 911 アメリカ ..
寺社建築の歴史図典
from ロドリゲスインテリーン
LOVE in Acti..
from ニコニコ笑う、トマトの笑顔な..
10・27請願受付の全容..
from 【日本を】10ゲ7『日本解体..
タグ
(1364)
(148)
(99)
(87)
(71)
(38)
(29)
(25)
(23)
(22)
(19)
(15)
(15)
(12)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(5)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:式内社 ( 99 ) タグの人気記事

名古屋市熱田神宮の蕃塀(3)

 名古屋市熱田区神宮1丁目に所在する熱田神宮の蕃塀については、すでに事例紹介している。しかし、これは平成21年(2009)10月に建て替えられる前の蕃塀であり、現在は新しく蕃塀が新造されている。今回はこの新蕃塀を紹介する。

 熱田神宮は平成25年(2013)に創祀1900年の節目を迎えるに際して、平成19年(2007)から記念造営事業を行っている。このうち、蕃塀は本宮社殿などとともに改築され、平成21年(2009)10月に「本宮遷座祭」が行われた際に披露された。

 この熱田神宮の蕃塀(新)は3間巾の木造衝立型蕃塀で、大きさは概略で本体長約6.5m、全高約3.0m、屋根長約7.5m、屋根巾約0.4mを測り、両側に控え柱を持たない。

 詳細の構造は次の通り。自然石で周囲を巡らせた白色玉石敷きの基壇に礎石を一列に並べ、その上に円柱を4本立てて巾を3間とし上部に屋根(笠木)を載せている。腰板(礎石直上)の貫と笠木直下の貫を渡し、その間の塀本体は横羽目板が嵌め込まれている。羽目板は各間に節をほとんど持たない美しい板目板材が6枚使用されていた。笠木(屋根)は断面がホームベース形の五角形となっていて、上面に銅板が葺かれている。

 蕃塀の配置については、本宮の拝所である外玉垣御門の正面の位置にあり、現在の参道の縁に所在する。したがって、現状では参拝者に対して目隠しをするような配置とはなっていない。

 さて、この熱田神宮の蕃塀(新)と建て替えられる前の蕃塀(旧)を比較してみる。蕃塀が建てられた位置は不変で、かつ基壇は全く同一であり、旧来のものをそのまま活用されていたようである。規模や構造もほぼ同一であったが、唯一変化が見られたのは腰板の貫の構造である。蕃塀(旧)では白木のままであったのが、蕃塀(新)では笠木と同様に上面に銅板が葺かれていた。また、4本の円柱の最下部も蕃塀(新)では銅板が巻かれていた。これらの構造は風雨による腐食を防ぐための工夫と考えられ、前代の蕃塀を改良したものと理解される。こうした工夫は、伊勢神宮の蕃塀には認められないが、20年ごとに御遷宮を行わない熱田神宮の蕃塀には必要な処置であったと理解されよう。
e0113570_21543441.jpg

[PR]
by banbeimania | 2010-05-05 21:55 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

蕃塀30選(No1)皇大神宮の蕃塀

e0113570_22182893.jpg
 三重県伊勢市五十鈴川上に所在する皇大神宮の蕃塀は、3間巾の木造衝立型蕃塀である(詳細はこちら)。

 皇大神宮(内宮)は、国道23号の終点がほぼ入り口となる大社である。
e0113570_22184349.jpg

 皇大神宮では、蕃塀は御正宮の東西南北の四面と、御酒殿・由貴御倉・忌火屋殿の各前面に、それぞれ1基ずつ存在し、合計7基がある。ここでは御正宮に伴う蕃塀を取り上げたい。現在の皇大神宮御正宮の蕃塀は、20年の一度行われる式年遷宮により、建造物としては20年以上遡ることはないが、古い構造がそのまま再現されているものと理解できる。4基のうち、皇大神宮御正宮南面の蕃塀を間近に見ることができるが、これは御正宮南御門の外側で石段となっている参道の下に存在する。その構造は、基壇を持たずに掘立柱で柱を立てて、石列の上に地貫を置くという特徴があり、覆板の上面も白木である。

 本蕃塀は、豊受大神宮と同様に、美しい白木造りで気品にあふれている。蕃塀30選の最初にこの事例を選出しておきたい。
[PR]
by banbeimania | 2010-04-25 22:20 | 蕃塀30選 | Comments(0)

蕃塀30選(No3)熱田神宮の蕃塀

e0113570_0461634.jpg
 名古屋市熱田区神宮1丁目1番地1号に所在する熱田神宮の蕃塀は、3間巾の木造衝立型蕃塀である。(詳細はこちら)。

 熱田神宮は、名鉄名古屋本線の神宮前駅の西に所在する大社である。
e0113570_0465940.jpg

 現在の熱田神宮の蕃塀は、平成21年の創祀千九百年を記念した造営の際に新造されたものである(写真はその前代の蕃塀)。新造された蕃塀をまだ実見していないので、ここでは前代の蕃塀を紹介しているが、簡素な形状である上に良材が使用されていて、品格と風格にあふれているものである。当初、少なくとも宝暦2年(1752)以前から、熱田神宮には木造連子窓型蕃塀があったのだが、明治26年(1893)に尾張造りを神明造りに変えた際に現在のような木造衝立型蕃塀に変更されたものである。

 大型の木造衝立型蕃塀は、質素であるが故に品格に満ちあふれているものであり、熱田神宮の蕃塀はその代表的な事例として、選出しておきたい。
[PR]
by banbeimania | 2010-04-22 23:25 | 蕃塀30選 | Comments(0)

蕃塀30選(No5)尾張大国霊神社の蕃塀

e0113570_23192351.jpg
 稲沢市国府宮1丁目1番地1号に所在する尾張大国霊神社の蕃塀は、3間巾の木造連子窓型蕃塀である(詳細はこちら)。

 尾張大国霊神社は、名鉄名古屋本線「国府宮」駅の直ぐ東に位置する。国府宮駅の東口を出てまっすぐ東に向いて歩けば、約200mで幅広い参道に行き当たる。参道を北に進むと社殿の入り口に相当する楼門に至り、楼門の奥に蕃塀が控えている。
e0113570_23193319.jpg

 尾張大国霊神社の蕃塀は、桧皮葺き屋根の木造連子窓型蕃塀の中では、本体長が津島神社に次ぐ最大級のものである。正徳3年(1714)以前に建立され、天保6年(1835)に屋根を総葺替されたものと推察される。木造連子窓型蕃塀で、尾張大国霊神社の蕃塀のように羽目板部が横板になる事例は珍しい。垂木に装飾があり細工が細かいが、全体としては重厚感にあふれている。

 尾張五社に格付けされる尾張大国霊神社の蕃塀は、その社格にふさわしい存在感を持っており、蕃塀30選に選出しておきたい。
[PR]
by banbeimania | 2010-04-20 23:21 | 蕃塀30選 | Comments(0)

蕃塀30選(No6)針綱神社の蕃塀

e0113570_10433745.jpg
 犬山市大字犬山字北古券65番地1号に所在する針綱神社の蕃塀は、3間巾の木造連子窓型蕃塀である(詳細はこちら)。

 針綱神社は、国宝犬山城の南麓に位置する。名鉄犬山線の犬山駅から西に県道183号線を約600m進み、「本町」の交差点を右折し北へ約600m進むと、正面に犬山城のもとに鎮座する左手に針綱神社が見えてくる。
e0113570_10435814.jpg

 針綱神社の蕃塀は、銅板葺き屋根の木造連子窓型蕃塀の中では、本体長が京都市岡崎神社例に次ぐ最大級のものである。現在の蕃塀は本殿などの社殿の正面に位置するが、参道の途上にはないので、本来の位置に存在しているわけではない。1841年作の『尾張名所図会後編』には名栗に遷座された段階の蕃塀が描かれているが、1882年に現在地に神社が遷座された際に、これが移築された可能性が考えられる。

 尾張五社に格付けされる針綱神社の蕃塀は、その社格に見合う雄大さを誇っており、蕃塀30選に、選出しておきたい。
[PR]
by banbeimania | 2010-04-18 10:45 | 蕃塀30選 | Comments(0)

蕃塀30選(No8)両社宮神社の蕃塀

e0113570_23165390.jpg
 春日井市宮町字宮町1番地に所在する両社宮神社の蕃塀は、3間巾の木造連子窓型蕃塀である(詳細はこちら)。

 両社宮神社は、名鉄小牧線の春日井駅の北東約400mで、春日井市立春日井小学校の東隣に位置する。県道362号線の「宮町南」の交差点から細い道を西に向かい約200m進むと、右手(北側)に両社宮神社の二の鳥居に至る。蕃塀は二の鳥居の先に存在する。
e0113570_2317044.jpg

 両社宮神社の蕃塀は、木造連子窓型蕃塀の中で本体長が15番目に長い規模の大きめの蕃塀である。反りのある銅板葺き屋根で、大棟の両端に鬼置くものである。全体の構造はやや重厚な感じであるが、蕃塀の前に金網が覆っている点はやや興醒めである。蕃塀の両脇に幟と灯籠が並び、蕃塀の前後で地面の状態が異なっている。こうした状況は、蕃塀が神域を画する施設であることを示しているかもしれない。

 両社宮神社は銅板葺き反り屋根の木造連子窓型蕃塀の典型的事例として、また蕃塀の存在意義を考える上でさまざまな付属施設を備えている点を重視して、選出しておきたい。
[PR]
by banbeimania | 2010-04-16 23:18 | 蕃塀30選 | Comments(0)

蕃塀30選(No9)石巻神社の蕃塀

e0113570_22432656.jpg
 豊橋市石巻町字金割1番地に所在する石巻神社(下社)の蕃塀は、3間巾の木造連子窓型蕃塀である(詳細はこちら)。

 石巻神社は、石巻山の北西山麓に位置する。国道362号線の「和田辻」の交差点から県道31号線(東三河環状線)を南下し、4番目にある信号のある「石巻登山口」交差点を左折し東へ向かって県道379号線を約1km進むと、左手(北側)に石巻神社下社の社叢が見える。
e0113570_22434177.jpg

 石巻神社の蕃塀は、これまで私が確認している蕃塀の中で三河地方に存在する唯一事例である(豊田市内に例が存在するようであるが、それでも東三河では唯一となる)。木造連子窓型蕃塀の中で、津島神社・京都市岡崎神社・尾張大国霊神社・針綱神社に次いで5番目に本体長が長い規模の大きな蕃塀となっている。銅板葺き直線屋根で、全体の構造は直線的でシンプルである。羽目板部の補修痕がやや痛々しい感は否めないが、八名郡唯一の式内社である神社に存在する点に意義があるといえよう。

 最東端に位置する蕃塀として選出しておきたい。
[PR]
by banbeimania | 2010-04-15 22:45 | 蕃塀30選 | Comments(0)

蕃塀30選(No10)於保大神社の蕃塀

e0113570_21512618.jpg
 一宮市大和町於保字郷中2311番地に所在する於保大神社の蕃塀は、3間巾の木造連子窓型蕃塀である(詳細はこちら)。

 於保大神社は、名鉄名古屋本線の「島氏永」駅の西約300mに位置する。県道65号線を「稲島」交差点から北へ向かって進み、3番目の信号のある場所の左手(西側)に於保大神社の社殿が見える。
e0113570_21513429.jpg

 木造連子窓型蕃塀のうち、桟瓦葺き屋根の事例はこれまでに全部で19基が確認されているが、於保大神社の蕃塀はその中で本体長の数値が最大となるものである。屋根側面に並掛瓦が使用され造作は丁寧であるが、直線屋根で全体をみるとシンプルな構造となっている。蕃塀の前に「祓所」の結界が存在するのは注目される。

 於保大神社の蕃塀は、桟瓦葺き屋根の木造連子窓型蕃塀の代表的事例として選出しておきたい。
[PR]
by banbeimania | 2010-04-14 21:53 | 蕃塀30選 | Comments(0)

蕃塀30選(No15)魚入神社の蕃塀

e0113570_23221355.jpg
 江南市小杁町八幡東96番地に所在する魚入神社の蕃塀は、3間巾の石造連子窓型蕃塀である(詳細はこちら)。

 魚入神社は、江南市立草井小学校の南南西約200mに位置する。県道154号線の「村久野」の交差点を北に進み、2番目の信号のある交差点を過ぎるとその左手が魚入神社である。
e0113570_23224936.jpg

 魚入神社の蕃塀は、1911年に岡崎市の石工「権」と江南市草井の石工「仙」によって作製されたもので、石造連子窓型蕃塀としては最古のものである。連子窓部は木製の竪連子に補修されており、本来の姿をとどめていないが、その他の部分は良好に残存している。連子窓部が全体のバランスから見て高いことや、屋根石の下面が抉れていることなどの特徴があり、古い様相を示しているかもしれない。羽目板部には彫刻はなく、石が荒く削られたままの状態であった。

 全ての石造連子窓型蕃塀の中で最古のものとして、本蕃塀を選出しておきたい。
[PR]
by banbeimania | 2010-04-09 23:27 | 蕃塀30選 | Comments(0)

蕃塀30選(No18)上ノ島神明神社の蕃塀

e0113570_22473179.jpg
 岐阜県各務原市川島松倉町2232-1番地に所在する上ノ島神明神社の蕃塀は、3間巾の石造連子窓型蕃塀である(詳細はこちら)。

 上ノ島神明神社は、エーザイ川島工場の北側に位置する。川島中学校から岐阜県道114号線を北上し、小川を越えて最初の信号のある交差点を右折して北東に向かい約700m進むと、左手に上ノ島神明神社の灯籠と鳥居が見えてくる。
e0113570_2247414.jpg

 上ノ島神明神社の蕃塀は、これまで確認された石造連子窓型蕃塀の中で最も高さが高いものである。この蕃塀は基壇も異様に高いため、見た目の印象は他の事例を圧倒する威圧感があるといえる。欄間部や羽目板部の彫刻はそれほど特別なものではないが、屋根石の下部に垂木が表現されている点は他には認められない丁寧な造作である。

 本蕃塀は、他の社殿群と合わせて国登録有形文化財に指定されているもので、その価値が公に認められた数少ない事例である。蕃塀マニア的にも規模と特定部位の表現の繊細さにその価値を見出すことができることから、蕃塀30選に選出しておきたい。
[PR]
by banbeimania | 2010-04-05 22:48 | 蕃塀30選 | Comments(0)