蕃塀(ばんぺい)にこだわったブログです。蕃塀は神社の拝殿の前にある衝立状の塀です。
by banbeimania
カテゴリ
全体
蕃塀とは(はじめに)
蕃塀30選
蕃塀の事例
蕃塀を深める
探索の記録
検索
よろしかったらお願いします。クリック! click!
人気blogランキングへ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

リンク
みちくさ学会
さぬき暮らし
あらいのじかん
愛知県神社庁
ひなたぼっこ
以前の記事
2013年 01月
2012年 06月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
最新のコメント
最近は全く更新していない..
by banbeimania at 08:18
通りすがりのものです。 ..
by サリー(宮総代の下っ端) at 20:29
皇室や糸屋ゆかりの大根焚..
by 環境大学新聞 at 15:08
とても魅力的な記事でした..
by 志望動機の書き方 at 09:43
はじめまして。 応援感..
by banbeimania at 22:08
はじめまして。 いつも..
by ならば at 13:02
いつも情報感謝しています..
by banbeimania at 01:02
最新のトラックバック
なんだろう?
from 龍を探して旅日記
【ネットができる宿|日本..
from ぱふぅ家のサイバー小物
岡崎市 レコード買取
from レコ-ド 買取
911 アメリカ 同時多..
from 【写真】 911 アメリカ ..
寺社建築の歴史図典
from ロドリゲスインテリーン
LOVE in Acti..
from ニコニコ笑う、トマトの笑顔な..
10・27請願受付の全容..
from 【日本を】10ゲ7『日本解体..
タグ
(1364)
(148)
(99)
(87)
(71)
(38)
(29)
(25)
(23)
(22)
(19)
(15)
(15)
(12)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(5)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:日吉社 ( 22 ) タグの人気記事

名古屋市中川区吉津日吉神社の蕃塀

 名古屋市中川区吉津4丁目に所在する日吉神社は、鎌倉時代に日吉大社の御分霊を拝戴したと伝えられるが、創建年代などの由緒は不詳である。貞享5年(1688)などの棟札が所蔵されているという。現在の社殿は昭和58年(1983)に造営された。主祭神は大山咋神である。

 吉津日吉神社の蕃塀は、3間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約2.9m、全高約2.3m、屋根長約3.4m、屋根巾約0.6mを測り、両側に控え柱を持つ。

 詳細の構造は次の通り。基壇を持たず、直接石敷の参道に礎石と石製布基礎を置き、礎石上に円柱を2本立てて屋根石を載せている。円柱の内側には下から羽目板部、腰貫、連子窓部、内法貫、欄間部の順に材を積み重ねている。羽目板部は角柱による束柱を2本立て3区画に分けられ、両側の区画表面には獅子紋、中央の区画表面には牡丹紋が表現されていた。羽目板部の裏面には文字や紋様などは全く施されていない。欄間部は角柱による束柱を1本立て2区画に分けられ、両区画には隅丸長方形の透かしが設けられていた。円柱の柱頭には腕木板が前後にあり、連子窓部は角柱を9本立てて竪連子に造られている。屋根は寄棟状に切り出された照り屋根で、上部に載せた棟木石の両端は全く外側に突き出ていない。控え柱は全て石造で、頭部が宝珠に形作られている。

 吉津日吉神社は、正面から鳥居、灯籠、蕃塀、狛犬、コンクリート製拝殿から基壇上の本殿施設群(祭文殿や本殿など)に至る構成を持つ。

 境内に存在する「神社造営経緯」を記した石碑によれば、昭和58年(1983)に造営された社殿の目録の中に「不浄除 壱基」と記述されており、設計施工は戸田建設株式会社、協力業者として末広工業株式会社・東海建設株式会社・清川産業株式会社・岩間造園株式会社・岡崎石工団地協同組合が挙げられていた。このことからみて、吉津日吉神社の蕃塀は、昭和58年(1983)に岡崎石工団地協同組合によって製作されたものと推察される。
e0113570_23213437.jpg

[PR]
by banbeimania | 2009-04-23 23:20 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

小牧市小木日吉社の蕃塀

 小牧市小木5丁目に所在する日吉社は、創建年代などの由緒は不詳である。社名からみて、祭神は大山咋神と推測される。なお、この神社は愛知県神社庁のリストには存在しない神社である。

 小木日吉社の蕃塀は、3間巾の木造銅板葺き連子窓型蕃塀である。大きさは概略で、本体長約4.5m、全高約2.4m、屋根長約5.4m、屋根巾約1.8mで、両側に控え柱を持つ。

 詳細の構造は次の通り。地中に埋もれかけている周囲を切り石で囲まれたコンクリート製基壇に一列に平坦な自然石を並べ、その上に円柱を4本立てて下から順に地貫、腰長押、内法長押を通し、上端は棟木を渡す。内法長押の上位に角を丸くした方形肘木と簡略化された雲形腕木を架し、表裏両面の出桁を支え垂木を渡して屋根板を載せている。屋根は切妻造りの直線屋根で、銅板が一文字葺きされていた。大棟も銅板で造られ、その両端は外側に突き出ている。蕃塀の中央には竪連子窓が設けられており、その上下には縦羽目板が嵌め込まれていた。控え柱は木製で造られており、その先端は少し尖っているが、基礎部分は石材が用いられていた

 小木日吉社は、正面から神門、灯籠、鳥居、蕃塀、灯籠、壁の無い吹き抜けの妻入拝殿、狛犬から基壇上の本殿に至る構成を持つ。本殿の背後には、市指定天然記念物のクスノキがあり、市内最大の植物であるという。

 小木日吉社の蕃塀は、製作年代や作者は不明である。本社は愛知県神社庁のリストには存在しない神社にもかかわらず、蕃塀の規模が大きい点に特徴が認められる。リストには存在しない神社の中では、稲沢市下津本郷神明社の蕃塀(本体長約3.4m、全高約2.9m、屋根長約4.5m)が大きいが、これよりも長さは長いものであった。
e0113570_21554454.jpg

[PR]
by banbeimania | 2009-04-07 21:56 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

江南市勝佐日吉社の蕃塀

 江南市勝佐町東郷に所在する日吉社は、創建年代などの由緒は不明である。『寛文村々覚書』には和田勝佐村に大明神・天王・山王の社三カ所があると記され、このうちの山王が本社に相当する。延宝5年(1677)の棟札が残され、日吉山王大権現と記されているという。社名からみて、祭神は大山咋神と推測される。

 勝佐日吉社の蕃塀は、3間巾の木造銅板葺き連子窓型蕃塀である。大きさは概略で、本体長約3.7m、全高約2.6m、屋根長約4.7m、屋根巾約1.8mで、両側に控え柱を持つ。

 詳細の構造は次の通り。切り石で周囲を囲まれたコンクリート製基壇に礎石と石製布基礎を置き、礎石の上に円柱を4本立てて下から順に地貫、腰長押、内法長押を通し、上端は棟木を渡す。内法長押の上位に方形肘木と簡略化した雲形腕木を架し、表裏両面の出桁を支え垂木を渡して屋根板を載せている。屋根は切妻造りの反り屋根で、銅板が一文字葺きされていた。大棟も銅板で造られ、その両端には鬼板が置かれている。蕃塀の中央には竪連子窓が設けられており、その上下には縦羽目板が嵌め込まれていた。木材の表面は焦げ茶色を呈していた。控え柱は石製、控え貫は木製で造られていた。左側背面の控え柱の外側側面には「大正十年一月建之」、左側正面の控え柱の裏面には「人 (人名1名分)」、右側背面の控え柱の外側側面には「人 (人名1名分)」の文字が刻まれていた。「人」の文字の上は破損した痕跡があり、本来は他の文字が存在したものと思われ、「寄附」などの文字があったものと推測される。

 勝佐日吉社は、正面から灯籠、一の鳥居、灯籠、二の鳥居、蕃塀、狛犬、壁の無い吹き抜けの妻入拝殿、灯籠、狛犬から基壇上の本殿施設群(祭文殿や本殿など)に至る構成を持つ。

 勝佐日吉社の蕃塀は、大正10年(1921)に製作されたものだが、作者は不明である。肘木と腕木の装飾の組み合わせからみた木造連子窓型蕃塀の9つの類型のうち(参照)、本蕃塀は肘木が方形で腕木が二段曲面を成す(Dタイプ)に属する。このDタイプは丹羽郡限定のものと予測しているが、本例もこの予測と矛盾しないものといえよう。
e0113570_21122898.jpg

[PR]
by banbeimania | 2009-01-23 21:15 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

清須市清洲日吉神社の蕃塀

 これまで文献の検討が長らく続いて来た。今日からは久しぶりに蕃塀の事例紹介を行っていきたい。

 清須市清洲字内須ケ口に所在する日吉神社は、宝亀2年(771)当地に疫病が流行した時に素盞嗚尊と大己貴命を祀り創建されたと伝えられる。大同2年(807)橘逸勢が社殿を建立し山王宮と称された。織田氏が清須城に在城時は城下総鎮守と崇敬され、天正8年(1580)に近江坂本日吉大社から大山咋神をはじめ摂社21社を勧請し、清須山王宮と呼ばれた。祭神は素盞嗚尊と大己貴命と大山咋神である。

 清洲日吉神社の蕃塀は、3間巾の木造桧皮葺き連子窓型蕃塀である。大きさは概略で、本体長約4.5m、全高約3.0m、屋根長約6.0m、屋根巾約1.9mで、両側に控え柱を持つ。

 詳細の構造は次の通り。コンクリート製基壇に礎石と石製布基礎を置き、その上に円柱を4本立てて下から順に地貫、腰長押、内法長押を通し、上端は棟木を渡す。内法長押の上位に簡略化された雲形肘木と腕木を架し、表裏両面の出桁を支え垂木をまばらに渡して屋根板を載せている。屋根は切妻造りの反り屋根で、桧皮葺きされていた。桧皮は表面に近い部分で銅板が一枚挟まれている。大棟は銅板で造られ、その両端には銅板製鬼板が置かれている。蕃塀の中央には竪連子窓が設けられており、その上には横羽目板が、下には縦羽目板が嵌め込まれていた。主柱と長押が交差する部分で金銅製?錺金具が飾られていた。控え柱は基壇と一体化してコンクリートで造られ、控え貫は木製である。

 清洲日吉神社は、正面から鳥居、灯籠、太鼓橋、神門、灯籠、蕃塀、灯籠、神猿、壁の無い吹き抜けの妻入拝殿、狛犬から本殿施設群(祭文殿や本殿など)に至る構成を持つ。

 清洲日吉神社の蕃塀は、製作年代や作者は不明である。基礎構造は構造などから見てそれほど古いものとは思われず、使用された材にも新しそうなものが認められる。こうした状態が古い建造物を修繕したものか新たに新築されたものかは現状では判断しがたい。しかし『尾張名所図会』に同様な形状の蕃塀が見られることから、その起源は1841年までは遡り得るといえる。
e0113570_2201544.jpg

なお、写真は背面から撮影したものである。
[PR]
by banbeimania | 2008-11-11 22:01 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

『尾張名所図会』に見る蕃塀(14)山王社

 『尾張名所図会後編』巻之三(1841年頃筆?:1880年撰)には山王社に関する絵が所収されており、そこに蕃塀が描かれている。この山王権現社は清須本町の東にあると本文に記述されている。

 『尾張名所図会後編』「山王社」図にはほぼ中央に「透垣」と注記された蕃塀が描かれている。正面から鳥居、神門、透垣、拝殿、祭文殿、渡殿を経て本社に至る構成が示されている。描かれた蕃塀は、3間巾の連子窓型蕃塀と思われ、切妻屋根で前後に控え柱を持っているように見える。
e0113570_2205599.jpg

 さて、この山王社は清須市清洲に所在する日吉神社を指していると考えられる。この日吉神社については、本ブログでは未だ紹介していないが、既に参拝自体は終えており、現在神社にある蕃塀は両側に控え柱を持つ3間巾の木造桧皮葺き連子窓型蕃塀であることが判明している。『尾張名所図会後編』と比べると、社殿構成は概ね合致していると評価でき、蕃塀の構造も近似している。現存する日吉神社の蕃塀は、1841年に描かれた蕃塀がそのまま残存したものであろうか。

 なお、堀池康夫・堀池哲生「蕃塀の研究(その民俗学的建築史の解明)その2」には、天保十二年(1841)の『尾張名所図会』に蕃塀が建っている神社として山王社が取り上げられていない。
[PR]
by banbeimania | 2008-10-24 22:04 | 蕃塀を深める | Comments(0)

名古屋市名東区上社日吉神社の蕃塀

 名古屋市名東区上社2丁目に所在する日吉神社は、創建年代などの由緒は不詳である。境内にある由緒書きには、元禄7年(1694)『上社村覚』に記述があり、明治44年(1911)に貴船神社の分霊を合祀したという。主祭神は大山咋神と大巳貴神である。

 上社日吉神社の蕃塀は、2間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約2.7m、全高約2.4m、屋根長約3.4m、屋根巾約0.6mを測り、両側には控え柱を持たない。

 詳細の構造は次の通り。自然石で囲まれた基壇に礎石と布基礎を置き、円柱を2本立ててその上に屋根石を載せる。円柱の内側には下から羽目板部、腰貫、連子窓部、内法貫、欄間部の順に材を積み重ねている。羽目板部は幅広の角柱による束柱を1本立て2区画に分け、表面には獅子紋が施されている。右側羽目板部の裏面には「昭和三十八年四月」、左側羽目板部の裏面には「いろは順 (人名21名分)」の文字が刻まれていた。欄間部は「日吉神社」と記された扁額を中央に置き、その両側には頭部を両端に置いた双龍紋が施されている。円柱の柱頭に腕木板が前後と外側にあり、連子窓部は角柱を13本立てて竪連子に造られている。屋根は寄棟状に切り出された反り屋根で、棟木石は外側に突き出ている。

 上社日吉神社は、正面から灯籠、一の鳥居(石造)、灯籠群、二の鳥居(木造)、灯籠、蕃塀、灯籠、狛犬、木造平入拝殿から本殿施設群に至る構成を持つ。

 上社日吉神社の蕃塀は、昭和38年(1963)に製作されたが、作者は不明である。羽目板部の獅子紋は右側に花紋、右側に玉紋が添えられており、こうしたタイプは類例が少ないだろう。
e0113570_0444566.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-07-30 00:45 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

一宮市大和町妙興寺日吉社の蕃塀

 一宮市大和町妙興寺字西弁才天に所在する日吉社は、創建年代などの由緒は不詳である。『寛文村々覚書』には記載が無く、比較的新しい神社なのかも知れない。社名からみて、祭神は大山咋神と推測される。

 大和妙興寺日吉社の蕃塀は、3間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約2.7m、全高約2.1m、屋根長約3.5m、屋根巾約0.7mを測り、両側に控え柱を持つ。

 詳細の構造は次の通り。切り石で周囲が囲まれた低いコンクリート製基壇に礎石と布基礎を置き、円柱を2本立ててその上に屋根石を載せる。円柱の内側には下から羽目板部、腰貫、連子窓部、内法貫、欄間部の順に材を積み重ねている。羽目板部は隅を丸くした角柱による束柱を2本立て3区画に分け、各区画の表面には隅を丸く加工した方形枠が施されている。左側の羽目板裏面には「昭和九年二月建之」中央の羽目板裏面には「名古屋市 製菓子研究所 (人名2名分) 石松作」の文字が刻まれていた。欄間部は中央に「日吉神社」と浮彫りされた扁額が置かれ、その両側には隅丸方形の透かしが設けられていた。透かしには横方向に鉄棒が嵌め込まれていた。円柱柱頭に腕木板が前後にあり、連子窓部は角柱を13本立てて竪連子に造られている。屋根は寄棟状に切り出された照り屋根で、上部に載せた棟木石はその両端がわずかに外側に突き出ている。控え柱は全て石製で、頭部は宝珠形に作られていた。

 大和妙興寺日吉社は、正面から灯籠、鳥居、蕃塀、灯籠、壁の無い吹き抜けの妻入拝殿、灯籠群、狛犬から基壇上の本殿施設群(祭文殿や本殿など)に至る構成を持つ。

 大和妙興寺日吉社の蕃塀は、昭和9年(1934)に石松によって製作されたものである。これまで確認された石工石松の手による蕃塀は、稲沢市長束白山社の蕃塀・稲沢市赤池諏訪社の蕃塀・稲沢市井之口日吉社の蕃塀・稲沢市大塚日吉社の蕃塀・稲沢市奥田大門切白山社の蕃塀・稲沢市横野神明社の蕃塀があり、その作品は稲沢市に多く分布していた。石松作の蕃塀は特別な彫刻を持たないシンプルなものが多く、本例も同種に属するといえる。
e0113570_0424537.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-06-04 00:42 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

一宮市浅野日吉社の蕃塀

 一宮市大字浅野字山王に所在する日吉社は、創建年代などの由緒は不詳である。社名からみて、祭神は大山咋神と推測される。

 浅野日吉社の蕃塀は、3間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約2.9m、全高約2.4m、屋根長約3.5m、屋根巾約0.6mを測り、両側に控え柱を持つ。

 詳細の構造は次の通り。切り石で周囲が囲まれた低いコンクリート製基壇に礎石と布基礎を置き、円柱を2本立ててその上に屋根石を載せる。円柱の内側には下から羽目板部、腰貫、連子窓部、内法貫、欄間部の順に材を積み重ねている。羽目板部は角柱による束柱を2本立て3区画に分け、各区画の表面には隅を丸く加工した方形枠が施されている。左側の羽目板裏面には「平成七年二月吉日建之 氏子中」の文字が刻まれていた。欄間部は中央に「日吉神社」と浮彫りされた扁額が置かれ、その両側には隅を丸く加工した方形枠が設けられた羽目板が設置されていた。扁額の裏面には菊紋が描かれている。円柱柱頭に腕木板が前後にあり、連子窓部は角柱を12本立てて竪連子に造られている。屋根は寄棟状に切り出された低い反り屋根で、上部に載せた棟木石はその両端がわずかに外側に突き出ている。

 浅野日吉社は、正面から石柱、灯籠、鳥居、蕃塀、灯籠、狛犬、コンクリート製平入拝殿、灯籠、渡殿から基壇上の本殿施設群(祭文殿や本殿など)に至る構成を持つ。

 浅野日吉社の蕃塀は、平成7年(1995)に製作されたものだが、作者は不明である。本蕃塀は特別な彫刻を持たないシンプルなものであるが、屋根の高さや、羽目板部の方形枠の大きさなどが他の蕃塀とは微妙に異なっている。
e0113570_21522639.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-05-25 21:52 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

一宮市丹陽町九日市場日吉社の蕃塀

 一宮市丹陽町九日市場字宮浦に所在する日吉社は、創建年代などの由緒は不詳である。社名からみて、祭神は大山咋神と推測される。

 丹陽九日市場日吉社の蕃塀は、3間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約3.8m、全高約2.4m、屋根長約4.6m、屋根巾約0.5mを測り、両側に控え柱を持つ。

 詳細の構造は次の通り。自然石で周囲を囲まれた玉石敷コンクリート製基壇に礎石と布基礎を置き、礎石の上に円柱を2本立てて屋根石を載せている。円柱の内側には下から羽目板部、腰貫、連子窓部、内法貫、欄間部の順に材を積み重ねている。羽目板部は幅広の角柱による束柱を2本立て3区画に分け、その表面に隅を丸く加工した方形枠が施されている。左側の羽目板裏面には「昭和六十二年十月 奉納 初老記念」、中央の羽目板裏面には人名12名分の氏名、右側の羽目板裏面には人名11名分の氏名の文字が刻まれていた。欄間部は中央に括れを持つ石柱が置かれ、その両側は何も無く結果として方形の透かし状となっている。円柱柱頭に腕木板が前後にあり、連子窓部は角柱を15本立てて竪連子に造られている。屋根は寄棟状に切り出された照り屋根で、上部に載せた棟木石の両端は外側に突き出ていない。

 丹陽九日市場日吉社は、正面から石柱、灯籠、鳥居、灯籠、土俵、蕃塀、狛犬、壁の無い吹き抜けの妻入拝殿、灯籠、狛犬から基壇上の本殿施設群(祭文殿や本殿など)に至る構成を持つ。なお、蕃塀と拝殿の間の参道は白色の玉石敷となっていた。

 丹陽九日市場日吉社の蕃塀は、昭和62年(1987)に製作されたものだが作者は不明である。本蕃塀は、前回で紹介した羽目板部が束柱により3区画に分けられその表面に角を丸く変形した方形の枠が施されたものであり、欄間部が装飾的な石柱により2区画に分けられるタイプであった。両円柱の内側に石材を配置する点が、他の蕃塀とは若干異なっている部分といえよう。
e0113570_2152228.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-05-13 21:53 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

一宮市千秋町小山日吉社の蕃塀

 一宮市千秋町小山字北切に所在する日吉社は、創建年代などは不詳である。社名からみて、祭神は大山咋神と推測される。

 千秋小山日吉社の蕃塀は、2間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約2.6m、全高約1.6m、屋根長約3.0m、屋根巾約0.4mを測り、両側には控え柱を持たない。

 詳細の構造は次の通り。基壇を持たず直接コンクリート敷の参道に角柱を2本立てて屋根石を載せている。角柱の内側には下から羽目板部、腰貫、連子窓部の順に材を積み重ねており、欄間部は存在しない。羽目板部は角柱による束柱を1本立て2区画に分け、各区画には5枚の石製縦羽目板が挟み込まれている。羽目板の両面には紋様や文字などは施されていない。左側の主柱側面には「寄附 (地名+人名1名分)」の文字が記されていた。角柱柱頭に腕木板はなく、連子窓部は石材の角柱を13本立てて竪連子に造られている。屋根は切妻状に切り出された直線屋根で、棟木石は非常に低く両端は外側に突き出ていない。控え柱はないが、石製の斜めに宛てがわれた支え棒がボルトによって固定されていた。

 千秋小山日吉社は、正面から石柱、灯籠、鳥居、蕃塀、灯籠、狛犬、壁の無い吹き抜けの妻入拝殿、狛犬から基壇上の本殿施設群(祭文殿や本殿など)に至る構成を持つ。

 千秋小山日吉社の蕃塀は、製作年代や作者は不明である。欄間部を持たずに石製縦羽目板が嵌め込まれるもので、連子窓部や屋根の規模等を比較すると一宮市千秋小山神明社の蕃塀によく似ている。相違する点は連子窓に石製角柱を使用することや屋根が切妻であることくらいである。千秋小山神明社の蕃塀が日露戦争後に戦役を記念して製作されていることを勘案すると、同じようなタイプの蕃塀である千秋小山日吉社の蕃塀も明治末期から大正初期にかけて製作されたものと推測できよう。
e0113570_22364891.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-05-07 22:45 | 蕃塀の事例 | Comments(0)