蕃塀(ばんぺい)にこだわったブログです。蕃塀は神社の拝殿の前にある衝立状の塀です。
by banbeimania
カテゴリ
全体
蕃塀とは(はじめに)
蕃塀30選
蕃塀の事例
蕃塀を深める
探索の記録
検索
よろしかったらお願いします。クリック! click!
人気blogランキングへ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

リンク
みちくさ学会
さぬき暮らし
あらいのじかん
愛知県神社庁
ひなたぼっこ
以前の記事
2013年 01月
2012年 06月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
最新のコメント
最近は全く更新していない..
by banbeimania at 08:18
通りすがりのものです。 ..
by サリー(宮総代の下っ端) at 20:29
皇室や糸屋ゆかりの大根焚..
by 環境大学新聞 at 15:08
とても魅力的な記事でした..
by 志望動機の書き方 at 09:43
はじめまして。 応援感..
by banbeimania at 22:08
はじめまして。 いつも..
by ならば at 13:02
いつも情報感謝しています..
by banbeimania at 01:02
最新のトラックバック
なんだろう?
from 龍を探して旅日記
【ネットができる宿|日本..
from ぱふぅ家のサイバー小物
岡崎市 レコード買取
from レコ-ド 買取
911 アメリカ 同時多..
from 【写真】 911 アメリカ ..
寺社建築の歴史図典
from ロドリゲスインテリーン
LOVE in Acti..
from ニコニコ笑う、トマトの笑顔な..
10・27請願受付の全容..
from 【日本を】10ゲ7『日本解体..
タグ
(1364)
(148)
(99)
(87)
(71)
(38)
(29)
(25)
(23)
(22)
(19)
(15)
(15)
(12)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(5)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:熱田神宮 ( 9 ) タグの人気記事

名古屋市熱田神宮の蕃塀(3)

 名古屋市熱田区神宮1丁目に所在する熱田神宮の蕃塀については、すでに事例紹介している。しかし、これは平成21年(2009)10月に建て替えられる前の蕃塀であり、現在は新しく蕃塀が新造されている。今回はこの新蕃塀を紹介する。

 熱田神宮は平成25年(2013)に創祀1900年の節目を迎えるに際して、平成19年(2007)から記念造営事業を行っている。このうち、蕃塀は本宮社殿などとともに改築され、平成21年(2009)10月に「本宮遷座祭」が行われた際に披露された。

 この熱田神宮の蕃塀(新)は3間巾の木造衝立型蕃塀で、大きさは概略で本体長約6.5m、全高約3.0m、屋根長約7.5m、屋根巾約0.4mを測り、両側に控え柱を持たない。

 詳細の構造は次の通り。自然石で周囲を巡らせた白色玉石敷きの基壇に礎石を一列に並べ、その上に円柱を4本立てて巾を3間とし上部に屋根(笠木)を載せている。腰板(礎石直上)の貫と笠木直下の貫を渡し、その間の塀本体は横羽目板が嵌め込まれている。羽目板は各間に節をほとんど持たない美しい板目板材が6枚使用されていた。笠木(屋根)は断面がホームベース形の五角形となっていて、上面に銅板が葺かれている。

 蕃塀の配置については、本宮の拝所である外玉垣御門の正面の位置にあり、現在の参道の縁に所在する。したがって、現状では参拝者に対して目隠しをするような配置とはなっていない。

 さて、この熱田神宮の蕃塀(新)と建て替えられる前の蕃塀(旧)を比較してみる。蕃塀が建てられた位置は不変で、かつ基壇は全く同一であり、旧来のものをそのまま活用されていたようである。規模や構造もほぼ同一であったが、唯一変化が見られたのは腰板の貫の構造である。蕃塀(旧)では白木のままであったのが、蕃塀(新)では笠木と同様に上面に銅板が葺かれていた。また、4本の円柱の最下部も蕃塀(新)では銅板が巻かれていた。これらの構造は風雨による腐食を防ぐための工夫と考えられ、前代の蕃塀を改良したものと理解される。こうした工夫は、伊勢神宮の蕃塀には認められないが、20年ごとに御遷宮を行わない熱田神宮の蕃塀には必要な処置であったと理解されよう。
e0113570_21543441.jpg

[PR]
by banbeimania | 2010-05-05 21:55 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

蕃塀30選(No3)熱田神宮の蕃塀

e0113570_0461634.jpg
 名古屋市熱田区神宮1丁目1番地1号に所在する熱田神宮の蕃塀は、3間巾の木造衝立型蕃塀である。(詳細はこちら)。

 熱田神宮は、名鉄名古屋本線の神宮前駅の西に所在する大社である。
e0113570_0465940.jpg

 現在の熱田神宮の蕃塀は、平成21年の創祀千九百年を記念した造営の際に新造されたものである(写真はその前代の蕃塀)。新造された蕃塀をまだ実見していないので、ここでは前代の蕃塀を紹介しているが、簡素な形状である上に良材が使用されていて、品格と風格にあふれているものである。当初、少なくとも宝暦2年(1752)以前から、熱田神宮には木造連子窓型蕃塀があったのだが、明治26年(1893)に尾張造りを神明造りに変えた際に現在のような木造衝立型蕃塀に変更されたものである。

 大型の木造衝立型蕃塀は、質素であるが故に品格に満ちあふれているものであり、熱田神宮の蕃塀はその代表的な事例として、選出しておきたい。
[PR]
by banbeimania | 2010-04-22 23:25 | 蕃塀30選 | Comments(0)

名古屋市港区福屋西ノ割熱田社の蕃塀

 名古屋市港区福屋1丁目に所在する西ノ割熱田社は、境内にある由緒書きによれば、寛永20年(1643)に当地の干拓事業完成に伴い守護神社を奉るのが始まりという。明和7年(1770)に造営工事が行われ、昭和61年(1986)に福田川堤防拡幅工事により現在地に遷宮された。社名からみて、祭神は熱田大神であろう。

 西ノ割熱田社の蕃塀は、2間巾の石造連子窓型蕃塀である。大きさは概略で、本体長約2.5m、全高約2.4m、屋根長約2.9m、屋根巾約0.5mで、両側に控え柱を持つ。

 詳細の構造は次の通り。基壇を持たず、直接コンクリート敷の参道上に礎石を置き、礎石上に円柱を2本立てて屋根石を載せている。円柱の内側には下から地貫、羽目板部、腰貫、連子窓部、内法貫、欄間部の順に材を積み重ねている。羽目板部は幅広の角柱による束柱を1本立て2区画に分けられ、その表面には両区画で獅子紋が彫刻されていた。また、左側の羽目板裏面には、「平成五年十月吉日 氏子中 西福田土地改良区」の文字が刻まれていた。欄間部は「熱田社」と記された扁額を持ち、その両側には頭部を両端に配置される双龍紋が表現されていた。欄間部では透かしは全く認められない。円柱の柱頭には腕木板が前後と外側にあり、連子窓部は角柱を12本立てて竪連子に造られている。屋根は寄棟状に切り出された緩い反り屋根で、上部に載せた棟木石の両端は外側にほとんど突き出ていない。控え柱は全て石造で、頭部が宝珠に形作られている。

 西ノ割熱田社は、正面から灯籠、鳥居、蕃塀、狛犬、コンクリート製平入拝殿、渡殿から本殿施設群(祭文殿や本殿など)に至る構成を持つ。

 西ノ割熱田社の蕃塀は、平成5年(1993)に製作されたものだが、作者は不明である。本蕃塀は、上中神明社の蕃塀と同様に、主柱だけではなく束柱も立派な礎石を持つ構造となっていた。
e0113570_22542760.jpg

[PR]
by banbeimania | 2009-05-22 22:54 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

江南市村久野熱田社の蕃塀

 江南市村久野町宮出に所在する熱田社は、創建年代などの由緒は不明である。『寛文村々覚書』には当代街道村久野村に大明神・白山・神明・八幡・あがた・天王・ちんじゅの7社があると記されている。この中で大明神が熱田大明神を意味し、本社に該当すると思われる。近代に入り、この7社が本社(熱田社)に合祀された。上記の経緯などからみて、祭神は熱田大明神などであると思われる。

 村久野熱田社の蕃塀は、3間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約2.7m、全高約2.3m、屋根長約3.5m、屋根巾約0.6mを測り、両側には控え柱を持たない。

 詳細の構造は次の通り。基壇や礎石などの基礎構造を持たず直接地面に円柱を2本立ててその上に屋根石を載せる。基礎構造は土砂に埋もれてしまっている可能性が高いだろう。円柱の内側には下から地貫、羽目板部、腰貫、連子窓部、内法貫、欄間部の順に材を積み重ねている。羽目板部は円柱による束柱を2本立て3区画に分けられ、表面は全ての区画で角を丸く加工した方形枠が表現されていた。裏面は全ての区画で全く装飾や文字などが施されておらず、平滑なままであった。左側の主柱裏面には「大正五年十月建之 寄附人(人名2名分)」、右側の主柱裏面には「寄附人(地名+人名2名分)」の文字が記されていた。欄間部は「熱田社」と彫刻された扁額を中央に置き、その両側の空間に腰を高く上げた狛犬が配置されていた。円柱の柱頭に腕木板は前後にあり、連子窓部は角柱を13本立てて竪連子に造られている。屋根は入母屋状に切り出された直線屋根で、上部に載せた棟木石の両端は外側に突き出ていない。

 村久野熱田社は、正面から灯籠、鳥居、灯籠群、百度石3基、蕃塀、灯籠、狛犬、壁の無い吹き抜けの妻入拝殿、灯籠群、狛犬、渡殿から基壇上の本殿施設群(祭文殿や本殿など)に至る構成を持つ。

 村久野熱田社の蕃塀は、大正5年(1916)に製作されたものだが、作者は不明である。本蕃塀は欄間部に阿吽の狛犬が置かれている点が特徴である。これまで紹介してきた蕃塀の中でこのようなタイプのものは存在しない。強いていえば、欄間部に鳩1羽が配置された稲沢市馬場八幡社の蕃塀と、欄間部に簡略化された雲形1対が配置された北名古屋市鹿田若宮社の蕃塀が似ているかもしれない。このうち北名古屋市鹿田若宮社の例は、「簡略化された雲形」をあえて無理矢理表現すれば「腰を高く上げた狛犬の形を簡略化したもの」といえなくもないものであった。
e0113570_2219630.jpg

[PR]
by banbeimania | 2009-02-18 22:20 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

江南市般若熱田社の蕃塀

 江南市般若町東山に所在する熱田社は、創建年代などの由緒は不明である。『寛文村々覚書』には下般若村に明神があると記され、この明神は熱田明神を意味しており、本社がこれに該当すると思われる。社名などからみて、祭神は熱田大神と思われる。

 般若熱田社の蕃塀は、3間巾の木造銅板葺き連子窓型蕃塀である。大きさは概略で、本体長約2.7m、全高約2.7m、屋根長約3.8m、屋根巾約1.8mで、両側に控え柱を持つ。

 詳細の構造は次の通り。切り石で周囲を囲む雰囲気に造られたコンクリート製基壇に礎石と石製布基礎を置き、礎石の上に円柱を2本立てて最下部に地貫が配置される。地貫の上にも円柱を2本立て、下から順に腰長押、内法長押を通し、上端は棟木を渡す。内法長押の上位に簡略化した雲形肘木と腕木を架し、表裏両面の出桁を支え垂木を渡して屋根板を載せている。屋根は切妻造りの反り屋根で、銅板?が一文字葺きされていた。大棟も銅板で造られ、その両端には鬼板が置かれている。屋根全体の表面にコールタールが塗布されていて、黒色を呈している。蕃塀の中央には竪連子窓が設けられており、その上には横羽目板が、下には縦羽目板が嵌め込まれていた。垂木の先端は錺金具が施されている。控え柱は全て木製で造られているが、基礎は石造である。

 般若熱田社は、正面から神門、長い参道に灯籠群、一の鳥居、灯籠群、二の鳥居、百度石、蕃塀、灯籠、壁の無い吹き抜けの妻入拝殿、狛犬、渡殿から基壇上の本殿施設群(祭文殿や本殿など)に至る構成を持つ。

 般若熱田社の蕃塀は、製作年代や作者は不明である。銅板葺きあるいはトタン葺きの屋根を持つ木造蕃塀は多数存在するが、コールタールが塗布されている事例は本例が初例である。防湿や腐食防止のために施された処置と思われるが、塗り方にむらがあってあまり美しい状態とはいえないと感じる。
e0113570_21564810.jpg

[PR]
by banbeimania | 2009-01-27 21:56 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

岩倉市稲荷町熱田社の蕃塀

 岩倉市稲荷町郷廻に所在する熱田社は、寛永年間(1635頃)に創建されたと伝えられる。明治24年(1891)の濃尾地震により拝殿などの社殿が倒壊したが、その後再建された。祭神は日本武尊である。

 稲荷町熱田社の蕃塀は、2間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約2.3m、全高約2.2m、屋根長約3.0m、屋根巾約0.5mを測り、両側には控え柱を持たない。

 詳細の構造は次の通り。切り石で周囲を囲まれたコンクリート製基壇に礎石と布基礎を置き、礎石上に円柱を2本立ててその上に屋根石を載せる。円柱の内側には下から羽目板部、腰貫、連子窓部、内法貫、欄間部の順に材を積み重ねている。羽目板部は幅広の角柱による束柱を1本立て2区画に分けられ、表面は両区画で角を丸く加工した方形枠が設けられていた。羽目板裏面は無紋で、束柱の裏面に「昭和五十二年十二月」の文字が刻まれ黒色に塗られていた。欄間部は中央に幅広の角柱による束柱が置かれ、その両側には楕円形の透かしが設けられていた。円柱の柱頭に腕木板は前後と外側にあり、連子窓部は角柱を9本立てて竪連子に造られている。屋根は寄棟状に切り出された反り屋根で、棟木石は2段に造られ外側に突き出ている。

 稲荷町熱田社は、正面から神門、鳥居、蕃塀、壁の無い吹き抜けの妻入拝殿、灯籠から基壇上の本殿に至る構成を持つ。

 稲荷町熱田社の蕃塀は、昭和52年(1977)に製作されたが、作者は不明である。前回紹介した稲荷町稲荷社の蕃塀とは、屋根の形状が異なるが、その他の部分はよく類似している。稲荷町稲荷社の蕃塀と稲荷町熱田社の蕃塀は同じ石工の作品である可能性が考えられよう。
e0113570_231208.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-12-19 23:12 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

『尾張名所図会』に見る蕃塀(2)熱田神宮

 『尾張名所図会』巻3(1841頃)には熱田神宮に関する絵が所収されており、そのうち「熱田大宮全図其二」に蕃塀が描かれている。本文には社殿などの説明の部分で「透垣(すいがい) 勅使殿の南にあり。」と記されていて、この透垣が蕃塀に相当する記述である。具体的に絵画を見てみよう。

 「熱田大宮全図」には、下馬橋、下馬鳥居、御沓石、海蔵門、透垣、勅使殿、拝殿、祭文殿、渡殿を経て正殿と土用殿に至る構成が示されている。既に紹介した『張州府志』(1752)に所収された「熱田宮境内図」には、下馬橋、下馬橋鳥居、沓石、海蔵門、透垣、勅使殿、拝殿、白洲、祭文殿、白洲釣殿、渡殿を経て正殿と土用殿に至る構成が示されていて、両者はほぼ同一と言ってよい状態である。『尾張名所図会』「熱田大宮全図」に描かれた蕃塀は、3間巾の連子窓型蕃塀で、切妻屋根に控え柱が前後に設けられている。
e0113570_0403065.jpg

 さて、現在の熱田神宮の社殿は明治26年(1893)に伊勢神宮と同じ神明造に作り替えられているという。現在熱田神宮に存在する蕃塀は信長塀と本宮の拝所の間に位置しており、これが「熱田大宮全図」に描かれた位置と同じか否かは判別が難しいが、概ねそのままの位置を保っていたと推定されよう。

 ただし、現存する蕃塀は3間巾の木造衝立型蕃塀で、大きさは概略で本体長約6.7m、全高約3.0m、屋根長約7.5m、屋根巾約0.4mを測り、両側に控え柱を持たないものであった。この点は堀池論文でも、「尚熱田神宮のものは現在はなく、内宮型蕃塀が現在は拝殿前広場の南端の木立の中に拝殿に正面して建っている。」と指摘されていた。


 このことについては、以前に『張州府志』所収「熱田宮境内図」を検討した時には、図像のみでは透垣の構造を読み取ることができず、「透垣」という表現に着目して連子窓型蕃塀であると推定した。今回の『尾張名所図会』の検討では、明瞭に1841年頃の透垣が連子窓型蕃塀であることがわかり、その結果、1752年頃の透垣も連子窓型蕃塀である蓋然性が高くなったといえよう。そして、現在の木造衝立型蕃塀は、明治26年(1893)に蕃塀は衝立型蕃塀に造り直された可能性も高くなったと考えられる。
[PR]
by banbeimania | 2008-10-12 00:42 | 蕃塀を深める | Comments(0)

名古屋市熱田神宮の蕃塀(2)

 前々回に熱田神宮に所在する木造衝立型蕃塀を紹介した。そこでは「明治26年(1893)に伊勢神宮と同じ神明造に作り替えられていることから、蕃塀も同じ頃に建造されたのかも知れない」と記述した。このことに関連して『張州府志』を見ていたら、興味深い図が発見されたので、これを紹介したい。

 『張州府志』は、宝暦2年(1752)に儒学者の松平君山等によって尾張藩で初めて編纂された官撰の地誌であり、全部で30巻を数える。この中には「熱田宮境内図」があり、熱田神宮内の建物配置等が描かれている。これによれば、正面から「下馬橋」、「下馬橋鳥居」、「沓石」、「海蔵門」、「透垣」、「勅使殿」、「拝殿」、「白洲(立明)」、「祭文殿」、「白洲釣殿」、「渡殿」を経て「正殿」と「土用殿」に至る構成が示されている。「海蔵門ヨリ鳥居迄六十七間」と注記され、海蔵門の両脇に連なる塀は現存する「信長塀」と思われる。

 現在の熱田神宮の蕃塀は、信長塀と本宮の拝所の間に位置しており、絵画の雰囲気からみてもおそらく「熱田宮境内図」に示された「透垣(すかしがき)」に対応すると考えられる。これを言い換えれば、透垣を蕃塀と同じものと仮定すると、現在の熱田神宮の蕃塀の位置は江戸時代中期以降において概ねそのままの状態を保っていたと思われる、となる。

 さて、そこで問題となるのは「透垣」という表現である。一般に透垣は板などの間を広く開けて隙間を造る垣を意味しており、先の蕃塀の分類を当てはめると、連子窓型蕃塀は透垣に該当するが、衝立型蕃塀は透垣と呼ぶことはできないだろう。したがって『張州府志』所収「熱田宮境内図」によれば、宝暦2年(1752)頃は「透垣」と呼ばれる連子窓型蕃塀があったと推定されよう。この推定が正しいとすれば、熱田神宮の蕃塀の存在は江戸時代中期まで遡るが、現在ある蕃塀の形状はそれよりも新しい別のものといえる。やはり、明治26年(1893)に蕃塀は衝立型蕃塀に造り直されたのかも知れない(このあたりのこともきちんと調べればわかるのかな?)。
e0113570_22203092.jpg
「熱田宮境内図」の一部(『張州府志』大正2年名古屋史談会発行より一部を転載)
[PR]
by banbeimania | 2007-06-06 22:32 | 蕃塀を深める | Comments(0)

名古屋市熱田神宮の蕃塀(1)

前回、連子窓型蕃塀と衝立型蕃塀の内、連子窓型蕃塀について少し考えた。そして、木造と石造に大きく分かれ、さらに石造連子窓型蕃塀について組み立て方で二分できた。一方、衝立型蕃塀についてはどうであろうか。衝立型蕃塀は類例が少ないので、ここで重要な事例の一つとして、熱田神宮の蕃塀を紹介したい。

 名古屋市熱田区神宮1丁目に所在する熱田神宮は、『Wikipedia』によると、祭神は熱田大神であり、三種の神器の一つである草薙剣を神体としている。相殿に天照大神、素盞嗚尊、日本武尊、宮簀媛命、建稲種命を祀る。創建は不詳だが、景行天皇朝には、すでに土着の信仰神として存在していたらしい。式内社(名神大)で、建物は伊勢神宮と同じ神明造であるが、明治26年(1893)までは尾張造と呼ばれる独特の建築様式であった。熱田神宮宮庁の他に宝物館、熱田神宮会館、愛知県神社庁などがある。

 熱田神宮の蕃塀は3間巾の木造衝立型蕃塀で、大きさは概略で本体長約6.7m、全高約3.0m、屋根長約7.5m、屋根巾約0.4mを測り、両側に控え柱を持たない。

 詳細の構造は次の通り。自然石で周囲を巡らせた白色玉石敷きの基壇に礎石を一列に並べ、その上に円柱を4本立てて巾を3間とし上部に屋根(笠木)を載せている。腰板(礎石直上)の貫と笠木直下の貫を渡し、その間の塀本体は横羽目板が嵌め込まれている。羽目板は各間に節をほとんど持たない美しい板目板材が6枚使用されていた。笠木(屋根)は断面がホームベース形の五角形となっていて、上面に銅板が葺かれている。

 熱田神宮境内は、社殿などの諸施設が多数存在し簡潔に説明することが難しい。蕃塀についてのみ記せば、本宮の拝所である外玉垣御門の正面の位置にあり、現在の参道の縁に所在する。他の多くの神社で見られるように、拝殿の正面に位置する点は共通するが、現状では参拝者に対して目隠しをするような配置とはなっていない。蕃塀の位置が変わっていないとするならば、現在の参道は本来の位置ではないのかもしれない。なお、蕃塀の外側には織田信長が寄進した「信長塀」と呼ばれる築地塀が存在する。

 熱田神宮の蕃塀は、簡素な形状であるが、良材が使用されていて、いやが上にも品格と風格にあふれている。未だに実見していないが、伊勢神宮の蕃塀は、写真等で見る限りではこの熱田神宮の蕃塀に似ているように見える。明治26年(1893)に伊勢神宮と同じ神明造に作り替えられていることから、蕃塀も同じ頃に建造されたのかも知れない(このあたりのことはきちんと調べればわかるのかな?)。
e0113570_2251029.jpg

[PR]
by banbeimania | 2007-06-04 22:53 | 蕃塀の事例 | Comments(0)