蕃塀(ばんぺい)にこだわったブログです。蕃塀は神社の拝殿の前にある衝立状の塀です。
by banbeimania
カテゴリ
全体
蕃塀とは(はじめに)
蕃塀30選
蕃塀の事例
蕃塀を深める
探索の記録
検索
よろしかったらお願いします。クリック! click!
人気blogランキングへ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

リンク
みちくさ学会
さぬき暮らし
あらいのじかん
愛知県神社庁
ひなたぼっこ
以前の記事
2013年 01月
2012年 06月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
最新のコメント
最近は全く更新していない..
by banbeimania at 08:18
通りすがりのものです。 ..
by サリー(宮総代の下っ端) at 20:29
皇室や糸屋ゆかりの大根焚..
by 環境大学新聞 at 15:08
とても魅力的な記事でした..
by 志望動機の書き方 at 09:43
はじめまして。 応援感..
by banbeimania at 22:08
はじめまして。 いつも..
by ならば at 13:02
いつも情報感謝しています..
by banbeimania at 01:02
最新のトラックバック
なんだろう?
from 龍を探して旅日記
【ネットができる宿|日本..
from ぱふぅ家のサイバー小物
岡崎市 レコード買取
from レコ-ド 買取
911 アメリカ 同時多..
from 【写真】 911 アメリカ ..
寺社建築の歴史図典
from ロドリゲスインテリーン
LOVE in Acti..
from ニコニコ笑う、トマトの笑顔な..
10・27請願受付の全容..
from 【日本を】10ゲ7『日本解体..
タグ
(1364)
(148)
(99)
(87)
(71)
(38)
(29)
(25)
(23)
(22)
(19)
(15)
(15)
(12)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(5)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:須佐之男社 ( 7 ) タグの人気記事

名古屋市中川区柳川須佐之男社の蕃塀

 名古屋市中川区柳川7丁目に所在する須佐之男社は、慶長年間(1596〜1614)に熱田区住吉町住吉神社とともに堀川の東西に奉鎮されたもので、津島神社より勧請されている。昭和14年(1939)に本殿などの社殿が竣成されたが戦災に焼け、昭和27年(1952)に再建され、平成12年(2000)に大規模な修復が行われた。社名などからみて、主祭神は建速須佐之男命と推測される。

 柳川須佐之男社の蕃塀は、3間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約2.6m、全高約2.3m、屋根長約3.0m、屋根巾約0.5mを測り、両側には控え柱を持たない。

 詳細の構造は次の通り。基壇を持たず直接地面に礎石と石製布基礎を置き、礎石上に円柱を2本立てて屋根石を載せている。円柱の内側には下から羽目板部、腰貫、連子窓部、内法貫、欄間部の順に材を積み重ねている。羽目板部は幅広の角柱による束柱を2本立て3区画に分けられ石板が嵌め込まれ、その表面には角を丸く加工した方形枠が設けられていた。中央の羽目板裏面には「昭和十二年九月 奉納 (人名1名分)」の文字が刻まれていた。欄間部は中央に「須佐之男社」と記された扁額を置き2区画に分けられ、石板が嵌め込まれ角を丸く加工した方形枠内に木瓜紋が表現されていた。円柱の柱頭には腕木板が前後にあり、連子窓部は角柱を8本立てて竪連子に造られている。屋根は寄棟状に切り出された反り屋根で、上部に載せた棟木石の両端は外側に突き出ている。

 柳川須佐之男社は、正面から灯籠、鳥居、蕃塀、灯籠2対、壁の無い吹き抜けの妻入拝殿、灯籠、渡殿から基壇上の本殿施設群(本殿など)に至る構成を持つ。

 柳川須佐之男社の蕃塀は、昭和12年(1937)に製作されたものと考えられるが、作者は不明である。昭和14年(1939)に本殿などの社殿が竣成されているので、蕃塀もこれに合わせて建造されたものと思われる。本蕃塀は欄間部に扁額を置きその両側に家紋が施される石造連子窓型蕃塀であった。欄間部の両側に家紋が施される事例には、一宮市尾西西萩原八幡神社の蕃塀、一宮市島村宇夫須那神社の蕃塀、一宮市立野天神社の蕃塀、名古屋市北区中杉神明社八幡社の蕃塀、春日井市如意申六所社の蕃塀、稲沢市祖父江山崎川原神明社の蕃塀、稲沢市祖父江高熊八幡社の蕃塀の7事例があるが、やや意外なことに中央に扁額を持つものは本例が初例であった。
e0113570_2218494.jpg

[PR]
by banbeimania | 2009-04-15 22:18 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

江南市宮後須佐雄社の蕃塀

 江南市宮後町砂場北に所在する須佐雄社は、創建年代などの由緒は不明である。松林山常蓮寺に隣接して存在する。『寛文村々覚書』には宮後村に八幡・神明・天頭・明神二社・天王・白山・天神・山神があると記され、このうちの天王が本社に該当する。社名などからみて、祭神は建速須佐之男命と思われる。

 宮後須佐雄社の蕃塀は、3間巾の木造銅板葺き連子窓型蕃塀である。大きさは概略で、本体長約2.0m、全高約2.0m、屋根長約2.8m、屋根巾約1.2mで、両側に控え柱を持つ。

 詳細の構造は次の通り。基壇を持たず直接地面に「H」字形のコンクリート製布基礎と土台木を置き、土台木の上に角柱を3本立てて、下から順に腰長押、内法長押を通し、上端は棟木を渡す。内法長押の上位に方形肘木と簡略化した雲形腕木を架し、表裏両面の出桁を支え直接屋根板を載せている。屋根は切妻造りの直線屋根で、銅板が一文字葺きされていた。大棟も銅板で造られ、その両端は外側に突き出ている。蕃塀の中央には竪連子窓が設けられており、その上には横羽目板(一枚板)が、下には縦羽目板が嵌め込まれていた。控え柱は全て木製で造られている。

 宮後須佐雄社は、正面から灯籠、鳥居、百度石、蕃塀、灯籠、狛犬から基壇上の本殿に至る構成を持つ。

 宮後須佐雄社の蕃塀は、製作年代や作者は不明である。本蕃塀は2間巾であり、規模も本体長が2mにしか過ぎない小規模なものである。木造銅板葺き連子窓型蕃塀で小規模なものには、江南市和田天神社の蕃塀、犬山市塔野地中浦津島神社の蕃塀、犬山市塔野地南の切熊野神社の蕃塀、犬山市橋爪中屋敷津島神社の蕃塀、犬山市犬山西古券三宅社の蕃塀、犬山市犬山西古券神明社の蕃塀、犬山市羽黒成海神社の蕃塀、稲沢市中之庄神明社の蕃塀、稲沢市矢合鈴置神社の蕃塀、稲沢市矢合三島社の蕃塀、丹羽郡扶桑町高雄船塚神社の蕃塀などがある。このうち多くのものは、本蕃塀のように「H」字形のコンクリート製布基礎を置くものであった。
e0113570_21333671.jpg

[PR]
by banbeimania | 2009-01-28 21:33 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

一宮市明地須佐之男社の蕃塀

 一宮市明地字宮浦に所在する須佐之男社は、創建年代などの由緒は不詳である。社名からみて、祭神は建速須佐之男命と推定される。

 明地須佐之男社の蕃塀は、3間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約3.2m、全高約2.6m、屋根長約3.6m、屋根巾約0.6mを測り、両側には控え柱を持たない。

 詳細の構造は次の通り。基壇を持たず直接地面に礎石と布基礎を置き、円柱を2本立ててその上に屋根石を載せる。円柱の内側には下から羽目板部、腰貫、連子窓部、内法貫、欄間部の順に材を積み重ねている。羽目板部は円柱による束柱を2本立て3区画に分け、各区画に縦羽目板が2枚ずつ嵌め込まれている。表面は両端の区画には雲海を泳ぐ龍紋が、中央の区画には獅子紋2頭が描かれている。裏面は、中央の区画には「(地名) 寄附人 (人名2名分) 大正十三年八月」、右側の区画には「名古屋□□町 石勘」の文字が刻まれていた。欄間部は円柱による束柱を2本立て3区画に分け、各区画に一枚板が嵌め込まれていた。中央の横羽目板には表面に三巴紋が描かれている。円柱および欄間部の束柱の柱頭に腕木板が前後に認められる。連子窓部は、羽目板部と欄間部の束柱に継続する部分に円柱による束柱を置き、各区画には角柱を4本ずつ立てて竪連子に造られている。屋根は寄棟状に切り出された反り屋根で、棟木石は外側に突き出ていない。

 明地須佐之男社は、正面から一の鳥居、灯籠、二の鳥居、蕃塀、狛犬、木造妻入拝殿、灯籠群、狛犬、渡殿から基壇上の本殿施設群(祭文殿や本殿)に至る構成を持つ。

 明地須佐之男社の蕃塀は、大正13年(1924)に名古屋市の石工石勘によって製作されたものである。石勘については、これまで紹介してきた蕃塀の中では確認できていないし特定もできていない。

 さて、本蕃塀は連子窓部に円柱による束柱を持つ点が特異であり、おそらく初めから意図して主柱を4本持つ形に見えるように造られたものと考えられ、構造上珍しい形態を成している。似たような事例には一宮市今伊勢町石刀神社の蕃塀があるが、石刀神社の蕃塀は連子窓部の束柱に他の部分と明白に異なる石材が用いられていて、後に改修された結果として連子窓部に束柱を持つに至ったと言わざるをえない。それに比べ、本蕃塀は連子窓部の束柱と他の石材が同様の風化の度合いや雰囲気を示しているのである。本蕃塀が主柱を4本持つ形に見えるように造られた理由は、3間幅の木造連子窓型蕃塀を忠実に模倣しようとしたためと推測される。また、羽目板部に双龍紋や獅子紋が両方とも表現されている点も特徴的であり、様々な面で定型化された石造連子窓型蕃塀ができていく過程を知る上で貴重な事例と思われる。
e0113570_23533934.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-07-08 23:59 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

稲沢市北市場町立部社の蕃塀

 稲沢市北市場町屋敷に所在する立部(たちべ)社については、由緒などを記した資料を入手することができず、詳細は不明である。立部社では毎年7月の第3土曜日に稲沢市指定文化財になっている「こがし祭り」が行われている。稲沢市のホームページでは、『この祭りの由来には諸説あるが,その一つに,江戸時代の寛文年間に飢饉が起きたとき,村の名主の夢枕に須佐之男命が現れ,「少しの麦でもいいから奉納してくれ」というお告げどおりにしたところ飢饉が収まったため,神様に感謝する祭りが始まったと言われている。』という。上記のことからみて祭神は須佐之男命と思われる。


 北市場立部社の蕃塀は、3間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約2.7m、全高約2.4m、屋根長約3.5m、屋根巾約0.6mを測り、両側には控え柱を持たない。

 詳細の構造は次の通り。基壇を持たず直接地面に礎石と布基礎を配置し、その上に円柱を2本立てて屋根を載せている。円柱の内側には下から羽目板部、貫、連子窓部、貫、透かし部の順に石材を積み重ねている。羽目板部は円柱?を2本立てて3つの区画に分けており、表面は隅を丸く加工した方形の単純な形を切り出したままであって装飾的な彫刻などは全く認められない。中央の区画裏面には「寄附人 (人名15名分) 大正十三年十月」と刻まれている。透かし部は双龍紋が描かれ、その形状は龍の頭部が左端と中央に配置されて向かい合うCタイプであった。左側円柱の側面に「ナゴヤ西区八坂町 石工角田六三郎作」と記されていた。円柱上位に雲形腕木を模した張り出しが前後にあり、連子窓部は角柱を10本立てて造られる。屋根は寄せ棟状に切り出され、大棟は両側に少し突き出ている。控え柱は存在しないが、背面に斜めに石製角材で支え棒が渡され、ボルトで固定・補強されている。

 北市場立部社は正面から灯籠、鳥居、灯籠、蕃塀、狛犬、灯籠、壁の無い吹き抜けの妻入拝殿、渡殿、灯籠、狛犬から基壇上の本殿施設群に至る構成を持つ。

 北市場立部社の蕃塀は、大正13年(1924)に名古屋市西区の石工角田六三郎が製作したものである。透かし部の双龍紋はCタイプであるが、角田六三郎の作品でCタイプに属するものには、北名古屋市石橋八幡社と稲沢市堀之内天神社の蕃塀がある。
e0113570_23561495.jpg

[PR]
by banbeimania | 2007-09-12 23:56 | 蕃塀の事例 | Comments(1)

愛西市大野山須佐男社の蕃塀

 愛西市大野山町狐穴に所在する須佐男社は、須佐之男命を祀っている。慶長10年(1605)に石田市右衛門康岡が現甚目寺町の萱津から当地に移住し、翌慶長11年(1606)に氏神として天王社を勧請したという。昭和12年(1937)に社殿全部を新築したという。

 大野山須佐男社の蕃塀は、3間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約2.7m、全高約2.3m、屋根長約3.5m、屋根巾約0.6mを測り、両側には控え柱を持たない。

 詳細の構造は次の通り。コンクリート製基壇上に切り石による礎石と布基礎を配置し円柱を2本立てて屋根を載せている。円柱の内側には下から羽目板部、貫、連子窓部、貫、透かし部の順に石材を積み重ねている。羽目板部は円柱を2本立てて3つの区画に分けており、各区画には彫刻などは存在しない。透かし部も幅広い角柱で2つの区画に分けられていて、隅丸長方形の透かしが施されている。中央羽目板部の裏面には「昭和十二年一月建之 寄附人(人名1名分) 世話人 當村(人名1名分)」と刻まれている。円柱上位に雲形腕木を模した張り出しが前後と両側にあり、連子窓部は角柱を9本立てて造られる。屋根は寄せ棟状に切り出され大棟の両端は少し外側に突き出ている。

 大野山須佐男社は正面から灯籠、鳥居、灯籠群、蕃塀、壁の無い吹き抜けの拝殿、狛犬から基壇上の本殿施設群に至る構成を持つ。

 大野山須佐男社の蕃塀は、昭和12年(1937)に製作されたものである。以前に検討した石造連子窓型蕃塀の透かし部の分析では、半数以上に見られた双龍紋を細かく分類したが、実際には龍紋が施されていないものも相当量存在する。本蕃塀のように単純な形状の透かしのみのものは、北名古屋市弥勒寺日吉社の蕃塀など約10例は存在する。このタイプの分析はまだ十分に行っていないが、今のところ作者や製作年代に偏った傾向は認められず、比較的普遍的に一定量存在したものと言えるかも知れない。
e0113570_0123772.jpg

[PR]
by banbeimania | 2007-07-20 00:13 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

海部郡甚目寺栄須佐之男社の蕃塀

 海部郡甚目寺町大字栄字東郷内に所在する須佐之男社は、古伝によると寛政・享和年間(1789〜1804)の頃に勧請したという(『甚目寺町史』による)。そして、明治17年(1884)に当地栄の氏神となった。祭神は須佐之男命である。

 栄須佐之男社の蕃塀は、3間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約2.2m、全高約2.2m、屋根長約2.8m、屋根巾約0.6mを測り、両側には控え柱を持つ。

 詳細の構造は次の通り。基壇を持たずコンクリート敷の参道に切り石による礎石と布基礎を配置し円柱を2本立てて屋根を載せている。円柱の内側には下から羽目板部、貫、連子窓部、貫、透かし部の順に石材を積み重ねている。羽目板部は角柱を2本立てて3つの区画に分けており、全ての区画に倒立した獅子紋が彫刻されている。透かし部は双龍紋が施されており、その紋様は1匹の頭部は左端にもう1匹の頭部はほぼ中央に配置されるCタイプであった。左側の羽目板部の裏面には「皇紀二千六百一年」、中央羽目板部の裏面には「寄附者 (人名8名分)」、右側羽目板部の裏面には「ナゴヤ西区八坂町 石工角田六三郎」と刻まれている。円柱上位に雲形腕木を模した張り出しが前後にあり、連子窓部は角柱を7本立てて造られる。屋根は寄せ棟状に切り出され、大棟は少し外側に突き出ている。控え柱も石造で頭部が宝珠に形作られている。

 栄須佐之男社は正面から灯籠、鳥居、蕃塀、灯籠群、壁の無い吹き抜けの拝殿、灯籠群、狛犬、移殿から基壇上の本殿施設群に至る構成を持つ。

 栄須佐之男社の蕃塀は、皇紀2601年(昭和16年、西暦1941年)に石工角田六三郎によって製作されたものである。以前に記述した石造連子窓型蕃塀の透かし部の紋様分析では、Cタイプの石造連子窓型蕃塀は5例存在した。このうち、北名古屋市石橋八幡社の蕃塀は、本蕃塀と同様に石工角田六三郎によって製作されていたことが分かっている。一方で、本蕃塀と同時期(昭和時代前半)に構築された北名古屋市法成寺八劔社の蕃塀(昭和11年)と犬山市楽田神明社の蕃塀(昭和14年)は、製作者は不明となっているが、栄須佐之男社の事例をみると不明であった製作者は案外石工角田六三郎であったかもしれないと思われる。
e0113570_22255128.jpg

[PR]
by banbeimania | 2007-07-09 22:27 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

知多郡武豊町武雄神社の蕃塀

 武豊町上ゲに所在する武雄神社は、古来朝廷より従三位の神階を授けられ国司所祭の礼を享けたる神社といい、中央に須佐之男尊、左に大己貴命と少彦名命、右に弥五郎殿命が祀られている。承久の乱後には、磐田遠江守朝弘が館を構え長尾城を構築した際に、城内鎮護の社にしたという。以降、武将・藩主・領主等に篤く崇敬された当地の大社であった(看板の由緒書きより)。       

 武雄神社の蕃塀は3間巾の木造桧皮葺きである。大きさは概略で、本体長約3.3m、全高約2.9m、屋根長約4.5m、屋根巾約2.1mで、両側に控え柱を持つ。

 詳細の構造は次の通り。切り石による布基礎に丸太材の柱4本を立て、下から順に腰板の貫、腰長押、内法長押を通し、上端は棟木を渡す。内法長押の上に肘木と簡略化された雲形の腕木を配置して表裏両面の桁を支え、垂木を渡して屋根を載せる。屋根は切妻造り桧皮葺で軒反りは真反り、大棟とその両端の鬼板は銅板で造られる。中央には連子窓、下部には布羽目板が嵌め込まれ、控え柱は木製である。武雄神社の蕃塀は、比較的に正木八幡社のものに類似するが、屋根が桧皮葺であることが蕃塀の風格を増させている印象がある。

 多くの蕃塀は鳥居と拝殿の間に配置されるが、武雄神社の場合は鳥居が4基存在し、三番目の鳥居から四番目の鳥居の間に蕃塀が存在する。境内が広いために蕃塀から拝殿までの距離も長く、蕃塀が孤立して存在しているような雰囲気を持っている。建造年代は不明。
e0113570_0291168.jpg

[PR]
by banbeimania | 2007-02-01 00:30 | 蕃塀の事例 | Comments(0)