人気ブログランキング |

蕃塀(ばんぺい)にこだわったブログです。蕃塀は神社の拝殿の前にある衝立状の塀です。
by banbeimania
カテゴリ
全体
蕃塀とは(はじめに)
蕃塀30選
蕃塀の事例
蕃塀を深める
探索の記録
検索
よろしかったらお願いします。クリック! click!
人気blogランキングへ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

リンク
みちくさ学会
さぬき暮らし
あらいのじかん
愛知県神社庁
ひなたぼっこ
以前の記事
2013年 01月
2012年 06月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
最新のトラックバック
なんだろう?
from 龍を探して旅日記
【ネットができる宿|日本..
from ぱふぅ家のサイバー小物
岡崎市 レコード買取
from レコ-ド 買取
911 アメリカ 同時多..
from 【写真】 911 アメリカ ..
寺社建築の歴史図典
from ロドリゲスインテリーン
LOVE in Acti..
from ニコニコ笑う、トマトの笑顔な..
10・27請願受付の全容..
from 【日本を】10ゲ7『日本解体..
タグ
(1364)
(148)
(99)
(87)
(71)
(38)
(29)
(25)
(23)
(22)
(19)
(15)
(15)
(12)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(5)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 04月 ( 26 )   > この月の画像一覧

名古屋市中川区五女子八劔社の蕃塀

 名古屋市中川区五女子町3丁目(八熊町字下脇)に所在する八劔社は、寛永2年(1625)に尾州和加部守が戦勝祈願のため創建されたと、境内にある由緒書きに記されていた。祭神は日本武尊である。

 五女子八剱社の蕃塀は、3間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約2.8m、全高(現状)約1.8m、屋根長約3.6m、屋根巾約0.6mを測り、両側には控え柱を持たない。

 詳細の構造は次の通り。基礎部分と羽目板部の一部が土砂に埋もれてしまっており、基礎構造を知ることはできない。円柱を2本立てて屋根石を載せており、その円柱の内側には下から羽目板部、腰貫、連子窓部、内法貫、欄間部の順に材を積み重ねている。羽目板部は円柱による束柱を2本立て3区画に分けられ石板が嵌め込まれ、その表面には角を丸く加工した方形枠が設けられていた。裏面には、左側の羽目板で「指定村社⊏ 昇格紀⊏ 昭和十一年十月⊏」、中央と右側の羽目板でそれぞれ所属+人名が8名分以上の文字が刻まれていた。欄間部は中央に「八劔社」と記された扁額を置き2区画に分けられるが、両側の区画にわたって単龍紋が表現されていた。円柱の柱頭には腕木板が前後にあり、連子窓部は角柱を9本立てて竪連子に造られている。屋根は寄棟状に切り出された直線屋根で、上部に載せているはずの棟木石は欠損していた。

 五女子八剱社は、正面から灯籠、鳥居、蕃塀、灯籠群、狛犬、壁の無い吹き抜けの妻入拝殿、灯籠、渡殿から基壇上の本殿施設群(祭文殿や本殿など)に至る構成を持つ。

 五女子八剱社の蕃塀は、昭和11年(1936)に製作されたが、作者は不明である。本蕃塀のように単龍紋の中央に扁額を配置させるものには、愛知神明社の蕃塀(1921)と尾崎白山社の蕃塀(1920)がある程度で、やや珍しいものといえよう。本蕃塀は既出の2事例よりも新しいが、一見して単龍紋と判断できない形に彫刻されているものであり、相互の影響関係は薄いと思われる。本蕃塀の最大の特徴は、基礎部分が相当の高さで埋もれている点であり、昭和11年(1936)以降に参道が相当にかさ上げされたものと考えられる。
e0113570_2330369.jpg

by banbeimania | 2009-04-18 23:31 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

名古屋市中川区長良八劔社の蕃塀

 名古屋市中川区長良町4丁目に所在する八劔社は、元文元年(1736)に創建されたと伝えられる。本殿は昭和11年に新築されたが、昭和38年に焼失、昭和43年に再建された。神明社と八幡社が合祀されている。主祭神は日本武尊と草薙御劔である。

 長良八剱社の蕃塀は、3間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約3.3m、全高約2.6m、屋根長約4.3m、屋根巾約0.6mを測り、両側に控え柱を持つ。

 詳細の構造は次の通り。切り石で囲まれた低いコンクリート製基壇に礎石と石製布基礎を置き、礎石上に円柱を2本立てて屋根石を載せている。円柱の内側には下から羽目板部、腰貫、連子窓部、内法貫、欄間部の順に材を積み重ねている。羽目板部は角柱による束柱を2本立て3区画に分けられ石板が嵌め込まれ、その表面には角を丸く加工した方形枠が設けられていた。中央の羽目板裏面には「奉納 昭和十一年十月建之 子丑歳厄祝記念 (人名4名分)」の文字が刻まれていた。欄間部は頭部を両端に配置された双龍紋が彫刻されており、中央には扁額などを持たない。円柱の柱頭には腕木板が前後にあり、連子窓部は角柱を13本立てて竪連子に造られている。屋根は寄棟状に切り出された反り屋根で、上部に載せた棟木石の両端は外側にわずかに突き出ている。控え柱は全て石製で、頭部は宝珠に作られていた。

 長良八剱社は、正面から灯籠、一の鳥居(木造)、蕃塀、灯籠、二の鳥居(石造)、灯籠、狛犬、壁の無い吹き抜けの妻入拝殿、狛犬、渡殿から基壇上の本殿施設群(祭文殿や本殿など)に至る構成を持つ。

 長良八剱社の蕃塀は、昭和11年(1936)に製作されたが、作者は不明である。本殿が昭和11年に新築されたというので、それに合わせて蕃塀も構築されたのであり、昭和38年の不審火による焼失は免れたのだろう。本蕃塀は、欄間部の高さが高く、結果として双龍紋が強調されたものとなっている。昭和10年前後の石造連子窓型蕃塀にはこのような事例が多いように感じられる。
e0113570_22384819.jpg

by banbeimania | 2009-04-17 22:42 | 蕃塀の事例 | Comments(2)

名古屋市中川区愛知神明社の蕃塀

 名古屋市中川区愛知町に所在する神明社は、創建年代などの由緒は不詳である。社名からみて、祭神は天照大神と推測される。

 愛知神明社の蕃塀は、3間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約2.6m、全高約2.2m、屋根長約3.3m、屋根巾約0.6mを測り、両側には控え柱を持たない。

 詳細の構造は次の通り。基壇を持たず直接地面に礎石と石製布基礎を置き、礎石上に円柱を2本立てて屋根石を載せている。円柱の内側には下から羽目板部、腰貫、連子窓部、内法貫、欄間部の順に材を積み重ねている。羽目板部は円柱による束柱を2本立て3区画に分けられ石板が嵌め込まれ、その表面には角を丸く加工した方形枠が設けられていた。裏面には、左側の羽目板で「名古屋市 (団体名5組)」、中央の羽目板で「名古屋市入江町 吉乃家 (屋号 人名1名分 電話番号)」、右側の羽目板で「名古屋市 (団体名5組) 大正十年一月 ビワジマ町 石工 荒木弥助」の文字が刻まれていた。欄間部は中央に「神明社」と記された扁額を置き2区画に分けられるが、両側の区画にわたって単龍紋が表現されていた。円柱の柱頭には腕木板が前後にあり、連子窓部は角柱を9本立てて竪連子に造られている。屋根は寄棟状に切り出された反り屋根で、上部に載せた棟木石の両端は外側にわずかに突き出ている。

 愛知神明社は、正面から鳥居、狛犬、太鼓橋、蕃塀、狛犬、灯籠2対、壁の無い吹き抜けの妻入拝殿、灯籠、渡殿から基壇上の本殿施設群(本殿など)に至る構成を持つ。

 愛知神明社の蕃塀は、大正10年(1921)に名古屋市西区東枇杷島の石工荒木弥助によって製作されたものである。これまでに確認された石工荒木弥助の手による石造蕃塀は全部で14例が存在する。本蕃塀のように単龍紋の中央に扁額を配置させるものは珍しいと考えられ、荒木弥助の作品の一つである尾崎白山社の蕃塀(1920)に認められる程度であった。扁額を持つ単龍紋の欄間部は、大正10年前後の荒木弥助の作風の特徴と言えるのかもしれない。
e0113570_2243325.jpg

by banbeimania | 2009-04-16 22:46 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

名古屋市中川区柳川須佐之男社の蕃塀

 名古屋市中川区柳川7丁目に所在する須佐之男社は、慶長年間(1596〜1614)に熱田区住吉町住吉神社とともに堀川の東西に奉鎮されたもので、津島神社より勧請されている。昭和14年(1939)に本殿などの社殿が竣成されたが戦災に焼け、昭和27年(1952)に再建され、平成12年(2000)に大規模な修復が行われた。社名などからみて、主祭神は建速須佐之男命と推測される。

 柳川須佐之男社の蕃塀は、3間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約2.6m、全高約2.3m、屋根長約3.0m、屋根巾約0.5mを測り、両側には控え柱を持たない。

 詳細の構造は次の通り。基壇を持たず直接地面に礎石と石製布基礎を置き、礎石上に円柱を2本立てて屋根石を載せている。円柱の内側には下から羽目板部、腰貫、連子窓部、内法貫、欄間部の順に材を積み重ねている。羽目板部は幅広の角柱による束柱を2本立て3区画に分けられ石板が嵌め込まれ、その表面には角を丸く加工した方形枠が設けられていた。中央の羽目板裏面には「昭和十二年九月 奉納 (人名1名分)」の文字が刻まれていた。欄間部は中央に「須佐之男社」と記された扁額を置き2区画に分けられ、石板が嵌め込まれ角を丸く加工した方形枠内に木瓜紋が表現されていた。円柱の柱頭には腕木板が前後にあり、連子窓部は角柱を8本立てて竪連子に造られている。屋根は寄棟状に切り出された反り屋根で、上部に載せた棟木石の両端は外側に突き出ている。

 柳川須佐之男社は、正面から灯籠、鳥居、蕃塀、灯籠2対、壁の無い吹き抜けの妻入拝殿、灯籠、渡殿から基壇上の本殿施設群(本殿など)に至る構成を持つ。

 柳川須佐之男社の蕃塀は、昭和12年(1937)に製作されたものと考えられるが、作者は不明である。昭和14年(1939)に本殿などの社殿が竣成されているので、蕃塀もこれに合わせて建造されたものと思われる。本蕃塀は欄間部に扁額を置きその両側に家紋が施される石造連子窓型蕃塀であった。欄間部の両側に家紋が施される事例には、一宮市尾西西萩原八幡神社の蕃塀、一宮市島村宇夫須那神社の蕃塀、一宮市立野天神社の蕃塀、名古屋市北区中杉神明社八幡社の蕃塀、春日井市如意申六所社の蕃塀、稲沢市祖父江山崎川原神明社の蕃塀、稲沢市祖父江高熊八幡社の蕃塀の7事例があるが、やや意外なことに中央に扁額を持つものは本例が初例であった。
e0113570_2218494.jpg

by banbeimania | 2009-04-15 22:18 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

名古屋市中川区西日置鹽竈神社の蕃塀

 名古屋市中川区西日置1丁目に所在する鹽竈神社は、名古屋城築城の折に岩田藤忠が鹽竃大神を勧請して創建されたと伝えられる。天保6年(1835)に現在地に遷座された。祭神は塩土老翁命・武甕槌命・経津主命である。

 西日置鹽竈神社の蕃塀は、3間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約3.5m、全高約2.5m、屋根長約4.3m、屋根巾約0.6mを測り、両側に控え柱を持つ。

 詳細の構造は次の通り。黒灰色コンクリート製基壇に礎石と石製布基礎を置き、礎石上に円柱を2本立てて屋根石を載せている。円柱の内側には下から羽目板部、腰貫、連子窓部、内法貫、欄間部の順に材を積み重ねている。羽目板部は幅広の角柱による束柱を2本立て3区画に分けられ、表面は両側の区画には獅子紋が、中央の区画には虎紋が表現されていた。羽目板部の裏面は全ての区画で角を丸く加工した方形枠が設けられていた。右側の主柱裏面には「西日置町山王 (人名1名分)」、左側の主柱裏面には「昭和九年十月」、右側背面の控え柱裏面には「岡崎市 石工 大山嶋一郎」の文字が刻まれていた。欄間部は両端に頭部を置く双龍紋が彫刻され、一部が透かしとなっていた。円柱の柱頭には腕木板が前後にあり、連子窓部は角柱を12本立てて竪連子に造られている。屋根は寄棟状に切り出された反り屋根で、上部に載せた棟木石の両端は外側にわずかに突き出ている。控え柱は全て石製で、頭部は宝珠に形作られていた。

 西日置鹽竈神社の蕃塀は、正面から鳥居、狛犬、灯籠、蕃塀、百度石、灯籠、狛犬、木造妻入拝殿、灯籠、渡殿から本殿施設群(祭文殿や本殿など)に至る構成を持つ。

 西日置鹽竈神社の蕃塀の蕃塀は、昭和9年(1934)に岡崎市の石工大山嶋一郎により製作されたものである。この石工大山嶋一郎は、現在の有限会社大山石材店に関係する人物の可能性が考えられるが、特定するには至っていない。本蕃塀は、彫刻を持つ石造連子窓型蕃塀としては通有に見られるタイプといえる。強いていえば、主柱に刻まれた文字がやや判読しにくいという特徴が認められる。
e0113570_22411088.jpg

by banbeimania | 2009-04-14 22:41 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

名古屋市中川区元中野(野立)神明社の蕃塀

 今日からは名古屋市中川区に所在する蕃塀の事例を紹介する。

 名古屋市中川区元中野2丁目(野立町字上ノ切)に所在する神明社は、創建年代などの由緒は不詳である。現在の神明社は、村内に散在していた津島社・八幡社・神明社・白山社が安永6年(1777)に遷宮されたものという。祭神は建速須佐之男命・品陀別命・天照皇大神・白山比咩神である。

 元中野神明社の蕃塀は、4間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約3.5m、全高約2.3m、屋根長約4.2m、屋根巾約0.6mを測り、両側には控え柱を持たない。

 詳細の構造は次の通り。基壇を持たず直接地面に礎石と石製布基礎を置き、礎石上に円柱を2本立てて屋根石を載せている。円柱の内側には下から地貫、羽目板部、腰貫、連子窓部、内法貫、欄間部の順に材を積み重ねている。羽目板部は角柱による束柱を3本立て4区画に分けられ石板が嵌め込まれ、その表面には角を丸く加工した方形枠が設けられていた。中央左側の羽目板裏面には「藍綬褒章 受賞 (年月日) 勲三等瑞宝章 受賞 (年月日) 奉納 (人名1名分) 平成十一年十月吉日」の文字が刻まれていた。欄間部は中央に「神明社」と記された扁額を置き2区画に分けられ、石板が嵌め込まれ角を丸く加工した方形枠が設けられていた。円柱の柱頭には腕木板は前後にある。連子窓部は実際には連子窓になっておらず、角柱による束柱を8本立て7区画に分けられ、そこに石板が嵌め込まれていた。屋根は寄棟状に切り出された直線屋根で、上部に載せた棟木石の両端は外側に突き出ていない。

 元中野神明社は、正面から鳥居、蕃塀、灯籠、狛犬、壁の無い吹き抜けの妻入拝殿、灯籠、渡殿から基壇上の本殿施設群(本殿など)に至る構成を持つ。

 元中野神明社の蕃塀は、平成11年(1999)に製作されたものと考えられるが、作者は不明である。本蕃塀は、連子窓部に連子窓が無く、全く視線が遮断される形状となっている点が大きな特徴である。腰貫と内法貫を持ちその間は束柱を多く置いている点が、連子窓部を意識させる造りとなっているといえる。このようなタイプは本例が初例である。(4月14日修正)
e0113570_2210748.jpg

by banbeimania | 2009-04-13 22:12 | 蕃塀の事例 | Comments(0)

神社探訪余話(13)桜舞い散る社(その2)

 今年の桜は、咲き始めが早い上に、それ以降も穏やかな日々が続いたためか、非常に長い期間にわたり見頃となっている。花粉の影響もあって私の神社参拝のペースは落ちているのだが、それでもいくつかの神社で桜木の花が咲き乱れている様子をみることができた。

 今春に撮影した小牧市中央神明社と小牧市北外山神明社の桜木を紹介したい。
e0113570_23223350.jpg
          小牧市中央神明社の桜木
e0113570_2323650.jpg
          小牧市北外山神明社の桜木
by banbeimania | 2009-04-11 23:24 | 探索の記録 | Comments(0)

名古屋市瑞穂区の蕃塀

 愛知県神社庁の資料によれば、名古屋市瑞穂区には17社の神社が記載されている。私は昨年8月までにこの17柱の神社を踏破したが、このうち蕃塀の存在は確認されなかった。

 具体的には、御劔八劔社、東栄八幡社、田辺通正及神社、下山山神社、丸根北条八幡社、中根東八幡社、軍水西八幡社、中山神明社、瑞穂通秋葉神社、瑞穂通真好天神社、北原八幡社、本願寺八幡社白山社相殿、津賀田神社、村上神社、大喜新町田光八幡社、雁道富士八幡社、平郷一之御前社の17柱には蕃塀は認められなかった。

 これまで、名古屋市では愛知県神社庁のリスト中の神社で蕃塀が存在しない区は認められなかったが、初めて瑞穂区で蕃塀が存在しない区があることが判明した。ちなみにこれまで判明した名古屋市内の蕃塀の数量は、名古屋市北区(22社中11社:50%)、名古屋市名東区(7社中2社:約43%)、名古屋市昭和区(10社中3社:30%)、名古屋市千種区(10社中3社:30%)、名古屋市中村区(49社中9社:約18%)、名古屋市西区(31社中5社:約16%)、名古屋市中区(24社中3社:約13%)、名古屋市守山区(17社中2社:約12%)、名古屋市天白区(9社中1社:約11%)名古屋市東区(16社中1社:6.25%)である。
by banbeimania | 2009-04-10 01:13 | 探索の記録 | Comments(0)

小牧市の蕃塀

 愛知県神社庁の資料によれば、小牧市には57社の神社が記載されている。私はつい先日までにこの57柱の神社を踏破したが、このうち蕃塀を持つ神社は既に紹介した32例である。

 具体的には久保一色神明社、岩崎熊野社、小牧原新田津島神社、間々原新田実々神社、岩崎原新田津島社、二重堀津島社、中央神明社、南外山八幡社、応時神明社、郷中六所社、市之久田八幡社、多気坂庭神社、下小針天神社、小針尾張神社、外堀神明社、小牧神明社、常普請天満宮、堀の内神明社、多気十二柱社、多気神社、小木宇都宮神社、舟津八劔社、三渕原新田神明神社、西之島若宮八幡社、横内若宮八幡社、村中片山八幡社、入鹿出新田神明社、河内屋新田津島神社、大久佐八幡宮、池之内八幡神社、下末天神社、東田中八所社の32柱である。この他に、愛知県神社庁の資料に掲載されていない小牧市大字小牧原新田神明社、小牧市小木5丁目日吉社の2社にも蕃塀が存在した。

 この他の久保一色熊野社、田縣神社、岩崎厳島社、小牧原新田黒須雲神社、外山神社、北外山神明社、南外山天神社、春日寺神明社、大山兒社、外堀天道社、堀の内愛宕社、間々本町白山社、藤島神明社、舟津天神社、三ッ渕天神神社、大草愛宕神社、林北三明神社、野口白山社、野口八幡社、野口神明社、本庄八所社、上末八幡社、東田中八幡社、文津神明社、小松寺八所社合殿熊野社の25柱には蕃塀は認められなかった。また、愛知県神社庁の資料に掲載されていない文津おちょぼ稲荷社、野口厳島社、堀の内一丁目小牧山稲荷神社にも蕃塀は認められなかった。

 以上の結果、小牧市では愛知県神社庁のリスト中の約56.1%の神社で蕃塀が存在することが判明した。この数値をこれまで紹介してきた市町村と比較してみると、丹羽郡扶桑町(約88.9%)・岩倉市(約87.0%)・江南市(約73.6%)・丹羽郡大口町(60%)・西春日井郡豊山町(約57.1%)を下回るものの、一宮市(約53.3%)・清須市(約52.9%)・北名古屋市(約46.3%)・春日井市(約45.5%)・稲沢市(約44.7%)・犬山市(約44.4%)などよりも多くなっている。この結果、江南市は蕃塀が多く存在する地域と評価できる。
by banbeimania | 2009-04-08 22:12 | 探索の記録 | Comments(0)

小牧市小木日吉社の蕃塀

 小牧市小木5丁目に所在する日吉社は、創建年代などの由緒は不詳である。社名からみて、祭神は大山咋神と推測される。なお、この神社は愛知県神社庁のリストには存在しない神社である。

 小木日吉社の蕃塀は、3間巾の木造銅板葺き連子窓型蕃塀である。大きさは概略で、本体長約4.5m、全高約2.4m、屋根長約5.4m、屋根巾約1.8mで、両側に控え柱を持つ。

 詳細の構造は次の通り。地中に埋もれかけている周囲を切り石で囲まれたコンクリート製基壇に一列に平坦な自然石を並べ、その上に円柱を4本立てて下から順に地貫、腰長押、内法長押を通し、上端は棟木を渡す。内法長押の上位に角を丸くした方形肘木と簡略化された雲形腕木を架し、表裏両面の出桁を支え垂木を渡して屋根板を載せている。屋根は切妻造りの直線屋根で、銅板が一文字葺きされていた。大棟も銅板で造られ、その両端は外側に突き出ている。蕃塀の中央には竪連子窓が設けられており、その上下には縦羽目板が嵌め込まれていた。控え柱は木製で造られており、その先端は少し尖っているが、基礎部分は石材が用いられていた

 小木日吉社は、正面から神門、灯籠、鳥居、蕃塀、灯籠、壁の無い吹き抜けの妻入拝殿、狛犬から基壇上の本殿に至る構成を持つ。本殿の背後には、市指定天然記念物のクスノキがあり、市内最大の植物であるという。

 小木日吉社の蕃塀は、製作年代や作者は不明である。本社は愛知県神社庁のリストには存在しない神社にもかかわらず、蕃塀の規模が大きい点に特徴が認められる。リストには存在しない神社の中では、稲沢市下津本郷神明社の蕃塀(本体長約3.4m、全高約2.9m、屋根長約4.5m)が大きいが、これよりも長さは長いものであった。
e0113570_21554454.jpg

by banbeimania | 2009-04-07 21:56 | 蕃塀の事例 | Comments(0)