蕃塀(ばんぺい)にこだわったブログです。蕃塀は神社の拝殿の前にある衝立状の塀です。
by banbeimania
カテゴリ
全体
蕃塀とは(はじめに)
蕃塀30選
蕃塀の事例
蕃塀を深める
探索の記録
検索
よろしかったらお願いします。クリック! click!
人気blogランキングへ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

リンク
みちくさ学会
さぬき暮らし
あらいのじかん
愛知県神社庁
ひなたぼっこ
以前の記事
2013年 01月
2012年 06月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
最新のトラックバック
なんだろう?
from 龍を探して旅日記
【ネットができる宿|日本..
from ぱふぅ家のサイバー小物
岡崎市 レコード買取
from レコ-ド 買取
911 アメリカ 同時多..
from 【写真】 911 アメリカ ..
寺社建築の歴史図典
from ロドリゲスインテリーン
LOVE in Acti..
from ニコニコ笑う、トマトの笑顔な..
10・27請願受付の全容..
from 【日本を】10ゲ7『日本解体..
タグ
(1364)
(148)
(99)
(87)
(71)
(38)
(29)
(25)
(23)
(22)
(19)
(15)
(15)
(12)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(5)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 02月 ( 24 )   > この月の画像一覧

木造連子窓型蕃塀の銅板葺き屋根(その1)

 木造連子窓型蕃塀の屋根には、桟瓦葺き屋根と桧皮葺き屋根と銅板葺き屋根があるが、今日からは銅板葺き屋根について考えてみたい。

 木造連子窓型蕃塀の中で銅板葺き屋根のものは、現状で124事例が確認されている。これらはさまざまな特徴から細分が可能であるが、事例数が多くて整理が難しいのが現状である。ここではまず、屋根面が平坦になるか、反りを持つ曲面となるかという視点で大きく2類に分類しておく。

 このうち、屋根面が平坦になる「銅板葺き直線屋根」について取り上げてみよう。銅板葺き直線屋根を、さらに屋根最上部の大棟の形状から次の5種に区分できる。

銅板葺き直線屋根Aタイプ:大棟の両端が外側に突き出て、大棟上に千木と鰹木が載るもの。
銅板葺き直線屋根Bタイプ:大棟の両端が外側に突き出て、かつ大棟脇にある補助材も少し外側に突き出ているもの(このことについては何か適切な表現があると思うが、私はまだ知らない)。
銅板葺き直線屋根Cタイプ:大棟の両端が外側に突き出て、Bタイプのような大棟脇の補助材がないもの。
銅板葺き直線屋根Dタイプ:大棟の両端が外側に突き出て、屋根そのものが非常に薄いもの。
銅板葺き直線屋根Eタイプ:大棟の両端に鬼板を置くもの。

 これらの内訳は下記のとおりである。

銅板葺き直線屋根Aタイプ:4例
銅板葺き直線屋根Bタイプ:19例
銅板葺き直線屋根Cタイプ:7例
銅板葺き直線屋根Dタイプ:9例
銅板葺き直線屋根Eタイプ:1例
[PR]
by banbeimania | 2010-02-17 22:44 | 蕃塀を深める

木造連子窓型蕃塀の桧皮葺き屋根(まとめ)

 これまでに、桧皮葺き屋根を持つ木造連子窓型蕃塀を紹介してきた。この中でも、桧皮の優美な曲線をそのまま見せている「桧皮葺き屋根Aタイプ」は、津島市津島神社例(尾張五社の一つ)・稲沢市尾張大国霊神社例(尾張五社の一つ)・清須市清洲日吉神社例(清須総氏神)・知多郡武豊町武雄神社例(式内社)の4例しかなく、いずれも格式の高い神社であった。規模も、本体長の順位でみると、津島神社例(1位)・尾張大国霊神社例(3位)・清洲日吉神社例(7位)・武雄神社例(72位)となり、比較的大きなものが多い。

 一般に、桧皮葺きは植物性屋根葺工法の中で,最も格式の高い技法として,古くから貴族の住宅や神仏を祀る社殿や仏堂に使用されてきたという。この桧皮は、近年原皮師の減少や檜皮の不足のため,非常に手に入りにくくなった(京都市文化市民局文化部文化財保護課技師の河原伸治氏の文章を抜粋改変した)。桧皮葺きは俗に言う「尊い」ものを祭る、あるいは収めるための建物の屋根であり、単に高級屋根材であるから権力者なら誰でも自由に使用できたわけではなく、由緒正しい神社などに使用されたという(「まつみInternet」の文章を大幅に改変した)。

 このような桧皮葺きに関する一般的な理解が、神社の一施設である蕃塀にも当てはまるような気がする。格の高い神社の蕃塀に桧皮葺き屋根Aタイプが多いからだ。一方、桧皮葺きでも、銅板で覆われた桧皮葺き屋根B〜Dタイプの事例は、必ずしも格の高い神社の蕃塀に限られるわけではない。
[PR]
by banbeimania | 2010-02-15 21:55 | 蕃塀を深める

木造連子窓型蕃塀の桧皮葺き屋根(その8)

 これまでに、桧皮葺き屋根を持つ木造連子窓型蕃塀を、屋根面の状態と大棟の形状から大きく4類に分類し紹介してきた。これらは全て、屋根の頂部に相当する大棟は銅板で製作されていることが明らかになった。そればかりか、桧皮屋根と言っても、その表面が銅板で覆われている事例が多いこと(14例中10例)も判明した。実際に、これまでの最初に記述した事例紹介の段階で銅板葺き屋根と紹介したものが、現在は「桧皮葺き屋根」に含めてしまっているものも存在するのである。

 今回、木造連子窓型蕃塀の屋根を改めて検討した際に注視したのは、屋根板側面の状態である。名古屋市西区に所在する平田十所社の蕃塀の屋根板側面は、斜めに組み合わされた化粧野地板の上に厚く重ねられた桧皮を見ることができ、桧皮葺き屋根が銅板に覆われている状況を確認できる。
e0113570_2143771.jpg
          平田十所社の蕃塀の屋根板側面

 一方、同じく名古屋市西区に所在する伊奴神社の蕃塀の屋根板側面は、すべてが銅板で覆われていて、その内側を観察することができない。このような事例の場合、桧皮葺き屋根の可能性が無いわけではないのだが、私にはこのことを判別することができない。本ブログではこうした事例は銅板葺き屋根と分類せざるを得ないのである(先ほどまで、このタイプの屋根を持つ春日井市松本諸大明神社例を、私は色合いに誤摩化されて桧皮葺き屋根と分類していた。早速修正した)。
e0113570_2144724.jpg
          伊奴神社の蕃塀の屋根板側面
[PR]
by banbeimania | 2010-02-13 21:06 | 蕃塀を深める

木造連子窓型蕃塀の桧皮葺き屋根(その7)

 桧皮葺き屋根を持つ木造連子窓型蕃塀は、屋根面の状態と大棟の形状から大きく4類に分類できる。今日は、桧皮屋根の表面が銅板で覆われ、大棟に千木と鰹木が使用される「桧皮葺き屋根Dタイプ」を紹介したい。

 桧皮葺き屋根Dタイプの屋根を持つ木造連子窓型蕃塀には、小牧市宇都宮神社の1例のみが存在する。

e0113570_22164043.jpg
          小牧市宇都宮神社の蕃塀の破風

 宇都宮神社の蕃塀の大棟は、その両端が外側に突き出ており、上位に鰹木が8本置かれていた。
[PR]
by banbeimania | 2010-02-12 22:17 | 蕃塀を深める

木造連子窓型蕃塀の桧皮葺き屋根(その6)

 桧皮葺き屋根を持つ木造連子窓型蕃塀は、屋根面の状態と大棟の形状から大きく4類に分類できる。今日は、桧皮屋根の表面が銅板で覆われ、大棟の鬼板に経の巻型鬼板が使用される「桧皮葺き屋根Cタイプ」を紹介したい。

 桧皮葺き屋根Cタイプの屋根を持つ木造連子窓型蕃塀には、一宮市浅井大野神社の1例のみが存在する。
e0113570_20344882.jpg
          一宮市大野神社の蕃塀の破風

 大棟の鬼板は、桧皮葺き屋根Bタイプのそれと同様に、銅板で造られている。形状は、一般的な経の巻型鬼瓦と同様に綾筋を設け、足元が若葉で表現される若葉型鬼板である。中央に五三桐紋が施されている。
[PR]
by banbeimania | 2010-02-11 20:35 | 蕃塀を深める

木造連子窓型蕃塀の桧皮葺き屋根(その5)

 これまでに、桧皮葺き屋根を持つ木造連子窓型蕃塀のうち、大棟に普通の鬼板が使用される「桧皮葺き屋根Aタイプ」と「桧皮葺き屋根Bタイプ」を紹介した。今日は、この両者のタイプの鬼板について考えてみたい。

 木造連子窓型蕃塀における桧皮葺き屋根の大棟両端には、ほぼ全て銅製鬼板が置かれている。この鬼板は形状から次の3つに分類できる。

桧皮葺き屋根鬼板Aタイプは、中央に紋様が施され、足元に若葉紋が施されるものである。津島市津島神社(木瓜紋)、知多郡武豊町武雄神社(三巴紋)、江南市後飛保白山社(三巴紋)、江南市高屋神社(桐紋)、一宮市西五城神明社(桐紋)の5事例がある。このうち、武雄神社の場合は、中央の紋様部の銅板がはげ落ちており、地となる木材が露見していた。
e0113570_2147759.jpge0113570_21472292.jpge0113570_21473730.jpg

   津島神社         後飛保白山社       武雄神社

e0113570_21474732.jpge0113570_21475921.jpg

   高屋神社                   西五城神明社

 桧皮葺き屋根鬼板Bタイプは、中央に紋様が施されるが、足元にはほとんど紋様が施されないものである。名古屋市中区正木八幡社(桔梗紋)の1事例のみが存在する。
e0113570_21582253.jpg
              正木八幡社

 桧皮葺き屋根鬼板Cタイプは中央に全く紋様が施されず、足元に雲気紋と若葉紋が施されるものである。名古屋市西区平田十所社、清須市西枇杷島宮前神明社、春日井市二子白山神社の3事例がある。
e0113570_20582543.jpg
              平田十所社

 桧皮葺き屋根鬼板Dタイプは中央に全く紋様が施されず、足元に若葉紋のみが施されるものである。稲沢市尾張大国霊神社、清須市清洲日吉神社、一宮市花池大神神社の3事例がある。
e0113570_2201154.jpg
              清洲日吉神社

 このようにみていくと、銅板を屋根面に施さない「桧皮葺き屋根Aタイプ」は、4類型の中で最も派手な形状の「鬼板Aタイプ」と4類型の中で最もシンプルな形状の「鬼板Dタイプ」のどちらかに該当している、という点は注目されよう。(2010年2月13日に修正した)
[PR]
by banbeimania | 2010-02-10 22:03 | 蕃塀を深める

木造連子窓型蕃塀の桧皮葺き屋根(その4)

 桧皮葺き屋根を持つ木造連子窓型蕃塀は、屋根面の状態と大棟の形状から大きく4類に分類できる。前回から、このうちの桧皮屋根の表面が銅板で覆われ大棟に普通の鬼板が使用される「桧皮葺き屋根Bタイプ」を紹介しているが、今日は残りの4事例を例示する。

e0113570_2243181.jpg
          春日井市二子白山神社の蕃塀の破風
e0113570_2245096.jpg
          江南市後飛保白山社の蕃塀の破風
e0113570_225319.jpg
          江南市高屋神社の蕃塀の破風
e0113570_2252177.jpg
          清須市西枇杷島宮前神明社の蕃塀の破風
[PR]
by banbeimania | 2010-02-09 22:06 | 蕃塀を深める

木造連子窓型蕃塀の桧皮葺き屋根(その3)

 桧皮葺き屋根を持つ木造連子窓型蕃塀は、屋根面の状態と大棟の形状から大きく4類に分類できる。今日は、桧皮屋根の表面が銅板で覆われ、大棟に普通の鬼板が使用される「桧皮葺き屋根Bタイプ」を紹介したい。

 桧皮葺き屋根Bタイプの屋根を持つ木造連子窓型蕃塀には、名古屋市中区正木八幡社・名古屋市西区平田十所社・一宮市花池大神神社・一宮市西五城神明社・春日井市二子白山神社・江南市後飛保白山社・江南市高屋神社・清須市西枇杷島宮前神明社の8例が存在する。今日はこのうちの4社について紹介する。(2010年2月13日に修正した)

e0113570_21174977.jpg
          名古屋市中区正木八幡社の蕃塀の破風
e0113570_21181640.jpg
          名古屋市西区平田十所社の蕃塀の破風
e0113570_21183155.jpg
          一宮市花池大神神社の蕃塀の破風
e0113570_21184419.jpg
          一宮市西五城神明社の蕃塀の破風
[PR]
by banbeimania | 2010-02-08 21:21 | 蕃塀を深める

木造連子窓型蕃塀の桧皮葺き屋根(その2)

 前回は、屋根表面が桧皮のままとなる「桧皮葺き屋根Aタイプ」を持つ木造連子窓型蕃塀を紹介した。このAタイプを「桧皮のまま」と定義したと言うことは、これ以外のB〜Dタイプの桧皮葺き屋根は桧皮葺きでありながらも表面が銅板で覆われているものと言うことでもあった。しかも、14例の桧皮葺き屋根の中で大半の10例が銅板で覆われているのであるわけで、このことは、逆に桧皮のままとなるAタイプの特異性を物語っていると言えよう。

 では、なぜ桧皮のままとなる桧皮葺き屋根が少ないのであろうか。私はその理由を清須市清洲日吉神社の蕃塀を観察して推測してみることとした。清洲日吉神社の蕃塀の屋根面は、その表面が苔むして落ち着いた味わいを呈しているが、このことは屋根の構造を維持するのには不都合な現象であろう。腐食が進むからだ。桧皮葺き屋根の建物は、その維持管理が銅板葺き屋根や瓦葺き屋根よりも大変なものであると考えられる。
e0113570_23285563.jpg
          清洲日吉神社の蕃塀の屋根面

 桧皮葺き屋根Aタイプの屋根を持つ、津島市津島神社・稲沢市尾張大国霊神社・清須市清洲日吉神社・知多郡武豊町武雄神社の4蕃塀は、維持管理が大変なむき出しの桧皮葺き屋根を選択している点で、その神社に対する信仰心の熱さを感じるものである。実際、むき出しとなっている桧皮葺き屋根の優美さから、他の屋根では表現できない風格を私は感じ取るのであった。(2010年2月13日に修正した)
[PR]
by banbeimania | 2010-02-07 23:30 | 蕃塀を深める

木造連子窓型蕃塀の桧皮葺き屋根(その1)

 桧皮葺き屋根を持つ木造連子窓型蕃塀は、屋根面の状態と大棟の形状から大きく4類に分類できる。今日は、屋根表面が桧皮のままとなる「桧皮葺き屋根Aタイプ」を紹介したい。

 桧皮葺き屋根Aタイプの屋根を持つ木造連子窓型蕃塀には、津島市津島神社・稲沢市尾張大国霊神社・清須市清洲日吉神社・知多郡武豊町武雄神社の4例が存在する。

e0113570_23255641.jpg
          津島市津島神社の蕃塀の破風
e0113570_23261333.jpg
          稲沢市尾張大国霊神社の蕃塀の破風
e0113570_23263584.jpg
          清須市清洲日吉神社の蕃塀の破風
e0113570_23265995.jpg
          知多郡武豊町武雄神社の蕃塀の破風
[PR]
by banbeimania | 2010-02-06 23:28 | 蕃塀を深める