蕃塀(ばんぺい)にこだわったブログです。蕃塀は神社の拝殿の前にある衝立状の塀です。
by banbeimania
カテゴリ
全体
蕃塀とは(はじめに)
蕃塀30選
蕃塀の事例
蕃塀を深める
探索の記録
検索
よろしかったらお願いします。クリック! click!
人気blogランキングへ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

リンク
みちくさ学会
さぬき暮らし
あらいのじかん
愛知県神社庁
ひなたぼっこ
以前の記事
2013年 01月
2012年 06月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
最新のトラックバック
なんだろう?
from 龍を探して旅日記
【ネットができる宿|日本..
from ぱふぅ家のサイバー小物
岡崎市 レコード買取
from レコ-ド 買取
911 アメリカ 同時多..
from 【写真】 911 アメリカ ..
寺社建築の歴史図典
from ロドリゲスインテリーン
LOVE in Acti..
from ニコニコ笑う、トマトの笑顔な..
10・27請願受付の全容..
from 【日本を】10ゲ7『日本解体..
タグ
(1364)
(148)
(99)
(87)
(71)
(38)
(29)
(25)
(23)
(22)
(19)
(15)
(15)
(12)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(5)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:八幡社 ( 87 ) タグの人気記事

一宮市千秋町削栗神社の蕃塀

 一宮市千秋町勝栗字神子屋に所在する削栗(けぐり)神社は、創建年代などの由緒は不詳である。『延喜式神名帳』に丹羽郡削栗神社があると記載されているが、その所在や祭神は定かではない。一方、勝栗村には江戸時代に八幡社があり、明治3年にこの八幡社を削栗神社に比定し現在に至っている。祭神は誉田別尊である。

 削栗神社の蕃塀は、3間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約2.4m、全高約2.3m、屋根長約3.2m、屋根巾約0.7mを測り、両側には控え柱を持つ。

 詳細の構造は次の通り。切り石を周囲に並べた基壇に礎石と布基礎を置き、円柱を2本立ててその上に屋根石を載せる。円柱の内側には下から羽目板部、腰貫、連子窓部、内法貫、欄間部の順に材を積み重ねている。羽目板部は角柱による束柱を2本立て3区画に分け、全ての区画の表裏両面に角を丸く変形した方形の枠が施されている。中央の羽目板裏面には「昭和十年八月建之 奉納者(人名2名分) コチノ曽山石材店」の文字が刻まれていた。欄間部は中央に幅広の角柱による束柱があり、その両側には角を丸く変形した方形の透かしが存在する。円柱柱頭に腕木板が前後と外側にあり、連子窓部は角柱を11本立てて竪連子に造られている。屋根は寄棟状に切り出された反り屋根で、屋根面に段差を持つものである。上部に載せた棟木石の両端は反りを持ちわずかに外側に突き出ている。控え柱は全て石製で、頭部は宝珠に形作られている。

 削栗神社は、正面から鳥居、灯籠群、蕃塀、コンクリート製妻入拝殿、狛犬から基壇上の本殿施設群(祭文殿や本殿など)に至る構成を持つ。参道は切り石によって縁取られており、加えて参道は蕃塀の前後で二手に分かれていることから、結果として蕃塀の周囲は切り石により方形に区切られている。その区画の中、蕃塀の前面に自然石が枯山水庭園のような雰囲気で数個置かれていた。

 削栗神社の蕃塀は、昭和10年(1935)に江南市古知野の曽山石材店によって製作されたものである。本蕃塀は、双龍紋や獅子紋を持たない無紋の石造連子窓型蕃塀としてはオーソドックスなものといえる。異質な点は、蕃塀前に配置された石群の存在である。白色、黄色、赤色などの自然石をそれらしく配置した事例はほとんど無く、全くの推測であるが、その石群が設置されたのは割と最近のものではないかと考えている。
e0113570_22271096.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-04-25 22:28 | 蕃塀の事例

一宮市萩原町林野八幡社の蕃塀

 一宮市萩原町林野字中道東に所在する八幡社は、創建年代などの由緒は不詳である。『寛文村々覚書』には、林野村に八幡があり「前々除」と記載されていた。本社は慶長年間まで遡る由緒を持つと思われる。社名からみて、祭神は応神天皇と推測される。なお、愛知県神社庁のホームページによれば、同じ住所で「瀧神社」が所在すると記されているが、その意味は不明である。

 萩原林野八幡社の蕃塀は、3間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約2.7m、全高約2.5m、屋根長約3.6m、屋根巾約0.7mを測り、両側には控え柱を持つ。

 詳細の構造は次の通り。切り石を周囲に並べたコンクリート製基壇に礎石と布基礎を置き、円柱を2本立ててその上に屋根石を載せる。円柱の内側には下から羽目板部、腰貫、連子窓部、内法貫、欄間部の順に材を積み重ねている。羽目板部は角柱による束柱を2本立て3区画に分け、表面は左右両側の区画には獅子紋、中央の区画には虎紋が施されている。裏面は左右両側の区画には波涛上で飛翔する鳥紋、中央の区画には「昭和三十八年十月 氏子中 岡崎市梅園町 石匠安藤虎」の文字が刻まれていた。欄間部は中央に「八幡社」と記された扁額を置き、その両側には双龍紋が彫り出されていた。円柱柱頭に腕木板が前後と外側にあり、連子窓部は角柱を10本立てて竪連子に造られている。屋根は寄棟状に切り出された反り屋根で、上部に載せた棟木石の正面に桐紋が表現されている。控え柱は全て石製で、頭部は宝珠に形作られている。

 萩原林野八幡社は、正面から灯籠、鳥居、灯籠、蕃塀、灯籠、妻入拝殿、灯籠、狛犬、渡殿から本殿施設群(祭文殿や本殿など)に至る構成を持つ。

 萩原林野八幡社の蕃塀は、昭和38年(1963)に岡崎市の石工安藤虎によって製作されたものである。安藤虎は岡崎市石工団地協同組合に加盟する(株)安虎石材店に引き継がれているものと想像される。彫刻は細工が細かくダイナミックで、欄間部の双龍紋には赤色や緑色などの彩色が部分的に残存していた。派手な彫刻が印象的な作品である。
e0113570_0441317.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-04-17 00:45 | 蕃塀の事例

一宮市萩原町富田方八幡社の蕃塀

 一宮市萩原町富田方西新田に所在する八幡社は、創建年代などの由緒は不詳である。『寛文村々覚書』には富田方村に八幡があり、「前々除」と記載されていた。由緒は江戸時代初期まで遡ると思われる。社名からみて、祭神は応神天皇と推測される。

 萩原富田方八幡社の蕃塀は、2間巾のコンクリート造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約2.7m、全高約2.1m、屋根長約3.4m、屋根巾約0.6mを測り、両側には控え柱を持たない。

 本蕃塀は、基本的に石造連子窓型蕃塀の構造を模倣した形状で、全ての部分が一体化した状態として造られている。その元となる石造連子窓型蕃塀の推測される詳細の構造は次の通りである。切り石で囲まれたコンクリート製基壇に礎石と布基礎を置き、円柱を2本立ててその上に屋根石を載せる。円柱の内側には下から羽目板部、腰貫、連子窓部、内法貫、欄間部の順に材を積み重ねている。羽目板部は円柱による束柱を1本立て2区画に分け、その表面に隅を丸く加工した方形枠が施されている。羽目板部裏面には束柱の表現が無く、全体を占める形で長方形枠が施されていた。欄間部は角柱による束柱を2本立て3区画に分け、各区画とも半円を3つ重ねた幾何学紋が施された透かしとなっていた。円柱柱頭に腕木板が無く、連子窓部は角柱を9本立てて竪連子に造られている。屋根は寄棟状に切り出された直線屋根で、上部に載せた棟木石の両端はわずかに外側に突き出ている。

 萩原富田方八幡社は、正面から鳥居、灯籠群、蕃塀、壁の無い吹き抜けの妻入拝殿、灯籠、狛犬から本殿施設群(祭文殿や本殿など)に至る構成を持つ。

 萩原富田方八幡社の蕃塀は、製作年代や作者は不明である。本蕃塀は、コンクリート造連子窓型蕃塀という珍しい構造であり、他には一宮市若栗神社八幡宮の蕃塀や愛西市宇太志神社の蕃塀などの事例がある。このうち若栗神社八幡宮の蕃塀は大正12年(1923)に製作されたものであったが、本蕃塀はその仕上がり状況から見てもっと新しいものと推察される。 
e0113570_0333411.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-04-16 00:33 | 蕃塀の事例

一宮市島村若栗神社八幡宮の蕃塀

 一宮市浅井町島村字南裏山に所在する若栗神社八幡宮は、白鳳年間(650〜654)に葉栗臣人麿が先祖の天押帯日子命を祀るために創建したと伝えられる。『延喜式神名帳』に葉栗郡若栗神社と記された式内社である。天文年間(1532〜1554)に八幡神が合祀され、慶長10年(1605)に兼松正吉が八幡宮に改称した。明治2年(1869)に若栗神社に改名し郷社となるが、明治13年(1880)に若栗神社八幡宮に改称し現在に至る。祭神は天押帯日子命と応神天皇である。

 若栗神社八幡宮の蕃塀は、2間巾のコンクリート造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約2.9m、全高約2.0m、屋根長約3.3m、屋根巾約0.5mを測り、両側に控え柱を持たない。

 本蕃塀は、基本的に石造連子窓型蕃塀の構造を模倣した形状で、全ての部分が一体化した状態として造られている。その元となる石造連子窓型蕃塀の推測される詳細の構造は次の通りである。やや低い基壇に礎石と布基礎を置き、その上に円柱を2本立てて屋根石を載せる。円柱の内側には下から羽目板部、腰貫、連子窓部、内法貫、欄間部の順に材を積み重ねている。羽目板部と欄間部はともに幅広の角柱による束柱を1本立て2区画に分け、その表裏両面には全く紋様や装飾が施されていなかった。円柱柱頭に腕木板がなく、連子窓部は角柱を9本立てて竪連子に造られている。右側円柱の裏面には「寄附人 名古屋市 彦坂製綿所 大正十二年十月吉日 工人 壁半」と記された銅板が埋込まれていた。屋根は寄棟状に切り出された照り屋根で、上部に載せた棟木石の両端には鬼板が設置されている。表面は全体的に白色(クリーム色)に塗布されていた。なお、繰り返しになるが、これらの構造は基礎も含めてコンクリートとして一体的に製作されたものである。

 若栗神社八幡宮は、正面から灯籠、一の鳥居、二の鳥居、灯籠、蕃塀、灯籠、基壇上の妻入拝殿、渡殿、灯籠、狛犬から基壇上の本殿施設群(祭文殿や本殿など)に至る構成を持つ。

 若栗神社八幡宮の蕃塀は、大正12年(1923)に壁半によって製作されたものである。本蕃塀は、コンクリート造連子窓型蕃塀という珍しい構造を呈している。しかも、その製作年代が大正時代にまで遡る事例は他になく注目に値する。全体のプロポーションは石造連子窓型蕃塀を忠実に模倣しているが、羽目板部や欄間部には紋様が一切施されていない点は技術的な問題なのであろうか。
e0113570_16281148.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-03-30 16:28 | 蕃塀の事例

一宮市北小渕八幡社の蕃塀

 一宮市大字北小渕字田島に所在する八幡社は、創建年代などは不詳である。『寛文村々覚書』には北小渕村にある大慈寺に八幡・天王・山王があると記載されていて、本社はこの八幡に相当すると思われる。社名からみて、祭神は応神天皇と推測される。

 北小渕八幡社の蕃塀は、2間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約2.9m、全高約1.7m、屋根長約3.6m、屋根巾約0.5mを測り、両側には控え柱を持たない。

 詳細の構造は次の通り。切り石を周囲に並べた基壇に礎石を置き、その上に角柱を2本立てて屋根石を載せている。角柱の内側には下から羽目板部、腰貫、連子窓部の順に材を積み重ねており、欄間部は存在しない。羽目板部は角柱による束柱を1本立て2区画に分け、各区画には3枚の石製縦羽目板が挟み込まれている。羽目板の両面には全く紋様などは施されていない。両角柱の表面には「奉納」、左側の角柱裏面には「大正五年五月」、束柱の裏面に人名1名分の文字が記されていた。角柱柱頭に腕木板はなく、連子窓部は下部をコンクリートによって固定された鉄製棒を多数立てて竪連子に造られている。屋根は寄せ棟状に切り出された急な照り屋根で、棟木石は非常に低く両端は外側に突き出ていない。

 北小渕八幡社は、正面から灯籠、鳥居、灯籠、蕃塀、壁を持つ妻入拝殿、灯籠、狛犬、渡殿から基壇上の本殿施設群(祭文殿や本殿など)に至る構成を持つ。

 北小渕八幡社の蕃塀は、大正5年(1916)に製作されたもので、作者は不明である。これは、これまでに確認された蕃塀の中では最も古いものである。本蕃塀も欄間部が省略されたものであり、稲沢市平和町横池神明社の蕃塀などに近似する。本蕃塀は、連子窓部に鉄製棒を用いる点が特徴的で、こうした特徴を持つ蕃塀には稲沢市福島神明社の蕃塀Bがある。本蕃塀の竪連子は、金属棒の固定方法からみて、建設当初からあった部材ではなく後から補修されたものと推測される。このように後から連子窓部が補修された可能性があるものには、稲沢市高重郷クロ神明社の石造蕃塀における木製の竪連子窓や、春日井市大留町子安神明社の木造蕃塀における金属製の竪連子窓の事例がある。
e0113570_2331346.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-03-06 23:31 | 蕃塀の事例

一宮市西大海道八幡社の蕃塀

 一宮市大字西大海道字本郷に所在する八幡社は、創建年代などは不詳である。『寛文村々覚書』には西大海戸村に八幡・八龍神・天王・神明・八劔宮があると記載されていて、本社はこのうちの八幡に相当すると思われる。社名などからみて、祭神は応神天皇と推察される。

 西大海道八幡社の蕃塀は、3間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約2.7m、全高約2.2m、屋根長約3.4m、屋根巾約0.6mを測り、両側には控え柱を持たない。

 詳細の構造は次の通り。基壇を持たず直接地面に礎石を置き、その上に円柱を2本立てて屋根石を載せている。円柱の内側には下から羽目板部、腰貫、連子窓部、内法貫、欄間部の順に材を積み重ねている。羽目板部は円柱による束柱を2本立て3区画に分け、その表面には鳩紋が彫刻されている。中央の羽目板裏面には「寄附人 (地名+人名4名分)の文字が記されていた。欄間部は扁額を持たない双龍紋が施されており、その双龍紋は頭部を中央に寄せた状態で向かい合うDタイプであった。円柱柱頭に腕木板が前後にあり、連子窓部は角柱を8本立てて竪連子に造られている。両円柱の表面には「奉納」、左側の円柱側面には「昭和五年夏」と刻まれていた。屋根は寄せ棟状に切り出された反り屋根で、棟木石の両端は外側にわずかに突き出ている。

 西大海道八幡社は、正面から石柱、灯籠、鳥居、灯籠、蕃塀、狛犬、灯籠、狛犬から基壇上の本殿施設群(祭文殿や本殿など)に至る構成を持つ。妻入拝殿を持たない神社である。

 西大海道八幡社の蕃塀は、昭和5年(1930)に製作されたものであるが、作者は不明である。左側の円柱側面には「昭和五年夏」と文字が刻まれる事例としては、同じ西大海道地内に所在する宅美神社がある。このように側面に製作年代を記し、かつ季節を加える事例は他にはなく珍しいといえる。西大海道八幡社と西大海道宅美神社は、それぞれ蕃塀の形状は衝立型と連子窓型であり著しく異なるが、製作時期は同じでありかつ部分的な特徴が近似する点が興味深い。同じ地域で同時期に別々の形態の蕃塀を発注・製作していたことになるのである。
e0113570_23483116.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-03-03 23:48 | 蕃塀の事例

春日井市下条町八幡社の蕃塀

 春日井市下条町字南本に所在する八幡社は、創建年代などの由緒は不詳である。『寛文村々覚書』には、下条村に八幡社が2ヶ所あると記述され、本社はこのうちの一つと思われる。付近には織田敏定の家臣小坂孫四郎が居城した吉田城があったという。この城は天正12年(1584)に廃城となったといわれる。社名からみて、祭神は応神天皇と推測される。

 下条八幡社の蕃塀は、3間巾の木造銅板葺き連子窓型蕃塀である。大きさは概略で、本体長約4.5m、全高約2.8m、屋根長約5.7m、屋根巾約1.9mで、両側に控え柱を持つ。

 詳細の構造は次の通り。周囲に角礫を並べたコンクリート製基壇に切り石の礎石と布基礎を置き、その上に円柱を4本立てて下から順に地貫、腰長押、内法長押を通し、上端は棟木を渡す。内法長押の上に簡略化した雲形肘木と腕木を架し、表裏両面の出桁を支え垂木を渡して屋根を載せている。屋根は切妻造りの反り屋根で、銅板が一文字葺きされ、大棟の両端には鬼板が置かれている。蕃塀の中央には竪連子窓が設けられ、その上下には縦羽目板が嵌め込まれていた。控え柱は全て木製で造られているが、これとは別に倒壊防止のための金属製支え棒が渡されていた。全体に白木造りで、彩色は一切認められなかった。

 下条八幡社は、灯籠、鳥居、灯籠、蕃塀、壁の無い吹き抜けのコンクリート製妻入拝殿、狛犬から本殿施設群(祭文殿や本殿)に至る構成を持つ。

 下条八幡社の蕃塀は、製作年代や作者は不明である。本体長が約4.5mを測りやや規模が大きいものといえる。蕃塀の表面右端に「ボールを投げたりのぼったり らくがきしたりしないこと 八幡社」と掲示されていた。下部の羽目板には補強のための横桟が設けられており、見た目以上に破損の度合いがひどいのかも知れない。
e0113570_22323798.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-02-11 22:33 | 蕃塀の事例

春日井市松新町八幡社の蕃塀

 春日井市松新町4丁目に所在する八幡社は、創建年代などの由緒は不明である。社名からみて、祭神は応神天皇と推測される。

 松新八幡社の蕃塀は、3間巾のコンクリート造衝立型蕃塀である。大きさは概略で、本体長約3.0m、全高約2.2m、屋根長約3.3m、屋根巾約0.4mで、両側には控え柱を持たない。

 詳細の構造は次の通り。自然石を巡らせたコンクリート製基壇にコンクリートで蕃塀が形作られている。そのモチーフは、円柱を4本立てて上端に幅広の覆板(笠木)を載せ、柱脚に盤(地貫)を、柱頭には樋(頭貫)を渡し、柱間壁面は横羽目板を各間に6枚嵌め込まれているものである。覆板(笠木)は断面形が五角形の角材が用いられていた。表面には彩色や紋様は全く施されず、灰色のコンクリートの地のままである。

 松新八幡社は、灯籠、鳥居、蕃塀、狛犬、壁を持たない吹き抜けの妻入拝殿、灯籠から基壇上の本殿に至る構成を持つ。

 松新八幡社の蕃塀は、製作年代や作者は不明である。数が少ない衝立型蕃塀に属するもので、これについてはかつて貫を持たないタイプの衝立型蕃塀(例としては熱田神宮の蕃塀など)と、貫を持つタイプの衝立型蕃塀(例としては名古屋市中区伊勢山神明社の蕃塀)に分けたことがある(2007年6月5日条)。これによれば、本蕃塀は前者の貫を持たないタイプの衝立型蕃塀に属することとなる。塀自体の形状は、皇大神宮や豊受大神宮および熱田神宮の木造衝立型蕃塀に類似しているが、その中でも自然石を巡らせた基壇を持つ点が熱田神宮の事例と共通している。おそらく熱田神宮の木造衝立型蕃塀を模倣して作られたものではないかと思われる。このような木造衝立型蕃塀を模倣したコンクリート造の事例には、犬山市五郎丸神明社の蕃塀があるが、本蕃塀の方がより熱田神宮の蕃塀を忠実に模倣した形にみえるといえよう。
e0113570_22354715.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-02-10 22:42 | 蕃塀の事例

春日井市東野町八幡社の蕃塀

 春日井市東野町東山に所在する八幡社は、ホームページによれば、寛文3年(1663)に当時の氏子21人が、大久佐八幡宮(小牧市大草)のご分神を当地に分祀したのが始まりであるという。祭神は日本武尊・応神天皇・天照大神である。

 東野八幡社の蕃塀は、3間巾の木造銅板葺き連子窓型蕃塀である。大きさは概略で、本体長約4.6m、全高約2.7m、屋根長約5.7m、屋根巾約1.8mで、両側に控え柱を持つ。

 詳細の構造は次の通り。コンクリート製基壇に切り石の礎石と布基礎を置き、その上に円柱を4本立てて下から順に地貫、腰長押、内法長押を通し、上端は棟木を渡す。内法長押の上に簡略化した雲形肘木と雲形腕木を架し、表裏両面の出桁を支え垂木を渡して屋根を載せている。屋根は切妻造りの緩い反り屋根で、銅板が一文字葺きされ、大棟の両端には鬼板が置かれている。蕃塀の中央には竪連子窓が設けられ、その上部には横羽目板が、下部には縦羽目板が嵌め込まれていた。控え柱は全て木製で造られている。全体が白木造りで垂木の先端などは錺金具で装飾されていた。

 東野八幡社は、正面から灯籠、一の鳥居、二の鳥居、灯籠、蕃塀、灯籠、木造平入拝殿、渡殿から本殿施設群(祭文殿や本殿)に至る構成を持つ。

 東野八幡社の蕃塀は、製作年代や作者は不明である。江戸時代に創建されたやや新しい神社であるが、蕃塀は3間巾で規模もやや大きい。基壇は全てコンクリート製であるが、周囲を切り石で囲まれた雰囲気で製作されていた。蕃塀の状態などから勘案すると、本蕃塀は比較的新しいものと推察する。
e0113570_22572796.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-02-02 22:59 | 蕃塀の事例

春日井市大泉寺町八幡社の蕃塀

 春日井市大泉寺町に所在する八幡社は、創建年代などの由緒が不明である。境内に設置された石碑によれば、昭和45年(1970)に県立春日井商業高等学校の新設に際して神社地の一部が提供され、それを契機に社殿の改築工事が行われたと伝えている。そして翌年10月に完工したという。社名からみて、祭神は応神天皇と思われる。

 大泉寺八幡社の蕃塀は、3間巾の石造連子窓型蕃塀で、大きさは概略で本体長約2.6m、全高約2.3m、屋根長約3.5m、屋根巾約0.6mを測り、両側に控え柱を持つ。

 詳細の構造は次の通り。正方形の石板を敷き並べて造られた基壇に礎石と布基礎を置き、その上に円柱を2本立てて屋根石を載せる。円柱の内側には下から羽目板部、腰貫、連子窓部、内法貫、欄間部の順に材を積み重ねている。羽目板部は幅広の角柱による束柱を2本立て3区画に分け、その表面は左右に獅子紋が、中央に牡丹紋が彫刻されていた。裏面は各3区画に隅を丸く加工した方形枠が設けられ、その内側に「奉納 初老記念 (人名15名分)」が記されていた。腰貫の裏面には「昭和七年一月建之 □□親交會」の文字が刻まれていた。欄間部は、中央に「八幡社」と記された扁額が束柱状に配置され、その両側には双龍紋が描かれている。双龍は頭部を両端に配置するBタイプに相当する。円柱柱頭に腕木板が前後と外側にあり、連子窓部は円柱を14本立てて竪連子に造られている。屋根は寄せ棟状に切り出された反り屋根で、上部にはやや短い棟木石を載せている。控え柱も全て石製で、柱の頭部は宝珠形になっている。

 大泉寺八幡社は、正面から灯籠、鳥居、灯籠群、蕃塀、狛犬と灯籠群からコンクリート製拝殿などの本殿施設群に至る構成を持つ。拝殿以奥は一段高くなっている。

 大泉寺八幡社の蕃塀は、昭和7年(1932)に製作されたことが分かるが、作者は不明である。拝殿などの社殿は昭和46年(1971)に完工されたといわれるので、蕃塀は大泉寺八幡社の中では最も古い建造物の一つといえるかも知れない。本蕃塀で着目したい点は、連子窓部に円柱を用いて竪連子に造られる点である。このように竪連子に円柱を用いる事例は、これまでは愛西市や稲沢市で多く認められるものである。どのように関連してくるのであろうか?。
e0113570_22271174.jpg

[PR]
by banbeimania | 2008-02-01 22:28 | 蕃塀の事例