人気ブログランキング |

蕃塀(ばんぺい)にこだわったブログです。蕃塀は神社の拝殿の前にある衝立状の塀です。
by banbeimania
カテゴリ
全体
蕃塀とは(はじめに)
蕃塀30選
蕃塀の事例
蕃塀を深める
探索の記録
検索
よろしかったらお願いします。クリック! click!
人気blogランキングへ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

リンク
みちくさ学会
さぬき暮らし
あらいのじかん
愛知県神社庁
ひなたぼっこ
以前の記事
2013年 01月
2012年 06月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
最新のトラックバック
なんだろう?
from 龍を探して旅日記
【ネットができる宿|日本..
from ぱふぅ家のサイバー小物
岡崎市 レコード買取
from レコ-ド 買取
911 アメリカ 同時多..
from 【写真】 911 アメリカ ..
寺社建築の歴史図典
from ロドリゲスインテリーン
LOVE in Acti..
from ニコニコ笑う、トマトの笑顔な..
10・27請願受付の全容..
from 【日本を】10ゲ7『日本解体..
タグ
(1364)
(148)
(99)
(87)
(71)
(38)
(29)
(25)
(23)
(22)
(19)
(15)
(15)
(12)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(5)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:虫鹿神社 ( 2 ) タグの人気記事

『尾張名所図会』に見る蕃塀(21)虫鹿神社

 『尾張名所図会後編』巻之六(1841年頃筆?:1880年撰)には虫鹿神社に関する絵が所収されており、そのうち三明神社に蕃塀のような施設が描かれている。この三明神社は、本文には虫鹿神社の項目中に記述が認められ、「虫鹿神社 前原新田にあり。[延喜神名式]に虫鹿神社、[本国帳]に従三位虫鹿天神とある官社なり。[同集説]に、初坐虫鹿荘入鹿村。寛永十年移村民於前原。造沼地之時。遷座前原村とある如く。後年ここにうつししなり。今三明神社と天道社と二所あり、共に入鹿村にありし古社なれば、いづれか虫鹿の荘名を称せし御神なるべし。天道社は白雲寺是を守り、三明神社は社人司る。」と記されている。

 『尾張名所図会後編』「虫鹿神社」図には右手上方に「三明神」の社殿が描かれていて、その前方に蕃塀らしき施設が見える。正面から鳥居、蕃塀、拝殿、祭文殿を経て本社に至る構成が示されている。描かれた蕃塀は、画像が小さいが、3間巾の連子窓型蕃塀と思われ、切妻屋根で前後に控え柱を持たないようである。
e0113570_0375785.jpg

 さて、この三明神社は犬山市大字前原に所在する虫鹿神社を指していると考えられる。現在大字前原には虫鹿神社と天道宮神明社があり、この2社が『尾張名所図会後編』「虫鹿神社」の項にある三明神社と天道社に相当し、現存する虫鹿神社が三明神社と想定されるからである。この虫鹿神社の蕃塀は、1間巾のコンクリート(モルタル)造衝立型蕃塀で、大きさは概略で本体長約3.2m、全高約1.8m、屋根長約3.7m、屋根巾約0.5mを測り、本来は両側に控え柱を持つ部分が塀状となっている。『尾張名所図会後編』と比べると、現存する虫鹿神社は社殿構成もやや異なり蕃塀の構造も全く異なるといってよい状態である。従って、1841年に描かれた虫鹿神社の蕃塀は一旦失われたものといえる。

 なお、堀池康夫・堀池哲生「蕃塀の研究(その民俗学的建築史の解明)その2」には、『尾張名所図会』に蕃塀が建っている神社として虫鹿神社が取り上げられていない。
by banbeimania | 2008-10-31 00:40 | 蕃塀を深める | Comments(0)

犬山市虫鹿神社の蕃塀

 犬山市大字前原字向屋敷に所在する虫鹿神社(むしかじんじゃ)は、延喜式に丹羽郡虫鹿神社として名の載る古い社で、元々は入鹿村に存在した。楽田原・青山原・小牧台地などの高台に新田開発をしようと、寛永9年(1632)に本格的に始まった入鹿池造成により、入鹿村の村民は移転を余儀なくされた。移転先として前原新田・奥入鹿村・菊川新田・神尾入鹿新田・北外山入鹿出新田があり、この土地が与えられた。このうち、前原新田が一番移住した数の多かった所である。虫鹿神社は、寛永12年(1635)に前原新田へ移築され、国常立神、国狭槌命、豊斟淳命、天照大神、菊理媛命を祭神とする。

 虫鹿神社の蕃塀は1間巾のコンクリート(モルタル)造で、大きさは概略で本体長約3.2m、全高約1.8m、屋根長約3.7m、屋根巾約0.5mを測るが、本来は両側に控え柱を持つ部分が塀状となっており、この部分で測ると巾は約0.9mとなる。

 詳細の構造は次の通り。コンクリートによる基壇上に、下半は整層切り石積み状に、上半は土壁状にコンクリート(あるいはモルタル)造りされている。下半は灰色に上半は薄い肌色に彩色され、上半の土壁状部分には透かし文様が施されていた。屋根部も切妻屋根状にコンクリート造りされるが、形状はシンプルである。これまで紹介した蕃塀と大きく異なる点は、控え柱に相当する塀の両端部が、板(塀)状に造られていることである。本体部と同様に、下半は灰色に上半は薄い肌色に彩色され、上端部に屋根が設けられている。

 虫鹿神社は、正面から灯籠、一の鳥居、灯籠群、二の鳥居、百度石、蕃塀、灯籠、壁の無い吹き抜けの拝殿、狛犬があり、基壇上の本殿施設群に至る構成を持つ。

 土壁による塀を模した蕃塀の事例は、これまでのところこの虫鹿神社の事例のみである。大きくみれば、衝立状の蕃塀の一群に加えてもよいかもしれない。しかし、衝立状の蕃塀は上から下まで同様な構造を持っているのが通例であり、虫鹿神社の事例とは、似せようとしたモチーフが異なるような気がする。具体的な評価は類例の存否を確認してから考えていきたいものである。
e0113570_123589.jpg

by banbeimania | 2007-03-20 01:03 | 蕃塀の事例 | Comments(0)